羽田空港強化に伴い、蕨上空を飛行機が飛ぶようになる。

2020年東京オリンピック・パラリンピックの時点に向けて、羽田空港の発着便数を増やすために、飛行経路の見直しを行っております。

このため、天候などの一定の条件下で、蕨市上空を飛行機(小型機ではなく、定期便のジャンボジェット機)が飛ぶようになります。

本件、詳しい情報は、↓こちらをご参照。
詳しい航空路の地図も載っています。

羽田空港のこれから – 国土交通省

国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。

 

かなり前から(数年くらい前)から話題になっておりますが、この度、
平成31年2月13日(水)~19日(火)に、蕨市中央公民館に、説明用の広報ブースを設けるとのことです。

http://www.mlit.go.jp/koku/haneda/news/2017012001.html#contents29

https://www.city.warabi.saitama.jp/hp/page000012600/hpg000012584.htm

 

 

 

蕨市議会においては、特に話題にはなっておらず、反対する議員・会派はありません。

基本的には、国マターであり、地方自治体政府・議会がどうこうすべきマターではありません。

私も個人的には、羽田空港を強化することは良いことだと思います。
既に、東アジア~東南アジア圏での国際空港のハブ競争においては、ほぼ東京は負けの流れが確定したかのような趣きがありますが、少しでも強化してほしいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください