蕨市庁舎の今後の方針が決定

産経新聞 2017/11/23 : 蕨市庁舎を建て替え 35年度の完成目指す

既にマスメディアで報道なされている通り、蕨市において、市庁舎の今後の方針が事実上、決定しております。

築53年が経ち、耐震基準を満たしていない現市庁舎は、取り壊して、現在地に新築建替する方針となりました。

このドキュメントは、↓こちらに載っています。
蕨市 webサイト : 蕨市庁舎耐震化整備基本方針(案)(PDF)

20171128100218

今の時点では、上記写真の通り、方針(案)ということで、「案」がついている段階です。
ただ今、パブリックコメントを掛けている段階であり、手続き上はこの案が変更される可能性も在るのですが、市民アンケート調査の結果を踏まえている結論であるため、今回の方針(案)が覆ることは考えにくく、事実上、これで確定とみなしてよいと思います。

 

この方針の中で示されている事業費は39.9億円、期間は7年間とのことです。

この「7年間」という想定期間の内訳をみると、
基本方針 1年間
基本構想・基本計画 1年間
基本設計 1年間
実施設計・仮設庁舎建設等 1年間
現庁舎解体・新庁舎建設工事 3年間
となっております。

今年2017年度が、「基本方針」の年ということになります。
基本方針策定については、パブリックコメントの締切が12月であり、締め切った後で評価を行ってから方針を最終的に正式に決定することになるために、やはり年度末まで掛かりそうです。

私は、本年2017年9月定例議会一般質問で取り上げた通り、前半の「基本方針~基本設計」の部分に、審議会やら検討委員会やら市民アンケートやら、必要以上に多重のプロセスを踏んでいるために時間が掛かり過ぎると考えており、引き続き、納期短縮を求めていきたいと思います。

 

参考)
hoya_t blog 2017/9/5 : 蕨市庁舎の建て替え?問題の行方
hoya_t blog 2017/2/7 : 庁舎整備検討報告書(1) 市役所庁舎はどこに置くべきか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください