蕨市総合防災演習 今年は、蕨駅での訓練を見学

先日、令和元年(2019年)8月18日(日)、中央小学校において、蕨市総合防災演習が行われました。

 

毎年恒例のイベントで、8月中旬の日曜日の酷暑の下、市内学校の校庭を持ち回りで行われています。

訓練の参加主体は、
・行政当局すなわち、市役所、消防
・消防団
・市内各地域の町会、自主防災団体
・中学生防災ボランティア団体、交通安全協会などの市内ボランティア団体
・市内の水道工事業者、電気事業者、ガス事業者などインフラ関係企業
・陸上自衛隊
・埼玉県警
などで、災害発生時に関係がある、全ての団体に参加を求めて行う、総花的なものです。

市議会・議員は、訓練の参加主体ではありません。
行政のチェック・政策提案が仕事ですので、毎年、出席して見学をしています。

 

 

蕨駅での避難訓練・三角巾の使い方講習

ところで、今まで全く知らなかったのですが、総合防災演習の一環として、同時刻に蕨駅においても、JR東日本が主体となって、乗降客の避難訓練などが行われていたのです。

今回は、私は、メイン会場である中央小学校を早々に抜けて、蕨駅での避難訓練・三角巾使い方講習を見学致しました。

201908 蕨市総合防災演習 蕨駅

駅スタッフが、訓練参加者に説明をしているところ。

駅を利用している乗降客が、たまたま蕨駅において地震に出くわした、という想定です。
これらの方々は、災害の被害が大きく、このまま電車の運行が止まったまま再開できない場合は、帰宅困難者となります。

201908 蕨市総合防災演習 蕨駅

三角巾の使い方講習。

講師は、公明党所属の蕨市議会議員であり、防災士の資格を持つ、大石幸一さんです。

腕を骨折した場合の固定方法、手足から出血がある場合の圧迫止血方法などを講習しました。

 

JRのスタッフの、災害に向けての意識の高さに感銘を受けました。

私は、本業はネット業界ですが、この業界はベストエフォート型というのが当たり前になっており、「費用対効果を極大化するように、競合に先行されないように、多少の漏れ・取りこぼしやミスがあっても構わないので、とにかくスピード重視でやる」という感覚が私にも染み付いております。

JRの、インフラ事業者としての、言動の端々から感じる「漏れやミスが1件でもないように、完璧を期す」という姿勢には、とても安心を感じました。

 

 

メイン会場に戻ると、消防団による放水訓練をやるところでした。

201908 蕨市総合防災演習

 

炎天下、関係者の皆様、お疲れ様でした。


埼玉県知事選もいよいよ終盤、青島健太氏を県知事にしよう

埼玉県知事選挙も、いよいよ終盤となりました。
2019年8月25日(日)が投開票なので、今日を含めてあと4日間しかありません。

幾つかの状勢分析によると、青島健太氏と大野元裕氏の2人の候補がほぼ拮抗している接戦のようです。

私は、自民党・公明党推薦の青島健太氏を応援しております。

皆様、青島さんへのご支援をよろしくお願いします。

埼玉県知事候補 青島健太、えいえいおう!

2019年8月17日(日)、蕨駅西口での街頭演説にて、「えいえいおう!」の鬨の声を上げたところ。(右はじが私です。I島さん撮影)


郷町会盆踊り(納涼祭)がございました。

先日、令和元年(2019年)7月28-29日(日月)、郷南公園におきまして、郷町会の納涼祭(盆踊り)がございました。

本来であれば、土日の2日間に渡り行われる予定なのですが、台風接近の予報のため、早々に日月へと延期することが決定されました。

 

DSC_0469

私もここ9年間、毎年参加しておりますが、年々、ちびっ子の数が増えている気が致します。

関係者の皆様、お疲れ様でした。


わらびりんごシャーベットの試作品

先日、令和元年(2019年)7月28日(日)に、蕨市中央3丁目にある、一日単位で飲食店舗をレンタル出来る施設「クアッカ」におきまして、わらびりんごフェアがございました。

 

わらびりんごシャーベット試作品

新開発の、わらびリンゴシャーベットの試作品がお披露目され、私も試食致しました。

わらびりんごは、あらゆるリンゴの中で、最も収穫時期が早く、酸味が強い種であります。大きさもそれほど大きくないため、そのまま食べるのには適しておりません。

既に、わらびりんごサイダーが商品化されておりますが、この度のシャーベットは、その次の試作品であります。

それほど酸味が強いわけでもなく、すなはち、クセがあるわけではなく、食べやすいシャーベットでありました。
普通においしいです。

販売予定価格は250円とのことで、ガリガリ君などと比べれば遥かに高いのですが、お土産にいいのではないかと思いました。


蕨市議会 3期目の任期が始まりました。

令話元年(2019年)7月20日より、私の、蕨市議会議員としての3期目の任期がスタートしております。

7月24-26日には、主に議会人事を決める、7月臨時議会が開かれました。

 

私は、引き続き、副議長に就任致しました。

 

所属会派は、令政クラブです。

自民党系、保守系の会派であります。

 

 

この令政クラブという会派組織についてですが、

・従来の「新生会」が、「令政クラブ」に名称変更した。
とも言えるし、

・従来の「新生会」が解散して、新たに「令政クラブ」が結成された。
とも言えます。

 

 

そもそも一般論として、議会の会派というものは、何とも曖昧な性格を持つ部分があります。

対内的には、規約があり、会長を始めとする役職を置き、議会における採決においては会派拘束をかけるなどのルールの下で運営されるべきものです。

他方で、
対外的には、組織が成立するための明確な要件は無く、法人格もありません。自ら名乗りを上げれば会派とみなされるものでもあります。

 

新しい令政クラブのメンバは、

蕨市議会 市議会会派構成一覧

蕨市議会の議会の紹介と会議録検索システムを提供しています。

こちらの蕨市議会のwebサイトに掲載されている通り、
(以下、敬称略)

池上智康
前川やすえ
保谷武
古川歩
大石圭子
今井陽子

の6名であります。

従来の新生会に所属していて、本年3月1日の暴力事件(会派の内紛ではありません。私闘です)の当事者であり、今任期においても再選されている

三輪かずよし
小林利規

の2名は所属しておりません。この2名は無所属として活動しています。

 

このあたりの経緯については、別の機会に書くことにします。


令和元年の参院選が終わりました。

昨日、令和元年(2019年)7月21日(日)、参院選の投開票が行われました。

改選124議席が確定 自公で過半数も自民は単独で過半数失う 改憲勢力81議席

令和初の国政選挙となった第25回参院選は22日午前、改選124議席全ての当選者が確定した。自民党は57議席を獲得したが、改選前から9減らし、非改選の議席を含めた…

自民党は57議席を獲得したが、改選前から9減らし、非改選の議席を含めた単独過半数を維持できなかった。公明党は改選前から3増の14議席へと伸ばした。与党では71議席を獲得し、改選議席の過半数を上回ったが、改選前の77には届かなかった。自公に日本維新の会を含めた憲法改正に前向きな「改憲勢力」は81議席にとどまり、憲法改正の国会発議に必要な3分の2(非改選と合わせて164議席)を割り込んだ。

ということで、我が自民党は、勝ったと言えばまあ勝ったと言えますが、議席数は減らす結果となりました。

 

埼玉県選挙区に関して言うと、

私が支援をしておりました、古川俊治氏は、無事に三選を果たしました。
友党である公明党の矢倉克夫氏も、再選致しました。

JPEG_20190718_184919_747431387

令和元年(2019年)7月18日(木)、蕨市民会館にて行われた、古河俊治個人演説会の様子。

 

 

今回から、埼玉県選挙区は、改選数が3→4に拡大しております。
参議院議員は、3年毎に半分ずつ改選される仕組みなので、埼玉県選挙区全体では、定数は6→8に増えたことになります。

 

今回、埼玉県選挙区で当選したのは、

参院選2019 選挙区 埼玉県 : 参院選 : 選挙・世論調査(選挙)

第25回参議院議員選挙(参院選2019)の候補者一覧(選挙区)コーナーです。開票日は午後8時から開票速報を行います。

saitama2019(c)読売オンライン

(c)読売新聞

ということで、政党でいうと、
・自民
・立民
・公明
・日共
です。

改選数が拡大したことで、日共が当選しました。

 

得票数だけを見ると、仮に、自民党が、もう一人候補者を立てて、古川俊治氏が獲得した票をきれいに二等分することが出来たとしたら、393,239.5票ということになります。この数字は、まだ最下位当選者の票数を上回っていますので、2議席を獲得できた可能性もあります。

 

しかし、実際にはそんなにきれいに票分けすることなんか不可能です。様々な要素が複雑に絡み合って作用するため、2人候補者を立てることで、2人の自民党候補者の合計得票数は、1人の場合と比べて増えることもありうるし、減らすこともあり得ます。自民党から、友党である公明党にも票分けしており、そちらにも影響を及ぼします。

実際、広島県選挙区では、改選数1(現職は自民)→2に拡大し、2人当選を目指して候補者を2人立てたものの、自民新人と野党相乗り候補が当選し、自民現職は落選するという結果に終わりました。

 

まあ、しかし、もう1人当選させられたかもしれないのに!日共の当選を阻むことが出来たかもしれないのに!と考えれば、残念といえば、残念です。

 

報道によると、自民党では、もう1人候補者を立てる可能性も模索したとのことですが、詳細は私も分かりません。
この種の情報が政党組織の内部で広く共有されることはないし、末端の党員である私には意見を述べる機会すらありません。私もマスメディアの報道で知る範囲の情報しか持ち合わせておりません。


春日町会盆踊り(納涼祭)がございました。

先の週末、令和元年(2019年)7月20-21日(土日)、春日神社境内(春日公園)におきまして、春日町会の納涼祭(盆踊り)が開かれました。

梅雨明けしたのかしていないのかはっきりしないような、ぼんやりした天気が続いておりますが、幸い、濡れるほどの雨に降られることもなく、無事に開催されました。

20190720 春日町会盆踊り

やぐらの周りで盆踊り。

20190720 春日町会盆踊り

子ども会育成会の方々による、模擬テキ屋が大賑わいでした。

関係者の皆様、お疲れ様でした。