子飼弾さん曰く、「書かれなければ[後で読む]ことも出来ない」

子飼弾さんのblogで、こんなエントリが数日前にあった。

まず意識すべきはだらだらと思いついたままの長い文章でもいいからとにもかくにも書き留めることである。そこに見るべき一文があれば、それは引用されはてブされる。しかし書かなければ何も起きないのだ。

極論してしまえば、誤字脱字でさえbloggerの個性である(←私の場合それに甘えすぎているように我ながら思うが)。恐れずにまずは書いてみよう。

俺って、中途半端に完璧主義者な上に、カッコつけなんで、なかなか文章書けないし、いざ書き始めたら、一つのブログ記事書くだけでも何度も何度も推敲して、一旦アップしたやつも何度も何度も修正したりして、えらい時間かけちゃったりするんだよね。

でもまあ、「誤字脱字でさえbloggerの個性である」ってのは確かに一理あるし、まぁ、天才子飼さんがそう言ってるんだから俺もまぁいいだろう、ってことで、これからはもうちょっと気楽にブロギングしていくことにします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です