【蕨市】比例の政党別得票率 近隣市との比較

昨日2012年12月16日行われた衆議院議員総選挙における、比例の政党別得票率を、近隣市と並べてみた。

データは、各自治体のwebサイトから拾ってきたのだけど、PDFでコピペしにくかったり、使いにくいことこの上ない。どうせexcelで集計してるわけだから、csvも載せてほしいです。
ちなみに、埼玉県の選管のデータは今時点では未だ載ってない。
Untitled
(数表はクリックすると拡大)
尚、北関東ブロックは、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県から成っている。
ざっと見てちょっと外れ値らしきところを中心に、思いついたところを以下、箇条。
きわめて乱暴だけど、仮に
・東京ブロック → 都市型
・北関東ブロック → 田舎型
とする。
・自民党の得票率は、都市型と田舎型で異なる。
・蕨、川口、戸田3市ともに、都市型。
・民主党の得票率は、都市型も田舎型も偏りはない。
・維新の会は、戸田市でのみ高い。都市型。
蕨市、川口市は田舎型。
この違いはなんだろう。
政党への人気と言うよりも、石原前都知事個人の人気によるものかもしれない。
・公明党が、川口市で高い。
・日共は、蕨市で高い。
飛び抜けて高いというわけではないが、気になるレベル。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です