【蕨市議会】12月定例会での私の一般質問はありません。

今、開会中の12月定例会においては、私 ほやたけし(保谷武)の一般質問はございません。

衆議院議員総選挙の応援活動にリソースを集中投下するためです。
「ボランティアベースの選挙応援活動よりも、フィーベースの議会活動を優先すべき」
という考え方もありますが、私はこのような考え方は取りません。
①衆議院議員総選挙は、国の進路を決めるためのものであり、国全体のみならず蕨市にとっても重要である。
②そもそも議会活動は、フィーベースといえども、業務・作業についての量・時間のコミットメントはない。
あくまでも、ベストエフォートベースであり、かつ、評価は、費やした量・時間ではなく成果によってのみ判断されるべきものである。
③一般質問として取り上げるネタとして、敢えてこの時期に取り上げなくてはならないものは持っていなかった。
以上、3つの理由から、個人的には、この総選挙期間中は、議会活動よりも選挙応援活動を優先しました。
今回、一般質問をした議員は18人中12人でしたが、皆様それぞれ準備不足がありありで、残念ながら追及不足で中途半端に終ってしまったのが少なからず見受けられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です