TVのワイドショーを見る層と、TVを信頼せずネットで情報収集する層の分断

今朝の日経に、

日経新聞 2018/6/4 : 動かすTV 守るネット層

こんな面白い記事があった。
このタイトルは、中身を正確に表してはいないのだが、ざっくりまとめると、

・シニア・女性層 = 安倍政権への支持率が低い
・20-30代 男性層 = 安倍政権への支持率が高い

という統計的な事実があり、その原因として、

・シニア・女性層
= TVのワイドショーをよく見るから。
・20-30代 男性層
= TVを信頼せず、情報源としてネットメディアを活用しているから。

という仮設を立て、これを統計的に証明しようと試みたものだ。

この記事では、相関関係は明らかにしたものの、因果関係の論考はちょっと曖昧だが、まあ、巷間よく言われていることでもあり、私自身の身の回りの人たちを観察して得られた実感とも近い。

 

尚、この記事の中での「女性層」の定義は曖昧だ。
ステロタイプな「暇を持て余して昼間からTVばかり見ている専業主婦たち」というイメージで語られているようで、反フェミニズム的な香りがするし、個人的には抵抗がある。
しかしながら、「20-30代 男性層」と「20-30代 女性層」の政権支持率が圧倒的に異なることもまた統計的な事実であるようだ。

 

 

繰り返すが、因果関係はこの記事の中では明らかになっておらず、
・TVメディアは、政権批判に偏向している。
・TVのワイドショーばかり見ていると、考えが偏ってしまう。
というのは言い過ぎだ。
あくまでも一つの仮説に過ぎない。

しかし、私の実感としては、かなりこの仮説に近い。

 

シニア層の中には、伝統的な保守・自民党支持者であり、私のご支援者でもありながら、「安倍政権のモリカケは酷い。安倍首相は即辞めるべきだ」というようなことを語る方もいたりして、唖然とすることもある。

 

 

まあ、それはそれとして、

いずれにしても、

・シニア・女性層 = TVのワイドショーをよく見る層
・20-30代 男性層 = TVを信頼せず、情報源としてネットメディアを活用する層

この2つの層の間で意識の分断があるのは、間違いないと思われる。

シルバー民主主義の今日、TVメディアは巨大な権力を有しているわけだが、ゆるやかな世代交代とともに、その力は失われていくだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.