なぜ二連ポスターを貼らないの?

さて、蕨市内は、本年2019年6月2日投開票の市長選・市議選が近づくに連れ、キナ臭さを増しつつあります。

街なかにベタベタと、ポスターが増えつつあります。

世なおしを進める市民の会 二連ポスター

このような、二人の名前+写真が掲載されたものです。

概ね、「立候補予定者+名前がよく知られている現職の議員など」という組み合わせです。

これを、二連ポスターと呼んでおります。

 

貼ってある場所は、主に人家の壁、塀など。もちろん民有施設なので、許可を取った上で貼っているものです。
公共の電柱等に勝手に貼ってあるわけではありません。

 

市長選に向けては、私ども鈴木なおし陣営は、鈴木なおし立候補予定者+須賀たかし県議の二連ポスターを貼り始めました。

 

他方で、市議選に向けては、市内では、主に日共の候補予定者の二連ポスターが貼られているのを見かけますが、自民党・保守系(議会会派:新生会)の立候補予定者は、一切貼っていません。

私も一枚も貼っておりません。

 

 

「何で、保谷君は二連ポスターを貼らないの?」

と、よく聞かれます。

 

その理由は、もちろん、お金がかかるから!です。

 

たかがポスター、1枚当たりの単価で言えば大したことありませんが、100枚も作ればけっこうな金額になります。

選挙用2連・3連・大型ポスター印刷 A1サイズ価格表《大判選挙ポスター》 – トクプレ.選挙

2連・3連・大型ポスター印刷のA1サイズ価格表です。用紙・インキにより価格は異なります。それぞれ特徴がありますので、お希望に合う物をお選びください。

たまたまググってヒットしたこちらの印刷会社のwebサイトによると、100枚の印刷で28,800円+taxとのことです。これとはべつにデザイン制作料が発生します。

たかだか3万ちょいくらいの金額、そのくらい出せるだろー?
と尋ねられれば、まあ出せないわけではないのですが、政治活動あるいは選挙活動というのは、この種の細かい出費の積み重ねです。

頭や手足を動かして汗をかく活動は惜しみませんが、出費は少しでも減らしたい、というのが本音であります。

 

 

 

お願いすれば貼ってくれるご支援者の方は山ほどいます。
しかしながら、軍資金は、結局のところ、私のサイフから出ていくお金です。

しかも、この出費は、税務上、一切損金算入できません。

自民党の公認・推薦を得れば、公認料などの名目で多少のお金はもらえるのかもしれませんが、蕨市においては、自民党系・保守系の立候補予定者は、自民党の公認・推薦を得ずに「保守系無所属」と名乗るのが慣行となっています。

 

ということで、お金がないので、二連ポスターはやりません。

 

また、大人の事情としては、自民党系・保守系の他の立候補予定者(同じ会派の、言わば身内)と横並びとする必要があり、出し抜いて自分だけが二連ポスターを掲示するわけにはいかない、という組織の論理も重視しなくてはなりません。

 

 

ところで、二連ポスターという不思議な仕組みについては、このwebサイトが詳しく解説しています。

開催されない「幻の街頭演説会」を告知するポスターのナゾ – TOHOKU360

【元国会議員秘書がこっそり教える選挙の裏のウラ】 前回は、選挙期間前から候補者の名前を呼びながら走っていた街宣車の謎についてお話しました(選挙前に走っていた街宣車って違反じゃないの?「政治活動」と「選挙活動」というカラクリ …


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください