能登半島地震被災地訪問(5) 珠洲市

珠洲市内へ。

 

珠洲といえば、ミドル距離の珠洲トライアスロンに2回出たことがあります。

ランのエイドに置いてあるスイカが甘くて絶品でした。

暑かったけど、楽しい大会でした。
レースそのものよりも、フィニッシュ後に眠気と戦いながらクルマを延々と運転して帰るのが何より辛かったことが思い出されます。

 

 

202405 能登半島地震被災地 珠洲

傾き、あさっての方向を向いたままの信号機。

 

 

202405 能登半島地震被災地 珠洲

市内の建物倒壊率は、七尾市や輪島市よりも高いように感じました。

 

 

202405 能登半島地震被災地 珠洲

この街も、ぎりぎりクルマが通れる程度の幅を残して道路上からガレキを除けただけで、ガレキ撤去作業はほとんど進んでいません。

 

 

202405 能登半島地震被災地 珠洲

古い家屋が多く、ほとんどすべての家が多かれ少なかれ被災しているように見えます。

 

 

半島内の各市中心部を回りましたが、どこも復興どころか、ガレキの撤去作業がほとんど進んでいません。

重機やダンプカーなどの姿すら見かけませんので、作業が進んでいる様子もありません。

 

 

202405 能登半島地震被災地 珠洲

30cmほども隆起したマンホール。

 

 

202405 能登半島地震被災地 見附島(軍艦島)

見附島(軍艦島)。

珠洲トライアスロンのラン折り返し地点がここでした。

もはや軍艦のような威容ではなくなり、ただの島になってしまいました。

 

 

(能登半島地震被災地の写真レポートは、このエントリで終わり)

あらためて、被災した方々には心よりお見舞い申し上げます。

能登半島地震被災地訪問(1) 七尾市・和倉温泉

能登半島地震被災地訪問(2) 半島の西部–志賀町・輪島市

能登半島地震被災地訪問(3) 輪島市中心部

能登半島地震被災地訪問(4) 多数の飼い猫が行方不明に


能登半島地震被災地訪問(4) 多数の飼い猫が行方不明に

輪島市中心部では、地震・火災の際に逃げ出してしまい、そのまま行方が分からなくなった飼い猫を探す貼り紙が多数掲示してありました。

 

202405 能登半島地震被災地 輪島

 

202405 能登半島地震被災地 輪島

 

202405 能登半島地震被災地 輪島

 

202405 能登半島地震被災地 輪島

 

災害時に犬猫は行方不明になりやすいのです。

どこかで捕獲・保護されたとしても、誰が飼い主か分からなければ、飼い主の元に戻せないこともあります。

室内で飼っていた犬猫ならば、首輪をしていないことも多いでしょう。

 

 

このような際に、飼い主を探すのに有用なのが、犬猫のマイクロチップ情報登録です。

動物愛護管理法により、ペットショップ・ブリーダーにより新規に販売される犬猫へのマイクロチップ装着は2023年に義務化されております。

しかしながら、義務化される前に販売された犬猫や、個人間で譲渡された犬猫は、マイクロチップ装着していない犬猫も多数おります。

 

 

犬猫をお飼いの皆様で、マイクロチップ装着をしていない方々には、災害対策として、是非とも速やかにマイクロチップ装着なさることをお勧め致します。

本年、県議会 令和6年(2024年)2月定例会の予算特別委員会でも、県による犬猫マイクロチップ装着の啓発活動強化を訴えたところです。

 

(続く)

能登半島地震被災地訪問(1) 七尾市・和倉温泉

能登半島地震被災地訪問(2) 半島の西部–志賀町・輪島市

能登半島地震被災地訪問(3) 輪島市中心部

 

能登半島地震被災地訪問(5) 珠洲市


能登半島地震被災地訪問(3) 輪島市中心部

輪島市中心部へ。

 

202405 能登半島地震被災地 輪島

道の駅に隣接して設けられた仮設住宅。

バリアフリー構造になっています。

 

 

市内では、ドラッグストア、ガソリンスタンド、スーパーなどは平常通りの営業を行っております。

多数のパトカーがパトロールしていました。
全国各地から対口支援が入っており、たまたますれ違ったパトカーは、鹿児島県警のパトカーでした。

 

 

202405 能登半島地震被災地 輪島

多くの建物が傾いています。

 

 

202405 能登半島地震被災地 輪島

斜めに傾いた電柱。

 

 

202405 能登半島地震被災地 輪島

倒壊した建物の比率は、七尾市中心部より多く感じます。

 

 

202405 能登半島地震被災地 輪島

ぺちゃんこに倒壊し、ガレキが道路にまではみ出ていますが、撤去されずにそのままになっています。

 

 

202405 能登半島地震被災地 輪島

輪島塗の五島屋本社ビル。

1973年築、7階建て、RC造。

 

 

202405 能登半島地震被災地 輪島

基礎部分がすっぽ抜けるような形で倒壊しています。

基礎の鉄筋類が見当たりません。

 

建築工学的にはこのような倒れ方は考えられないようで、まだ倒壊のメカニズムについて調査研究中のようです。

 

 

202405 能登半島地震被災地 輪島

大規模な火災が発生した朝市地区へ。

 

 

202405 能登半島地震被災地 輪島

まだ少し焦げ臭さが漂います。

 

 

202405 能登半島地震被災地 輪島

不思議なことに、電柱と電線は残ってます。

 

 

202405 能登半島地震被災地 輪島

自動販売機が横倒しになっています。

 

 

202405 能登半島地震被災地 輪島

空き地は雑草が繁茂していました。

 

 

202405 能登半島地震被災地 輪島

空調設備の室外機。

 

 

202405 能登半島地震被災地 輪島

ガレキは雨ざらしのため、赤錆だらけになっています。

 

 

202405 能登半島地震被災地 輪島

 

 

202405 能登半島地震被災地 輪島

 

 

202405 能登半島地震被災地 輪島

 

 

202405 能登半島地震被災地 輪島

 

 

202405 能登半島地震被災地 輪島

 

 

202405 能登半島地震被災地 輪島

 

 

202405 能登半島地震被災地 輪島

なんともショッキングな光景が一面に広がっていました。

 

重機が入ってガレキ撤去作業をしている建物が一箇所だけありましたが、ガレキはほとんど手つかずでそのままになっています。

 

復興支援のために、輪島塗のお椀でも買って帰ろうかと考えていたのですが、開いているお土産屋は一軒もありませんでした。

 

(続く)

能登半島地震被災地訪問(1) 七尾市・和倉温泉

能登半島地震被災地訪問(2) 半島の西部–志賀町・輪島市

 

能登半島地震被災地訪問(4) 多数の飼い猫が行方不明に

能登半島地震被災地訪問(5) 珠洲市


能登半島地震被災地訪問(2) 半島の西部–志賀町・輪島市

能登半島の西岸の海沿いを、羽咋市 → 志賀町 → 輪島市と北上しました。

 

202405 能登半島地震被災地

観光名所である巌門

かつては波の侵食によって岩がくり抜かれ、門のようになっていたようですが、すっかり崩れて埋まってしまいました。

ここを訪れる観光客を目当てにした土産物屋や飲食店があり、遊覧船も運航されていたようです。

 

 

202405 能登半島地震被災地

巌門の近くの道路。

ひび割れた箇所に赤いスプレーで印がつけてあります。

 

 

202405 能登半島地震被災地

幹線道路沿いの土砂崩れ箇所の工事現場。

このような工事は、あちこちで見かけました。

 

 

202405 能登半島地震被災地

能登半島全域に渡り、黒光りした重厚な瓦屋根を用いた家屋がたくさんありました。

やはり重いものと思います。

地震には弱いでしょうね。

 

瓦屋根の一部が壊れ、ブルーシートをかぶせて応急措置を施している家屋は、無数にありました。

 

202405 能登半島地震被災地

ちょっとした観光名所のトトロ岩

かつては、写真右側にも耳のような部分がついており、左右対称で、トトロのような形だったそうですが、崩れました。

 

 

202405 能登半島地震被災地

海沿いの幹線道路。

道路に段差ができたり割れたりした箇所は、簡易舗装によって応急措置が施されています。

あくまでも簡易な措置であり、ついうっかりスピードを出したまま乗りかかってしまうと、衝撃で突き上げられてしまうことになります。

 

 

202405 能登半島地震被災地

地盤隆起により、テトラポットの内側の浜辺が干上がっています。

テトラポットの白色の下半分は、かつては海水面下にあったものと思います。

 

 

202405 能登半島地震被災地

黒島漁港

小さな漁港です。

地盤隆起により、堤防の内側の港がすっかり干上がってしまいました。

もはや港としては使い物になりません。

 

 

202405 能登半島地震被災地

黒島地区

かつては、天領として、北前船の海運業で栄えた集落です。

伝統的な家屋が保存されています。

黒光りする重厚な瓦屋根、横板の壁面が特徴です。

 

 

202405 能登半島地震被災地

かなりの数の家屋が倒壊し、倒壊したままになっています。

 

 

202405 能登半島地震被災地

倒壊していない家屋も、傾いたり、何らかの被害を受けたところが多いようです。

 

 

202405 能登半島地震被災地

集落の鎮守の杜である、黒島 若宮八幡神社。

鳥居が倒壊しています。

 

 

202405 能登半島地震被災地

江戸時代の古い町並みが保存されており、集落内にはクルマが通れないような細い路地が縦横に走っていますが、この写真のように通れなくなっている箇所も多数あります。

 

202405 能登半島地震被災地

鹿磯(かいそ)漁港

ここは規模の大きな漁港です。

ここは最大で4m地盤隆起しました。

 

 

202405 能登半島地震被災地

漁船が港内に転覆したまま放置されています。

 

 

202405 能登半島地震被災地

干上がってはいませんが、地盤が露出しており、港として使用できる状態ではありません。

 

黒島漁港と鹿磯漁港は、3月に、天皇皇后両陛下が行幸啓されお見舞い賜りました。

 

続いて海沿いの道を北上しようとしましたが、まだ一般車通行止め(災害支援関係者、居住者のみ通行可)の箇所が多く、内陸の道路を通って輪島市中心部へ向かいます。

(続く)

能登半島地震被災地訪問(1) 七尾市・和倉温泉

 

能登半島地震被災地訪問(3) 輪島市中心部

能登半島地震被災地訪問(4) 多数の飼い猫が行方不明に

能登半島地震被災地訪問(5) 珠洲市


能登半島地震被災地訪問(1) 七尾市・和倉温泉

まず初めに、能登半島地震において被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

 

 

先週、令和6年(2024年)5月29-31日、能登半島地震の被災地を一通り視察してきました。

幾つかのエントリに分けて写真レポートします。

 

 

七尾市中心部

関越道、上信越道、北陸道と、延々とクルマを運転して、七尾市へ。

 

七尾市は、埼玉県が対口支援を行っている自治体です。

対口支援とは、被災地の市町村ごとに、支援する側の自治体を、割り当てて決めてしまって、中央で管理するのではなく直接やり取りすることによって、双方にとって効率の良い支援体制を作っていこうという考え方です。

発災直後から、今日に至るまで、埼玉県・県内市町村の職員、埼玉県警の警察官が派遣されて支援を行っています。

 

市内では、さいたま市のワゴン車を見かけました。

 

 

コンビニ、ガソリンスタンドなどは普段通りの営業体制に既に戻っているようでした。

 

 

202405 能登半島地震被災地 七尾

能登半島全域が、市内中心地といえども過疎化が進んでいるエリアなので、そもそも地震とは関係なく空き家であり倒壊しかけた廃屋だったのか、地震によって破壊・倒壊したのか、判別しにくいです。

 

 

202405 能登半島地震被災地 七尾

入口がベニヤ板で塞がれている商店。

 

この店は、(公社)七尾市シルバー人材センターが経営しているショップだったようで、googleストリートビュを見ると、2023年9月の最新画像では、営業していたお店であることが分かります。

 

 

202405 能登半島地震被災地 七尾

その隣りのこの物件は、2023年9月時点の画像では、既に「売物件」の看板が掲示されていました。

震災の影響で廃業したわけではないようです。

タイル舗装の道路と、建物の土台の継ぎ目の部分が、ズレて割れてしまっています。

 

 

202405 能登半島地震被災地 七尾

板塀が傾いています。

 

 

202405 能登半島地震被災地 七尾

ぺちゃんこに倒壊した家屋。

クルマが下敷きになってしまっています。

ガレキは道路にはみ出ていますが、撤去されずにそのままになっています。
道路は、クルマが通れないように塞がれていますが、通行人は普通に通ることができます。

今後、大きな余震があれば、さらに崩れる可能性もあり、通行人にとっては危険な状態です。
しかしながら、能登半島全域に倒壊した建物は、依然として多数あり、ガレキの撤去がほとんど進んでいない中で、いちいち通行人の通行規制までやっていられない、といったところでしょう。

 

 

202405 能登半島地震被災地 七尾

民家の土塀が倒れていました。

 

 

和倉温泉

和倉温泉は、高級旅館中心の温泉街で、かなりきれいな街並みでした。

202405 能登半島地震被災地 和倉温泉

総湯。

この北陸地域の温泉街では、中心に「総湯」という名の公衆温泉浴場が設けられています。

タイル舗装の一部が剥がれていました。

平常通り営業していました。

 

 

202405 能登半島地震被災地 和倉温泉

高級旅館の加賀屋。

前面道路の一部が陥没しており、水たまりになっていました。

 

加賀屋に限らず、和倉温泉の高級旅館の建物は、一見すると何の被害もないようですが、全面的にダメージを受けたようで、今は平常通りの営業はしていません。

又聞きの情報ですが、食事の提供などは行わず、インフラ系・建設土木系の技士・作業員の滞在用宿舎として提供されている旅館もあるようです。

 

 

202405 能登半島地震被災地 和倉温泉

加賀屋の入口。

 

 

202405 能登半島地震被災地 和倉温泉

グレーチングがひん曲がっています。

地震によってかなり大きな力が加わったことが分かります。

 

 

202405 能登半島地震被災地 和倉温泉

加賀屋のメイン棟。

写真を拡大してみると、壁面に x字に亀裂が入っていることが分かります。

駆体全体に渡って、構造的な大きな力が加わっています。

 

 

202405 能登半島地震被災地 和倉温泉

対岸に見えるのは、能登島。

和倉温泉が面している海は、穏やかな内海であり、潮位差もそれほど大きくないようです。

堤防はまったく設けられておらず、海沿いの際に建物が建てられています。

 

こちらの北国新聞の記事によると、全面的に護岸が崩れているそうです。

建物の改修をするにしても建て替えるにしても、いずれにしても、まずは護岸の改修が先だ、といったところですが、護岸改修のメドは立っていないとのことです。

 

(続く)

能登半島地震被災地訪問(2) 半島の西部–志賀町・輪島市

能登半島地震被災地訪問(3) 輪島市中心部

能登半島地震被災地訪問(4) 多数の飼い猫が行方不明に

能登半島地震被災地訪問(5) 珠洲市


郷町会の防災訓練

昨日、令和6年(2024年)5月19日、郷南公園におきまして、郷町会の防災訓練がございました。

コロナ禍においては開催できなかったので、たしか5年ぶりでしょうか。

 

久しぶりであり、さらに天気も悪くなかったにも関わらず、参加者数は以前より少なかったように感じました。

 

20240519 郷町会防災訓練

開会式にてご挨拶させていただきました。

 

20240519 郷町会防災訓練

練習用消火器を用いての消火訓練。

 

20240519 郷町会防災訓練

AED使い方訓練。

 

心肺停止から脳死に至るまでの時間は、4分間。

119番通報から救急車の現場到着までの時間は、8分間(全国平均)。

 

消防車が駆けつけるまでの間の、その場にいる人達による救急救命活動が、心肺停止をした人の脳死の有無を左右します。

決して他人事だと思うことなく、すべての人がAEDを迷いなく操作できるようにしたいものです。

 

蕨市消防本部、消防団第4分団の皆様、ありがとうございました。
町会関係者の皆様、お疲れ様でした。


二中にて避難所運営訓練

本日、令和6年(2024年)2月17日(土)、蕨二中にて、避難所運営訓練がございました。

PXL_20240217_003215214

参加者は、

北町3丁目上町町会、水深町会、春日町会、郷町会の住人、蕨市の各職員、二中の教員、蕨市防災士会等でした。

会場は、主に二中の体育館にて、行われました。

まだ2月半ばですが、ここ数日、暖かい日が続いており、今日も天気良く、それほど冷え込まなかったのは幸いでした。

PXL_20240217_002552615

校舎内の備蓄倉庫。

ここから物資、資材を体育館に運びました。

 

二中校舎内の備蓄倉庫は、建物の1階の、いわゆる有休教室が用いられています。

 

水害に備えるならば、備蓄倉庫は2階上の上層階に設置した方がいいのではないか? というご意見があります。

たしかに、1階であれば、水害の場合は浸水リスクがあります。しかしながら、震災の場合は浸水することはあり得ず、1階の方が、モノの出し入れはしやすくて便利です。
学校の都合もあります。
地震は予測が難しく、突然やってくるものであるのに対して、水害の場合は数日前から大雨の予測をしてモノを上層階に退避しておくことも可能です。

つまり、備蓄倉庫を1階に設けるか、2階以上の上層階に設けるかは、一長一短です。

 

PXL_20240217_002716470

この倉庫に配備した物資・資材のリスト。

 

PXL_20240217_011618060

ブルーシートで居住エリアを設置し、屋内用テント(写真で右奥の白いテント)を設置したところ。

屋内用テントは、コロナ禍を経て、感染症対策の観点から急速に災害備蓄品として普及が進んだものです。

目隠しとなり、プライバシを守ることも出来ます。

従来は、ダンボールで各家庭ごとの区切りを設けるだけでしたが、この屋内用テントを設けることで、避難生活のQOLは向上します。

 

 

手前のグレーと緑色の縦長のテントは、レジャー用の簡易なもの。

この中に、災害用簡易トイレを設置します。

 

PXL_20240217_013152069

災害用簡易トイレを設置する。

車イスの人でも使えるように、手すりがついています。

 

PXL_20240217_011848360

こちらも、別の種類の災害用簡易トイレ。

 

トイレは我慢できるものではなく、避難生活の中で、一番最初に必要になるものです。

災害の種類・規模によって、下水道が生きていれば、避難所建物内の常設トイレを使うことが可能です。

しかしながら、下水道が破壊あるいは水没していて、常設トイレが使えない場合は、まず最初に災害用簡易トイレを設置することが必要です。

 

この度の能登半島地震において、「トイレの排泄物の臭いが居住エリアにまで漂ってきてたまらない、という避難所がある。トイレで排泄するのを我慢している人まで出てきている」という報道を目にしました。

これらの報道だけからでは詳しい状況は分からないのですが、蕨市の避難所であれば、どのような種類・規模の災害であったとしてもあり得ない状況です。

本来、避難所を開設したら、一番最初に行うのが、トイレの設置・確保のはずです。

そこでは、排泄物の処理セットもしっかりと備えられているはずで、そこまで酷い排泄物の悪臭に悩むことは無いはずです。

 

上記報道の中の、トイレの悪臭に悩む能登半島地震の避難所では、災害用簡易トイレが備蓄されていなかったのでしょうか? 下水道が破壊され、建物内の常設トイレが使えない状態であるにも関わらず、無理やり排泄したために排泄物が流れずに山盛りになっている状態なのでしょうか?

現地の避難者の方々・自治体を非難するつもりはもちろん無いのですが、経緯と理由については、今後の新たな災害対策に活用するためにも、災害対応が一通り落ち着いた以降の段階で、知りたいところです。

R60217第二中学校避難所運営訓練 (1)

厳しい表情で見回る私。