任天堂DS雑感

仕事がらみでDSを研究することに決めたので、池袋ビックカメラで第2ロットとして入荷したばかりのDSiを買ってきた。

私自身のゲームに関する知識はプレステ(2でも3でもなく、プレステ1)時代でほとんど止まってるし、本質的にはゲームやゲーム機そのものには興味も無いのだが、いろいろいじってみると、やはりそれなりに面白い。

・写真が撮れる。
単に撮るだけじゃなくて、撮った写真を面白おかしく加工できる。
さすがカメラじゃなくてゲーム機。

・インターネット出来る。
無線LAN設定すれば、ネットも見れる。
すごく遅いけど。
(ハードウェアのスペックの問題か?)

・文字認識の精度が高い。
これにはかなりびっくり。
生まれついての悪筆の私の書いた文字も、かなり高い確率で認識してくれる。
文字認識って、アルファベットや平仮名で入力したものを漢字変換するものだと思い込んでいたのだが、漢字のまま入力したものを認識してくれるんだね。これはすごい。

・ゲーム機としての表現性とか容量とか
ゲームウォッチ世代の私には、まさに隔世の感に涙が出そうになりました。

いろいろいじりつつ、感激したり感心したり。
DSがあればケータイ要らないじゃん。
と、思ってしまいました。

まあ冗談ですけど。
少なくとも、任天堂が思い描いているロードマップの上では、DSとケータイのストリームが交差する予定はないみたいです。

JUGEMテーマ:コンピュータ

任天堂DS雑感” への1件のコメント

  1. 子供のPSPを取り上げいろいろいじっていたら、スカイプつかえるじゃーーーん!って衝撃でした。。

    恐るべし高機能玩具。(端末)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です