わらびりんご通り(元蕨法華田線)と蕨中央通り線の交差点に注意喚起の目立つペイント

私もたびたび蕨市議会で取り上げて要望し、所属する保守系会派:新生会でも予算要望しており、かつ、他の会派の議員・会派や組織も要望を投げかけている、わらびりんご通り(元蕨法華田線)と蕨中央通り線の交差点において、新たにクルマ向けに注意を換気するようにペイントされました。

場所は、上記のオレンジマークがついている箇所。

 

西小の通学路となっている交差点ですが、わらびりんご通り(元蕨法華田線)の開通に伴い、急激にクルマの交通量が増えており、危険が増しています。

通学路安全確保のために、交通信号設置を要望しているのですが、交差点から出入りする四方向のうち、一方向の道路がまだ未開通の状態であり、また、交通量が信号設置基準に達しないため、今時点では未だ信号設置のメドは立っておりません。

しかしながら、下記写真のように、かなり目立つ赤白の道路ペイントがつきましたので、まずは通学路の安全確保に向けて、一歩前進と言えると思います。

DSC_0087

交差点を、西南角から見たところ。

白と赤の横断歩道がペイントされています。

あまり見かけないタイプですね。

この写真の左奥に向かう道路(西小に向かう、北向きの道路)には、須賀敬史県議会議員(自民党)からの情報によると、来月、平成31年1月中には、道路中央線部分に赤白ポールが設置されるようになるそうです。

 

DSC_0090

交差点を、西側から見たところ。

「こども注意」という目立つペイント。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください