自殺は減少、生活保護は増加、倒産は減少?

新型コロナウイルス関連での人々の生活、経済への影響を観測する上で、注目すべき数字は、

・自殺
・生活保護
・倒産

のトレンドです。

 

直近の4月の数字が、各ニュースサイトにて報道されていました。

これらの数字は、継続的に目を光らせておくべきと思います。

また、目先の数字の上下に一喜一憂するのではなく、トレンドの変化と、背景についても分析する必要があります。

 

 

 

自殺は減少

4月の自殺者数が前年比で約2割減 「職場や学校に追い込む何かが…」という声も

4月の自殺者数が前年比でおよそ2割減っていることが、厚労省や警察庁のまとめで分かった。 警察庁が ウェブサイトで公開した2020年4月の自殺者数は1455人で、2019年4月の1814人から19.8%減。同庁などによる まとめ によると、少なくとも2015年以降、4月の自殺者数としては最も少なかった。 …

取り敢えず、直近の自殺件数は減っています。

「自殺の原因の多くが人間関係によるストレスであり、職場や学校での他人との接触機会が減った結果、自殺も減った」という背景の分析には、個人的にはかなり納得感があります(笑)。

今後、増加トレンドに転じる可能性は多々あります。

 

新型コロナの感染拡大によって、なぜ自殺が増えるかというと、その理由の1つは、短期的には、

(1)経済の縮小 → 企業の廃業・倒産、失業、資産の毀損

ということなのですが、これに加えて、中長期的には、

(2)ニュー・ノーマルへの移行に対応出来ない人達が出てくるから

というのも、2つ目の理由として挙げられます。

 

政策的な努力によって、自ら死を選ぶ人が一人でも少なくするようにしなくてはならない。

これは、国~都道府県~市町村、それぞれのレベルで、出来ることは色々あると思います。

(1)については、市レベルでは、最後のセーフティネットである、生活保護が、漏れなく、確実に機能するようにすること。
これについては、次項にて。

(2)については、うーん。なんだろう?職業訓練の強化とか?ITリテラシ教育の強化とか?
そもそも、市場に委ねるべきであって、政府が介入するべきではないのか?
これについては、これから考えます。

 

 

 

生活保護は増加

<新型コロナ>生活保護受給 急増の兆し 申請リーマン上回る可能性 電話相談2日で5000件

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で解雇や雇い止め、休業が相次ぎ、生活保護受給者が急速に増加する兆しが出ていることが分かった。支援団体が四月中旬に行った電話相談会には事業主などから二日間で五千件超が寄せられた。福祉関係者の間では「リーマン・ショックを超える申請数増加になる可能性もある」との観測が広がる。自殺者が増える懸念もあり、一時的に審査を簡素化するなど、困窮者への早急な支援が急務だ。 …

具体的な被保護世帯数については、まだ統計データは上がってきていません。蕨市の数字もまだ不明です。

上の記事では、支援団体への相談件数が増加している状況から、「急増するだろう」、「リーマン・ショックを超えるかもしれない」という見立てを紹介しています。

 

 

 

市議会レベルで、今考えるべきテーマなど

こちらのエントリで、生活保護の増加に備えるべきという課題認識を提示して、

 

【蕨市議会】会派:令政クラブにて、市長宛て新型コロナ対策提言書を出しました。

こちらのエントリにて説明したように、私が所属している蕨市議会の保守系・自民党系の議会会派:令政クラブでは、市長宛てに生活保護の増大に備えて、

・ケースワーカーの緊急増員
・制度利用促進の広報

を提言したところです。

私たちの会派は、従来は、「共産党員の市長の下で生活保護が増え続けている」という蕨市の現状に不満を持ち、不正受給を防ぐための厳格な調査、個別外部監査の導入、低家賃の築古アパートの建て替え促進など、生活保護を減らすための施策を訴えてきたところです。

しかしながら、現下の状況ではそうも言っておられず、生活保護が本当に必要な人が、自ら死を選ぶことがないように、漏れなく確実にこの制度を使ってもらえるように、「制度利用促進の広報」を提言したところです。

 

 

 

倒産は減少?

https://www.tdb.co.jp/tosan/covid19/index.html

帝国データバンクによると、新型コロナ関連倒産は、147件。
たったの?
そんなに少ないの?

倒産阻む司法の旧弊

新型コロナウイルス感染拡大に伴う国の緊急事態宣言を受けた休業などの影響で、苦境に陥る企業が増えている。にもかかわらず、4月の都内の倒産件数は前年同月比で1割減となった。政府の支援策が効いているのか。事情はそれほど単純ではない。 5月上旬、都内の弁護士は悩んでいた。複数の中小経営者から破産についての相談が寄せられているが「どの案件で破産手続きを裁判所に申し立てるか」精査する必要があるからだ。 …

日経では「4月の都内の倒産件数は前年同月比で1割減」という数字を取り上げつつ、裁判所が感染拡大防止のために業務を縮小しているので、破産手続きが出来ないケースが増えているという背景を分析し、緊急事態宣言解除後に倒産ラッシュが起こるだろう、という法曹界における見立てを紹介しています。

米国、韓国、シンガポールでは、オンラインで破産手続きの申請が出来るようですが、我が国は紙ベースでの手続きが必要、とのこと。

 

アフター・コロナの世界では、人と人とのコミュニケーションのやり方、あらゆる仕事の流れ(民間セクタ、公的セクタの両方とも)、行政手続き、司法手続き、教育、医療において、一気にDXが進みます。

新型コロナによって、必要に迫られてしまったので、やるしかない。
必要に迫られれば、物事は一気に動きます。

前述の話に戻りますが、ニュー・ノーマルへの移行に対応出来ない人たちは、気の毒ですが、今後は淘汰されていかざるを得ない。
(※追記 淘汰というのは、文字通り死ぬとか解雇されるとかという意味ではなく、組織の中で出世できなかったり、権限がなくなったり、情報が回ってくるのが遅くなったり、といった意味で。)
残念ながら格差は拡大しますが、悪いことばかりではなく、世代交代が一気に進むという良い面もあります。

個人や企業だけの話ではなく、地方自治体もまた同じく、ニュー・ノーマルに必死で対応していかないと淘汰されてしまいます。


「新型コロナ関連の助成金・給付金・融資の総合的な窓口を作って欲しい」というご意見について

総合的、一元的な窓口が欲しいというご意見

新型コロナウイルスで経営が苦しい事業者向けに、国の各官庁、県、市(蕨市はまだ出来てませんけど)などが、様々な、助成金、給付金、融資制度などを設けております。

役所がやっているので、説明は分かりにくいし、受けるための条件、手続き方法も複雑です。

「お前ら、webページへのリンクをfacebookに貼り付けて投稿するだけで満足してないで、市役所の中でも、外部でも、どこでもいいから、総合的な窓口を作ってくれ!」
というご意見を、何人かの方からお聞きしました。

 

 

でも、これ、無理ですね。

まあ、無理やり作れば無理ではないけど、非効率ですね。

 

 

 

そもそも、巨大なガバメントの組織はピラミッド型・縦割りが最も効率が良い

国の様々な官庁 – 都道府県 – 市町村の役所全てをひっくるめて(各階層には上下はあっても、親子関係では無いんですけどね)、巨大なガバメントというシステムとして捉えた場合、これを最も効率が良く運営する方法は、結局のところ、

・ピラミッド型
・縦割り

しかない、というのが、その末端組織である蕨市役所を、市議会議員という立場で観察してきた経験からの実感です。
様々な弊害もありますが、それらを差し引いた上でも、全体最適が実現する方法だと思います。

 

 

営利の追求を目的として、費用対効果を極大化しているはずの民間の大企業においては、組織の仕組みは、実はかなり流行があります。

事業部制やら、カンパニー制やら、持株会社制やらが、時代の変遷とともに持て囃されてきました。
これらは、結局のところ、
・ピラミッド型
・縦割り
の亜種に過ぎません。

 

稲盛さんが唱えたアメーバ経営は、
・ピラミッド型
・縦割り
を否定するという点で(おそらく)画期的なものでしたが、分かりにくいし、さっぱり普及しませんでした。

 

組織運営の効率性を最大限重視すべき民間企業が、なぜ流行に囚われるかというと、「新しいモノに取り組んでる」感を出した方が、マスメディアや取引先、顧客に好意的に受け止められたり、その結果として、会社のイメージが向上し、人材採用に有利だったり、株価が上がりやすかったり、といった効果があるからだと思います。

 

 

民間企業のように外部の目を一切意識する必要がなく、かつ、組織運営の効率性を最大限重視なくてはならない、軍隊においては、古今東西、
・ピラミッド型
・縦割り
は不変です。

 

 

役所の「すぐやる課」

市民のため 素早く対応 「すぐやる課」 発足50年

6月には「道路をカメが歩いている」との通報を受けて巨大なリクガメを捕獲  千葉県の松戸市役所には「すぐやる課」という変わった名前の部署があります。役所の部署は「観光課」や「保育課」など担当する分野が名前になっていますが、すぐやる課は「困り事に素早く対応する」という姿勢に由来し、今年で発足50周年。一時ブームとなり、最盛期には300を超える自治体がまねをして同じような部署をつくりました。 …

昭和40年代に、当時の松戸市長(マツキヨの創業者)が作った「すぐやる課」という組織があり、話題になりました。

地方政府は、話題になったモノを横並びで導入しようという気質があるので、あっという間に全国の自治体に広まったようですが、今はほとんど廃止されています。

詳細は私もよく存じませんが、一種の「総合的・一元的な窓口」として機能しているようです。

たらい回しせずに、どんな細かい内容でも、部署をまたぐような微妙な案件でも相談に乗ってくれて、本来の適切な部署に繋いでくれる、というのは、確かに、便利かもしれません。

しかし、話を聞いた上で本来の適切な部署に連れて行ってくれるだけであり、何らかの付加価値を加えることをしないのであれば、私には、屋上屋を架しているだけのように見えます。

 

 

総合的・一元的な窓口業務は、民間のブローカービジネスに任せた方がいい

「話を聞いた上で、どこの助成金、給付金、融資を受けられるのか判断して、手続きを代行してくれる」のは、民間のブローカービジネスに任せるのが、最も効率がいいと考えます。

(ブローカーと言うと、ネガティブなイメージで用いられることも多い言葉ですが、単なる仲介業者という意味で用いております。)

 

 

税理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士なども、広義のブローカービジネスでありますし、「成功報酬型、助成金獲得コンサル」みたいな怪しい業者もたくさんあります。

これらの民間のブローカービジネスに、競争原理の下で総合的・一元的な窓口業務を任せるのが、最も効率が良い、全体最適が実現する方法だと考えます。

この種のブローカービジネスを使うカネがもったいない、無駄だ、と考えるのであれば、自分自身の手で全部やるしかないし、その手間ヒマを惜しむべきではありません。


本日の蕨市議会本会議は延会、小中学校は、週明け月曜日から休校

本日、令和2年(2020年)2月28日(金)は、蕨市議会 3月定例会の本会議が開かれ、代表質問が行われる予定でした。

代表質問は、各会派の代表が、主に翌年度の市長施政方針・予算について問うものです。
年に一回、翌年度の予算審査がなされる、3月定例会でのみ、行われます。

一般質問が、各議員が任意の大小様々な個別のテーマについて問うものであるのに対して、代表質問は、会派全体の考えをまとめて、小さなテーマではなく、全体・大きなテーマについて問うものであり、それだけに重みのあるものです。

 

 

昨日 2月27日(木)、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、国から、全国の地方自治体に対して、小中高の3月2日(月)からの休校の要請がありました。

小中高への休校要請、首相「課題には政府が責任もつ」…休業補償案も : 政治 : ニュース

政府は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため全国の小中学校、高校、特別支援学校を3月2日から春休みまで臨時休校とするよう、要請することを決めた。政府が一斉休校を求めるのは極めて異例だ。全国的な蔓延(まんえん)と問題の深刻化を食い止めるには、特別な措置が必要だと判断した。 …

この要請を受けて、行政当局の現場が休校に向けて様々な作業に追われており、急遽、本会議を延会することとなりました。

延会なんぞという言葉は、初めて聞きました。
もちろん字面から意味は明らかですが、google IMEでも一発で変換できませんw

 

 

また、蕨市教育委員会では、国からの要請の通り、

3月2日(月)~4月7日(火)まで、
小中学校全校の休校を決定しました。

休みといっても、家の外に遊びに出てはもちろんだめです。
お家で自習しましょう。

また、ご家族の仕事などの都合で、どうしても家に生徒を一人で置いておけない場合は、小学校のみ(中学校は対象外)、学校で生徒さんを受け入れます。この場合、授業も給食もありません。教室の席で自習してもらうことになると思います。

 

留守家庭児童指導室(学童保育)、市立保育園は、平常通りです(休校、業務縮小などは無し)。

 

 

 

全国の小中高の一斉休校については、疫学、医療リソースの確保、経済活動を過度に萎縮させかねない、など、様々な観点からの批判もあり、賛否両論です。

しかしながら、私としては、情報が少な過ぎて判断しづらい部分もあり、今の時点では、新型コロナウイルスによる被害の極小化のために、国政府の判断、蕨市教委の判断を支えて参りたいと思います。


蕨市議会 3月定例会が始まりました。

先週、令和2年(2020年)2月20日(金)より、蕨市議会の3月定例会が始まっております。

 

初日の「開会日」は、議案説明などが行われますが、これらの中身は、議員に対しては、既に説明がなされ、書類一式も渡されておりますので、初出の話はありません。

 

また、3月は予算審査を行うために、市長は、「施政方針」の説明を行います。

この中で、初出のインフォメーションが提示されることも多いのですが、予算が絡むもの(お金を掛けて行う新しい企画・事業は、全て)は、既に予算案として説明を受けておりますので、既に議会側は認識しているものがほとんどです。

唯一、初出の話は、

・避難所となる学校ごとに、「避難所運営協議会」をつくる

というものでした。

 

災害時に、避難所が開設されると、避難所ごとに、地元コミュニティ団体による自主的な「避難所運営委員会」が臨時に組成されます。
現実的には、いろいろ課題があり、市内各避難所で行われ、この2月で一巡した避難所運営訓練においては、うまく回っていない部分もありました。

そこで、行政主導で、常設の「避難所運営協議会」を作ることにしたようです。

このテーマについては、別途、別の機会に書くことにします。

南町の避難所運営訓練がありました。


昨年の台風15号の被災地千葉と、台風19号で被害を受けた彩湖流入堤のその後

昨年の日本列島は、幾つもの大型の台風の被害に見舞われました。

 

台風15号

令和元年(2019年)9月9日の台風15号は、房総半島を直撃し、長く断水、停電が続くなどの被害をもたらしました。

千葉県の台風被災地

房総半島の被災地を、台風上陸の一週間後に巡回したときのレポート。

 

先週末、令和2年(2020年)2月8日に、バイクに火を入れて、その後の現地の様子を見に行ってきました。
被災から5ヶ月後ということになります。

以下、昨年9月時点と今年2月時点の写真を並べて載せます。

 

 

 

まだまだそこかしこに、ブルーシートで屋根や壁を覆ったままの家があるのに驚きました。
1軒や2軒という数ではありません。
さすがにかなり寒いのではないかな?

何故だろう?

お金がないのか。
建築業界のリソースが足りないのか。

 

 

IMG_7529

2019/9/15、鋸南町、保田漁港前。

IMG_20200208_124828

2020/2/8
修理し終わった家もありますが、半分くらいはブルーシートのままですね。

何でかな?

 

 

 

IMG_7528

2019/9/15
同じく、鋸南町の保田漁港地域。

IMG_20200208_124823

2020/2/8

 

 

 

IMG_7530

2019/9/15
保田漁協直営の海鮮食堂・直売所「ばんや」
ガレキに埋もれていました。

IMG_20200208_130031

2020/2/15
営業は再開し、かなり賑わっておりました。満席のため、待ち時間15分。
海鮮丼とともに、クジラのスタミナ焼き。
身が固くてあんまおいしくないかも。

 

 

 

IMG_7534

2019/9/15
風で飛ばされ、横倒しになったトラックの荷台を転用した倉庫。

IMG_20200208_132937

2020/2/8
元通りに立て直され、無事に倉庫としての役割に復帰しておりました。

 

 

 

IMG_7538

2019/9/15、南房総市の富浦新港。
漁船が横倒しになっていました。

IMG_7536

2019/9/15 同じく、南房総市の富浦新港。
簡易な造りの倉庫は、屋根が剥がれ、ガレキが散乱していました。

IMG_20200208_135348

2020/9/15

IMG_20200208_135311

2020/9/15、ガレキは撤去され、元通りになっており、趣味の魚釣りの人達で賑わっていました。

 

というような状況で、まだまだ「元通り」とは言い難い状況です。

壊れた屋根・壁なんか最優先で直すべき箇所のような気もしますが、復旧が遅れている理由については、不明。
これから調べます。

 

 

 

 

 

 

 

台風19号

令和元年(2019年)10月12日の台風19号は、荒川上中流域に大量の降雨をもたらし、荒川の水位は、堤防の天端ぎりぎりにまで迫るという状況でした。越水にまで至らなくて、本当に良かったと思います。

 

10月12日に東日本に上陸した台風19号ハギビスとその対応を振り返る

当時の考察レポート。

 

IMG_20191115_143631

これは、2019年11月時点に撮影したもの。
荒川第一調節池の中の、彩湖の流入堤の部分。
写真の、左側から右側に向けて水が流れてきました。
平時においては、この堤は、立入禁止になっており、水が流れることはまったくありません。

台風19号の折には、この流入堤は、左側から右側に向けて、大量の水が流れたはずです。
流入堤の右側(下流側)部分は、コンクリがぼこぼこになっています。

IMG_20200211_105913

この辺りは、私のジョギング練習コースなので、週3ペースで走っております。
しばらく放置されていましたが、先週くらいから、この流入堤の修復工事が始まりました。

この写真は、2020/2/11撮影。以下、同日。

IMG_20200211_105238

流入堤の下流側。彩湖側から。

この日は、紀元節であり、祭日であるにもかからず、複数の重機が稼働して、修復作業が進められていました。

IMG_20200211_105701

流入堤の上流側。ランニング・サイクリングドーロになっている部分。
重い重機・ダンプが出入りするために、踏み固めた仮設道路が造られています。

 

【2020/2/25 追記】

房総半島で、まだたくさん屋根や壁が壊れたままの家が多い件について、建築リフォーム業界の方にお聞きしたところ、圧倒的に千葉県内の業界リソースが不足していることが理由だ、とのことでした。

頼んでも業者の順番待ちとなっており、なかなか直してもらえない、ということです。

私が話をお聞きした方も、埼玉県南地域から、市原まで仕事に出向いていったことがあるとのことでした。


10月12日に東日本に上陸した台風19号ハギビスとその対応を振り返る

本年、令和元年(2019年)10月12日(土)に伊豆半島-首都圏-東北へと上陸して通り抜けていった台風19号ハギビスは、甚大な被害をもたらした。被災された方々には衷心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。

 

以下、メモとして、台風の様子と、その対応を振り返りつつ、考察を記す。
議会の役割の一つが「行政のチェック」であるが、この稿では、関係諸機関・担当者の対応を批判的に取り上げることが目的ではなく、あくまでも今後の政策立案に活かすためのメモとして。

 

私自身は、12日(土)は、終日、お家にいました。
法人の決算が8月なので、書類の整理と仕訳作業に追われていたタイミングだったのですが、さっぱり手がつかず。
ひたすら、twitterと、各河川の水位情報サイトをリロードし続けていましたw
13日(土)の午前2時台になって初めて外に出ました(後述)。

 

 

規模が大きく、未曾有の被害をもたらす可能性が高いことが、予報されていた

近年、天気予報の確度が上がっていて、ほとんど外れることがないことは、みんな既に知っている。

数日以上前から、天気予報で警告され続けていたため、誰もが、事前に入念な準備をすることが出来たはず。

それでも、物的被害はともかく、これだけ大きな人的被害が出てしまったのは残念な限り。

 

 

地元の祭りは、11日(金)時点で中止を決定

蕨市内では、ほぼ全ての地域で祭りが行われる予定で、今年は、2年に1回の和楽備神社への宮入り(各地域のお神輿が、勢揃いする)するはずだった。

私が住む、郷町会の祭りは、11日(金)時点で中止を決定。
基本的には、決行するか中止するかは、祭りを主催する団体単位(ベースは町会)で意思決定されわけだが、ほとんど中止になったようだ。

まあ、妥当な判断。

 

 

蕨市役所の対応

時系列に記すと、

10/12(土)
12:00 災害対策本部を設置した
14:00 避難所を開設した
20:00 避難勧告を出した

10/13(日)
09:00 避難勧告を解除、避難所を閉鎖、災害対策本部を解散

 

避難勧告が早過ぎなんじゃね?
あるいは、逆に、日没後に避難勧告を出すなんて遅過ぎ、日没前に出すべきだったんじゃね?
そもそも、オーバーリアクション過ぎたんじゃね?

など、市民の方々からは、いろいろな意見をお伺いした。
まあ、結果として、市内ではそれほど被害は出なかったわけだが、後から批判・批評することはたやすいが、概ね妥当な判断だったのではないかと思う。

 

 

議会・議員の対応

市議会は、権限もリソース(自由に使える予算、人員、物資)も持っているわけではないので、災害時に出来ることは何もない。

市民の方々からは、「避難所に何で見学に来なかったんだ!」的に怒る意見もお聞きしたが、筋違いです。

私見だが、
議会・議員は、有事においては、行政のジャマをしない」ことが肝要と思う。

議員が、避難所などの現場に行けば、「毛布がほしい」だの「食べ物が足りない」だの様々な要望をダイレクトに受けることは必定で、そうなれば、政治家の心情としては、行政当局の現場に要望を伝えざるを得ない。「頑張ってるアピール」をしやすい機会でもある。そして、行政当局としても、議員から要望を受ければ、重視して、優先順位を曲げて対応せざるを得ない。
結果として、全体最適の実現を妨げることになる。
公平性が確保できないばかりか、下らない要望を叶えることにリソースを割くかたわらで、助けられたはずの人命が失われてしまうような事態を招く可能性すらある。

ということで、「議員は、できるだけ、有事においては、現場に行ってはいけない」というのが大原則だと思料。

電話一本かけて、様子を尋ねるのも厳禁。たったの1,2分の電話応対であったとしても、災害対応の現場にとっては、無駄でしかない。

 

しかしながら、今回も、避難所を回ったりした議員各位もいたようだが、考え方が違うだけですので、これらの方々を批判するつもりは、取り敢えず今のところは、全くございません。

 

 

情報配信・収集手段 — 防災無線が聞こえないのは仕方ない

市民の方々からは、「防災無線がさっぱり聞こえない、何とかしろ!」という非難の声を多数聞いた。これは、今に始まったことではないのだが、特に雨風が強いときは、聞こえにくい。

防災無線は、100%完璧な情報配信・収集手段ではない。
全市民の耳にはっきり聞こえるような防災無線システムなどというものは、物理的に作ることは不可能だ。

この点について、多くの方は勘違いしている。
「防災無線は、100%完璧に、自分にとって聞こえるべきだ」と思い込んでいる方が多い。

防災無線のクライアント側(電柱+受信装置+スピーカ・アンプ)を増設したり、音量を大きくしても、聞こえないものは聞こえない。現状以上の改善は、ほぼ不可能と考えていいだろう。

尚、隣りの市の防災無線の方がよく聞こえた、という方も多い。
これも当たり前の話で、市内の防災無線は、四方八方から聞こえるから、反響して聞き取りにくくなってしまうものだ。隣りの市の防災無線は、片方向のみから聞こえるので、聞き取りやすいのだ。

 

そもそも、100%完璧な情報配信・収集手段は存在しない。
だからこそ、テレビ、ラジオ、音声電話、防災無線、インターネット、その他と、情報の受け手の側で、情報収集手段を多重化しなくてはならない。

極めて高い冗長性を持つ、インターネットですら、100%完璧ではない。
端末が壊れてしまえば終わりだし、本年9月9日 台風15号のときは、停電のために基地局側が機能を喪失して、ネットに繋がらないという事態が発生していた。

 

 

情報配信・収集手段 — 個人的に役に立ったもの

twitterで、#荒川、#多摩川、#二瀬ダム などとハッシュタグをつけてサーチするのが、最も速かった。

「川を直接見に行くのは危険!」なのだが、怖いもの知らず、あるいは単なる無謀な人が、川の縁まで見に行って、撮影した写真・動画が、最も生な情報として有用だった。

但し、素人メディアならではの注意点もたくさんあり、情報を選り分ける最低限のリテラシは必要。

素人ならではの専門用語の誤用が多い。
例えば、「堤防の決壊」と「堤防の越水」は、異なり、それがもたらす被害の速さ、規模はまったく違うわけだが、素人は誤用してしまいがち。場合によっては、ツイートした人物のプロフィール、過去のツイートなどを見て、その人物が正確な知識を持っているのかどうか類推する作業も必要。

また、古い情報が、時間が経ってからもリツイートされて広まってしまうこともある。
例えば、今回は、「緊急放流をする可能性がある」→「やっぱり大丈夫なので緊急放流しない」というダムがあったのだが、第2段階の情報が発信された以降も、第1段階の情報がリツイートされて拡散され続けていたケースがあった。

 

荒川の水位情報

水位

荒川上流河川事務所・国土交通省 関東地方整備局・水位

国交省 荒川上流河川事務所のwebサイトは、サーバとネットワークが貧弱なのだろう。繋がらないことが多かった。

https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/river/8303040001/

ヤフー!は、システムの冗長性は高いが、更新タイミングが遅い。正確にはわからないが、30分くらいズレがあったような気がする。

国交省の治水橋テレメータ水位のwebサイト

↑ いろいろ探した上で、最終的にはここにたどり着いた。
今どき懐かしい、「i.」のサブドメインが付いているので、国交省 荒川上流河川事務所のwebサイトの中の、おそらく大昔に作った(15年くらい前か?)、ガラケー向けのサイト。推測だが、サーバが切り出してあって、軽い。

蕨、戸田辺りで荒川の氾濫の可能性を推測するためには、治水橋の水位を見るのがベストで、ここのwebサイトでは、情報は10分ごとに更新されていた。だいたい1分ディレイくらいだった。

 

テレビジョンは、ネット配信のものを一応見ていたけど、結局のところ、オリジナルのコンテンツはほとんどなく、単なる「まとめサイト」的なポジションでしかない、という印象。twitterでトレンド入りしていた映像そのものを、かなり遅れて配信していたりして、情報がとにかく遅い。同じ素材を何度もリピートして流すために、無駄が多い。但し、網羅的に取り上げているので、見逃した情報を入手するためには有用だった。

 

 

情報配信・収集手段 — お年寄りのデジタルデバイド対策をどうするか?

ということで、インターネットが100%完璧ではないものの、冗長性が高くて有用。

しかしながら、お年寄りからは、「自分たちは使い方が分からない。防災無線インフラを強化するなど、お年寄り向けに、何とかすべきだ」という意見が、依然として多い。

今どきのお年寄りには、スマホもそこそこ普及しているし、そうでなくても、古いガラケーも含めれば、ほとんどの人が携帯電話端末を持っている。しかし、webブラウジングはやらない方が多い。「やりたいけど、やり方が分からないから、出来ない」ということではなく、「そもそも必要性を感じないので、やらない」という感じの方が多い。

こういったお年寄りの方々に、既に手元に持っている携帯電話端末を使って、災害情報を収集することの必要性を認識してもらい、使い方をお教えしていくことは、これからの防災対策としては必要だと思料。

 

 

避難所 — 避難した人の感想

後から聞くと、けっこう楽しかった、という人が多かった。

台風という非日常的な状況に高揚し、久しぶりのご近所さん・仲間と邂逅してはしゃいでしまったような感じかと思う。

これも、市内では大きな被害がなかったからこそですな。

 

 

伝聞だが、避難所では、毛布の類や、フルコースの食事が支給されるものだと思い込んで、手ぶらで避難してきた人もいたらしい。

今回は、地震などの突然の災害ではなく、事前に予報されていた災害だったので、当然、各自で毛布類や食料類、飲み水を準備して持ち込むべきところ。
ちょっと想像力があれば当たり前のことなのだが、まあ、こういうのは、避難訓練を日頃から繰り返しやっておくことが大切だ、ということですな。

 

 

避難所 — 避難所からの退出タイミングの判断

24時ころには、蕨市内では、雨は上がり、風もやみ、路面は乾き始めていた。
ここで、「ああ助かった、もう大丈夫だ」と、避難所を出て、家に帰ってしまった人が多かったらしい。(全員が帰ったわけではなく、避難所で朝まで過ごした人もいたようだ)

タイミング的に、この時間を過ぎれば、不便な避難所で夜を明かすことになるし、それよりは、安心な家に帰ってお風呂に入ってから温かいお布団で寝たい、という気持ちは当然のことと思う。

 

しかしながら、荒川の水位は、蕨近辺で雨が上がった後も、更に上がり続けていた。
上流に降った雨が川を流れてくるのには、長い時間がかかる。
川の水位は、時間が経ってから、上がってくる。
雨がやんだ後もなお、上がり続ける。
ちょっと考えてみれば、当たり前のことなのだが、「ああもう安心だ」と気が緩んでしまった方が多かったらしい。

私は、上記で引用した、国交省の治水橋テレメータ水位のwebサイトをリロードし続けて見ていたのだが、翌10月13日(日)午前2時台が、水位のピークだった。

10分ごとに1分ディレイで情報が更新されるわけだが、10分ごとに水位が13cmずつ上がっていた。10分ごとに13cm!! はん濫危険水位:12.6 mを、見る間に越えていき、本当に手に汗握る状況だった。ギリギリで持ちこたえたが、もし仮に水位が堤防の天端を越えて、荒川が氾濫していたら、午前2時台という時間帯、しかも、「もう大丈夫だ」と安心して寝入ってしまった人が多いであろう状況で、大きな人的被害が発生していた可能性が高いと思う。

 

ということで、避難所からの退出の判断は、蕨市内で雨風がやんだタイミングではなく、治水橋の水位の上昇が止まったタイミングで行うべきだったと思料。

 

内水災害と外水災害は、まったく別モノだという認識がない方が多いので、この点は、今後の防災教育の課題だと思料。

 

 

避難所  — 広域避難計画の必要性を再認識した

蕨市内で開設された避難所は、公民館、小中学校など。

洪水ハザードマップで示されているように、万が一、荒川が氾濫したら、蕨市内はほぼ全域が水没する。

それぞれの避難所の建物は、2,3階建て以上なので、万が一、床上浸水が発生しても、2階以上に逃げることは可能だが、こうなったら、電気・水道は止まる可能性が高いし、トイレは使えなくなる。

と、考えると、荒川が氾濫しても、確実に「浸水しない」、蕨市外にある、高台の避難所に逃げた方がいい。

市外の避難所に組織的に避難することを広域避難という。

蕨市の場合であれば、平成4年に川口市、草加市、戸田市と避難場所の相互利用に関する協定を結んでいるし、平成13年には川口市、鴻巣市、上尾市、戸田市、桶川市、北本市、さいたま市、伊奈町と災害時の相互応援に関する覚書を結んでいるので、これらの市町の避難所が、蕨市民を受け入れてくれることになっている。

しかしながら、蕨市民全員の広域避難というのは、これは大変なもので、事前に計画を練って、シミュレートしておかないと、大混乱することは必定だ。

先日、たまたまテレビジョンを見ていたら、今回の台風の折り、利根川が氾濫したら全域が水没する可能性が高い、茨城県境町は、隣りの自治体への広域避難を実施したそうだ。道路が渋滞してなかなか避難所にたどり付けなかったり、キャパを越えてぎゅうぎゅう詰めの避難所もあれば、ガラガラの避難所もあったといように、偏りが生じてしまったりしていたらしい。
(この件は、後日、別途調べることにする)

私は、平成30年9月定例議会の一般質問で、広域避難計画を立てることと、訓練の必要性を訴えたところ。

 

 

二瀬ダムがぎりぎりだった

荒川の上流域、秩父にある二瀬ダムが、もしかしたら緊急放流(異常洪水時防災操作)するかも、という通知を流したものの、持ちこたえて、結局、緊急放流しなかった。

時系列で言うと、

19:00 緊急放流する可能性があるという通知 1回目
21:00 緊急放流する可能性があるという通知 2回目
23:40 通知の解除

緊急放流というのは、降水して流入した雨水と同じ量を放水するという操作のこと。

 

どんなダムなのかと、11月4日(月)、見に行ってみた。

201911_二瀬ダム

二瀬ダム。

小さなダムだ。

201911_二瀬ダム

既に水量はかなり下がっていたけど、水の色は灰色だった。

 

秩父市内でも、かなり山奥に位置している。三峰神社の登り口にある。
蕨市からは、関越道を通ってバイクで行くと、4時間もかかる(途中の道の駅で、味噌田楽とわらじカツ丼を食べる時間を含めて)。

ここから治水橋まで水が流れてくるのには、丸一日くらいかかるとのこと。但し、大雨のときはもっと速いとのこと。
緊急放流をしていた場合、治水橋当たりの水位にどのくらいの時間差で、どのくらいのインパクトがあったかどうかというのは、単純に予測はできないとのこと。

まあ、かなりの上流域だし、小さなダムということは、このダムがカバーするエリアもそれほど広くはないということなので、緊急放流していたとしても、それほどインパクトはなかったのかな?よく分からない。

 

 

台風一過の13日(日)午前2時の市内の様子

治水橋の水位が上げ止まったことを確認して、市内の散策にでかけた。

MVIMG_20191013_020218

錦町2丁目の、居酒屋じゃじゃ馬のある丁字路。

ここは、かつては頻繁に道路冠水・床下浸水が発生したエリアであり、近年は、毎年のように工事を行い(まさに今日も工事を行っている)、雨水排水機能を拡充している。

ピーク時には、道路冠水して、市の委託業者のトラックを横に並べて道路閉鎖をしていたが、床下浸水は免れた。

既に、午前2時には、路面が乾き始めていた。

河川の水位と異なり、内水は、雨が止んだら、あっという間に水位が下がる。

 

IMG_20191013_023842

植木が倒れた家。

 

MVIMG_20191013_020934

錦町2丁目の富士見球場の丁字路。既に路面は乾いている。

ここも、よく大雨の時に道路冠水するところ。

今回の台風のピーク時にどうだったのかは、分からない。

 

MVIMG_20191013_021858

避難所となった、社会福祉センタ。

受付に、市スタッフがぽつんと座っていた。

 

IMG_20191013_022021

社会福祉センタの正面玄関には土のうが積んであった。

 

MVIMG_20191013_021922

避難所となった二中には、照明が灯っていた。

 

IMG_20191013_022918

避難所の西小体育館。

照明が消えているけど、もうみんな眠ったのか、あるいは、みんな帰ってしまったのか? 眠っていたら迷惑なので、中には入らなかった。
この時間帯も、職員室は照明が点いていた。

 

 

台風一過の13日(日)昼、荒川の様子、市内・近隣市の被害

MVIMG_20191013_121412

錦町4丁目の錦町雨水調整池。

水がほぼ満水。

尚、この池の上に設けられた構造物は、都市計画道路錦町富士見線の雨水排水管工事のための資材置き場となっている。

 

IMG_20191013_121806

北戸田駅近くの笹目川。

だいぶ水位は下がっていた。相変わらず汚い川だな。

 

IMG_20191013_123832

荒川の幸魂大橋。

いつものジョギングコースが、すっかり泥水の下。

 

IMG_20191013_132024

秋ヶ瀬公園。

 

IMG_20191013_125140

朝霞市内へ。荒川と新河岸川に挟まれた、内間木の辺り。

泥水ぷかぷか。

マフラーの位置が高いトラックは構わず通り抜けていくが、バイクだと無理。足が泥水で濡れてしまった。普通乗用車もちょっと厳しいかな。

 

 

その後の彩湖の様子

週に2,3回は走っている、いつものジョギングコースなので、水が上がってからもよく走っている。

ここを会場とする、11月17日開催予定だった戸田彩湖ハーフマラソンは、台風直後に早くも開催中止を決定していた。

泥の堆積がひどいので、トラ仲間が誘い合わせて泥の掻き出しボランティアをやったのだが、私は盛岡マラソンに出走していた日だったので、ボラは参加できず。

 

以下の写真は、台風から3週間後の11月2日(土)にまとめて撮影したもの。

IMG_20191102_143843

周回コース上には、まだ泥が堆積している。

粒子が細かい泥で、未だに乾燥していない。
やはり、ちょっと臭い。

 

IMG_20191102_143824

駐車場も全面が泥で覆われている。

 

IMG_20191102_144652

野球場も泥。

 

IMG_20191102_145001

野球場ネットの支柱が傾いている。

 

IMG_20191102_154735

湖の北側(浦和側)の流入堤。

フェンスが根本から傾いている。堤のコンクリも、一部がめくれ上がっていた。

 

 

以上


千葉県の台風被災地

令和元年(2019年)9月9日(月)未明に、関東地方に上陸した台風15号は、雨は大したことはなかったものの、記録的に風が強く、房総半島では送電線の鉄塔をなぎ倒し、広範囲に停電と断水をひき起こした。

そろそろ丸6日間経つが、広い地域でまだ断水と停電は復旧していない。

ということで、被災地を見学してきた。

当地には縁もゆかりもなく、ボランティアではなくて、ただの見学。
茂原に大学時代の友人が住んでいるが、停電に見舞われることはなく、無事だったとのこと。

 

 

ガソリンスタンド、コンビニは、かなり平常営業に戻っていた

バイクに乗って、首都高C2、アクアライン経由で木更津から房総半島に上陸。

停電のために給油ポンプが動かせず、営業していないガソスタが多い上に、営業していても長蛇の列、という報道を見聞きしていたので、木更津のガソスタで満タンにする。

アクセルをあまり開けずにエコランすれば航続距離:500kmは走れるバイクなので、これで大丈夫。

食べ物や飲み物が入手できない可能性に備えて、コンビニで一通り買い込んで行ったけど、杞憂だった。

 

どこに行っても、ガソリンスタンドはかなり平常営業に戻っており、クルマが列をなしているということもなかった。

コンビニ、スーパーやドラッグストア、ホームセンタ類は、開いていないところもあったが、開いているところのほうが多かった。しかし、弁当類、食材類の棚はほとんど空っぽだった。

 

 

鋸南町:屋根が壊れた家が多い

IMG_7528

あっちもこっちも、家々の屋根がブルーシートで覆われている。

瓦が吹き飛んだりして屋根が壊れたところを、応急処置している。

 

被災直後にTVを見ていたら、「各地から足りない物資情報」を取り上げていたのだが、食べ物や水ではなく、「ブルーシート」を挙げている街が多くて驚いたものだ。

 

屋根は、地震でも壊れることがあるが、今回は台風による強風の被害なので、事前の想定以上の規模で屋根が壊れてしまったようだ。

 

あくまでも応急処置なので、この程度では、家の人は、心配でたまらないだろう。

被害の様子をTVで見て、ぼんやりと「停電や断水といっても、せいぜい1週間くらいなんだから、被害がなかったエリアに旅行にでも行って、復旧するのを待ってればいいんじゃね?」と思ったものだが、とてもではないが、家が心配で遠く離れることなんてできないだろう。

IMG_7529

あちこちブルーシート。

 

IMG_7530

保田漁協直営の、港に建つ日帰り温泉施設。

瓦礫が山積みされている。

 

IMG_7531

倒れた木を受け止めた金属製フェンスが、くにゅっと曲がってしまっている。

 

 

窓ガラスが割れたクルマが多数

IMG_7533

あちこちでこのように窓ガラスが割れたクルマを見かけた。

透明なビニルシートや、ダンボールなど(前側でない場合は)で応急処置をしている。その状態で高速道路を走っているクルマもいた。

 

風だけの力でガラスが割れたのだろうか?

推測だが、そうではなく、風で飛ばされてきた何かがぶつかって割れたのではないかと思う。

「記録的な強風」と事前に天気予報では注意喚起されていたので、クルマの窓ガラスに毛布を巻きつけるなり、ベニヤ板を貼り付けるなどしておけば、被害を防げたかもしれない。

 

IMG_7534

小さなコンクリートブロックの基礎の上に、トラックのコンテナを置いて倉庫として使っていたもの。

風に飛ばされてゴロンと横倒しになっている。

 

 

館山市:街の中は、一見すると平常運転のようだが

DSC_0698

お腹が空いたので、館山市内の海沿いのファミレスへ。

食材が一部入荷していないとのことで、メニュと営業時間を絞って営業していた。

 

たまたま2つ隣りの席にいた20代くらいのおねーちゃん二人組の会話を、聞くとはなしに聞いていると、

自分のクルマは奇跡的にノーダメージで良かったー、停電やだもういつになったら復旧するんだろ、といったことを話していた。

 

IMG_7536

漁港に行く。

長屋形式の倉庫は、屋根がベロンベロンに剥がれていた。

 

IMG_7538

漁船はなぎ倒されていた。

 

 

電気の復旧は進む

IMG_7542

館山市内で、高所作業車を5台くらい並べて、電柱の復旧作業をしていた。

このような高所作業車が、あちこち走り回っている。

 

電気はかなり復旧しているようだが、まだ通っていないところもある。

復旧した地域では、いつも通りの日常生活に戻りつつあるが、その隣りのまだの地域では、夜になれば真っ暗で何もできない、天と地ほども違う状況。

 

 

南房総市:陸上自衛隊がお風呂を提供している

房総半島のほぼ南端にある、南房総市の白浜コミュニティセンタへ。

IMG_7544

土のう袋とブルーシートが山積みになっていた。

センタの中では、食べ物とかその他の物資を配布していたりしたようだが、中に入るのは遠慮した。

 

IMG_7547

陸上自衛隊第1後方支援連隊の車両。

第1後方支援連隊は、首都圏各地に中隊が駐屯しているが、この部隊は練馬の部隊。

 

IMG_7546

お風呂を提供している。

男女別々。

湯船だけではなくシャワーもあるが、銭湯に入るときと同じように、洗面器、石鹸、シャンプー類は持参しないとならないようだ。

シャワーだけではなく、湯船まで揃えたお風呂に入れるのは、世界中の軍隊の中で、我が国の自衛隊だけらしい。

 

 

なぜ広範囲に断水しているのか、謎

IMG_7545

市の給水車で水を汲む人たち。

 

今回、謎なのが、広範囲に断水していること。

地震ではなく台風なので、水道の管路がダメージを受けたわけではない。

一般家屋は、屋根や壁が吹き飛ばされたところもがあるだろうが、水道施設の建物は頑丈に造ってあるはずで、運転できなくなるほどの直接の被害を受けたとも考え難い。

停電によってポンプが動かせなくなっているとしても、当然ながら、自家発電装置は備えているはず。

発電用の燃料の備蓄を使い果たしてしまえば終わりだが、1日に数時間だけ水を流すといった措置を講じて、補充が得られるまで耐えることもできるはず。

 

蕨市水道部の技術系の某幹部にお聞きしたが、蕨市の場合であれば、当然、自家発電装置を回して給水することは可能だし、管路と設備が生きていて、燃料さえ得られれば、停電してても水道が止まることはあり得ない、とのことだった。

なおかつ、各町会にスタンドパイプ(消火栓に挿して、手動で給水できる装置)が配布されており、一般家庭への配水系が止まったとしても、各地域において、消火栓から給水することが可能だ、と。

その方は、そうは言っても、災害の時には何が起こるかは分からないので、絶対とは言い切れないけど・・・と言っていた。絶対大丈夫と言い切らない点は良心的だ。

「想定外は、あってはならない」などと唱えられることもあるが、想定外を100%潰すことなんて幾何級数的に無限に近くリソースを投じない限りは不可能である。

 

 

停電した闇の中を走る

日没後、内房の海沿いのルートを折り返して帰る。

停電している地域と、平常通りに電気が通っている地域が入り混じっている。

停電していても、交通信号だけはついているところもあれば、交通信号も止まっている地域もある。

真っ暗な中で煌々と明かりが灯っている建物があり、何だろうと思えば警察署だった。
警察署はさすがに自家発電装置を持っているんだろう。

 

IMG_7549

完全停電地域にて、幹線道路を外れて、内房線の上総湊駅へ。

JRの駅やプラットフォームは、平常通りに電気が点いている。
(写真だとかなり暗く見えるが、これで平常通り)

JRは、独自に発電所や送電設備を持っているので、東京電力の電力グリッドが止まっても没問題。

 

IMG_7550

そして、駅から、駅前のメインストリートを振り返ると、真っ暗。

幸い月が明るいが、それでも真っ暗。

山の上に十字架が光っており、後で調べたらキリスト教系の特養老人ホームだった。この特養も自家発電装置を持っているのかな?

 

 

被災された皆様の、一日も早い復旧をお祈り申し上げる。

 

そう言えば、全然関係ないけど、本日9月14日は、弊社、株式会社ブレード・コミュニケーションズの創業記念日だった。たまたま登記したのがこの日だっただけで何の感慨もないけど、取り敢えずめでたい。