東京オリンピック終了

昨日、令和3年(2021年)8月8日、東京オリンピックが閉会しました。

 

足元では国内における新型コロナウイルスの感染拡大、医療資源の逼迫が続いておりますが、オリンピック開催との因果関係については何とも言えません。

いわゆる感染防止のためのバブル方式などは、ちらほら伝え聞くところによると、運用レベルでは全然うまくいっていなかったようですが、少なくとも、選手、運営、ボランティアの間でのクラスタ発生は起きていないようです。

「復興五輪」にも「人類が新型コロナウイルスに打ち勝った証」にもなりませんでしたが、まあ、概ね、単体で見るとオリンピックそのものは成功裏に終わったと、当面のところは評価していいのではないかと思います。

 

自転車オムニアムで梶原悠未選手が銀 アクシデント続出の中(FNNプライムオンライン) – Yahoo!ニュース

東京オリンピック最終日に、快挙達成。 自転車競技で、梶原悠未選手(24)が日本女子初となる銀メダルを獲得した。 【画像】日本女子史上初のメダル獲得! 喜びを母とともに 競技の全てが詰まった過酷なワンデイマッチ。 観客およそ900人、最前列に陣取るのは母・有里さん。 最初の種目で、観客席がどよめいた。 落車をまぬがれた梶原選手は、2位でゴール。 そして3種目め、周回ごとに最後の選手が脱落するエリミネーションで、梶原選手が抜け出した。 抜群のスタミナと確かな戦略眼で、サバイバルレースを勝ち進んだ。 総合2位を守った梶原選手。 最後の種目は80周、20kmのポイントレース。 レース終盤、梶原選手に思わぬ落とし穴が待っていた。 残り9周で、まさかの落車。 心配そうに母・有里さんが見つめた。 梶原選手はすぐにペダルを踏みレースに復帰。 瞬発力と持久力、そして精神力を尽くす過酷な闘いを制した梶原選手。 日本女子史上初めてのメダリストが最初に駆け寄ったのは、母の元だった。 梶原悠未選手「(母に)金メダルを取れなくてごめん。でも本当に、今までありがとうと伝えました」 FNN

個人的には、自転車オムニアムで梶原悠未選手が銀メダルを獲得したのが嬉しいです。

面識ありませんし、自転車オムニアムなる競技種目がどんなものなのかもよく知りませんが、筑波大チャリ部の後輩であり、とても誇らしく思います。

 

 

また、オリンピックと全然関係ありませんが、

TJARが台風接近のため、開催3日目ながら中止が決定されたとのことで、選手や関係者の心中を察するととても残念に思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください