埼玉県による七尾市への対口支援が終了

本年元日に発災した能登半島地震における被災地の一自治体である、石川県七尾市に対して、埼玉県は対口支援を行ってきました。

本日、令和6年(2024年)6月19日付で、埼玉県より、七尾市からの申し出により、6月21日をもって対口支援を終了するとの発表がありました。

 

令和6年能登半島地震により被災した方々を支援するため、埼玉県では県内市町村と連携し、1月8日から石川県七尾市に応援職員を派遣しています。

このたび七尾市から今後は同市職員で対応するとの連絡があったことから、6月21日をもって住家被害認定調査などの対口支援を終了いたします。

それに伴い、対口支援の調整のために設置しておりました災害即応室を同日付けで閉鎖いたします。
なお、令和6年4月1日から行っている、災害復旧工事などに係る中長期的な職員派遣については、引き続き、実施してまいります。

 

これまでの七尾市への対口支援について
(1) 派遣期間 令和6年1月8日~6月21日
(2) 従事業務 避難所運営支援、罹災証明書発行支援、住家被害認定調査
(3) 派遣人数 埼玉県:81名、市町村:192名、計273名

 

埼玉県を代表して被災地での支援活動にあたった県職員、県内市町村職員の皆様には感謝申し上げます。

ありがとうございました。
お疲れ様でした。

 

 

引き続き、七尾市の復興の様子を見守りつつ、支援して参りたいと存じます。

 

 

5月29日に訪れた七尾市の様子についての記事は、こちら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください