マーケティングに必要なセンスって何だろう?

マーケティングの分野は、既にかなり確立されたサイエンスの世界だけど、もしもそこにセンスのようなものが必要だとしたら、それは何だろう(・e・)? と、いうことをこの前からぼんやりと考えている。

それは、「無から何か新しいものを創造するクリエイティブなヒラメキ力」とかではなく、「世の中のいろいろな人たちをセグメンテーションして、セグメントごとの考え方とか発想をシミュレートできる力」ということになるのではないだろうか。

例えば、「日本人の平均的な人たちは、この製品の満足度はどのくらいか?」とか、「F1層はこの価格設定について高いと思うか?」とかのテーマを、一瞬のうちにそのセグメントの人のアタマになり切って、シミュレート出来る、ということ。

↑ 何か文章にしてみると、すごく難しそうなんですけど。どうやれば身につくでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です