政治団体収支報告書を出しました。

こんにちは。
今日はぽかぽか暖かいですね。
私はいろいろなものにアレルギー反応があり、けっこう酷めの花粉症なのですが、今年は辛抱たまらず初めて薬を飲んでます。普段、ほとんど薬を飲まないゆえによく効き、1日3回推奨の薬が、1回分で丸一日効果が続いているので安上がりで助かってますw
ついでに言うと、蕨市役所内は(おそらく)ハウスダストが酷く、一年中くさめ鼻水が止まりません。

さて、昨日2014年3月27日(木)は、私自身の政治団体である ほやたけし後援会と、会計を務めている自民党蕨支部の政治団体収支報告書を、埼玉県庁に提出してきました。

書き方には独特のルールがある上に、一年に一回しか作らない書類なので、だいたいにおいて一年前に指摘されたことはすっかり忘れていて、記入漏れやら添付資料漏れやらがあったりするのですが、今年はミス・漏れ無く一発で受理されました。

 

政治資金というと、
つい先頃は猪瀬直樹 前都知事が、徳洲会グループから5千万円を受け取っておきながら収支報告書に記載していなかったとの公選法違反で略式起訴されました。
また、ここ数日は、渡辺喜美 みんなの党代表が、DHC会長から合計8億円を借りて(?)収支報告書に記載していなかったことが問題になっています。

法的には、このお金がプライベート目的で使用するために受け取った(もらった or 借りた)のであれば、政治資金ではないので、公選法上の収支報告書に書く必要はなく、公選法上は合法です。(但し、別途、税務上の問題は発生します)

プライベート目的ではなく、政治目的で使用するために受け取った(もらった or 借りた)のであれば、受け入れ側のシェルは必ず政治団体でなくてはならず、従って、公選法上の収支報告書に書く必要があり、公選法上は違法となります。

 

 

自民党系の地方議員レベルだと、選挙の時は陣中見舞いをいただきますが、平時においてはお金を寄付・カンパしてくれたり、貸してくれる人など皆無なので、私の政治団体である ほやたけし後援会は、3年連続で収入ゼロ/支出ゼロとなっています。

 

県内の全ての政党支部、国会議員、県議会議員、市町村議会議員は、自分の政治団体(資金団体)を持っているはずで、その収支報告書は、県のwebサイトに載っています。
埼玉県:政治団体の平成24年分収支報告書の公表について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です