令和3年の蕨市成年式がございました。

成人式発祥の地 蕨市でおよそ9か月遅れて成年式/埼玉県(テレ玉) – Yahoo!ニュース

成人式発祥の地、蕨市で新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、およそ9か月延期されていた成年式が10日、開かれました。  終戦直後の1946年=昭和21年、戦後の混乱が続くなか、未来を担う若者たちに希望を持ってもらおうと、蕨市で20歳を祝う「成年式」が開かれたのが成人式の始まりとされています。 …

 

先日、令和3年(2021年)10月10日(日)、蕨市民会館において、今年の蕨市成年式がございました。

 

例年であれば1月の成人の日に開催するところ、コロナ禍のために延期となり、10月の開催となったものです。

よその市町村では、会場に集まってリアルに開催する形式ではなく、オンライン形式としたところも少なくないようですが、蕨市では、このように、感染拡大状況が落ち着いた9ヶ月後にリアル開催することとなったものです。

 

直近での日毎の新規感染者数は落ち着き、緊急事態宣言、まん防も全国で解除されておりますが、依然として感染再拡大の危機は去っていないため、

・出身中学校ごとに出席者を分けて、午前と午後の2部制とする。
・付き添い、来賓の出席数を制限する。

という形で行われました。

 

やはり、新成年の出席者数は、午前と午後の2部合計しても、例年より少なかったように感じました。

感染リスクを恐れてやむなく欠席した人もいたでしょうし、例年と異なる時期なので都合がつかなかった人もいるでしょうし、開催を予定していたイベントがことごとくコロナ禍による中止となるために10月成年式も再中止となることを見込んで別の予定を入れてしまった人もいるでしょう。

 

 

市議会からは、例年であれば、全議員が出席して新成年のお祝いをしているところですが、今年は、議長である私のみが出席致しました。

 

 

PXL_20211010_061352748

新成年によるスピーチ。

 

PXL_20211010_060823740

新成年の中学時代の恩師による、ご挨拶。

「コロナ禍で大変だが、これから何があっても、コロナのせいにはしないようにしよう。」

というお話が印象に残りました。


『星落ちて、なお』読みました。

澤田瞳子, 『星落ちて、なお』は、河鍋暁翠画伯を主人公として取り上げた、今年 令和3年の直木賞を受賞した小説です。

河鍋暁斎氏は、狩野派に学んだ正統な日本画家ですが、おどろおどろしい骸骨の絵や、風刺画など、枠にとらわれずに独自の画風を作り上げていった画家で、誰もが認める天才です。

澤田瞳子氏の小説は、たぶん2/3くらいは読んでます。

http://kyosai-museum.jp/hp/top_page.htm

河鍋暁斎美術館が蕨市内にあるという縁で、蕨市民にはとても親しみのある画家であります。

 

ということで、koboで買って読んでみました。

 

 

 

話の中には、河鍋暁斎画伯本人は出てきません。
冒頭から、暁斎画伯の葬儀のシーンから始まります。

主人公は、そのお嬢さんである、画家の河鍋暁翠氏です。
不勉強ながら、お名前を私は知りませんでしたが、この方はこの方で、絵画史に名を残している一流の画家であり、暁斎の画風の後継者です。

 

河鍋暁斎画伯は、河鍋派と呼んでもいいくらいの独自の画風を打ち立てたのですが、ご本人のあまりにも不世出の才能に依る部分が大きく、また、折しも、明治維新の時期であり、古典的な日本風のものが疎まれ、西洋風のものが持て囃される風潮に一気にシフトしたため、数百人もいた門弟は散り散りとなり、時代遅れとの評価を受けることとなってしまいました。

(門弟が四散してしまったのは、江戸時代までの徒弟制が崩壊し、明治時代になって西洋型学校教育システムが導入されたことも大きな理由の一つです。)

 

そのような中でも、河鍋暁斎氏の、あまりにも飛び抜けた才能と、多くのものを犠牲にしながら絵描きという仕事へ注ぎ込んだ膨大なエネルギーは、強力な引力を持ち、子孫や、弟子や、パトロンなど周りの人たちを巻き込んでしまいます。

その力は凄まじく、死して尚、その後何十年にも渡って、周りの人たちの人生をも束縛し続けます。

 

商才に恵まれていたはずのパトロンの大店の商人は、遊蕩に明け暮れて身を持ち崩し、最も著しく画才を引き継いでいたはずの長男の画家は、時流に乗れずに不遇のうちに亡くなり、・・・というところで、これ以上はネタバレしないように書きませんが、

 

この、暁斎画伯の類まれなる才能とエネルギーが持つ引力に、否応なく巻き込まれてしまった、周りの人たちは幸せだったのだろうか?

というのが、この小説の一つのテーマであります。

 

 

 

話全然変わりますけど、今はちょうどお盆休みなのですが、新型コロナ第5波による感染拡大が続いていることもあり、家に籠もって、妻とネトフリで映画を見まくっているのですが、

『ラ・ラ・ランド』

これ見たんですよ。

 

カフェでバイトしながらオーディションを受け続ける、女優になりたい女と、「ジャズは死んだ」と言われる不遇の時代にあって、伝統的なジャズを復興させたい男が、恋に落ちながら、それぞれ夢を追い求めるミュージカル映画なのですが、

 

ネタバレしないように書くのは難しいのですが・・・

恋と夢と、両方を欲張りにも得ることは、至難の道なのです。

 

この映画のエンディングを、ハッピーエンドとみなすか、バッドエンドと感じるかは、その人の人生観に依るでしょう。

 

 

いかに才能に恵まれようとも、いかに努力を重ねようとも、何かの道、何かの夢を極めようとすれば、何かを犠牲にしなくてはならない、周りの人たちをも巻き込んでしまうことすらある、ということでしょうか。

 

 

とうことで、この小説の感想を一言でまとめると、

平凡が一番

凡夫たる私には、これしか出てきませんね。


田中啓一氏の市民葬がございました。

本日、令和3年(2021年)7月16日、関東甲信越は梅雨明け宣言が出されました。

いよいよ夏ですね。

 

 

蕨市民会館においては、前市長、蕨市名誉市民である田中啓一氏の市民葬がございました。

PXL_20210716_001504146

市議会議員、次いで32年間に渡り市長を務められた方です。

勇退なさって久しく、保守系・自民党系の言わば先輩ながらも、一度もお会いしたことはありません。

言わば私にとっては「歴史上の人物」です。

小さな市とはいえ市長を務めた以上、歴史の評価を受けるのは当然のことなので、好き勝手言いますが、長期の市長として正負様々なレガシーを残された方であり、負のレガシーの中には私達現役世代が未だに対応に難儀しているものもあります。

もちろんのこと、長期間に立案・実行した様々な政策の中には、成功もあれば失敗もあるのは当然だと私は思いますので、負のレガシーを残したからと言って、燦然たる偉大な功績に傷がつくものではありません。

衷心よりご冥福をお祈り申し上げます。


ワクチン接種券が届き、1回目接種の予約しました。

vaccine coupon

昨日、令和3年(2021年)7月8日、40代後半の私の手元にも、蕨市からワクチン接種券が届きました。前日に発送したようです。

 

vaccine coupon

早速、封筒を開けて、自分のワクチン接種番号を確認し、webで市内接種会場の空き状況を確認し、1回目予約をしました。

 

ワクチン予約システムの画面遷移としては、

・接種券番号、氏名などを入力する

・接種回数(1回目か2回目か)を選ぶ

・接種会場(市内のクリニック、市立病院、集団接種会場など)を選ぶ

・その接種会場のカレンダーから空いている日時枠を選ぶ

となります。

 

私を含めて、「どこの接種会場でも構わないので、できるだけ早く空いている日時枠で申し込みたい」という人が多いはずなのですが、すべての接種会場のカレンダーを一つ一つ開いて空き状況を確認しなくてならない、という仕組みです。

 

 

 

ということで、幾つかのクリニックの空き状況を確認したのですが、7月いっぱいどころか、8月半ばまですべて枠が埋まっており、ようやく8月末に、しかも小児科医で予約ができました。

 

ワクチン接種券が手元に届いたら、すぐに予約!した方がいいですよ。


蕨市の新型コロナワクチン接種状況

本日、令和3年(2021年)6月1日(火)より、蕨市議会 6月定例会が開会しました。

 

 

蕨市における、現時点での新型コロナウイルスワクチン接種状況が発表されています。

尚、ワクチンは、通常、日にちをおいて2回接種することになります。

 

 

  • 市内医療従事者

1回目接種率 90%

2回目接種率 68%

 

個人的には、意外と低いなという印象です。県内他市や全国平均の状況を存じませんので、比較は出来ませんけど。

今月上旬には完了見込みとのこと。

 

 

  • 市内65歳以上の高齢者

5月16日から集団接種(大きな会場で、大勢が一斉に接種する)が、5月17日から個別接種(個人単位で、医療機関に予約して接種する)が開始。

予約済み率  75%

1回目接種率 16%

2回目接種率 不明

 

「予約済み率」が、個人的な予想以上に高い点に驚きました。もっと接種忌避率が高いものと思っていました。「75%」という数字も、現時点での値ですので、最終的な(接種忌避者を除く)接種率は高くなるはずです。

少なくとも、蕨市内においては、予約したくてもサーバが重くて予約webサイトが繋がらない、コンタクトセンタに何度電話をかけても繋がらない、といった類の混乱は生じていません。

国内の接種忌避率については、まだ学術機関やマスメディア等による体系的な調査は行われていないようで、どのくらいの数字で着地するかはまだ分かりません。

 

 

  • 市内65歳未満の接種スケジュールは?

現時点では不明。


蕨戸田衛生センターの焼却炉延命化工事は最終段階に

一昨日、令和3年(2021年)5月25日は、蕨戸田衛生センター組合の本会議がございました。

蕨市と戸田市とで、共同で、ごみ処理・し尿処理・リサイクルを行っています。
その合弁組織が、蕨戸田衛生センター組合です。
この組織は「一部事務組合」と呼びまして、言わば、共同出資による合弁会社のようなものです。他には、消防でもこの仕組みが用いられるケースが多いようです。

 

基幹的設備改良工事の進捗の報告がありました。
主に、ごみ焼却炉の延命化工事が中心です。

蕨戸田衛生センターのごみ焼却炉は、3炉あります。

このうち、2炉の工事は既に完了しました。
残る最後の1炉の工事が、今年2021年9月から来1月までの約4ヶ月間をかけて行われる予定です。

この期間中、一部ごみ処理を、近隣市の施設に委託することになりますので、ごみ収集時間帯が移動致します。

 

 

この一連の工事の最大の目的は「延命化」すなわち、既存の施設をできるだけ長く使うためのものですが、他にも、省エネ化という効果もあります。

既に、既存の工事済み2炉は稼働しておりますが、省エネ化の効果は大きく出てきており、ごみ焼却の熱によって発電した電力を売却することによる売上は、従来の2倍以上になっております。


北向稲荷の初午がございました。

令和3年(2021年)3月27日(土)、北向稲荷の初午がございました。

 

北向稲荷は、蕨市錦町の郷地区の鎮守の社です。

PXL_20210327_021646314

昨年の初午は氷雨の下、傘をさして凍えながら拝礼したものですが、今年は汗ばむ陽気でありました。

 

PXL_20210327_015520861

お供えなど。

 

PXL_20210327_023517351

北向稲荷の全景。

 

PXL_20210327_025225221

わらびりんごの花も咲いてきました。

誤解している人も実は多いようですが、「わらびりんご」は、蕨市の人が勝手にそのように呼んでいるわけではありません。

そのような早生の種があるのです。

種の正式な名前です。

酸味が強くて美味しくはありませんが、パイやジュースなどに加工するに適しています。

 

PXL_20210327_063049165

この日は、天気があまりにもよいので、チャリで荒川サイクリングドーロを走ってきました。

吉見のさくら堤。

満開にはちょっと早いくらいでした。