特定失踪者問題調査会の現地調査(池袋-川口)に参加しました。

昨日 2012年9月19日(水)、特定失踪者問題調査会の現地調査に同行させていただきました。

埼玉新聞:拉致、被害者同士接点も 川口と都内で現地調査
朝日新聞:5人の足どり 川口で再検証
産経新聞:拉致被害者、田口さんの勤務先など調査 「おびき寄せられたか」 特定失踪者問題調査会
TBS:拉致当時の田口さんアパートなど調査
http://news.tbs.co.jp/20120919/newseye/tbs_newseye5135649.html 

特定失踪者とは、「北朝鮮による拉致の可能性を否定出来ない失踪者」のことです。
我が国政府が認定している拉致被害者は、わずか17人に過ぎませんが、実際にはもっと多くの被害者がいます。
特定失踪者問題調査会は、この問題を調査するための任意団体です。
私 ほやたけし(保谷武)は、無関係であり、所属しているわけではありません。たまたま今回参加しただけです。
DSCN2482
有楽町線 要町駅前に集合。
ご挨拶する特定失踪者問題調査会の荒木和博代表
DSCN2490
政府認定拉致被害者 田口八重子さんの拉致当時に住んでいたアパート。
メゾン青葉。
要町駅の近くです。池袋駅まで徒歩圏内です。
田口八重子さん1978年6月、当時22歳で拉致され、大韓航空機爆破事件の犯人、北朝鮮の工作員である金賢姫の教育係をやらされていました。
田口八重子さんは、DV夫と別れてシングルマザーとしてお子さん2人を育てながらここに住んでいました。
DSCN2494
メゾン青葉の表側。
当時は新築で、綺麗な青葉色だったそうです。
DSCN2495
メゾン青葉。
DSCN2507
メゾン青葉の前で、田口八重子さんのお兄さん、北朝鮮による拉致被害者家族連絡会代表の飯塚繁雄さん。
拉致被害者に向けての短波放送 しおかぜの公開録音中です。
「必ず助けてあげるから、もう少し我慢しておくれ」という言葉には、胸を打つものがありました。
DSCN2513
田口八重子さんが当時働いていた、池袋駅北口のキャバレー ハリウッド。
驚くことに、今でもあります。
嬢の在籍数が100を超える大箱で、拉致直後、「そういえば、工作員か土台人ぽい人たちが客として来ているのを見かけた」という趣旨の証言もあったそうです。
DSCN2514
当時はどんな店だったのか分かりませんが、今はいわゆる熟女系って感じですね。
DSCN2520
店の前で、田口八重子さんのお兄さん、飯塚繁雄さんより、ご説明。
このお店に勤めるにあたり、衣装などを揃える必要があり、そのお金を貸してあげて、まだ返済の一部が残っている、と。
DSCN2535
雑司が谷ににある、田口八重子さんが拉致当時に子供を預けた無認可託児所跡地。
当時は4階建てのビルで、1階に、そのモグリの託児所があったそうです。
勤務先を起点にすると、自宅アパートのある要町とは真逆の位置にあります。
何故この託児所を選んだのかは不明であるとのこと。
DSCN2542
川口市内に移動しました。
ミエル川口の近くの、
特定失踪者(1000番台リスト) 新木章さんご自宅跡。
新木さんは、1977年5月、当時29歳のときに、お休みの日に、「買い物に行く」と言い残して財布だけを持ったまま失踪しました。
在籍時期は異なりますが、田口八重子さんと同じ旧 川口商業高校(現 県陽高校)の出身です。
また、田口八重子さんが勤めていたキャバレー ハリウッドのすぐ近くの旧 三菱信託銀行 池袋支店(現 三菱UFJ信託銀行)に勤めているなど、微妙な接点があります。
尚、1000番台リストとは、特定失踪者調査会の調査の結果、特に北朝鮮によって拉致された可能性が高い方のリストです。
DSCN2550
田口八重子さんの親戚の八百屋跡。
今は八百屋は廃業しています。
田口八重子さんも、飯塚繁雄さんも時々お店を手伝ったことがあるとのこと。
新木章さんご自宅跡のすぐ近くです。
DSCN2556
国道122号 岩槻街道沿いの スナックオックス。
田口八重子さんが、夫と3ヶ月ほどスナック経営をしていました。
DSCN2562
調査中、現在のお店のオーナーが出てきました。
三十数年前、田口八重子さんから居抜きで物件を買い取り、今に至るまで同じ店名で経営されています。
田口八重子さんは、お産の時まで2階に住んでいた、とのこと。
DSCN2572
特定失踪者(1000番台リスト) 藤田進さんご自宅。
マイクをもってご説明するのは、1つ下の弟さんの藤田隆司さん。
奥の薄茶色の3階建ての建物です。
当時は平屋建てで、現在は建て替えて藤田隆司さん一家がお住まいです。
藤田進さんは、1976年2月、当時19歳で失踪しました。
「新宿の方でガードマンのバイトに行く」と言って出かけたまま、帰りませんでした。
脱北者が持ち出した写真が酷似しているほか、確度は不明ながらも、拉致の手引きをしたという内部告発の証言も得られています。


DSCN2595
調査の最後に、記者会見。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です