緊急事態宣言第2弾は、なぜ飲食業狙い撃ちなのか?

新型コロナウイルス第3波感染拡大に伴い、昨日、令和3年(2021年)1月7日より、1ヶ月間の一都三県に対する緊急事態宣言第2弾が発令されました。

第2弾の内容は、第1弾と異なり、飲食業への営業時短要請が中心となっています。
学校の休校や、県境とまたいでの移動は、要請されていません。
民間企業に対してはテレワークの要請がなされていますが、目標数値・時間帯などは設けられていません。

 

これは、飲食業への狙い撃ちのようにも見えます。
もちろん、飲食業の方々からは、「自分たちばかりが、なぜ営業時短しなくてはならないのか?」という不満の意見が出てきています。

 

なぜ、「飲食業だけ」なんでしょうね?

そこには、明確な根拠はあるのでしょうか?

 

 

この点について、かつてJCでともに活動した仲間の、衆議院議員の繁本護君が、分かりやすい解説をしています。

昨日の衆議院議員運営委員会では、松本洋平先生が自民党を代表して質問に立たれ、政府が飲食店を拡大防止対策の重点としたエビデンスについて問いました。

この点は重要な指摘です。なぜなら政府が飲食に対する時短要請と罰則をセットにする特措法の改正を…

繁本 護さんの投稿 2021年1月7日木曜日

 

引用すると、

12月~1月初の全国のクラスター発生のうち、
発生件数及び感染者数を施設別に分類すると、

>全体 クラスター807件、感染者数13,252人

>このうち、
>1.医療福祉関連 361件、8,191人
>2.飲食関連   156件、1,664人
>3.教育関連   123件、1,754人
>4.職場関連    95件、1,103人
>5.その他     72件、  540人

そして、

>飲食関連と教育関連は程度の規模となっていますが、両者には明らかな違いが一つあります。
>飲食関連は感染経路を明らかにすることが困難ですが、教育関連は感染経路を明らかにすることが容易であるとの違い。

 

 

クラスター発生の事例が多く、かつ、感染経路分析が困難であることが、「飲食業狙い撃ち」の理由だということです。

エビデンスが無いわけでは無い、ということです。

 

 

 

今後の課題は、一ヶ月後に、果たして感染拡大を抑えられているか?ということです。

抑えられていれば、良し。

抑えられていなければ、さらなる対策強化を打つ必要があります。


令和三年の蕨市成年式は、秋に延期

新型コロナ第3波の拡大、明日(令和3年1月7日)に予定されている、2度目の緊急事態宣言の見込みを受けて、

本年、令和3年(2021年)の蕨市成年式は、秋に延期となりました。

https://www.city.warabi.saitama.jp/shogaigakushu/shisetsu/1004324/1007095.html

 

とても難しい判断だったと思います。

決行したら批判されたでしょうし、中止しても批判されたでしょう。
延期するにしても、意思決定が遅いと批判されるでしょう。

新成年の皆様、そのご家族のみならず、晴れ着レンタル業界、理美容業界、飲食業界も、大きな影響を受けることになります。

つくづく、危機におけるリーダーは大変だな、と思いますね。

 

 

個人的には、妥当な判断だと思います。

意思決定のタイミングについては、言いたいことはありますが、ここに記すことは差し控えます。

 

20200113 蕨市成年式

昨年(令和2年)の成年式の写真です。


令和三年正月

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

令和二年を振り返る

コロナ禍と、その対応が中心の一年でした。

まだ収束しておらず、渦中ではありますが、今の時点で考えることは、(規模や時期は別として)このパンデミックという事態は、予見できたはずだ、ということです。

歴史上、パンデミックはたびたび発生してきました。
近年では、SARS(2002年)、MERS(2012年)などがありました。

規模や時期は予測不可能ですが、たびたびこの種のパンデミックが発生することは、現在の人類の持つ社会の仕組み、テクノロジー、政治制度では防ぐことはできません。

つまり、この度の新型コロナを克服した後も、何年後か何十年後か分からないが、再びパンデミックは発生する、ということです。

国レベルでも自治体レベルでも、企業レベルでも個人・家庭レベルでも、それなりの備えをしておいた方がいい、ということですね。

 

歴史に学ぶことは大切であり、誰もがよく理解できているはずです。

しかしながら、年月の経過とともに、あっさりと過去の教訓を忘れてしまうのもまた、繰り返される人類の歴史であります。

 

言うまでもなく、自然災害に対しても、また同じであります。

 

 

 

令和二年の議員活動を振り返る

コロナ禍によって、地域イベントのほとんどが中止となり、人と人との接触が制限される中で、「地域の人々とのコミュニケーション」が重要な仕事の一つである議員活動は、困難を強いられました。

いまだ、ニュー・ノーマルに適した新しいスタイルというものが確立しているわけでもないのですが、試行錯誤を続けていきたいと思います。

 

 

 

令和二年の個人的な趣味の活動など

マラソン、トレールランの類のレースは、3月から軒並み中止となりました。
これは、残念だけどやむなし。
イベント中止による参加料の返金はほとんど受けられませんでしたが、これもやむなし。
まだしばらくは無理でしょうね。

秋ころからGo toトラベルキャンペーンが始まり、経済を回すために、ぼちぼちクルマで旅行に出たりはしていましたが、ここ最近新型コロナ第三波が拡大しており、明日からの緊急事態宣言第二弾以降は、再び遠くに出かけるのは控えようと思っています。

 

 

 

令和三年の目標など

このコロナ禍がいつ収まるかも知れず、ニュー・ノーマルがどのような形に落ち着くかも分からない状況ですので、大きな目標は敢えて立てず、淡々とやっていきたいと思います。

日々を健康で穏やかに、家族・仲間と仲良く楽しく暮らしていけるのが、一番です。

 

201701_和楽備神社

今年の初詣の写真は撮りそこねてしまいましたので、4年前の和楽備神社の写真です。