CarSmileは、CarSensorとどう棲み分けていくのか?

今朝、西日暮里駅前でおねーちゃんが配ってました。

本日創刊、某Rクルートの無料情報誌、CarSmile。


CarSmile

電話帳のように分厚いCarSensorと比べると、ぺらぺらで薄いが、読み物的なコンテンツも充実しているし、CarSensorが掲載店舗ごとに並べられているのに対して、車種ごとに並べられており、かなり見やすい。その代わり、店舗の情報はきわめて薄いが。

Rクルート社はかなり部署ごとの相互独立性が高いと聞くが、CarSensorと別の部署が立ち上げたのか?と言えば、そんなことはなく、「powered by CarSensor」としっかりと書いてある。

どうやってCarSensorと棲み分けていくのか、激しく不明。
今後に要注目です。

ところで、もらったのは西日暮里駅前だったので、「足立、江東、江戸川版」だった。
中古車屋の商圏は、現実的にはもっと広いと思うが。西日暮里在住者であれば、電車で1時間程度までで行ける範囲であれば、気に入った中古車があれば、どこの中古車屋にでも買いに行くと思う。
この当たりも、何を考えているのか不明。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です