会社設立記録 — 出資金払い込み ~ 法務局で登記申請。

その後、銀行から電話があって、社内稟議が通ったとのこと。

日にちを打合せして決めて、銀行に行き、出資金払い込みの手続きをする。いろいろ書類を書いたりするだけ。


翌営業日に、「出資払込金保管証明書」を再度受け取りに行く。法務局に出す用と自社保管用の2枚の紙切れだ。
このお金は、私個人の口座、あるいは新会社の口座に入っている訳ではなく、登記が完了するまであくまでも銀行に保管してもらっているだけ、ということ。
今気付いたんだけど、この時点でこの銀行が潰れちゃったりしたら、このお金はどうなるんだろ?ペイオフとか関係ないだろうし。

以上で、銀行関連の手続きはおしまい。
ご参考までに、手続きにかかった日数を下記します。
①出身金払い込み金融機関になってもらうことの依頼。

②社内稟議のOKが出たとの連絡が、2営業日後。

③出資金払い込みの手続きに行く。いろいろ準備(?)があるのかないのか、2営業日後の日にちを指定された(私の方の予定が合わずに、3営業日後に訪問した)。

④出資払込金保管証明書を発行してもらう。翌営業日後。

さて、次は、法務局に登記申請に行くぞ!
銀行の手続きが完了した翌日に出撃しました。

「設立登記申請書」って、法務局に用紙が置いてあって、その場でそれにぺロッと記入して出すものかと思っていたら、フォーマットは自由で、自分で書いて(プリントアウトして)用意するものなんだそうだ。

その他、なんだかんだで、あれも足りない、これも足りない、という感じで、この日は結局、法務局と自宅の間を三往復してしまいました。やれやれ。

これで、受理されれば、めでたく登記完了、会社設立ということになる。
その場で、あるいはせいぜい翌日くらいに返事もらえるのかと思っていたら、返事くれるのはなんと5営業日後らしい。
(特に今週は祝祭日があるので、実質、10日後)


会社設立記録 — 出資金払い込み ~ 法務局で登記申請。” への1件のコメント

  1. ≪外国為替必修講座≫ 「大きく」そして「着実に」稼ぐためのノウハウ

    外国為替必修講座 ~為替王アカデミーで為替・FXを学ぶ~
    2000億円運用プロの現役ファンドマネージャー が初めて明かす!
    “長期的に儲け続けるための資産運用の極意”
    初心者でもプロに勝てる、あなたの資産を守る一生モノの資産運用法とは?
    FXブログ界の最高峰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です