ビンラディン殺害には成功したが、テロとの戦いはまだまだ続く。

米軍がパキスタン国内でウサマ・ビンラディンの潜伏先を急襲し、殺害に成功したとのこと。

一連のテロの首謀者とされている人物であり、まずはめでたい。

パキスタン政府に対しては事後報告のみで、もちろん主権を侵害している。ビンラディンはあくまでも容疑者であり、裁判によって死刑が決まっていた訳でもない。
そういった手続き上の問題を指摘する向きもある。

しかしながら、これは、近代の国民国家間の戦争とは異なる、新しいタイプの戦争なのだ。
新しいタイプの戦争に、既存の国際法が追い付いてきていない。
良し悪しはともかく、そういった場合、伝統的に米国は、国際法よりも自らの信じる正義を優先させてきた。
そして、米国にとっての戦争は、日米が集団安全保障体制にある以上、日本国にとっての戦争でもある。
高度にセル化されたアルカイーダが、ビンラディンという頭を失ってなおどの程度の自立的な活動を続けることが出来るのか、そもそもビンラディンはどの程度組織の中で影響力を持っていたのかは、よく分かっていないが、組織全体が壊滅したわけではない以上、テロとの戦いはまだまだ続く。
この戦争は、米国のTOMODACHIである日本国にとっての戦争でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です