平成20年 年頭の辞

明けましておめでとうございます。
はてさて、弊社ブレード・コミュニケーションズは、本日が仕事はじめです。

先ほどは、西日暮里の神様、諏方神社に行って新年の祈祷をしてもらってきました。

以下、スタッフ向けに配信した年頭の挨拶をお届けします。


———————————————————
皆様

明けましておめでとうございます。
新春を迎え謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

昨年は波乱に富んだ年でありましたが、今年は足元を固めつつ、引き続き新しいサービスの企画、ビジネスの創造に邁進していきたいと思います。

モバイルコンテンツの市場環境を観望すると、モバイルコンテンツ市場全体は力強く成長しておりますが、その中でも公式コンテンツ市場の先行きは決して明るいものではありません。
今年は特に、キャリアによる公式コンテンツ事業の営業譲渡が解禁され、業界再編の動きが進むことが予想されます。

このような波乱に富むであろう今後、当社は、引き続き現行サービスの維持・拡充を行うとともに、公式コンテンツ市場においては、新しいプラットフォーム上でニッチな新規サービスを開発していきつつ、地歩を築き固めていきます。

また、3月には、創業以来住み慣れたこの西日暮里スタートアップ・オフィスを離れ、1.5倍の広さの新オフィスへの移転を控えております。人員体制も、今後は更なる拡充を行ってまいります。

多難の年の幕開けですが、我が社にとっても、皆様及びご家族にとりましても、
本年が実り多い年となることを祈念致しまして年頭のご挨拶と致します。

平成20年1月4日
株式会社ブレード・コミュニケーションズ
代表取締役 保谷武


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です