近所からクリーニング屋が撤退して困っている

私は錦町4丁目に住んでいるのですが、昨年、相次いで近所の(徒歩圏内の)クリーニング店が閉店して、かなり困っています。

撤退した理由は、オーナー店長のご高齢によるもので、収益的に厳しくて廃業した、というわけではなさそうです。
自前でクリーニング設備を揃えている店ではなく、自宅の一部を店舗にした代理店・取次店でした。

クリーニング屋は、わざわざチャリなりクルマなりで行かなくてはならない距離にあると、意外と不便なものです。

 

そういえば、私が新卒で入った商社の独身寮では、靴箱の中にクリーニングボックスがあり、朝入れておくと、数日後にピカピカにクリーニングされて返ってくる、という便利な仕組みがありました。
支払いは、寮メシなどと一緒に、給料から天引き。

 

結局のところ、「わざわざ」クリーニング屋に行くというのがすごく面倒なのです。

日常生活の移動の中で、たまたま通るルート上にないと不便。

 

クリーニングチェーンの代理店・取次店て、収益構造がどうなっているのかとざっと見てみると、

営業店募集|会社案内|ホワイト急便

おかげさまで40周年!宅配クリーニング・保管付クリーニングもホワイト急便をご用命ください。

保証金や権利金、仕入れ金などは不要です。
ポスターやチラシ、看板類も全て会社が負担致します。
営業店様に負担いただくのは、受付カウンター、商品を保管する棚。
ポール、POSレジ、そして保健所の申請費用など約70万円程度になります。

初期費用が激安に抑えられていて、看板やプロモーション費用はフランチャイザーが用意してくれる、というところが多いようですね。

代理店手数料率は、

お店の売上に対する手数料がオーナー様の収入となります。
月々の手数料は、「売上×25~30%」程度になります。

それで、どのくらい売上があるのかというと、

開業案内|クリーニングのスワローチェーンを運営する 創業56年 株式会社加賀屋商会

株式会社加賀屋商会の運営するクリーニングのスワローチェーンは、東京都内200店舗・50年の経験と技術で安心しておまかせいただけるクリーニング店です。しみ抜き、布団(ふとん)の丸洗いならおまかせ!あなたの街のクリーニング屋さん。フランチャイズ加盟店募集中。

こちらのチェーンでは、

  • 平均年商 600万

ということなので、粗利は年間で、600万☓27.5% = 165万
というあたりで、とてもとても家賃と人件費は出ません。

自宅の片隅で小遣い稼ぎとしてやるなり、別の本業がある店舗の片隅で副業としてやるなりではないと、厳しい感じですね。

今後、住宅街の中で、自宅の一部を改装し、代理店・取次店をやっているクリーニング店は、高齢化でますます減っていくのではないかと思います。

ネットで注文する宅配クリーニングサービスもいろいろありますけど、「箱に詰めて、コンビニなりまで持って行って発送手続きする」という作業がそもそも面倒です。

欲しいのは、集荷までやってくれる宅配クリーニング。
これなら、サブスクリプション型だとしてもお金払いますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください