某市議会の海外視察への批判に関する雑感など

北九州市議会、海外視察廃止へ 昼間の飲酒に批判が殺到:朝日新聞デジタル

北九州市議が海外視察先で昼間に飲酒していた問題を受け、市政与党の自民とハートフル北九州は12日、慣例的に行ってきた海外視察の廃止を井上秀作議長に申し入れた。共産、公明も同様の申し入れをしており、来週…

海外視察報告書 – 北九州市議会

No Description

北九州市議「海外視察ツアー」謎だらけの顚末 | 国内政治

「日中の飲酒は、公務に対する信頼性を低下させるおそれがある。国外、私費でも認められない」――。9月10日、福岡県の北九州市議会(定数57)は、井上秀作議長名で「公務出張中の日中の飲酒を禁止する通知」を出…

 

九州の某政令指定都市の市議会の海外視察が、ブランドショッピングやサグラダファミリアへの観光など、遊びだらけであり、視察という制度を悪用した、悪質な無駄遣いだという批判がニュースとして取り上げられているようです。

このニュース、つい昨日、初めて知りました。

 

 

基本的にはまったくの他人事なので無責任に感想を述べます。

以下、あくまでも一般論です。
私個人の話ではなく、蕨市とは全く関係ありません。一般論です。一般論。

 

 

自治体の政策を考えるに当たっては、他者事例の研究が有効

ビジネスと異なり、自治体の経営においては、各プレーヤはお互いに地域独占であるために、基本的には競合するものでもありません(首都圏内の子育て支援策・教育環境の整備や、グローバルな大都市のベンチャー育成策といったように、競合するものもありますが)。ビジネスモデル特許のようなものはないし、各種の政策・施策には知的財産権はありません。
そこで、よそでやっている成功している政策・施策を研究して、うまく自分たちに取り入れる、ということがよく行われます。(もちろん、よそに移植してうまくいくものもあれば、失敗するものもあります。)

つまり、ビジネスと同じく、政策を考えるに当たっても、よその事例を研究することは、一つのアプローチとして有効な手法です。

ビジネスであれば、競合相手に話を聞きに行く、なんてことは出来ませんが、自治体であれば、お互いに競合という意識はほとんどないので、話を聞けば、喜んで説明してくれます。

 

 

現地に直接見に行って他者事例研究をすることも、場合によっては意味がある

以上のように、具体的に考えている政策なり何らかのアイディアがあり、その先行事例を、成功しているパターン、失敗しているパターンとを問わず、研究することは有効ですし、必要があれば現地に行って直接見ること(=視察旅行すること)は、有効であり、ムダではありません。

昔は、今と異なり各市町村のwebサイト上で各種の資料や議事録が公開されていることもなかったので、直接現地に行って話を聞きに行くしかない、ということが多かったのだろうと思います。
今は、これらはヤフーでググって検索すれば情報を一瞬のうちに閲覧することが出来ますし、その上で不明なことがあれば、メールを送るなり電話をかけるなりすれば、先方の担当者は、基本的には懇切丁寧に教えてくれますので、わざわざ現地に行く必要は少なくなった、ということは言えると思います。

 

 

総計予算主義の弊害=「予算は使い切らなくてはならない!」

他方で、そもそも市町村政府というのは総計予算主義です。

ビジネスであれば、特に未上場企業であれば、いちいち予算なんか組んでいないところも多いでしょうし、決裁権者がOKすればOKということが多いでしょう。市町村政府では、たとえ1円でも予算が組まれていない出費は許されません。
道路を補修するなり、学校のトイレを直すなり、新たに何らかの施策を行うことを決めたので、その分の見積もりを出して、その度毎にその金額の補正予算を組む、というのは手続き的に面倒であり、効率良くありません。

そこで、毎年、道路やトイレの修理を何回くらいする、と予測した上で、予め年度当初に予算を確保しておくことになります。
視察旅行も同じように、視察旅行に○回行くことを前提として、○円分の予算をあらかじめ確保しておく、ことが行われます。

そして、役所はどこもそうですが、一旦確保した予算は必ず使い切らなくてはならない、というインセンティブが働きます。これは役所(行政)に限らず議会も同じで、○回分の視察旅行の予算があるのだから、どこかに視察旅行に行かなくてはならない!という発想になりがちです。

こうして、何の問題意識もなく課題設定もなされずに、ただ予算を使い切ることが目的な視察旅行が発生するわけです。
(このような場合も、視察旅行という体裁を整えることは必要なので、たいして興味も関心もない視察先が無理やり探し出されて用意されることになります。先方にとっては失礼で迷惑極まりない話です)

 

 

かつて、旅行できることが特権でありステータスだった時代があった

おそらく、想像するに、新婚旅行が熱海か伊香保みたいな時代に、毎年何回かずつ、全国あちこちに旅行に行ける地方議員の視察旅行制度が、議員特権の一部だったのでしょう。

更についでにいうと、私が知る限り、冒頭の九州の某市のように、海外都市に視察旅行に行けるのは政令指定都市だけであり、それ以外の市町村で海外都市に行くことは無いと思います。
これもまた、政令指定都市の特権であり、ステータスだったのだと思います。

既に、大学生がちょっと頑張ってバイト代を貯めて気軽に海外旅行に行ける時代になってますので、今日では視察旅行にステータス性はありません。

 

 

飲みニケーションならぬ、視察ニケーション

視察旅行では、日頃あまり会話することもない、相対立する立場の政党・会派の人たちと行動を共にすることもあります。夜は酒の入った食事会(酒宴)となります(一般論)。

このような場で、何らかの交渉・取引が円滑に進んだり、お互いの理解が進むことはあり得るでしょう。

しかし、それはもちろん、視察旅行のおまけのそのまたおまけ的な副次的効果です。
それを目的として視察旅行をするのであれば、本末転倒です。

 

 

飲みハラならぬ、視察ハラ!?

視察旅行が特権であり、スタータスだから、遊びに行きたい!と言う人がいる一方で、お酒は飲めないし、旅行は好きじゃない、お家で愛する家族と一緒に過ごしていたい、という人もいるでしょう。家族に小さな子ども、病人や介護が必要な人がいるので、あまり家を空けたくない、という人もいるでしょう。

冒頭の某市の視察旅行は、ヨーロッパに7泊8日だったそうですが、こんなに長期間行きたくない!という人もいたのではないかと思います。

しかしながら、総計予算主義で、年功序列のタテ社会ですので、自分一人だけ行きません!と突っぱねることは、勇気が要ります。
自らが掲げる政策を実現するためには、組織内での人間関係を円滑にしておくことも必要です。

本音では行きたくないのに泣く泣く参加せざるを得ない、という視察ハラスメントは、今も昔もあちこちの地方議会でまかり通っているのではないかと想像します。(一般論)
もしかすると、参加者全員が、表面的に楽しそうなふりをしているだけで、実は心の中では行きたくなくてうんざりしていた、というお笑いコントのような状況のツアー御一行もあるかもしれません。

 

 

いずれなくなるでしょう

ということで、この記事はあくまでも無責任な一般論の雑感なので結論はないのですすが、緩やかな世代交代とともに、いずれこの種の半強制的な視察旅行制度はなくなると思います。

冒頭に取り上げたフジテレビの番組のように、視察旅行ではしゃぐ姿を面白おかしく茶化して取り上げるのは、良い試みだと思います。

逆に言うと、この種のニュース報道がなされたとしても、すぐに根絶されることは無いと思います。しばらく時間がかかるでしょう。

 

 

さらについでに言うと、個人的には、旅行大好きです!
サグラダファミリアも見に行きました!(自費)
自然災害の現場とかもよく見に行きますけど、自費です。

IMG_1720

2017年1月、バルセロナにて。


消防特別点検がございました。

先日、平成30年11月11日(日)、中央小学校において、消防特別点検がございました。

蕨市と戸田市の消防団による観閲式のようなイベントで、毎年この時期に行われております。会場は蕨と戸田で交代に担当しております。

尚、消防本部(プロの消防士)の観閲式イベントは、毎年1月に行われる出初式がこれに当たります。

20181111 消防特別点検

姿勢及び服装点検。

 

20181111 消防特別点検

消防車(?消防団の車両も消防車と呼ぶのだろうか??)

 

20181111 消防特別点検

ポンプによる放水シミュレーション。

 

関係者の皆様、お疲れ様でした。


浜松市の多文化共生の取り組みと、蕨市との違い

先日、2018年10月31日(水)、蕨市議会総務常任委員会の視察で、浜松市を訪れました。

 

浜松市も蕨市も、外国人市民が多い

蕨市webサイト : 各年次別人口統計 平成30年

蕨市の人口統計は、月次で公開されております。

最新の、平成30年10月1日付けのものをみると、
総人口 75,146人

この内、外国人が6,512人です。
比率でいうと、8.7%

これは、埼玉県内でも第1位の比率です。

近年の蕨市の総人口は微増傾向にありますが、内訳をみると、日本人はほぼ横這いであり、増加分は外国人であることが分かります。
従って、外国人比率も増え続けています。

 

浜松市も、伝統的に外国人市民が多い市であり、
平成30年10月1日付けデータによると、

浜松市webサイト : 住民基本台帳による人口と世帯数
総人口805,110人

この内、外国人が23,963人、
比率は3.0%です。

 

蕨市と比べると、絶対値は大きいものの、総人口が大きいため、比率は低いですね。

 

浜松市は、2大ピアノメーカであるカワイ、ヤマハ、4大オートバイメーカのうちの3社であるホンダ、ヤマハ、スズキが拠点を構えるなど、工場が多く、バブル期の人手不足の折りに、労働力として日系ブラジル人を迎え入れたことから、今日に至るまでブラジル人が多いのだそうです。

 

 

外国人へのヘイトクライムは避けなくてはならない

外国人へのあらゆるヘイトクライムは良くない。
これは議論の余地もない、絶対的な価値観です。

外国人に対するヘイト発言は、どのような状況におけるものであれ、社会的に排除されます。ヘイト発言を公の場で行った場合は、ビジネスマンであれば左遷されたり取引停止されたりするでしょうし、学者や政治家ならば辞任必須ですし、その人はもはや社会的に終わりです。

そこで、外国人へのヘイト感情は、心の中で呟かれ、陰にこもりがちです。

高等教育を受けたまともな人の口から、ふとした拍子にポロッと外国人へのヘイト発言が飛び出してきてビックリすることがあります。

これは、極めて危険なことです。

陰にこもった感情は、社会的に蓄積して、どこかで爆発する可能性があり、大きな社会不安を呼び起こします。
我が国においては、関東大震災直後に、この種の外国人に向けた爆発的なヘイトクライムが発生しました。

 

 

ヘイトクライムは一切是認できませんので、いわゆる「ガス抜き」も出来ません。

また、国レベルが、ビザの発給要件をいじったりすることによって、外国人の流出入をコントロール出来るのに対して、市町村レベルでは、やってくる外国人を政策的に拒否したり制限したりしてコントロールすることが出来ません。

これらの点に、市町村レベルが外国人政策を考えることの難しさがあります。

 

 

人口動態の急激な変化は危険

そもそも、あらゆる種類の、人口動態の急激な変化は危険なのです。

 

分譲マンションが急激に立ち過ぎると、上下水道、電気、ガス、小中学校などの公共インフラの供給が追いつかなくなります。

ワンルーム物件が急激に立ち過ぎると、入居する若者たちのゴミの捨て方がひどい、夜中まで騒いでうるさい、クルマや自転車の路上駐車が迷惑だ、といった問題が生じがちです。

急激にタワマンが立ちまくった某ムサコでは、駅の改札口が渋滞するそうです。

このような小さな軋轢の積み重ねが、「旧住民」による、「新住民」に対するヘイト感情を呼び起こします。

 

さりとて、新住民に対する公共インフラ、行政サービスの提供を政策的に急激に増やしていくと、
これがまた、旧住民による、
「俺たちの税金を、新住民に対して使うなんてけしからん!」
という、新住民に対するヘイト感情を呼び起こします。

 

 

従って、市町村経営をする上で、人口動態の変化は、緩やかであることが望ましいのです。

 

 

外国人とて同じことであって、急激な外国人の増加は軋轢を生み、ヘイト感情を呼び起こしがちです。
分譲マンションやワンルームマンションと異なり、市町村政府自身が、前述のように、外国人の流出入を政策的にコントロール出来ないことが、この問題の最も難しい点であります。

 

 

 

浜松市の多文化共生の取り組み

そこで、バブル期という、かなり早い時期から外国人市民が増え続けている浜松市では、どのようなことをやっているのか興味がありました。

なお、「多文化共生」という言葉は、要するに、「外国人受け入れ政策」全般のポリティカリーコレクトな言い方です。

 

・浜松市多文化共生都市ビジョン(5ヶ年計画)を策定したり、
・英語版、ポルトガル語版の市の広報誌、避難マニュアル、転入時ウェルカムパック(一連の書類)を作成したり、
・相談センターを設けたり、
・日本語学習支援施設を運営したり、
・外国人集住都市会議を開催して、外国人が多い他の市町村と情報交換したり、

といったように、それはそれはお金と人手をかけて、外国人市民を受け入れていく仕組みを整えています。

特にこれらの多文化共生政策に対する、ヘイトな反対意見(俺たちの税金を外国人に使うなんてけしからん!的な)も無いようです。

 

 

浜松市と蕨市の条件の違い

結局のところ、浜松市における外国人市民は、浜松市の工場で働くためにやってきてくれた労働力であり、浜松市の経済に貢献しており、既存市民の間に外国人住民受け入れを積極的に歓迎する感情と、外国人に行政資源を投下することへのコンセンサスがあるようです。

ここが、蕨市との大きな条件の違いですね。

少なくとも現下の蕨市においては、既存市民の間に外国人住民受け入れを積極的に歓迎する感情と、外国人に行政資源を投下することへのコンセンサスは、あまりありません。

 

2017年3月定例会の一般質問で主張したように、まずは蕨市においては、定住外国人の実態調査が急務です。

まずは実態を把握した上で、次なるアプローチを考えたいと思います。

【蕨市議会】2017年3月定例会一般質問(2) 定住外国人実態調査について

 

 

おまけの写真

201810_東海道新幹線浜松駅構内のジムニー

東海道新幹線浜松駅の構内に、新型ジムニーが展示してありました。
かっこいい!
この新型ジムニー、バカ売れしてるみたいですね。


蕨市けやき文化賞、自治功労者表彰式がございました。

明治節万歳、心よりお慶び申し上げます。

 

蕨市においては、蕨市の文化・芸術活動に功績があった方に贈られるけやき文化賞の表彰、市内の地域諸活動に功績があった方に贈られる自治功労者表彰の式典がございました。

201811_蕨市けやき文化賞自治功労者表彰式

けやき文化賞は、市内で様々な音楽イベントを開催したり、音楽教育活動に尽力された、高野眞由美氏が授賞されました。

 

授賞された皆様、おめでとうございます。


蕨市戦没者追悼式がございました。

先日、平成30年10月24日、蕨市民会館において、蕨市戦没者追悼式がございました。

201810_蕨市戦没者追悼式

水漬く屍となり、草生す屍となってなお、靖国の鬼として私達をお守りくださっている偉大な先輩方に感謝の誠を捧げました。

神州の不滅を確信し、家族や祖国を守るために勇敢に戦った先輩方は、私達の誇りであります。

我が国の誇り、自主独立、今日の平和と繁栄は、偉大な先輩方が命を的にかけて戦い、私達現役世代に引き継いでくださったものです。

私達現役世代もまた、命がけでこれを守り、次の世代に引き継いでいくことが、悠久の大義に生きる偉大な先輩方の供養であると考えます。

再び国の危機があれば、偉大な先輩方の後に続いて戦う覚悟をあらためてお誓い申し上げます。