MS、Google、Yahoo!とサーチの分野でうまく相互補完関係を築けるモデルを考えますた。

これからは、サーチがアツい!

今はサーチはGoogleの独占状態。言わばPax Googliaな時代な訳だが、ここ1,2年くらいで状況は変わる。MS、Google、Yahoo!(USの)が次代の覇権争いをしていくことになりそうな気がしている。あと、敢えてもう一つプレーヤを加えるならAmazonか。

日本でも多分同じ図式が展開されるだろう。
Yahoo!(つーか、ソフトバンク・グループ)がどう展開してくるかが分からんけど。あと、楽天グループは次代のサーチに関してどう取り組んでいくつもりなのかね。

多分、この3強(ないし4強プレーヤ)以外は、この覇権競争には参加できないだろう。研究開発力(=人)と資本力(=お金)の問題なので、例えば価|格|.|c|o|mは、全く太刀打ち出来ない。

そして、この3強ないし4強のプレーヤは、どこか一つのプレーヤの独占に落ち着いていくのか、何らかの形で棲み分けて並立していくことになるのかは、まだ分からない。

そこで、彼ら以外のプレーヤが生き残っていくためには、彼らといかに、バリューチェーン上の相互補完関係を築き上げていけるか、というのがキモになる。

そこで、MS、Google、Yahoo!と上手く相互補完関係を構築するモデルを考えました。

カーナビはもはやほぼ100%に近く普及してしまったようだが、その勃興期を思い出してみてほしい。
「あんなのをつけるヤツは、女にもてないオ○ニー野郎だ。俺は助手席に座った女の子に地図読みしてもらうから、カーナビなんて必要ない。」
これがヒントだ。

MS、Google、Yahoo!のシステムは素晴らしいものが出来るだろう。これのインターフェースを提供するのだ。インターフェースとして、MS、Google、Yahoo!でサーチすることに慣れた女性職員を派遣し、時間制で、あなたのサーチ・アシスタントとして働きます。あなたの隣りで、どんなことでも調べます。

調べ係の女の子を一時間、6,000円(移動時間も込み。交通費実費)で派遣します。
入会金、1,000円。
指名料、2,000円。
(東京都風営法届出済み)

これはすごい。可能性を感じる。
今から東京特許許可局にBM特許を申請しに逝って来ます。

orz…


MS、Google、Yahoo!とサーチの分野でうまく相互補完関係を築けるモデルを考えますた。” への3件のコメント

  1. 「キミが今日の夜空いてる時間と、キミが前から行ってみたいと思ってた渋谷円山町近辺のレストラン、検索しておいてくれる?」とか言うエロオヤジ来そうなヨカーソ。OTZ

  2. 不覚にも笑ってしまいました。

    将来的に、介護用アンドロイドとかの転用で、PCリテラシーのない人用検索サーチ子ちゃんとかが大量生産されるヨカソ。

    現役アイドルのI/Fをコピーすることによって芸能事務所も儲かるビジネスに発展するでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です