接触確認アプリCocoa Android版が、昨9月から「機能していなかった」

「COCOA」のAndroid版、機能していなかった。2020年9月末から。田村厚労相が謝罪(ハフポスト日本版) – Yahoo!ニュース

厚労省が提供している新型コロナウイルスの接触確認アプリ「COCOA」について、Android版が2020年9月末から機能していなかったことが判明した。【安藤健二・ハフポスト日本版】 【動画】COCOA不具合で田村厚労相が謝罪 田村憲久厚労相が2月3日夕方、記者団に対して「9月の末より事実上機能していなかった」と話した。 …

 

これはひどい。

本当にひどい。

あちこちでこのアプリを使うようにと、人に強く推奨してきて、市議会の本会議でも取り上げたのだけど、アプリが「機能していなかった」。

しかも、昨年の9月から4ヶ月間も放置されていた。

 

もう本当にひどいですね。

原因究明してほしいです。

そして、開発責任者に対しては厳重に処分をしてほしいです。

通常のアプリ開発・検証のプロセスだったらあり得ないです。4ヶ月間放置って。

 

先ほどアンインストールしました。

 

 

【追記】

発見遅れたCOCOA不具合、厚労省「実機テストせず」:朝日新聞デジタル

情報技術(IT)を使って新型コロナの感染拡大を防ぐ「切り札」として導入された接触確認アプリ「COCOA」。利用者の約3割を占めるアンドロイド版が昨年9月末から4カ月以上、機能していないことが分かった。なぜこのような事態になり、発見が遅れたのか。厚生労働省が3日夜に開いた記者説明の主なやり取りは以下の通り。 ――どのような不具合が起きたのか。 …

Asahi.comの記事によると、実機テストしていなかったらしいwwww

業界的にはあり得ないですww

たとえ、開発予算2~30万程度の小さな案件だったとしても、実機テストは必ずやります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください