ディズニーランドのチケットが金券ショップで取り扱い不可に。

ある式典の中での企画で、福引の準備をしているのだが、

毎年その景品の一等賞として「ディズニーランドのペアチケット」を差し上げている。
昨年は金券ショップでの買値が12,300円だったらしい。
今年も同じモノを入手すべく金券ショップに行ったところ、なんと取り扱いをしていないとのこと。
日経ネット:消えるディズニーのパスポート 金券ショップに異変

オリエンタルランド自身が、政策的にチケットの金券ショップでの流通を止めさせようとしているようだ。

今は、
このように、web販売によるe-チケット主流に切り替えていきたい意向らしい。
基本的に記名式で、本人が自分の分を購入することを前提とした仕組みなので、ギフト利用は出来ないぽい。


ディズニーランドペアチケットというのは、懸賞や福引きの商品としてなかなか魅力が高いだけに残念に思うし、冒頭述べた今回の福引き企画で、代替の一等賞の景品をどうしよう?と考えた場合、
・遊園地のチケット
・映画のチケット
・旅行券
・お食事券
などと考えると、どれもちょっといまいち感があって、いかにディズニーペアチケットが優れたギフト商品だったかということに気が付かされる。

チケットをもらって、自分で行かなくても誰かに上げればいいし、彼女がいないなら一人で二回いってもいいしね。




そもそも、この種の金券類の発行に当っては、膨大な退蔵益があるはずで、ギフト需要を縮小させて自己買い需要のみが販売対象となることによって、オリエンタルランド自身の退蔵益も大きく減っていくはず。

ギフト需要を切っていこうとするオリエンタルランドの意図が何だか分からない。
・ブランド力が下がるのを防ぐため?
・ユーザの質が下がるのを防ぐため?
・偽造リスクを減らすため?
どれも違うと思う。




ちなみに私は一度もディズニー行ったことがない。
(そう言えば、仕事で周りのホテルに行ったことならある。)
もういっそのことこのままディズニー童貞を一生守っていこうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です