この本読んだ。『成功はゴミ箱の中に―レイ・クロック自伝 世界一、億万長者を生んだ男-マクドナルド創業者』

レイ A.クロック,ロバート・アンダーソン
プレジデント社

¥ 1,500

(2007-01)

Amazonランキング:
140位
Amazonおすすめ度:


勇気が湧いてくる本
内容は最高の一冊
挑戦と情熱のマクドナルド誕生物語

マクドナルドの事実上の創業者の方の自叙伝。
翻訳文章もテンポいいので、すいすい読めた。

エンタメ本として、面白い。

おおむね、当初の狙い通りにマクドナルドのハンバーガーは大ヒット!まさに俺の狙い通りさ、すごいだろう!?という、彼の国の人らしく「俺ってすごいアメリカンドリーマー」という感じで、楽観主義に貫かれている。

ライセンスを受けているマクドナルド兄弟の確執、側近と方針が合わなくて社内に派閥が出来てしまう、資金調達に苦労して家を担保に借金しちゃって奥さんと離婚することになったり・・・などトラブルもたくさん、もちろん山アリ谷ありなんだけど。

50歳越えてからの創業っていうのもすごいね。
がむしゃらに働いて、それなりにお金があって(レイ・クロックさんは、マクドナルド創業前にミキサーの卸としてそれなりに成功してた)、それでも尚、上を目指してお店の便所掃除とかの現場仕事もいとわずに頑張ろうとする人の頭ってどうなってるんだろう。


ところどころ、私自身が最近悩んでたテーマや、過去に悩んでてそれなりに解決したテーマとかとかぶってる内容があった。
ああなるほど、この人はこうやって乗り越えたんだ、とか、なるほどやっぱりそうだよなあ、とか。

この手のビジネス自叙伝は、
・ビジネスの体験
・体験から得たノウハウ
が詰まっている訳だけど、

基本的に、読んで頭で理解はしても、その読者の元々持っている体験、ノウハウの範囲を超えて理解することは出来ないね。

今回さらっと読み流してしまったポイントに、何年後とかに読み直してみたら、すごく共感/反発なり心動かされる、ということがありそうな気がする。

でも、まあ読み直すことはないと思うけど。
Amazonマーケットプレイスに出品しましたw


この本読んだ。『成功はゴミ箱の中に―レイ・クロック自伝 世界一、億万長者を生んだ男-マクドナルド創業者』” への2件のコメント

  1. 農業に転職の年商100億円の元女性社長(59才):伸びる創業者や経営者の共通点:意外と無欲でサバサバ:それ故捨て身で勝負可:自己保身的でない

    「岐阜県で共同の田舎暮らしを脱毛業界で)開始:家賃2万円で生活費3万円:心身蘇る・自身の女性を意識:東京の雰囲気嫌いに」と私の別のブログで書きましたが、これって、元女性社長から農業に転職ですね。私の転職最新情報というブログの読者は、少しでもキャリアアッ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です