錦町松原線は6月にオープン予定です。

ここしばらく道路工事をしていた、都市計画道路 錦町松原線について、年度末(2019年3月末)までに一連の工事は完了したものの、新年度に入ってもパイプ類で閉じたままになっていて、一体どうなってんの???

という、地元の方からのお問合せを多数いただいております。

上の地図のうち、

 

・黄色ポイント(じゃじゃ馬の丁字路)~緑色ポイント(双葉酒店の交差点)は、
従来から開通していました。

 

・緑色ポイント~赤色ポイント(庚申塔の交差点)が、
今回、話題となっている区間です。

長らくパイプで閉鎖されたり、片側だけ開放されるような姿の道路のままとなっていました。

この区間は、6月に正式に全面オープン予定です。

201904 都市計画道路錦町松原線

双葉酒店交差点(緑色ポイント)から、北東方面を望む。

既に道路工事は完了し、資材類も撤去されていますが、赤白パイプで半分が閉鎖されています。

 

201904 都市計画道路錦町松原線

錦町児童館の裏、駄菓子屋や、水道工事の桶倉工業がある、変形交差点。

ここは、児童館と駄菓子屋があり、子供が多数たむろする場所なので、横断歩道が設置される予定です。

 

201904 都市計画道路錦町松原線

庚申塔の交差点(赤色ポイント)を、南側から北側へと望む。
今のところは、赤白パイプで通行制限されています。

従来は、東西の流れ(上の写真の左右の流れ)が優先道路となっています。

正式オープン後は、南北の流れ(手前から奥への流れ)が優先道路へと変更になります。

 

201904 庚申塔

庚申塔。

 

尚、

蕨市webサイト:蕨都市計画総括図(PDF)
https://www.city.warabi.saitama.jp/ct/other000025200/soukatsuzuh310215.pdf

この図を見れば分かる通り(分かりにくいけど)、都市計画道路 錦町松原線は、庚申塔の交差点から、さらに北へ、消防団第4分団の丁字路(青色ポイント)へ抜け、さらに北へと伸びる予定です。
この辺りは、錦町土地区画整理事業において、家屋移転とともに、道路を敷き直す作業となります。
今の時点では、何年後に行わるのか未定です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください