蕨市議会 12月定例議会が開かれています。

ただ今、蕨市議会の12月定例会が開かれております。

定例議会は、年に4回開かれております。

 

IMG_20191205_133123

この12月定例議会で上程されている案件は、

・社会福祉協議会への職員派遣の手続きの条例(従来はそもそもこの種の条例がないので職員派遣は不可能でしたが、この条例ができれば、可能となります)
・公共下水道事業の公営企業化(これは、国の方針に基づくものです)
・人事院勧告に基づく、議員、市長・教育長の期末手当、職員の給与の改定
・旧中山道の舗装改修の補正予算

等であります。


中曽根康弘元首相がお亡くなりになりました。

中曽根康弘元首相が101歳で死去 国鉄民営化進める:朝日新聞デジタル

「戦後政治の総決算」を掲げ、5年間にわたる長期政権で国鉄分割民営化などに取り組み、原発政策や憲法改正論議にも大きな影響を与えた中曽根康弘元首相が死去した。101歳だった。  1918年、群馬県生まれ。東大卒。旧内務省に入り、海軍主計少佐を経て、47年に旧群馬3区から衆院初当選。当選20回は戦後最多。科学技術、運輸、防衛、通産、行政管理各省庁の大臣・長官、自民党幹事長、総務会長を歴任した。 …

101歳の大往生とのことです。

邪悪な共産主義と命がけで戦い、自由世界を勝利に導いた偉大な冷戦の闘士のご冥福をお祈り申し上げます。

私もまた、自分の持ち場である蕨市において、人類の幸福と、文明を守るために、邪悪な共産主義と命がけで戦う所存です。

 

中曽根元首相は、若き内務官僚時代に短現士官として帝国海軍に出向し、青葉の主計を務められました。

青葉進水式の斧

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

青葉の大正15年進水式における支綱切断斧。
呉の大和ミュージアムにて。
今でもとてもきれいに保存されています。

ワレ、アヲバ、ワレ、アヲバ!


横断歩道で歩行者がいるにも関わらず一時停止しないクルマが多い

あれれ、一時停止は? 横断歩道の歩行者無視220台:朝日新聞デジタル

「横断歩道は歩行者優先」。自動車教習で必ず習うが、実態はどうか。新潟市の中心部で調べると、信号のないところでは多くの車が止まらず、通学路の交通量が多い小学校が対応に苦慮していた。新潟県警は取り締まりを強め、専門家も注意を呼びかけている。  9月中旬の平日朝。新潟市中央区の新潟大学病院の信号のない横断歩道を、通勤する人や学生らが行き交っていた。 …

この件、偶然、昨日か一昨日テレビジョンを見ていたら、同じことを特集していました。

その番組によると、長野県では数十年前から、横断歩道を渡るときは手を上げ、渡り終えたらクルマに向かって深くお辞儀をしましょう、と子供に教育していることが功を奏して、全国の都道府県の中で最も一時停止率が高いのだそうです。

 

 

今に始まったことではないのですが、なおかつ、あらゆる世代のドライバーに共通して言えることなのですが、横断歩道に、歩行者(これから横断歩道を渡ろうとしている人)がいるにも関わらず、一時停止せずにそのまま歩行者の目の前を走り抜けようとするドライバーが多過ぎます。

私自身が歩行者の立場として体験したひどい例では、

クラクションを鳴らされた場合もありますし、

既に横断歩道を渡り始めているにも関わらず、あたかも障害物を迂回するかのように、わざわざ反対車線にはみ出して目の前を走り抜けていった場合もあります。

 

 

もちろん道路交通のルール上の違反ですし、すべてのドライバーが、免許取得時にしっかりその旨を学習しているはずです。

 

 

「横断歩道での一時停止違反」が徹底されていなかった理由

直接的な原因は、ドライバーのマナーが悪いということなのですが、なぜ、ルールが徹底されていないかというと、警察がこの件に関して、取り締まりをしないから、ということではないかと推測します。

 

 

今までは「横断歩道での一時停止違反」は、他の違反と比べると、それほど危険ではなかった

統計的、経済学的な分析をしているわけではなく、あくまでも個人的な印象論ですが、
今までは、「横断歩道での一時停止違反」が、深刻な交通事故を招くケースは、あまりなかったのではないかと推測します。

これは、スピード違反、一時停止違反、運転中の携帯電話の操作などのように、警察が躍起になって取り締まりをする他の違反と比べて、相対的に、危険度が低かったのではないか、という意味です。

 

 

高齢化によって、今まではささいな道路交通ルール違反とされていたものの危険性が増しつつある

ところで、今後、高齢化が進む中で、「運転があぶなっかしいドライバー」、「周囲への注意が足りない歩行者」が増えていくはず。

この種の交通ルールを徹底していくことが、未然に交通事故を防ぐために必要だと考えます。

 

私は、バイクに乗って峠やら山道やらを走るのが好きなのですが、免許取り立ての四半世紀前と比べると、危なっかしいドライバーが増えてきた、という印象です。

中央線がペイントされていない、1.5車線くらいの峠道において、ブラインドコーナーなのに道路の真ん中を走ってきたり、ひどい場合は中央を割ってインベタで走ってくるようなクルマが、増えました。
統計的なデータは持ち合わせていませんが、体感値ではかなり増えた気がします。
だいたいその種のクルマは、走り屋的な若者が運転するクルマではなく、大都市圏から来た(地元に住んでいるわけではなく、峠に慣れていない)高齢者の運転する、それこそプリウス的なクルマの場合が多いです。

こちらは命の危険を感じるほどなので、すれ違いざまにクラクションを鳴らして警告を発すると、自分が何でクラクションを鳴らされたのか分からない!という反応をされることも多いです。

 

最近は、本当にひやっと怖い思いをすることが多い上に、私自身の加齢による身体能力の劣化もあり、もうバイクを降りようかとすら真剣に考えたりします。

 

近年、大問題となりつつあるのは、高齢ドライバーによる、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故の類ですが、今後、(~10年後くらいまでの)中期的には、高齢化のますますの進展に伴い、ありとあらゆる種類の交通事故が増えていくのではないかと個人的には予想します。

医療技術の進展に伴い、元気な高齢者が増え、自動車の安全の技術が進化したのは素晴らしいことですが、従来であれば自動車運転からエグジットしていたはずの高齢者の方々がそうせずに運転をし続けている状況が増えた結果、交通安全が損なわれる状況も増えてしまいました。

(自動運転技術の発展に伴い、相殺される部分もあるし、10年以上先くらいの長期的には、交通事故がゼロになることを期待します。)

 

 

警察による、あらゆる交通ルール違反の取り締まりの徹底を求めたい

今までは何となく見過ごされていたような、ささいな交通ルール違反の取り締まりを強化することが、最も低コストな、社会の安全を守る方法なのではないかと思料します。

いろいろな啓発活動も有効ですが、とにかく効果が出てくるまでに時間がかかるし、お金もかかります。

最も手っ取り早く、社会全体にとって低コストなのは、やはり警察による取り締まり強化ではあるまいか。

 

 

 

余談ですが、2012年に、友人の結婚式のために初めて訪れたハワイでビックリしたのは、信号のない横断歩道を渡ろうと私が立っていると、例外なくクルマがすーっと静かに止まってくれることでした。

彼の国に学ぶことはたくさんあれど、感心することはあまりないのですが、これだけはほとんど唯一、感心しました。


蕨市園芸品評会がございました。

令和元年(2019年)11月23日は、新嘗祭の日でございますが、今上陛下に御代替わりしてから初めてですので、大嘗祭が行われております。

我が国の永久の五穀豊穣をお祈り申し上げます。

 

蕨市においては、11月22-23日(金土)、蕨市園芸品評会が行われました。

市内農家が生産した野菜・果物を出品して、出来栄えを競うコンテストです。
市内農家の中には、市外に田畑を持っている方もおり、市外で生産されたものも出品されています。

201911_蕨市園芸品評会

今シーズンは、2度の大型台風に見舞われたこともあり、また、市内農家の高齢化が進んでいることもあり、出品数は例年よりもかなり少なめでした。

葉菜類。

 

201911_蕨市園芸品評会

イモ類。

 

201911_蕨市園芸品評会

ネギは立派ですが、大根は出品数が少なく、大きさも例年よりも小さいものが多かったようです。

 

201911_蕨市園芸品評会

白菜が少ない。

 

201911_蕨市園芸品評会

こちらは、珍しいもの。

ムベなる果物?があるなんて、初めて知りました。

「むべなるかな」の「ムベ」なんだそうです。

あけびのような絶妙なグラデーションで、味も似たような感じだそうですが、あけびと異なり、きたならしくパカッと割れないのでありがたがられるとか。

今、ググって調べたら、「むべなるかな」って、天智天皇のお言葉なのだそうです。ありがたい果物ですね。

 

201911_蕨市園芸品評会

坊ちゃんかぼちゃ。

これも初めてみました。

どんな味がするんでしょうね?

坊ちゃんかぼちゃのレシピ 648品 – クックパッド

坊ちゃんかぼちゃの簡単おいしいレシピ(作り方)が648品! 「坊ちゃんかぼちゃグラタン」「坊っちゃんかぼちゃの煮物」「坊ちゃんかぼちゃの肉詰め」「坊っちゃんかぼちゃのグラタン」など

クックパッド見たら、くり抜いてグラタンにするレシピが多々紹介されていました。
これはおいしそうだ。作るの大変そうだけど。

 

201911_蕨市園芸品評会

和やかに表彰式が行われました。


国が、学校に1人1台パソコンを配ってくれる??

学校のパソコン「1人1台」へ 経済対策に予算盛り込み:朝日新聞デジタル

西村康稔経済再生相は19日の閣議後会見で、学校で児童・生徒が1人1台のパソコンを使える環境を整えるための予算を、とりまとめ中の経済対策に盛り込むと明らかにした。ICT(情報通信技術)の教育機会について地域間格差を是正したり、国際競争力を強化したりする狙いという。 …

先日のニュースで、

西村康稔経済再生相は19日の閣議後会見で、学校で児童・生徒が1人1台のパソコンを使える環境を整えるための予算を、とりまとめ中の経済対策に盛り込むと明らかにした。

とのことだけど、これ、どういうことでしょうか??

国が、国のお金で、全国の小中学校に対して、1人1台分のパソコンを買うためのお金を配ってくれるということ???

詳細はこれからトップダウンで詰めるのでしょうが、地方の立場として、もちろんタダでくれるのであれば、ウェルカムです。

しかしながら、取り敢えず1人1台配っとけばいいんじゃね?歓迎されるだろうし、反対する人もいないだろうし、関連業界は潤うし、というケインズ的なハコモノ発想、に過ぎない、要するに公共事業の一環だと思っているのであれば、大局的には大いなるムダを生む危険性があります。

そもそも、文科相ではなく、経済再生相から情報が出てくる時点で意味不明ですし。

 

そもそも教育あるいは学問は、

・何の道具を使って学ぶか

ではなく、

・何を学ぶか
・何のために学ぶか

そして更に言うならば、

・誰から学ぶか、誰と学ぶか

が大切なのです。

これは、初等教育以前の保育園・幼稚園の段階でも、高等教育でも同じであり、社会に出てから何かを学ぶときにも共通して言えることです。

パソコンを用いて何を学ぶか、何のために学ぶか、という議論をスルーして、取り敢えず1人1台配っとけばいいんじゃね?というアプローチは、私の好みではありません。

この件、その後の続報がマスメディアに出てこないのですが、注意深く見守ります。


蕨市園芸品評会と、出品された野菜・果物・米の即売会ご案内

2019 蕨市園芸品評会のご案内

明後日、令和元年(2019年)11月22日(金)と翌23日(土・祝)に、蕨市園芸品評会が行われます。

市内の農家が生産した野菜、果物、米を出品して、その出来具合を競うものです。

出品物は、2日目の11月23日(土・祝)に販売されます。
8時30分から整理券を配布し、整理券の順番に会場に入り、買いたい出品物を選ぶことができます。

いずれも出品物は、出来の良いものばかりですので、かなりお買い得です。

 

私はほぼ毎年参加しておりますが、

蕨市園芸品評会がございました。

↑昨年の様子

 

蕨市園芸品評会

↑3年前の様子


米国のビザ取った。

米国にはあまり興味もなく、ハワイとグアム以外は行ったこともない。今度、米国の空港で乗り換えないと行けない国に旅行に行く予定なので、やむをえず、本土に初訪問せざるを得ないのだが、

北朝鮮への訪問経験者、米国のビザ免除対象外に

【8月6日 AFP】米政府は5日、訪米時に査証(ビザ)が免除される外国からの訪問者のうち、2011年以降に北朝鮮を訪問したことのある人については、ビザ免除対象から除外した。北朝鮮の旅行業界にとって新たな打撃となる可能性がある。  米国はビザ免除プログラムにより、日本、韓国、フランスなど38か国の国民に対し、ビザなしで最長90日間の滞在を認めている。  だが米税関国境警備局( US …

なんとまさかの、本年、令和元年8月以降、北朝鮮への2011年以降の渡航経験者は、ESTA利用ができなくなってしまった。

私は、2016年に行っているので、ばっちり対象外。

 

北朝鮮のビザや、イミグレーションのスタンプは、パスポートには残らないので、虚偽申請を試みる人もいるかも知れないが、旅行代理店とのやり取りにgmailを使っていたり、ソーシャルサービス上に写真の1枚でもアップしていたら、エシュロンを使って調べればもちろん分かるはずで(笑)、万が一虚偽申請が事後発覚したら遠い親戚にまで累が及ぶ可能性もあるので、おすすめしませんw

 

わざわざ米国大使館に出向いた上で、面接を受け、さらに160USDも支払って(ESTAならば、14USDで済んだのに)米国ビザを取得してきた。

 

面接で聞かれたのは、

北朝鮮には何しに言ったのか? →マラソン大会に出た。
何マイル走ったのか?→(今どきマイルってw)42キロ。
親はコリアンか?→ノー
朝鮮総連との関係はあるか?→アブソルートリーノー!

など。

 

 

IMG_20191108_125103

当面、遊びでも仕事でも行く予定はないので、ただ空港で乗り換えるだけのための、C1通過ビザを申請したのだが、

勝手に何を配慮してくれたのか B1/B2 観光・商用ビザが発行された。
しかも、10年マルチプル。

 

今、世界中で最も入国審査が厳しいのは、米国だ。

ロシア、中共、イスラエル、北朝鮮よりも厳しかった。
つい最近は、東海岸でまともに普通に働いていた日本人の友人が、就労ビザの更新が許可されずに帰国してきた。

 

 

 

DSCN2869DSCN2870

そして、これが、北朝鮮のビザ。

出国時に回収されてしまうので、手元には残っていない。

 

 

IMG_20191108_134135

↑ こちらは、イスラエルの滞在許可証・・・ではないな、出国許可証かな。

感熱紙なので、色が褪せてきている。

イスラエルの出入国スタンプがパスポートに押してあると入れない国があるので、パスポートにはスタンプは押されない。入国時に滞在許可証が発行されたはずなのだが、手元に写真が残っていない。記憶にないが、出国時に回収されてしまったのかもしれない。

イスラエルは入国時より出国時の方が審査が厳しかった。

テルアビブ空港で昭和47年に日本赤軍が銃乱射事件を起こしているので、特に日本人には厳しく、パスポートの全ページをチェックして、イスラム教の国を一つ一つ取り上げて、何しに行ったのか?友達はいるのか?と尋ねられた。

 

 

まあしかし、大使館・領事館を訪れてビザを取るのって、面倒だけど、エンターテイメントとしてはおもしろ体験ですな。

あの狸穴の□シ○大使館は、○○て出られないのではないか、とびくびくしてしまうほど、○○○○○ろしいw

初めて中共を訪れたのは大学3年のときだったが、当時はまだ日本人は観光目的でもビザが必要で、返還前の香港にあった領事館(?)で取得したのだが、パスポートを手放して預けるのが心細くてたまらなかったw

スギハラサバイバーのように、寄る辺と頼む国がなく、ビザを取れるかどうかが生死を分けた人たちもいるわけだから、エンタメ体験として楽しめる現代の日本人は幸せですね。