『天気の子』見た。

映画館で見てきた。

私は好きだな、これ。うん。

前作が大ヒットしたおかげで期待値が高過ぎて、設定が甘くてストーリー展開が強引だという酷評も受けているようだし、確かにその通りでもあるのだが、そもそも緻密なストーリー性が売り物ではなく、美麗なアニメーション映像と、それぞれのシーンにぴったりマッチしたRADWIMPSの音楽と、登場人物の心理描写なんかを楽しむものなので、まあ、素直に楽しめばいいんじゃないかな。

結論として提示されたメッセージにも、個人的には共感する。
(一貫していなくても構わない。)

 

あちこち知っている風景が出てくるのは、やはり嬉しい。

田端の、ヒロインが弟と住むアパートがある坂は、起業してから西日暮里でオフィスを構えていた私にとっては、深夜、社員が帰ってから、企画を練り練りしながら、あるいは不安に悶々としながら徘徊したコースだ。

池袋は、池袋の高校に通っていた私にとっては「オレの街」という思いがあり(言うまでもないことだが、ヨドバシよりビック派)、少年が連行された警察署の並びの中華屋は、ここ15年来通っていて、実は妻と初めてメシを食ったのもこの店だったりするが、最近、味が落ちたのが残念。
そう言えば、池袋警察署の刑事がなんで歌舞伎町の事件を捜査してたんだろう?

カブ乗りとしては、カブが大活躍するのも嬉しい。

・・・などと、このように、個人的な思い出、思い入れと絡めて勝手に楽しむのが正解かと。

 

初めて、4DXの映画館で見たのだが、雨のシーンのたびに天井から水が降ってくるので、髪の毛はびっしょり。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください