地元の祭り

この週末、平成30年10月6,7日(土日)は、地元の郷町会の祭りがございました。

10月にしては珍しく30度を越す暑さとなり、日差しも強く、かなり酷い天候コンディションでありました。

DSC_0412

御霊入れが終わって、記念撮影ぱちり。

 

DSC_0415

北向稲荷の前で、お神輿もみもみ。

 

DSC_0416

北向稲荷に、代表者が礼拝。

 

DSC_0418

えっさ、えっさ。

 

 

私は、交通安全協会の一員として、交通整理を担いました。

体質的に紫外線に弱いため、この週末は日差しが極めて強い上に、規則上アイウェアも禁止なので、本当に疲弊しました。
明けて翌日の今日も、一日中ぐったりしていました。
今朝は8時半に集まって片付けの予定だったのですが、12時間以上泥のように眠り続けた後であるにもかかわらず、身体が起きることを拒否して、起きられませんでした。
寿命が数年間縮まったのではないかというくらい疲れました。
ウルトラマラソン走ってる方が遥かに楽ですね。
本当に疲れました。

関係者の皆様、お疲れ様でした。
ゆっくり休んでください。


町会祭りなど

先週は、春日町会の納涼祭がありました。

あまりにも暑くてたまらず、写真は取りそこねました。

 

この週末は、関東地方から関西・中国地方に抜けていくという珍しい台風が、関東地方にも接近し、土曜日は暴風雨が吹き荒れましたが、日・月曜にて、郷町会の納涼祭が開かれております。

 

DSC_0238

昨日、午前中の、炎天下の設営の様子。

 

DSC_0241

今年初めての試み、荻野目洋子のダンシング・ヒーロー音頭。

例の大阪登美丘高校ダンス部のバブリーダンス以来、全国のナウなヤングの間で流行っているそうです。

 


郷納涼祭がございました。

先の週末、2017年7月30-31日(日月)、郷南公園におきまして、郷町会の納涼祭(盆踊り)がございました。

本来ならば、土日の予定だったのですが、土曜日の夕方から激しい雨が降り出したため、日月に開催されました。

201707_郷町会納涼祭の準備

土曜日の朝、準備の様子。
櫓の設置と電気設備は外注しています。

 

今年は、お隣りの春日町会納涼祭と1週違いとなり、更に戸田橋花火大会とも1週違いとなったため、例年よりちびっ子が多かったような気がします。

201707_郷町会納涼祭

関係者の皆様、お疲れ様でした。


町会桜祭りがございました。

昨日2017年4月2日(日)、とても暖かく、ポカポカ陽気の下、地元蕨市錦町の郷町会と春日町会の桜まつり(花見)がございました。

DSC_0575

郷南公園にて。

今年は、ちびっ子たちが例年よりも多い印象です。

DSC_0576

春日公園(春日神社)にて。

セミプロ(?)の方々のバンド演奏。

DSC_0577

肝心の咲き具合は、まだ3~4分咲きといったところでしょうか。
身体を動かしていれば長T1枚で過ごせるくらいの陽気ですが、ちょっと風が吹くと、やはりまだ肌寒く感じます。

関係者の皆様、お疲れ様でした。


西公民館の西ふれあい祭り

先の週末、2016年10月1,2日(土日)、西公民館におきまして、生涯学習フェスティボー 西ふれあい祭りがございました。

DSC_1616

編み物や人形などの手芸の展示。

DSC_1617

習字や書画の展示。

水墨画はなかなか素晴らしい感じでした。

スタンプラリーのスタンプ集めがてら、一通り全ての展示を拝見し、たいへん感服致しました。

関係者の皆様、お疲れ様でした。

 

 


アンニョンフェスタ2015

2015年10月31日(日)、大宮にある埼玉朝鮮初中級学校において、オモニ会主催ハッキョバザー「アンニョンフェスタ2015」が行われましたので、見学して参りました。

この学校には、蕨市からも11人(平成26年度決算ベース)の園児、生徒が通学しています。
初めて訪問しましたが、大宮駅から2.6kmありますので、歩くには結構遠いですね。

オモニ会というのはお母さんの会、すなわちPTAのような団体だと思います。

DSC_1300.jpg   

校庭にイスとテーブルが並べられ、家族で、あるいはパパ友、ママ友同士でにぎやか。

生徒・児童メインの文化祭、学園祭ではないので、お酒も売っており、楽しい雰囲気でした。

 

DSC_1297.jpg

仮設ステージではテコンドーの演舞や民族楽器の演奏など。

DSC_1298.jpg 

日頃の練習の成果に、みんな見入っています。

DSC_1299.jpg 

学校の校舎。昇降口。

 DSC_1296.jpg
オモニたちがバザーや様々な食物の出店をやっており、牛肉スープと焼き肉をいただきました。

すごく親密で、和やかで、楽しげな雰囲気でした。

看板やメニュー表の類は、ほとんどが日本語で、会場アナウンスや、会場に来ている皆様の会話も、ほとんどが韓国語混じりの日本語メインだったようです。