機祭りがございました。

令和4年(2022年)8月5-7日、蕨市の七夕の機祭りがございました。
コロナ第7波の感染拡大が続く状況下ではありますが、3年ぶりに、感染対策を施した上での開催となりました。

 

 

人出は、かなり多く、複数の関係者から雑談ベースでお聞きした話によると、事前の想定よりも多かった、とのことです。

また、個人的な感触ですが、お年寄りや、お年寄りを含む家族連れが少なく、相対的に、若者グループ、若い家族連れの姿が目立ちました。
若い男性外国人グループの姿も以前より増えたように感じました。

コロナ禍で昨年、一昨年と多くの地域イベントが中止となりましたが、この種のイベントの開催を待ち望み、うずうずしていた人が多かったようです。

 

駅前で夕方、所属している安全協会のボランティア活動として、交通整理を行ったのですが、たまたま会話を交わした子連れの若い御婦人は、「久しぶりのお祭りで、子どもたちがすごく楽しんでいた!来て良かった!」と大興奮していて、こちらまで嬉しくなりました。

 

 

今年の夏も、依然として町会レベルの地域イベント、祭り、ラジオ体操の類は中止となっているものが多いのですが、感染対策には手間もコストも掛かるので、やむを得ないものと個人的には思います。

オリンピックを始めとする国際的なイベントや、機祭りのようなそれなりの予算規模のイベントは、手間もコストも掛けられます。従って、小さなイベントよりも、大きなイベントの方が、コロナ禍下においても開催しやすいという逆説的な状況が出来しています。

 

 

 

R40806わらび機まつりスターライトステージ(1)_2

式典にて、市議会議長としてお祝いのご挨拶を申し上げました。

 

PXL_20220807_004356863

塚越の機神社。

 

R40807第70回わらび機まつり式典(1)_2

機神社にて、神事が行われました。

 

R40807第70回わらび機まつり式典(2)_2

玉串を奉奠致しました。


戸田ボートレース(戸田競艇)令和3年度決算など

蕨市議会7月臨時会にて、私は、

蕨戸田衛生センター組合議会 → 戸田ボートレース企業団議会

と、出向先が変更になっております。

 

 

・蕨戸田衛生センター組合
(蕨市と戸田市の1:1の一部事務組合。ごみ処理、リサイクル、し尿処理を共同で行う。)

・戸田ボートレース企業団
(蕨市:戸田市:川口市の1:2:1の一部事務組合。戸田競艇の経営を共同で行う。)

蕨市は、この2つの一部事務組合を抱えております。
一部事務組合というのは、複数の市町村が共同で何らかのサービス提供を行うジョイントベンチャーのことです。
連結決算にはなりません。地方自治体の決算には、連結という概念はありません。
一部事務組合には、議会が存在し、その議員は、出資元の市町村議会の議員が出向(兼任)しています。

 

 

PXL_20220804_021208700.PORTRAIT

戸田ボート(戸田競艇)に蕨市も出資しているって、知らない人も多いんじゃないですかね?

戸田市が単体でやっていると思っていた人は多いのではないでしょうか?

上述のように、蕨市:戸田市:川口市の1:2:1のJVなのです。

従って、利益が出た場合の配当金は、上記3市に1:2:1の比率で配分されます。

 

 

本日は、戸田ボートレース企業団議会が開会されました。
昨年度、令和3年度の決算認定が行われております。

まだ議会の中で承認されていないので、あくまでも「案」の段階ではあるのですが、大きなポイントを下記します。

 

 

  • 全国のモーターボート競争の売上は、30年ぶりに過去最高を更新

30年前と言えば、バブル末期ですね。
バブル崩壊以降、公営ギャンブルの売上は長期低迷していたのですが、当時の数字を更新するなんてすごい伸びです。

 

  • 戸田ボートの売上も、平成15年(2003年)以来の500億超を達成

19年ぶりということになります。

令和元年度 令和2年度 令和3年度
総売上 298億 387億 507億

すごい伸びですね。

それでは、何故伸びたのか?何が伸びたのか?

 

  • 売上増に貢献したのは、電話投票(=ネット舟券購入)

競艇場や場外舟券場でのリアル購入ではなく、ネット購入が伸びの中心です。

なお、統計上は「電話投票」という名目になっており、古くからある音声電話購入と、PC向けweb購入、モバイルweb購入、アプリ購入などの内訳は示されていません。

令和元年度 令和2年度 令和3年度
電話投票売上 141億 265億 329億

総売上に占める、電話投票売上の比率も上がっています。

 

  • 「電話投票」売上増が、一過性のものか長期的トレンドかは不明

どう考えても、コロナ禍による巣ごもり増による影響が大きいはずで、コロナ禍が収まってくれば元に戻るのか?長期的なトレンドとして定着するのか?は未だ分かりません。

蕨市近辺でも、パチンコ屋が続々と閉店している状況を鑑みると、

・既存リアル競艇ヘビーファン→ネット移行
・パチンコなどのファン→競艇ネット投票への移行

とざっくり2パターンあるはずです。
この辺は、深掘りして分析してみると面白そうですね。

 

一人当たり購買金額(令和3年度)を見ると、

場内(リアル) 17,700円
電話投票(ネット) 5,900円

この、「一人当たり購買金額」というのが、一日当たりを指すのか、年間累計を指すのか、手元の統計データを読むだけでは不明なのですが、3倍ほども違いがあります。

電話投票の顧客単価を増やす余地は大いにありそうな気がしますね。


蕨市立図書館:電子図書館サービスが開始

蕨市より本日、通知を受けましたが、

本年、令和4年(2022年)8月1日に、蕨市立図書館内のサービスの一つとして、電子図書館サービスを開始するとのことです。

 

本年3月定例議会にて決まった、本年度、令和4年度(2022年度)予算による、今までにない、新規事業です。

予算額    5百万円
貸出冊数   2,500冊程度

ライセンスの仕組みは、買い取りではなく、その本が貸出回数:52回に達するか、または2年間、というものです。

 

現時点では、まだサービスwebサイトは公開されておらず、どのようなUIなのか、そもそもwebインターフェースなのか、アプリなのかすら明らかになっていません。

 

取り敢えずは、どのようなものなのか、ローンチしたら早速使ってみたいと思います。

 

 

ところで、自治体図書館の電子図書館サービスについては、4年前に調べたことがあります。

楽天の自治体図書館向け電子書籍プラットフォーム

当時は、まだまだ導入検討すら時期尚早という段階でした。

その後、4年間が経過し、ある程度各社のサービスがこなれてきて、導入事例も増えてきたので、蕨市でもやってみよう、ということになったものです。

金額は、たったの5百万、予算が3月に通ってから8月にローンチということで、開発期間もたったの4ヶ月間程度の軽いものですし。

 

ところで、上記エントリで調べた、楽天子会社だったOverdrive社ですが、いつの間にか、2年前の2020年にファンドのKKRに売却されていました。大いに伸び代あると思うのですが、個人的にはもったいない感じがしますね。


蕨駅西口再開発、令和8年竣工と予定変更し、1年間遅れる見込み

掲題の件、先日、蕨市役所の担当部署より蕨市議会に対して説明がありました。

蕨市 令和4年度予算を解説 その2 歳出編(1)

こちらの本年4月21日付けのでのエントリで述べた通り、

令和4年度予算が成立した時点では、

令和4年度は、高層建築物の建設が始まります。
令和7年度の竣工予定です。

ということだったのですが、早くも1年間の遅れが生じ、令和8年(2026年)7月竣工見込みとのことです。

 

尚、再開発区域内の全ての権利者との合意が完了したとのことです。

 

駅前にできる新しいビルに、どんなお店が入るのかな?
というのが、とても気になるところですが、それが決まるのは、概ね竣工の1年くらい前になりそう、とのことです。


参院選が始まる。

昨日、令和4年(2022年)6月22日に、参議院議員選挙が公示されました。

自民党は、埼玉県選挙区からは、現職の関口昌一氏が立候補しております。

 

PXL_20220622_085014284

昨日、6月22日には、県内各地で関口陣営の出陣式が行われ、私は川口駅前の出陣式に参加してきました。


REFUGEES WELCOME

蕨市がウクライナ避難民の市営住宅での受け入れを表明し、相談窓口を設置したとのことです。

人道上の配慮として、まずはこの動きを個人的には歓迎します。

蕨市 ウクライナ避難民受け入れ 住宅用意 : ニュース : 埼玉 : 地域

ウクライナからの避難民を受け入れるため、蕨市は5日、空いている市営住宅2室を用意したと発表した。間取りは1DKと2DK。計5人の受け入れが可能という。避難民向けの相談窓口も設置する。  県内では、さいたま市や深谷市、戸田市も市営住宅などを確保し、受け入れを表明している。 …

 

なお、受け入れるのは「難民」ではなく、「避難民」です。

到着したウクライナ人は「避難民」 難民認定には高いハードル:朝日新聞デジタル

ロシアの侵攻から逃れたウクライナの人たち20人が5日、日本政府の専用機に乗ってポーランドから羽田空港に到着した。政府は今回、こうした人を「避難民」と表現し、より手厚く保護される「難民」とは違う枠組み…

難民:
出入国及び難民認定法に基づき、難民認定された人

このたびのウクライナ避難民の法的位置付け:
90日間の「短期滞在」の在留資格で入国し、1年間働ける「特定活動」への切り替えが認められる。基本的には、杉原サバイバーのように、我が国を経由して米国等の第三国に出国していくことが想定されています。

 

 

気になって調べてみたのですが、英語ではどちらもrefugeesと同じなんですね。

これは、要するにどういうことかというと、

難民と避難民の区別は、あくまでも我が国の国内法上のものであって、国際的には(難民条約的には)区別されるものではない、ということです。

 

IMG_1294

2016年12月、欧州にシリア難民が溢れていた頃に訪れたスペインにて、マドリッド市役所の掲揚幕。