Interop2024見に行ってきました

Interop Tokyo 2024を、幕張メッセまで見に行ってきました。

 

ちょっと久しぶりで、10年ぶりくらいでしょうか。

私が新卒で就職した1997年当時から存在するイベントで、IT関連業界のプロダクト・ソリューションの大規模カンファレンスです。

 

202406 Interop Tokyo 2024

私はエンジニアではないので、個々のプロダクト・ソリューションの具体的な内容や活用事例の中身は、正直、見聞きしてもあまりよく理解できません。

今はほぼ県議会議員の仕事が専業(みたいなもの)なので、この種のプロダクト・ソリューションの導入にあたり選定・意思決定する立場でもありません。

 

 

しかしながら、このイベントは、出展しているプロダクト・ソリューションのトレンドを長期的に追っていくことによって、大まかな業界の流れが見えてきます。

つまり、手っ取り早く、世の中の流れを把握し、将来を予測するためには便利です。

ということで、今でもできれば5~10年毎くらいに訪れるようにしています。

 

 

202406 Interop Tokyo 2024

会場の幕張メッセへ。

 

 

202406 Interop Tokyo 2024

出展企業のカテゴリ比率を見るだけでも、業界の流れが分かります。

 

 

昔は、コンシューマ向けや、スモールビジネス向けのプロダクトもけっこう出展していました。

今は、ほぼエンタープライズ向けプロダクト・ソリューションしかありません。

 

 

ところで、今回のInterop 2024の副題は、↑ 冒頭の写真の背景にある通り、

AI社会とインターネット

なんですよ。

 

取り敢えず、AIが流行ってますからね。

 

しかしながら、出展プロダクト・ソリューションの中から、圧倒的に大多数を占めていたのは、

・セキュリティ
・運用
・ネットワーク管理・監視

でした。

 

コロナ禍を経て、リモートワークが普及し、定着した結果、新たな課題が出てきて、これに対処するためのプロダクト・ソリューションが求められるようになってきた、といったところでしょうか。

 

 

202406 Interop Tokyo 2024

派手さはなく、あまり目立ちませんが、この領域が今は市場の中心であり、圧倒的にユーザ企業に求められているわけですね。

 

202406 Interop Tokyo 2024

AI社会と関連は、みんなが期待するような最先端のものは、まったく無し。

・画像処理(画像による人流分析・在庫管理などを含む)
・テキスト処理

といった、言わば初期の原始的なAIがほとんどでした。

 

あとは、ごくわずかに、

・生成AI導入支援

これは、要するに単なるコンサルビジネスですね。
汎用的なプロダクトを作り上げるまでに昇華していない、といったところです。

 

他に、初期の原始的なAIとも言える、

・RPA

については、若干出展していましたが、

・bot系

の出展はありませんでした。

 

 

意外なことに、

・ERP関連
・SFA関連
・ビジネスコミュニケーション・コラボレーションのツール

についての出展は皆無でした。

 

202406 Interop Tokyo 2024

他に出展が多かったのは、

・サイネージ

ですね。

 

この領域は、3次元化、カスタマイズド化が、否応なしにこれから進んでいくわけですが、そこまでのプロダクト・ソリューションは展示されていませんでした。

 

 

他に、複数社が出展していることに驚いたのが、

・オフショア開発受託

でした。

 

JPYがますます弱くなりつつある今、オフショア開発なんか受注側・発注側それぞれメリットがあるのだろうか?

さすがに、チャイナ(大陸中国)の出展はなく、ほとんどがベトナムでしたが、1社だけミャンマーも出展していました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください