蕨市議会 3月定例会が始まりました。

先週、令和2年(2020年)2月20日(金)より、蕨市議会の3月定例会が始まっております。

 

初日の「開会日」は、議案説明などが行われますが、これらの中身は、議員に対しては、既に説明がなされ、書類一式も渡されておりますので、初出の話はありません。

 

また、3月は予算審査を行うために、市長は、「施政方針」の説明を行います。

この中で、初出のインフォメーションが提示されることも多いのですが、予算が絡むもの(お金を掛けて行う新しい企画・事業は、全て)は、既に予算案として説明を受けておりますので、既に議会側は認識しているものがほとんどです。

唯一、初出の話は、

・避難所となる学校ごとに、「避難所運営協議会」をつくる

というものでした。

 

災害時に、避難所が開設されると、避難所ごとに、地元コミュニティ団体による自主的な「避難所運営委員会」が臨時に組成されます。
現実的には、いろいろ課題があり、市内各避難所で行われ、この2月で一巡した避難所運営訓練においては、うまく回っていない部分もありました。

そこで、行政主導で、常設の「避難所運営協議会」を作ることにしたようです。

このテーマについては、別途、別の機会に書くことにします。

南町の避難所運営訓練がありました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください