蕨市からも新型コロナ感染者が出ましたが、皆様、落ち着いて行動を。

先週終盤から昨日にかけて、蕨市立病院の医療従事者(2名、ともに市外居住者)と、蕨市民(1名)からも初の感染者が出ましたが、とにかく落ち着いて行動してください。

この事象によって、皆様の感染リスクが急激に上がるわけではありません。

感染リスクは、今までもありました。
これからもあります。
そして、皆様ご自身が、既に感染していて(かつ、発熱や咳などの臨床症状がない状態で)、誰かを感染させる可能性もあります。

今まで同様、とにかく出来るだけ「お家にいる」ようにしてください。

 

 

 

デマ・憶測に惑わされず、一次情報を探して読みに行く努力を

私は市議会議員なので、マスメディア等での発表よりも若干早く情報が入ってきますが、今後は、私から速報を流すことは一切致しません。

情報は、極力、一次情報を参照してください。

マスメディア・ソーシャルメディアの情報を閲覧する場合は、デマや憶測に惑わされないように、信頼できる情報発信者なのかどうか慎重に見極めてください。

 

冒頭で書いた3例に関して言うと、

埼玉県webサイト:
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0701/shingatacoronavirus.html

蕨市webサイト:
https://www.city.warabi.saitama.jp/

蕨市立病院webサイト:
https://www.city.warabi.saitama.jp/hospital/index.html

 

これらの一次情報を直接見に行くように。

役所の文章なので、探しにくく、読みにくいのですが、手間を惜しまないでください。

 

 

屋外だから感染リスクが低く安心だ、と思わないように

この週末は天気が良く、私も彩湖、荒川サイクリングドーロとジョギングをして回りました。

IMG_20200411_153957

野外の広い公園、河川敷と言えど、人の動線というのは限定されており、どうしても遊歩道、広場・駐車場の出入り口、トイレの周囲などは人が集中することになります。

特に土曜日(11日)は天気が良く、彩湖にはわしゃわしゃ人がいました。
シートに座ってお弁当を広げてピクニックをしているグループも、そこかしこに見かけました。

屋外だからといって、いわゆる三密を確保しないと、もちろん感染リスクは上がりますので、ご注意を。

 

 

専門家に任せよう、感染者の個人情報を詮索しないようにしよう

新型コロナウイルスに関して、医学的な面で素人に出来ることは、ほとんど何もありません。

出来るのは、

・家にいること。
・手洗い・うがいをしっかりやること。
・マスクをすること。

くらいです。

 

冒頭で説明した蕨市からの感染3例が告知された後、

・どこに住んでるの?
・誰??
・どういうルートで通勤してたのっ???

というようなヒステリックな反応が見受けられました。

感染経路調査は、感染症対策の基本中の基本です。
専門家がしっかり対応していますので、任せましょう。

 

 

また、個人情報を詮索するのもやめましょう。

この新型コロナウイルスには、医療従事者がこれだけ大量に感染しているのです。
誰でも感染するリスクはあります。

感染したからと言って、感染者が悪いわけではありません。
(もちろん、カラオケに行って浮かれ騒いで濃厚接触していた、とかは論外なのですが、それはまた別の話として)

感染者、感染が発生した組織・機関を非難すると、感染者は、感染経路を隠すようになるので、感染経路調査に差し支えるようになり、結果として感染拡大を促進してしまいます。

 

Yahoo!ニュース 2020/4/11: 感染者たたき、感染者の謝罪は自分たちの首を絞める 岩田教授に聞く「誰でも感染する」怖さ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200411-00010000-ytokushu-life&p=1

岩田健太郎医師の話は傾聴に値するものです。
直接読んでみてください。

 

 

医療従事者へのリスペクトを

ありがとうございます!
心から感謝。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください