ソーシャルアプリへの参入について

同業他社のモバイルコンテンツプロバイダさんの多くが、ソーシャルアプリへ既に参入したり、もしくは参入検討中である中で、もちろん弊社 株式会社ブレード・コミュニケーションズでも、調べたり考えたりしているところです。

モバイルコンテンツとの比較という視点でシンプルに言うと、

・モバイルコンテンツは、そこそこのコンテンツでも、そこそこ儲かった。
ソーシャルアプリは、そこそこのコンテンツでは、ペイすらしない。がっつり手間ひまお金をかけて、しっかりしたものを作らないと、駄目。

・UIデザインが極めて重要。
私個人的に不得意な領域。

従って、ちょこちょこと実験的に作ってみてスモールスタートで様子を見よう、というアプローチでは、間違いなくうまく行かない。
参入するならば、最初からがっつり手間ひまお金を掛けた本気が必要だ。

また、mixiアプリに関していうと、直近のmixi社のIR資料によると、mixiアプリのPVは増え、アプリプロバイダへの支払いは増えたものの、広告売上は増えていない模様。
つまり、mixi社にとってはあまりハッピーではない状況になっている。
このような状況が長期的に続けられるはずもなく、アプリプロバイダの取り分を下げるなど、条件が悪くなる可能性もある。

つまり、勝負のルールがまだ固まっていなくて、流動的な部分が大きい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です