蕨市議会 2011年12月定例会報告(1) 市長提出議案

さて、このシリーズ、全5回で行きます。

まず、市長提出議案について。
(一部は私が所属する教育まちづくり委員会に付託されており、以前のエントリと重複します)
市長提出議案は、
条例案 10件
補正予算案 1件
その他 3件
報告 2件
尚、議案については、タイトルのみ市議会webサイトのこちらに、タイトルと結果のみアップされています。内容については、載っていませんね。
これは不便かつ不親切なので、このたび設置された議会改革推進特別委員会で話題になってくるものと思います。
条例案
9月定例会と同様に、「上位の国の法律が変わったので、連動する市町村の条例も変える」というものが多い。
単なる文言レベルの修正もあります。
例えば、
国レベルで外国人登録制度が廃止されることに伴い、連動する蕨市の条例を変えるために、「住民基本台帳法の一部を改正する法律等の施行に伴う関係条例の整備に関する条例」を定める、
など。
えっ?なになに?と思わず聞き返してしまいそうですね。
鳩ヶ谷市が川口市に吸収合併されたことに伴う、既存条例から「鳩ケ谷市」という文言の削除
人事院勧告に基づく、市職員の給与テーブルの変更
議会に話を乗せてくる前に、既に組合とは交渉済み。
具体的には、ミドル層の給与がごくわずかカットということになっております。
市民Sさんからの1億円寄附の基金条例
大きなニュースになった寄附1億円で基金を作るための条例。
「基金」というのは、市の会計の中に、特定の目的のための特別な財布を一つ作る、というイメージ。
ご本人の「北町の子どものために使ってほしい」というご要望に応える形で使い道を検討中とのことです。
補正予算案
交流プラザさくら2階に地域子育センターを設置したことに伴うLAN工事、什器など。ファミリー菜園整備工事など。
尚、前述の外国人登録制度廃止に伴うシステム改修には、なんと16,632,000円もかかるとのこと。
ぐはっ! どんなシステムはちょっと分からないが、けっこうしますね。
債務負担行為の設定 3億6,855万円
これは、中学校へのエアコン導入のため
10年リースのための、10年分の金額。
「債務負担行為」というのは、要するに、10年なら10年分の予算を先に確定してしまう、ということです。普通は、予算は単年度主義なので、1年分しか決められないのですが、2年以上に渡って支払い続ける契約の場合は「債務負担行為」を設定する必要があるのです。
この金額がエアコンとしてリーズナブルなのかどうかはともかく、なぜ購入ではなくてリースなのか?というのがよく分からなかった。
リースするか?購入するか?
購入の場合は、これだけの大きな金額なので、全額ニコニコ現金払いという訳にはいかず、借入れを起こすことになる訳だが、市債を発行するのであれば、金利はかなり有利な条件となるので、せいぜい1%とかそんなもん(?たぶん)
リースの場合は、もちろん金利換算すると圧倒的に割高となる。
それでもリースするメリットというのは、民間企業における場合は、一般論としては、借入れを起こさずに与信枠を残すため、あるいは現預金を寝かせないため、BSを軽くするため、損金算入額を多めに取って節税効果を大きくするため(業務用エアコンの税法上の耐用年数は13年間)、ということになろうかと思う。
これらは、市の会計の場合は、まったく関係ないはずだ。
市債は、(詳しくはよく分からないが)起こそうと思えば3.7億くらい起こすことはそれほど大変ではないだろうし、そもそも市は税金を払わないので節税効果なんか無関係だし。
つまり、リースよりも「借入れを起こした上で購入」した方がトクなのではないか、と私は考えた。
ここで、市長公約で「市の借金総額を4年間で10億円以上削減」が掲げられており、
もしかしたら、数字上の「市の借金」を増やさないようにするために、敢えて「借入れを起こした上で購入」ではなく、「市の借金」には乗ってこない「リース」を選択したのではないか?と考えた。
この疑問を、担当部署の部長にぶつけてみた。
回答内容には、正直ちょっと理解出来ない部分もあったのだが、
「数字上の市の借金を増やさないようにするために、敢えて損な方法を取ったという訳ではないんですよね?」
と尋ねたら
「違います」
とのことだったので、取り敢えず信じました。
尚、リースアップ後は再リースではなく、無償譲渡を受けるとのことです。
市が何かをリースする場合は、このパターンが一般的なようです。
その他
以前のエントリで書いたように、中学校の部活のボールで怪我した方への損害賠償など。
以上の市長提出議案は、全て、原案通り可決されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です