蕨市 平成30年度決算(2) 朝鮮学校への間接的補助金がゼロに

今回の決算で、個人的に最も喜ばしいのはこれ。

 

私は従来より、北朝鮮による拉致被害者の身柄を取り戻すため、北朝鮮による核・ミサイル開発を放棄させるために、蕨市における、朝鮮学校への間接的な補助金「外国人園児・児童生徒保護者補助金」の廃止を求めておりました。

この一見すると、全ての外国人の子供の親を対象としたかのような名前の補助金制度は、事実上、大宮にある朝鮮学校にに通う子供の親だけを対象としたものであり、間接的な朝鮮学校への補助金にほかなりません。

朝鮮学校は、我が国の北朝鮮の出先機関である朝鮮総連の傘下にある以上、北朝鮮にお金を上げるものである、と見なすことができます。

まったく意味が分からないですね。

私は、経緯も根拠も不明で、我が国の国益に反する、極めて邪悪な補助金制度であるとして、議会でも度々取り上げて問題視し、廃止を求めてきております。

↑ こちらが、2012年3月、平成24年度(2012年度)予算審査の時の、会派内部での検討用に私が作った資料です。

この時は、会派内部では賛成は得られませんでした。

在日の人たちもかわいそうだしね・・・という、問題の本質を理解していない意見もあれば、そちら方面の集団による恫喝的・暴力的な反対運動を予想してビビってしまっているような方もいました。

 

あの時から7年半経ちましたが、我が国の世論はかなり変わりました。

拉致問題への関心も高まり、何としても拉致被害者の身柄を奪回しよう!という機運も高まっておりますし、同様に、北朝鮮による核・ミサイル開発が進み、同盟国や国際社会と協力して、北朝鮮への圧力を強めていこう、という機運も高まっています

他方で、朝鮮総連の力(資金力や、人的リソースの動員力、我が国の政界や世論への影響力)も衰えているものと推測します。

 

平成29年度決算:28万8千円

DSC_0658DSC_0659

28万8千円でした。

学年によって金額が異なり、生徒数も変わるため、毎年金額は変動します。

 

 

平成30年度予算:28万8千円

DSC_0660DSC_0661

そして、平成30年度予算、すなわち、今回、審査している年度の予算では、前年度決算額と同じく、28万8千円が計上されていました。

 

 

平成30年度決算:0円

DSC_0662DSC_0663

今回審査している、平成30年度決算。

ゼロになっています!

 

しかし、「予算は計上されながら決算がゼロ」というのは、どういうことなのか?

・保護者側からの申請がなかったので、ゼロだったのか、
・保護者側からの申請があったものの、却下して執行しなかったのか、

ここまでは、この決算書類からは分かりません。

 

明日から始まる決算委員会で、誰かが聞くと思います。
(私は、副議長として出席しますが、質疑・発言することはできません)

 

 

今年度、平成31年度予算では、:28万8千円

DSC_0664DSC_0665

ところで、今年度(平成31年度、令和元年度)予算ではどうなっているのか?

実は、28万8千円が計上されております。

 

つまり、まだ廃止されたわけではないのです。

 

来年度(令和2年度)予算においては廃止を求めます。

 

 

BLOGOS 2019/8/31 赤池誠章 : 朝鮮学校への地方からの支援見直し 4千万円減もいまだ2億円超を支援

ところで、平成30年度決算における、全国の都道府県、市町村からの朝鮮学校への間接的補助金については、↑こちらの記事がまとまって解説してあります。

 

 

 

過去に北朝鮮による拉致問題について書いた記事

北朝鮮による日本人拉致被害者救出活動を進めることの難しさ

拉致被害者家族会 飯塚繁雄氏の講演会がございました。

拉致問題を考える埼玉県民の集いに行ってきました。

北朝鮮が日本人拉致問題の全面的な再調査を受け入れ

国連調査委による、北朝鮮の拉致問題に関する最終報告

北朝鮮による横田めぐみさん拉致被害現場

米朝首脳会談と共同声明を受けて

朝鮮学校保護者補助金を、朝鮮総連が吸い上げている?

特定失踪者問題調査会の現地調査(池袋-川口)に参加しました。

 


蕨市 平成30年度決算(1) 借金の残高はどれくらい?

ということで、ただ今、開かれている蕨市議会 令和元年(2019年)9月定例会において、平成30年度(今年の3月までの1年間)の決算の審査を行うわけですが、幾つかピックアップしてご紹介します。

為念、重要な順に取り上げるわけではありません。
思いつくままに、てきとうにトピックスを選んでご紹介するものです。

 

 

蕨市の借金はどのくらい?

とよく聞かれます。

 

「借金はどのくらい?」って、借金の定義は何かっ!?と聞き返したくなってしまいたくなるのですが、まあ、借金にもいろいろあります。

 

 

市の会計の内訳

市の会計には、

・一般会計
・特別会計(国保、下水道、錦町区画整理、介護保険など6種類)
・水道事業会計(下水道ではなく、上水道ですね)
・市立病院事業会計
・土地開発公社の会計(バブル期に土地を買うために作った資産管理会社)

があります。

それぞれ別モノです。
「連結決算」という考え方はありません。

 

近隣市との共同事業である、以下の2つの一部事務組合を、仮想的な連結対象の関連会社とみなすこともできると思いますが、今回は、そこまで計算しません。

・蕨戸田衛生センター組合(出資比率50%)の会計
・戸田競艇企業団(出資比率25%)の会計

 

 

一般会計の借金

DSC_0657

↑字が小さいけど、
平成30年度末は、156億ですね。

 

156億!
そんなに!ひえー!
と思う方もいるかもしれませんが、

平成30年度 一般会計 決算の総額は、
歳入 247億
歳出 231億
です。

156億などという金額は、全然たいしたものではありません。

 

また、国の借金や、市町村の借金を、家計とのアナロジーで、「一人当たりいくら」とか「一世帯当たりいくら」と置き換えて比較する記事がありますが、これは全く意味がありません。
意味がないどころか、誤解を招くという点で有害であるとすら言えます。

個人は、一生のライフサイクルがあり、いずれ仕事をリタイアして収入がゼロになり、やがて死に至ります。
従って、家計は、最終的に精算してクローズしなくてはなりません。子供に借金を相続させないためには、自分の代で全て返済しなくてはなりません。自らの葬儀費用をこっそり貯金している方もいると思います。

これに対して、国や市町村は、原則として永続します。
いずれ歳入がゼロになる、ということはないし、借金を返済し尽くさなくてはならない、というものでもないのです。

 

なお、臨時財政対策債というものがあり、本来は国の借金なのですが、便宜上、地方自治体が肩代わりして借金しているものです。なぜこんな仕組みが存在するのか、未だに私はよく理解できないのですが、とにかく、そういう制度があり、利子・元金の返済額の全額が、後に国から地方交付税交付金という形で支払われることになっています。

このうち、上記で述べた、臨時財政対策債(国の借金を、便宜上、肩代わりして市が借りているもの)は、本来は、市の借金ではないので、除外して計算するべきところです。
決算書類からは、平成30年度末の残高は不明ですが、29年度末で、125億4千万でした。30年度末は、おそらく増えていると思います。
(明後日から始まる決算委員会で、誰かが聞くでしょう)

 

仮に臨財債の残高が126億として、純粋な借金総額は、156-126=30億といったところでしょうか。

あれ?たったの30億?
こんなに少ないかな・・・私、どこかで計算間違えてますでしょうか?
間違えていたら、ご指摘ください。

 

 

平成30年度に新たに借り入れたお金の、借入利率

DSC_0656

マイナス金利の時代ですので、激低です。

償還期間(返済期間)10年で、0.004%です。
これは、変動金利ではなく、固定金利です。

上の表の中では、橋梁改修事業債(古くなった橋の補修工事に使ったお金)だけが、都銀から借りていて、利率0.119%になっていますが、これは理由は不明です。銀行とのお付き合いのために敢えて高金利(笑)で借りたのですかね?

 

 

では、一般会計以外も含めた全ての借金は?

負債

ざっくりまとめたものですが、一般会計、特別会計に加えて、水道事業・市立病院事業・土地開発公社の固定負債を入れて(流動負債は入れずに)、300億といったところですね。

(転記ミスがあったらご容赦を)

上記で述べた臨財債の分を除けば、300-126=174億ですね。

 

 

 

では、市の資産は?

貯金、その他の資産はどのくらいあるのかな?

資産

まず、基金というものがあり、これは、目的の決まった貯金箱のようなものです。63億あります。

固定資産は、時価で管理していないので、まったく時価は分かりません。それどころか、実は、土地・建物は簿価すら分かりませんw

土地が、48万平米。
建物が、延べ面積で14万平米。
クルマが、53台。この中には、100万円未満の軽自動車もあれば、数千万円もした消防車・救急車もあり、最高額のものは消防梯子車で1億4千600万円でした。(簿価、すなわち新車で買った時の金額)
有価証券・出資金(簿価で)、奨学金などの貸付金の債権が、合わせて0.6億です。

 

もちろん、土地、建物、クルマなどは行政サービスを提供し続けていく上で必要だから保有しているものがほとんどで、これらは売ることはできませんから、このような計算をすることには意味がない、という考え方もあります。
(行政当局は絶対に認めませんが、遊休資産も少なからずありますけどねw)

 

机上の空論ですが、ざっくり、土地だけ時価を計算してみると、
48万平米=145,150坪
(厳密に言うと、信濃山荘などの市外の土地も入っているので、あくまでざっくり計算ということで)

リクルート suumo : 蕨市(埼玉県)の土地価格相場情報
によると、坪単価113.1万円 ということになっています。

この数字で計算したら、
145,150坪 × 113.1万円 = 1,642億円
ですね。

 

無理矢理に蕨市の解散価値を計算するのであれば、これらの資産を全て時価で数え上げて、借金総額を引けばいいでしょう。


【蕨市議会】令和元年9月定例会が始まりました。

先週、令和元年(2019年)8月30日(金)から、1ヶ月間に及ぶ、蕨市議会の9月定例会がスタートしております。

定例議会は、3,6,9,12月と、1年に4回あります。
そのうち、9月定例議会は、前年度(その年の3月までの年度)の決算認定を行うことが中心となります。

DSC_0655

このような、合計で数百ページに及ぶ決算書類が配られており、読み込んでいるところです。

 

一般的に、地方議会では(おそらく国会でも)、決算より予算が重視され、時間をかけて丁寧に議論されます。

予算が、これから1年間のお金の使い方を決めるものであるのに対して、決算は、既に終わってしまった過去のことであり、気に入らないからと言って、既に過去に使ったお金を元に戻すことはできないし、適切に使われたのか、不正が行われていないかどうかをチェックする程度の意味しかない、からです。もちろん、チェックすることは大切なのですが、不適切・不正にお金が使わることなどまずありません。

また、地方の場合は、国とは異なり、自分たちで歳入をいじれる余地はほとんどありません。市民税の税率を勝手に上げたり下げたりできないし、公共施設の利用料を変更したり、稼働率を挙げる努力をするにしても限界があります。

畢竟、予算審議においても決算認定においても、歳入よりも歳出に、より時間と労力をかけることとなります。

 

 

この点が、企業の財務会計における、予算・決算についての考え方と違うところです。

一般的に、上場企業の財務会計であれば、予算の数字は、細かく計算して積み上げて作るというよりも、「えいやっ!」で作ることが多いものです。
決算で、どれだけ売上・利益を叩き出したか、という点が重視されます。
その際、リストラフェーズではなく、成長トレンドに乗っている限りにおいては、細かい費用が問題視されることもないと思います。

 

 

ということで、少しずつ、決算書類の中の、注目ポイントを幾つかご紹介していきます。
目に止まったところをランダムに紹介していくものですので、以下のエントリでとあり上げるのは、重要な順番、というわけではありません。


蕨市議会 3期目の任期が始まりました。

令話元年(2019年)7月20日より、私の、蕨市議会議員としての3期目の任期がスタートしております。

7月24-26日には、主に議会人事を決める、7月臨時議会が開かれました。

 

私は、引き続き、副議長に就任致しました。

 

所属会派は、令政クラブです。

自民党系、保守系の会派であります。

 

 

この令政クラブという会派組織についてですが、

・従来の「新生会」が、「令政クラブ」に名称変更した。
とも言えるし、

・従来の「新生会」が解散して、新たに「令政クラブ」が結成された。
とも言えます。

 

 

そもそも一般論として、議会の会派というものは、何とも曖昧な性格を持つ部分があります。

対内的には、規約があり、会長を始めとする役職を置き、議会における採決においては会派拘束をかけるなどのルールの下で運営されるべきものです。

他方で、
対外的には、組織が成立するための明確な要件は無く、法人格もありません。自ら名乗りを上げれば会派とみなされるものでもあります。

 

新しい令政クラブのメンバは、

蕨市議会 市議会会派構成一覧

蕨市議会の議会の紹介と会議録検索システムを提供しています。

こちらの蕨市議会のwebサイトに掲載されている通り、
(以下、敬称略)

池上智康
前川やすえ
保谷武
古川歩
大石圭子
今井陽子

の6名であります。

従来の新生会に所属していて、本年3月1日の暴力事件(会派の内紛ではありません。私闘です)の当事者であり、今任期においても再選されている

三輪かずよし
小林利規

の2名は所属しておりません。この2名は無所属として活動しています。

 

このあたりの経緯については、別の機会に書くことにします。


蕨市議会 令和元年度6月定例会が開会

令和元年(2019年)6月19日(水)、蕨市議会の6月定例会が開会しました。

 

蕨市議会の定例議会は、3,6,9,12月の、年4回開かれています。
3月定例会で予算を決めたばかりなので、6月定例会は、通常はそれほどボリュームはありません。

また、6月2日に市議会議員選挙が行われ、新しい議員が決まったばかりですが、新任期は7月20日からとなります。
7月19日までは、旧任期の議員が務めておりますので、今定例会は、退任する議員の最後の議会ということになります。

 

2週間に渡り開かれる会期の初日に当たる開会日は、ほぼ筋書き通りのセレモニーのようなものですが、市長スピーチの中に、初出のインフォメーションが出てくることがあります。

今回は、市長が新任期の始まりに当たり(市長選・市議選は同日に行われましたが、任期はずれております)、以下を進めていくことが初めて表明されました。
(今回初めて出ててきた話だと思っておりますが、もしかしたら私が勘違いしている部分もあるかもしれません)

それぞれの項目は、行政当局がこれから着手します、計画します、という意味です。
お金が必要なものは、年度途中であれば補正予算、年度当初であれは当初予算として、予算案を通さないとなりませんし、条例改正が必要なものもありますので、議会での議決が必要です。

 

 

• 塚越に第3地域包括支援センタを作る
• 子ども医療費は、入院については18歳まで無償化する
• 学校体育館へのエアコン設置
• 商店街の街路灯電気代の補助率を100%に引き上げ
• 商店街の商店リニューアル助成制度創設

 

 

以下、それぞれ解説とコメントを。

 

 

  • 塚越に第3地域包括支援センタを作る

これは、私が所属している保守系・自民党系会派:新生会が要望していたものです。

市内には2箇所の地域包括支援センタがありますが、JR鉄道路線によって地理的に隔絶している塚越地区が空白エリアとなっており、この地域に設置する必要がありました。

平成29年4月議会での新生会議員の要望に対する行政当局の答弁は、

塚越地区での地域包括支援センター開設に向けての見通しについてでありますが、蕨市の各地域包括支援センターが担当する地区の面積は、近隣のさいたま市、川口市、戸田市と比較してもコンパクトであり、高齢者のお住まいの近くにいずれかの地域包括支援センターがあるという現状であります。
その上で地域包括支援センターの増設は、高齢者がセンターに訪れやすくなる一方、人的資源を分散しないほうが安定した組織運営ができるといったメリットがあり、このバランスが肝要であると考えております。

ということで、完全拒絶ではないものの、のらりくらりとしたゼロ回答でありましたので、大いに前進と評価します。

 

 

  • 子ども医療費は、入院については18歳まで無償化する

子ども医療費の無償化は、一種の流行りです。
子育てを、社会全体で支援していこうという観点からの政策です。
その自治体としては、「子育てに力を入れてます!」とアピール出来るポイントになりますが、今となっては、多くの自治体が競って無償化の拡大を進めているために、他の自治体との差別化にはあまりなりません。

他方で、所得制限を設けず、高所得世帯の子どもに対しても一律に無償化することについては、資源の再配分という観点から批判の声もあります。
要するに、「年収1億あるような家庭の子どもの医療費を無償化する必要はないんじゃないの?」ということです。

また、無料だからと不必要に診察を受けたり、過剰に医薬品を処方してもらうなどのモラルハザードが生じやすい、という問題もあります。

 

現状の蕨市では、子ども医療費は、中学卒業まで無償化しています。
無償化拡大は、日共が要望していたようです。いかにもリベラルや共産主義者が好きな政策であります。

 

私個人的には、小さな政府を志向し、このような個々の家庭への給付は一種のバラ撒きと捉えますので、好みではありません。
「子育てを社会全体で支援していく」という考え方には大いに賛成ですが、個々の家庭への給付ではなく、広義の(ハコモノという意味ではなく)子育てインフラ・環境、教育インフラ・環境の充実に資源を投じていくべきと考えます。

他方で、他の自治体との競争という観点からは、ウチの市だけがやらない、というわけにもいかないのが悩みどころです。
(ふるさと納税はくだらない制度ですが、税収の流出を座視するわけに行かず、ウチの市も返礼品競争に身を投じざるを得ない、というのと同じ状況です)

 

 

 

  • 学校体育館へのエアコン設置

学校体育館は、有事の避難所になりますので、エアコン設置が近年のトレンドとなりつつあります。

新生会が会派として要望していたことであり、私の本年2019年市議選の政策案にも掲げていた項目です。

導入は、大いに評価します。

従来の行政当局の考えは、
平成30年12月定例会における公明党議員の一般質問への答弁によると、

体育館につきましては、現状では空調設備は設置されておりませんが、暑い時期には換気に留意しつつ、必要に応じて大型扇風機を使用するなど、児童・生徒の体調管理に十分に配慮しながら活動しているところであります。
教育委員会といたしましては、児童・生徒の暑さ対策などには十分な配慮が必要だと認識しておりますので、体育館への空調設置につきましては、学校施設環境改善交付金の採択状況のほか、財源確保に関する情報収集に努めつつ、設置費などの費用面や他市の事例なども参考にしながら研究してまいりたいと考えております。

ということで、完全拒絶ではないものの、実質ゼロ回答という感じでしたので、前進しました。

 

 

 

  •  商店街の街路灯電気代の補助率を100%に引き上げ

現在は、補助率は2/3(LEDの場合)、1/2(従来灯の場合)です。
新生会所属議員が、全額補助を要望していました。

引き上げについては、評価します。

 

 

 

  • 商店街の商店リニューアル助成制度創設

詳細不明ですが、リアル店舗の改装工事に助成金を出すんですかね?

私個人的には、この種のよく分からないバラ撒きは好みではありません。
リアル店舗のリニューアルにお金を出すのであれば、ネット店舗(例えば、ECサイトとか)のリニューアルにお金を出さない理由はなんなのか?

市場から退出すべきプレーヤを延命させるだけになってしまわないのか?
ゾンビの延命に手を貸すことは、新興プレーヤの勃興を妨げることでしかなく、有害ではないのか?

まあ、商店街関連は、ちょっと大人の事情で詳しく触れるのはアレなのでこの辺で。


ほやたけし(保谷武)事務所開きが行われました。

先日、令和元年5月12日(日)、ほやたけし(保谷武)事務所開きが行われました。

ほやたけし(保谷武)は、来たる5月26日(日)告示、6月2日(日)投開票の蕨市議会議員選挙に3期目の立候補をする予定です。

尚、この事務所は、告示前は後援会事務所であり、告示後は選挙事務所となります。
既に土日休日も含めて毎日オープンしておりますので、この記事をお読みになった方は、一日一回はお立ち寄りください。

 

ほやたけし(保谷武)事務所

住所:蕨市錦町5-3-6 かじやビル1F
電話:048-443-7665

P5127288

御嶽山に神事を行っていただきました。

 

P5127296

玉串を奉奠致しました。

 

P5127330

須賀敬史県議会議員・自民党蕨支部長(左)にご出席いただき、ご挨拶を頂戴いたしました。

私(右)が珍しくも満面の笑顔ですが、残念なことにピンぼけ写真です。

 

P5127359

田中良生衆議院議員後援会連合会会長の鹿勇一郎様にご挨拶を頂戴致しました。

 

P5127369

蕨市議選と同日に行われる蕨市長選に立候補する予定の、鈴木直志さん(自民党推薦)も応援に駆けつけてくださいました。

何故か私はアヒル口です。

 

日差しの強い一日でしたが、多くのご支援者の皆様にお越しいただきまして、ありがとうございました。

 

 

また、この日の夕方は、蕨市民会館大ホールにおいて、満席となり更に立ち見も出るほどの大盛況(主催者発表)の下、鈴木直志 蕨市長選立候補予定者による決起集会が行われました。

DSC_0258


新生会からのお知らせ

議長の「暴力問題」巡り終日紛糾…蕨市議会 自民系会派で内紛、議長が辞職 未明まで本会議もつれ込む

蕨市議会は3月定例議会最終日の20日、小林利規議長(54)の「暴力問題」を巡り終日紛糾した。深夜に入り、小林議長が一身上の都合を理由に議長の辞職願を提出。翌21日未明にもつれ込んだ本会議で新しい議長…

埼玉新聞 2019年3月22日(金)朝刊
朝日新聞 2019年3月24日(日)朝刊 埼玉版
読売新聞 2019年3月27日(水)朝刊 埼玉版

(web版は、朝日、読売は掲載なし。埼玉新聞は、上記自社webサイト他、Yahoo!ニュースに転載されています。)

にて報道された件に付き、私が所属している蕨市議会の会派:新生会より、2019年4月13日付で以下の公式な声明が発表されました。


新生会からのお知らせ

新生会は、小林利規議員と三輪かずよし議員との間に生じたトラブルに関連して、4月8日(月)に臨時総会を開催いたしました。この問題は、新生会定例会の休憩中に別室で、小林議員と三輪議員との二人の間で発生したものであり、新聞報道には「会派内紛」等の見出しが掲載されておりましたが、会派内紛という事実は、まったく当てはまらず、会派会則にのっとって両議員の処分を、当事者を除く会派所属議員全員の総意で決めました。小林利規議員は3月定例議会最終日に市議会議長を辞職しましたが、会派の処分として今任期中謹慎・役職停止処分。三輪かずよし議員は3月末に新生会会長を辞職しましたが、戒告処分といたしました。

蕨市では、5月26日告示・6月2日投開票の市長・市議会議員同日選挙が予定されており、候補予定者等に与えたダメージは計り知れません。

この処分については、会派の品位を著しく汚す行為であり、会派の自浄作用を発揮すべく苦渋の決断をいたしました。

自らを厳しく律してきた新生会であるからこそ、こうした事態を招来したことを、市民の皆様に深くお詫び申し上げ、会派としての明白なけじめをつけなければならない、と考えた末の結論であります。


私見を述べることは、ここでは差し控えます。

ご質問、ご意見がありましたら、個別にご連絡ください。