参院選の開票立ち会いに行って来ました。

2013年7月21日(日)は、参議院議員選挙の投開票日でありました。
私は、蕨 自民党の代表として、開票立ち会いを致しました。

尚、当日は先のエントリで述べたように、昼間にサマーパークフェスティバル(SPF)が行われたました。撤収までの一連の作業を終えて気持ちのよい汗を流し、仲間とビールを飲んだりとかあるいはビールを飲んだりとかしたいところでありましたが、もちろんグッと我慢です。酒酔いで開票立ち会いするわけにはまいりません。

立会人は、20:35に蕨市民体育館に集合。
各政党より、埼玉選挙区と全国比例区と一人ずつ立会人がおります。
立会人には日当が支給されます。

開票の作業は、蕨市役所の若手スタッフが駆り出されています。同じくSPFの作業で朝から顔を合わせていたWタナベさんの姿も見えました。たいへんですね(時給制で手当が出るそうです)。

 

開票の作業待ち

投票箱を一斉に卓球台の上に開けて、仕訳け。
マシンで数えながら束にしていきます。

ここまでは、立会人は黙って見守るだけです。
トイレに立ったり、お茶飲んだりくらいは出来ますが、本読んだりケータイをちくちくいじりながら時間を潰す・・・というわけにはいきません。
ただひたすら座って見守る、というのは意外と疲れるものです。

 

確認の作業

埼玉選挙区の方が早めに集計が終了。
8人の立候補者の中から個人名のみを記述する方式なので、早めに終わりました。
埼玉選挙区の立会人が確認を行い、終了したら解散。

さて、私は全国比例の立会人であります。
全国比例は、政党名または個人名のどちらかを記述する方式なので、選択肢が何十(百以上?)もあるため、集計に時間がかかります。

やっと終わったら確認作業。
300票ずつの束になったものを、パラパラめくって、まちがった票が混ざっていないかどうか確認。分担して行うわけではなく、各政党から出てきた立会人全員が、順番に全部の票の束のチェックを行います。

とある立候補者の有効票の束の中に、一文字違いの昔のアイドルタレントの名前を記載したものが入っておりまして、私は異議申立てをしました。
選管で再度判断し、「4文字のうち3文字合っており、似た名前もないので、再度有効と判断します」とのことでしたので、私はびみょうだけどまあいいかと同意しました。
(ここで更に異議を申し立てれば手続き上どうなったのかは不明です)

次いで、
・疑問票(判断がしにくいものの、選管が有効と判断したもの。例えば立候補していない党首名、漢字間違いなど)
・無効票(白票、存在しない名前、イタズラ書きなど)
・按分票(複数立候補者がいる苗字など)
を、選管スタッフの説明で、立会人全員で確認しました。

以上で立会作業は終了。

最終結果を発表して、すべての作業は完了、解散しました。

終了後、私から党本部なり自民党蕨支部や埼玉県連なり各候補の選挙事務所に連絡することはありません。
選挙結果は、メディアを通じて集計されたものがもっと早く手に入っている訳ですから、立会人からの報告を受けて政党や選挙事務所がわざわざ集計する必要ないのです。

ひっそりと一人静かに家に帰って祝杯を上げました。

 

開票立ち会いの厳格さ

私自身が開票立ち会いを行ったのは、2011年7月の埼玉県知事選挙に次いで2回目であります。

2度目なので勝手も分かっているし、こんな立ち会いなんてどうせ形式的なものだし、下っ端だからということで駆り出されただけだし(私はこの年でも下っ端です)、ああもうだるいなーと一瞬思いかけましたが、開票作業が始まってからすぐに、その考えが浅はかであることに気が付きました。

会場には、停電に備えて自家発電機と巨大な投光機が備え付けられています。また、警察官も2名、ハンドライトを構えて待機しています(やはり駆り出されていたのは若手の警察官でしたけど)。
この会場で万が一にも不正が行われたり、(聞いたことない話ですが例えば)暴力集団によって票が強奪されるなどの事態が出来すれば、膨大なコストを掛けて行われている国政選挙全体が無効となってしまい、内外からの日本国家への信頼が損なわれてしまうのです。
そのように考えると、さっきまでフリスクを舐めながら我慢していた眠気が急に吹っ飛び、緊張で掌に汗が滲んできました。

 

開票立ち会いのススメ

ということで、なかなか楽しい経験です。
日当も些少ですがもらえますしね。

しばらく選挙はなさそうですが、機会ありましたら体験してみるといいと思います。

自民党のご支援者の方、あるいは私をご支援していただいている方は、お声かけていただければ、開票立ち会いの仕事がありましたら、お回し致しますので、どうぞよろしくお願いします。

蕨駅にて夕立ち。自民党です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です