今から着メロやっても、まだいけるか? 【着メロ研究その一】

やり方次第では「まだまだ全然いける!」というのが僕の仮説なのだが、ちょっと検証してみようと思う。
個人的には着メロなんて全く興味ないけど。
あんなもんにお金払うヤツの気がしれないw

※ここでいう着メロビジネスというのは、月額固定制ないし従量制によるユーザ課金型ビジネスに限定する。B2CのASPとかは取り敢えず除外。

まず、競合プレーヤはどのくらいあるのか、どんなのがあるのか、どういうやつらが儲かってうはうはなのか。

今、i modeの公式メニュを見てみたら、
①J-pop
47サイト。
上位4サイトは、
ポケメロ JOYSOUND
着信メロディGIGA
メロDAM(オマケ付)

②TV/CM/映画/アニメ
29サイト。
上位4サイトは、
フジ♪メロ
テレ朝メロディ
Disneyメロボイス
Gメロ巨人軍

③声/効果音/楽器
22サイト。
上位4サイトは、
ポケ声&ポケ音
声楽♪たまて箱
メロやぎさん

④Rock/Club/洋楽
34サイト。
上位4サイトは、
洋楽メロ♪Style
SAL洋楽MANIA
++CooloveR++
@ClubMelo

⑤アレンジ/オリジナル
12サイト。
上位3サイトは、
待受画面メロディ
おるごーる本舗
アレンジ天国

⑥ゲーム
11サイト。
上位3サイトは、
コナミナットDX
MelodyClip♪
スクエニ メロディi

⑦カラオケ
9サイト。
上位2サイトは、
ドコカラJOY
clubDAM

⑧ジャズ/クラシック
6サイト。
上位2サイトは、
東京フィル クラシック
ハーフノート JAZZ

⑨インディーズ
8サイト。
上位2サイトは、
噂のインディMelo
インディー’ss

ふう。
こんなにあるとは思わなかった。
音楽の(というか音の)種類によって細分化されている。
サイト数 = CP(コンテンツプロバイダ)数 ではない訳だけど、単純にサイト数を合計すると、178もあるよ!

提供CP数が多い順と、i modeのメニュで上からの順番はリンクしているので、単純に、上から順に人気のあるカテゴリなのだと見なすことが出来る。

圧倒的一番人気はJ-pop。
そして、TV/CM/映画/アニメ。
次いで、声/効果音/楽器
といったところ。

人気がある反面、競争も厳しかろう。人気があるのと儲かるのとは別の話だ。
あと、公式CP以外にも非公式でも着メロ配信やっているCPもあるのかな? その場合は、課金・回収の仕組みはどうしているんだろう?

パケ代がもったいないので、i mode研究はこの辺で。
次に、ez web(パケ代定額でーす)。

まず、
①着うた
②着ムービー
③着信メロディ
④待受画面
⑤フォト/フレーム/アルバム
⑥ボイス・サウンド
⑦カラオケ
という分類になっている。

既に、音声のみの「着メロ」ではなく、映像との融合というか進化が進んでいる感じ。さすが、第三世代。
この順位は、使われている順であると仮定すると、
着メロよりも、着ムービーの方が、より多く使われている。とは言え、まだ着うたには負けている。今後は着うたと着ムービーは順位が逆転し、着ムービーが上位に来るようになる可能性が高い。
あるいは、着ムービーは、まだそれほどユーザには使われていないのかもしれないが、キャリアが政策的に利用促進するために順位を上に来させているのかもしれない。あと、着うた、着メロサイトが、着ムービーも合わせて取り扱っているケースも多いようだ。

それで、着うたと着ムービーの下のディレクトリを見てみる。
①J-pop・総合。(48サイト)
②アニメ/ゲーム(11サイト)
③TV/映画(9サイト)
④ロック・洋楽(7サイト)
⑤クラブ/インディーズ(25サイト)
⑥クラシック/ジャズ(16サイト)
⑦着ムービー(38サイト)

やはり、ez webでも、上位に来ているのは、J-pop、アニメ/ゲーム、TV/映画だ。この辺が人気があるということだ。

取り敢えず、着うたカテゴリ内のランキングを見ると、上から、

レコード会社直営♪サウンド
CP:レーベルモバイル株式会社
このレーベルモバイルという会社は、レコード会社大手連合らしい。
課金体系:都度課金のみ。着うたは、¥52~210(7パターンあり)。着ムービーは、¥105~315(パターンあり)

着信★うた♪
CP:株式会社ハドソン
課金体系:1曲¥84(都度課金)と、月額会員制¥210(3曲まで)の2通りがある。

絶対!洋楽
CP:レーベルモバイル株式会社
課金体系は、①と同じ。

アーティスト公式サウンド
CP:株式会社MLJ
この会社、コーポレートサイトがないぽい。
課金体系:1曲¥105(都度課金)と、月額会員制¥315(3曲まで。それ以上は1曲当たり¥105)の2通り。

⑤うた&メロ取り放題☆
・・・もういいや。

なんか、ユーザ課金モデル以外のものも入っているみたいだな。
これは、どれがどうだか分からないや。

取り敢えず試しに一つダウンロードしてみよう。①の中で、オリオンビールのCMソングを発見。沖縄好きなので、これを落としてみる。都度課金で105円。ダウンロードして早速着信音に設定し、別のケータイからかけて聞いてみる。
聞いてみて愕然・・・ただ歌がケータイの着信音として流れてくるだけじゃん(当たり前)・・・何でこんなのに105円も払えるんだろう???

もうちょい研究していこう・・・


今から着メロやっても、まだいけるか? 【着メロ研究その一】” への4件のコメント

  1. 着メロは、やりようによってはまだいけますよ。

    この業界は非常に判り易い形でマーケットが成熟化してきているだけです。今が一番、利益が出る成熟期。成熟期であっても、新規参入は多い。で、新規参入するところは、価格を下げて参入し、安売り競争に徐々になってきています。

    だから既存の大手はそれに巻き込まれないようにブランド化戦略・差別化戦略をとっているわけです。TVCMを打ったりして。

    で、今から参入する場合は、基本的には差別化を全く考えず、ひたすら低価格の価格戦略と、付加価値をつけた差別化戦略の2つのやり方のどちらかだと思います。

    ちなみに着うたは、あんまり儲からないです。通常の楽曲は、権利関係が難しすぎてそもそも手に入れずらいし、手に入っても権利関係がめんどくさすぎます。

    着ムービーは、更に権利関係が複雑。これを上手く処理できる法律知識とコーディネート力がCPに求められます。

  2. 韓国のソウルにある
    株式会社 楽PICTURESという会社の代表取締役 安 泳必(アン・ヨンピル)と申します。

    当社は、韓国でK-POPの音源管理社との契約を通じて現在 30,000曲以上の K-POP, ドラマ映画 OSTの日本内流通権を確保しています。
    当社と取り引きしている主要音源管理社は、保有曲数及び質において韓国内で守衛を争っている会社らです.

    最近日本内韓流熱風とかみ合って、
    日本有無線サービスを通じて当社が保有している音源を貴社に供給, 流通して共同収益事業を進行することができるパートナーを求めています.

    1次K-POP を始まりにドラマ映画の OSTを含んだ各種韓流モバイルコンテンツ事業も共同で進行したいです

    貴社との Partnershipを基本に多様なコンテンツ収益事業に対する長短期モデルを一緒に
    作って行ったらと思います.

    多くの関心お願い致します.

    検討させてお返事宜しくお願いしたします。

    PS:コンテンツ担当の方に宜しくお願いしたします。

    株式会社 楽PICTURES
    代表取締役 安 泳必
    携帯: +82-17-288-4365
    E-mail:feel109@hanmail.net

  3. わずか1ヶ月…約20通のメール…たったそれだけで

    和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科もういい加減、いつまでもあなたを稼がせることが出来ない“クソ”ネット起業家の言うことなんて聞くのやめませんか・・・ (あなたは、お金を稼ぐ方法を、「自分一人では小銭すら稼げず、まともにビジネスも作れず、人に稼ぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です