昨日は東証が終日システムダウン

昨日、令和2年(2020年)10月1日は、終日、東証のシステム障害が発生し、終日、場が開かれませんでした。

東証売買停止 :日本経済新聞

東京証券取引所は10月1日、システム障害を受けて全銘柄の取引を終日取りやめました。売買が終日停止されるのは1999年の取引のシステム化以降初めてで、株価指数や投資信託などの金融商品への影響は避けられません。この問題に関する最新ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。 …

メインのマシンが、ハードウェア的に故障し、バックアップへのフェイルオーバがうまく行かなかったのが原因だとのことです。詳細不明ですが、お粗末と言えばお粗末です。

少なくとも、外部からの攻撃によるものではないことは、今公表されている情報の範囲では、確実のようです。

 

 

外部からの攻撃によるものである可能性は無し

異常な事態ではあります。

しかしながら、私のような、小遣い銭をしこしこ積み立てるようにして端株を運用している程度の市場参加者には、全く何の影響もありません。今日の日経平均は上げてますしね。

 

そうであるにも関わらず、かなりの緊張感をもって、昨日16:30からの東証の記者会見のweb中継を固唾を呑んで見ました。

 

自分でも、なんでこんなに緊張感を感じていたのか、その時はよく分からなかったのですが、よく考えてみたら、16:30からの記者会見で原因が明らかになるまでは、外部からの攻撃によるものである可能性が残されていたからですね。

 

 

戦争の定義が変わった

今回の事象で、つくづく感じ入ったことは、サイバー領域の拡大に伴い、戦争の定義がここ10年くらいで急激に変わったな、ということです。

戦争の定義は、国際法上と、軍事上と、更にいうと広義の政治上は異なるのですが、

今回の東証システムダウンの事象が、もし仮に、外国政府が意図をもって行ったものだとしたら(かつ、一日で復旧できないレベルの不可逆的な被害が生じるものだったとしたら)、これは、軍事的には、戦術レベルでの戦闘行為の一つとみなしうるのではあるまいか。

軍事的に戦闘行為とみなせるのであれば、自衛権の発動が正当化されます。

 

しかしながら、国際法的には、戦闘行為とみなすことは、おそらく難しいです。

 

そもそも、相手方が誰であるかを調べることも、相手方の意図を証明することも難しいし、時間がかかります。

 

 

かように考えると、国際法の議論が、軍事上のサイバー領域の拡大に追いついてきていない感じですね。

 

 

話はかわりますが、

歴史を勉強しているとつくづく感じるのですが、戦争の可能性というものは、意外と身近なところに存在していて、これを防ぐためには、あらゆるレイヤーで、不断の努力をし続けなければならないのだな、と思います。

強力な自衛力の保持こそが、戦争を防ぐことに繋がります。

我が国が、外国からの侵略を防ぐために精強な自衛隊を保持しているのと同じように、外部からの攻撃に対して強固な証券市場のシステムを保持することも、戦争を防ぐことに繋がります。


蕨市戦没者追悼式がございました。

本日2016年10月13日(木)、蕨市戦没者追悼式がございました。

20161013_蕨市戦没者追悼式

家族や故郷を守るため、祖国に命を捧げた偉大な先輩方に、感謝の誠を捧げました。

再び皇国興廃の危機があれば、悠久の大義に生きる先輩方の後に続いて戦い、一死君国に奉ずる覚悟を新たに致しました。


英国のEU離脱

先日の英国におけるEU残留か離脱かを求める国民投票において、英国がEUを離脱することが確実な状況になりました。

個人的には、まさか離脱派が勝つことはないだろう、と腹の中ではたかをくくっていたので、かなりびっくりです。

これが何を意味するかというと、単純に、欧州における国家間の戦争の危機が高まる、ということです。

 

 

EU、というか、EEC設立以来の欧州統合の本質は、非軍事的な集団安全保障体制です。
(集団安全保障体制は、集団的自衛権とは全く異なる概念です)

欧州は、わずか数十年前まで、お互いに血で血を洗う戦争を繰り広げてきました。

欧州の国家間の戦争を防ぐために編み出された方法が、「統合し続けること」でした。

欧州統合の本質は、経済同盟ではありません。経済同盟は、あくまでも欧州統合の一要素に過ぎません。

 

現下の、欧州における社会不安の最大の要因は、移民問題です。
移民問題に関する詳しい分析はしませんが、現下の移民問題のほとんどは、シェンゲン協定を破棄ないし一時停止すれば、解決するものです。

欧州の多くの人は、「人の移動の自由」が欧州統合に絶対不可欠なものだと思い込んでいるようですが、そんなことはないのではないでしょうか。

「人の移動の自由」は、欧州統合の一側面の、更にその一要素に過ぎません。

 

ということで、英国のEU離脱は、個人的にはかなり残念です。
欧州における戦争は見たくありませんね。

 

 

 

2016年5月のGWに、国民投票直前の英国を初めて見てきましたが、ナチスドイツと戦った遺跡だらけですね。

ロンドン市内は想像以上に多民族なのも驚きました。

P5026327.jpg

セントポール大聖堂前のブリッツにおける消防士記念碑。

セントポール大聖堂は、救国の偉大なネルソン海軍提督(我が国における東郷平八郎大元帥のような存在)の遺骸が地下の中心部に安置してある。靖国神社みたいな感じ。

空襲に備えて消防団が24時間態勢で聖堂内で待機したそうです。

ブリッツとは、ナチスドイツによるロンドン空襲のこと。米軍による東京大空襲のような組織的な大虐殺ではなく、場当たり的なものだったみたいだけど。

 DSCN3234.jpg

首相官邸の目の前の大通りの中央分離帯にある記念碑。

銃後で戦った女性の記念碑、ということだと思う。

 DSC_0834

ロンドン市内のバッキンガム宮殿近くの公園内にある、爆撃機隊の記念碑。

P5056670.jpg

ロンドンから特急電車で4時間の軍都バロー・イン・ファーネスの駅もブリッツの攻撃を受けたようだ。不幸にも命を落とした駅職員の慰霊碑。

バロー・イン・ファーネスは、ヴィッカース社のドックがあった街。
海軍が拠点を置いていたわけではないみたいだけど、佐世保みたいな感じかな。

P5056685.jpg

バロー・イン・ファーネスのドック跡。

そのものではないけど、ほぼこの近くにあったヴィッカース社の別のドックで、戦艦三笠や戦艦金剛が建造された。

P5056703.jpg

こんかうちゃんの模型。
prpr

初訪問の英国では、チャタムとかポーツマスとか海軍のいろいろな遺跡を巡ってきたので、別の機会に写真アップします。


核廃絶をする方法

先日2016年5月27日、米国のオバマ大統領が初めて広島を訪問し、歴史上画期的なスピーチを行いました。

ハフポスト 2016/5/27 : オバマ大統領の広島スピーチ全文 「核保有国は、恐怖の論理から逃れるべきだ」

広島、長崎への原爆投下は、紛れも無く、国際法に反し、人道に反し、(彼らが信ずるところの)神をも恐れぬ邪悪な所業であって、米国はいずれ真摯に歴史と向き合って反省することになろうかと思いますが、今回の訪問とスピーチは、その一里塚として意義深いものであったと思います。

DSCN9270

広島の原爆ドーム(2014年10月)

 

 

冷戦において、西側は東側に対して、核兵器を中心とする軍拡競争に競り勝ったため、邪悪な共産主義は滅びました。

PC305744

ルーマニア革命(1989年)の中心地、ルーマニア旧共産党本部と慰霊碑(2015年12月)

 

 

今後も再び、人類文明の破壊を目論む邪悪な共産主義のような政治思想・体制が伸張してくる可能性は否定出来ないため、現下の情勢では、覇権国家たる米国が核戦力・核戦略を放棄することは、あり得ません。

 

冷戦終結後、1992年にフランシス・フクヤマが『歴史の終わりと最後の人間』を発表しました。

米国が「核廃絶を目指す」と言った場合、それは、「歴史の終わり The end of history」の実現、すなわち、「人類文明の破壊を目論む邪悪な共産主義のような政治思想・体制が伸張してくる可能性がゼロになった状態」の実現を前提条件とすることを、暗黙のうちに含意します。

邪悪な共産主義が滅びてから四半世紀が経った2016年の今日に至るも「歴史の終わり」は実現していませんし、その可能性も全く見えてきていません。

理想は理想として掲げて実現を目指すのは悪いことではありませんが、リアリスティックに考えれば、個人的には、ちょっとそのような状態になることは到底考えられませんね。

 

とうことで、「歴史の終わり」の実現はなかなか難しいものと思いますが、核廃絶そのものは、テクニカルには可能です。

 

核兵器を超えてこれを無効化する、次代の戦略兵器が実用化されれば、一気に核兵器は存在意義を失って、保有国は放棄するでしょう。

人類の歴史は、兵器の発展の歴史でした。
新たな戦略兵器の実用化に伴って、新たな戦略論が生まれてきました。
そして、新たな戦略兵器・戦略論へのパラダイム・シフトとともに、新たな哲学・宗教的解釈・芸術が派生的に誕生しました。

 

 

1941年から1945年までのわずか4年間の大東亜戦争中に、2度も戦略兵器・戦略論は世代交代しています。

1度目は、1941年12月10日のマレー沖海戦です。帝国海軍航空部隊が、英国東洋艦隊の戦艦プリンス・オブ・ウェールズと戦艦レパルスを撃沈しました。
戦略兵器:巨大戦艦 → 航空機
戦略理論:艦隊決戦主義(大艦巨砲主義) → 航空決戦主義
この瞬間に、巨大な艦砲を持つ戦艦(実は、更には重巡クラスも含む)が全て無効化し、戦略兵器と戦略理論は世代交代しました。

2度目は、言うまでもなく広島・長崎への原爆投下で、
戦略兵器: → 核戦力(核爆弾と大陸間弾道ミサイル・原子力潜水艦などの運搬手段からなる一連のシステム)
戦略理論:→核戦略論(相互確証破壊理論)
という世代交代が行われ、引き続き戦術レベルで有用であったため航空機が廃止されたわけではないものの、東西両陣営は、相互確証破壊を保つ規模の核戦力を維持することに汲々とするようになりました。

DSCN1903

真珠湾ヒストリックサイトのSLBM(2012年2月)
本物かモックかは不明。

 

余談だが、巨大戦艦大和や武蔵のような軍艦や、ゼロ戦のような航空機には、ロマンチシズムが在りました。いまだに多くの文学、映画のテーマになっています。

核戦力(核爆弾と大陸間弾道ミサイル・原子力潜水艦などの運搬手段からなる一連のシステム)には、ロマンチシズムは感じにくいものです。冷戦期にヒットしたハリウッド映画の中でも、核戦力を肯定的にテーマとしたものはほとんど無いと思います。強いて言うなら、強烈な心理的プレッシャーに晒されながら、本国にもその所在地点を知らせずに数ヶ月間も海の中を漂い続け、ひたすら政策決定者からのSLBM発射の合図を、来ないことを祈りつつも待ち受け続ける、戦略原潜にはロマンチシズムを感じる人は多いでしょう。だからこそ、映画『レッドオクトーバーを追え』があれほどまでにヒットしたのだと思います。

 

 

 

ということで、今のところその萌芽は見えませんが、核戦力を超克し、これを無効化する、何らかの戦略兵器が実用化されれば、自ずと核廃絶は達成されるものと思います。

破壊力においては、核戦力は、既に数百万都市レベルを壊滅可能なレベルに達しているので、次代の戦略兵器は、核戦力を上回る破壊力を目指す方向性のものにはならないと思います。
次代の戦略兵器の方向性は全く私には分かりませんが、あり得るとしたら、サイバー戦分野かロボットになるのではないかと個人的には推測します。


九州戦跡巡り(2)

九州戦跡巡り(1)の続き。

砂蒸し風呂で汗を絞り、開聞岳をグルっと回ったところでたまたま見つけた公園。

 

花瀬望比公園

開聞岳と花瀬望比公園

開聞岳の上の方は曇っている。 「望比」は、フィリピン島を望むの意で、彼の地で戦った英霊を慰めるための公園だ。 開聞岳の周りの原生林の中のような道を走り抜けて、突然広くて小綺麗な公園に出くわしたのでびっくりした。

比島慰霊碑 

比島戦没者慰霊碑。
石碑の上の鉄兜は、現地から持ってきたリアル遺品らしい。

 

知覧特攻平和会館と万世特攻平和祈念館

特攻基地としては、知覧が圧倒的に有名だけど、実は、南九州全域に小さな航空基地がたくさんあったようだ。戦争末期、本土といえど制空権確保もままならない状況で、敵方からの基地爆撃を受けた際の被害最小化のために、効率が悪くとも敢えて分散化を図ったのではないかと思う。

知覧は、訪れるのは2度目だった。
午後過ぎから降り出した雨のせいで、びちょ濡れのカッパを着ながら写真を撮るのがめんどくさく、写真なし。

万世特攻平和祈念館

こちらは、万世基地の跡にあるミュージアム。 特攻基地としての稼働期間は、戦争末期のわずか数ヶ月に過ぎなかったようで規模も小さい。隊員の遺品が展示物の中心だ。 御霊と遺族のプライバシー保護のために、遺品は写真撮影禁止になっている。 雨が降っていると、バイク乗りはカッパを着ていてもびちょびちょで、本当にいろいろなものがめんどくさい。カッパのまま飲食店に入ってメシ食うことは出来ないし、いちいち靴を脱いでカッパを脱ぐのもめんどくさい。コンビニも気を使う。 そんなわけで、この日はランチを食べそびれてしまった。 基本的に全キャンプ泊だったが、雨のために日和ってこの日だけは川内市内のビジホに投宿。  

天草の三和商船フェリー 蔵之元港

翌朝は、気持よく晴れ上がった。

天草半島へと渡る、三和商船フェリー。
蔵之元港から乗る。

このフェリーが到着するのは、牛窪港というところだが、なんと!ここに軍艦長良記念館というものがあったらしい。全然知らなかった!
たまたま後から地図を見て発見したものの、一瞬、3時間くらい掛けて戻ろうかとも思ったが、まあ諦めた。
軽巡洋艦長良は、天草沖で米潜水艦の雷撃を受けて沈んでいる。

 

天草

天草というと、僕には、からゆきさんを出した貧しい土地、というイメージがある。おそらく土は痩せて何も育たず、魚も穫れないような荒涼とした土地なんだろう、と思っていた。だからこそ、当時としては迫害されたマイナー宗教だったキリスト教が普及したんだろう、と。

山崎朋子, 『サンダカン八番娼館』

以前、日本に帰ってきたからゆきさんのおばあさんを取材したこの本を読んだことがあって、どんなところなのかと、この本に出てくる土地を見て回りたいと思っていた。

崎津天主堂

崎津天主堂。 崎津の集落にある、キリスト教会。今は観光地となっている。本の中では、たしか、この地域でもっとも大きい集落というような説明だったと思う。  

崎津の漁港

澄んだ、キレイな漁港。
崎津の家々

立派な瓦屋根の家。 赤貧洗うが如しといったようなイメージとは程遠い。  

軍浦の神社(お大師様?)

お隣りの軍浦の神社。
本の中で、元からゆきさんのおばあさんが、時々、延々と歩いてお参りに来るという「軍浦のお大師様」というのは、ここのことかと思う。なんの変哲もない、普通の地の神社ですな。

ということで、天草では、貧しい土地というイメージは皆無だった。

まあ、資源の再配分がうまくいって、日本全国、人々の暮らしが高いレベルで均質化したわけだから、当然といえば当然だ。

天草ロザリオ館のマリア様

天草ロザリオ館の泥人形。 中国の人形っぽいような感じだけど、要するにこれは、マリア様なのだ。信仰を隠すために、敢えて国籍不明な変な感じに作っているのだ。

この博物館では、隠れキリシタンがいかに規制を受けつつも信仰を守り抜いたか、ということが解説されてある。 鎖国が始まってからは伝道師も全て帰ってしまい、口伝で信仰を伝えていくしかなかった。そのため、お祈りの言葉は、意味不明の(まさに)念仏のようになってしまっていたのだという。僕も般若心経を前から1/3だけ覚えているが、意味は殆ど理解しておらず、音として覚えているだけだ。隠れキリシタンのお祈りの文句も同じ。 このような状況では、コピーを重ねるごとに情報は劣化してしまうはずで、鎖国から250年以上経つうちに、中身は相当変わってしまったのではないか。 そう言えば、仏教だって、インドの仏教と、中国の仏教と、日本の仏教はまるで違う別物だもんね。インドのパゴダの敷地内に建っているストゥーパが、お墓の卒塔婆(ソトバ)のオリジンだと聞いたときは、子供の伝言ゲームどころではない、その情報の劣化具合に驚愕した。

そして、大分へ。  

円形分水

円形分水。

円形分水は、男のロマンだよね~。

高千穂峡

高千穂峡。 神々しい。  

天岩戸神社

天岩戸神社。

ここのご神体は、天岩戸伝説のその岩戸。実際に見ることが出来る。

神社の人に聞いたら、なんと、岩戸伝説って、神武天皇の5代前の話らしい。
日本民族は、人類史上唯一、建国以来、ただ一つの王朝しか戴いてこなかったわけだが、神武建国以前の日本の社会がどんな感じだったのかなんて、想像しがたい。
尚、神社は、詳しい記録はないものの、鎌倉時代に開かれたらしい。

 

回天大神訓練基地

九州最後の夜は、別府の近くの糸ヶ浜というところに張ったのだが、この近くに、偶然にも、回天の訓練基地跡があった。

かなり広大な敷地面積を有する基地で、元々は、海軍工廠を造るつもりで買収していた土地だったそうだ。

大神回天訓練基地_回天実物大模型

回天実物大模型。

93式酸素魚雷を改造して造ったものなので、形は魚雷そのものだ。

大神回天訓練基地_魚雷調停池

その横にある、魚雷調定プール。ここから先の写真は全て本物。  

大神回天訓練基地_壕 

酸素圧縮ポンプ室壕。

基地敷地内には、壕が至るところ掘り巡らされている。

大神回天訓練基地_壕のコンクリート製作業台

中から。

素掘りのまま。
真ん中にあるのは、コンクリート製の作業台。

大神回天訓練基地_回天保管壕

回天貯蔵壕の入り口。

大神回天訓練基地_回天保管壕   

回天貯蔵壕の中。 遠くに明かりが見えるが、向こう側に通じている。 反対側には、普通の民家があり、倉庫として(おそらく勝手に)使っていた。

大神回天訓練基地_壕

別の壕。

大神回天訓練基地_本部跡   

本部跡。 今はみかん畑。何も残っていない。                 中津城

中津城。

黒官が好きなので、縁の地はだいたい訪れたが、中津だけは行ったことがなかった。
最近観光地でよくある、ボランティアガイドのおじいさんに1対1で案内してもらい、満足。

 

 

築城基地近くの稲童掩体壕

稲童掩体壕

ここも、幹線道路の流れに乗って走っていたら眠くなり、眠気を払うために脇道に入ったら、たまたま見つけた。

空襲から航空機を守るための掩体壕。

でかいし、頑丈そう。

終わり。


九州戦跡巡り(1)

今年の夏休みは、直前にならないと休みの日程がなかなかfix出来なかった。
休みが決まった時には、直前過ぎてエアはどこも高いし、北海道行きフェリーは、さんふらわあだいせつの火災で便が取りづらく、九州に走りに行くことにした。

主たるテーマは戦跡と温泉巡り、ちゃんぽんを食べること。

そんなわけで、直前に予定が決まったので、ほとんど下調べしていなかった。
しかし、ある種の情報を求めていると、具体的にこちらから探し当てなくても、情報の方からこちら側に飛び込んで来ることがままある。
今回は、そんな偶然が幾つも重なったりした。

大阪南港のさんふらわあきりしま

東名で大阪へ、大阪南港から志布志行きのさんふらわあきりしま。
マイクチェックだ、おらぁ!

志布志には、JCの活動をしていたときの仲間がいる。
せっかくなのでちょっと立ち寄って行くべきところだが、不義理をして通過してしまった。
しかし、その後、僕のFBの投稿を見たその仲間から、今どこにいるん、おいでよ?と連絡を受けた。仲間とはありがたいものでありますな。

内之浦

志布志は初めてだが、大きな港。
街は小さいけど。
港には大きな倉庫やサイロが立ち並んでいた。

走りだすやいなや、フェリーの中で出したはずなのに猛烈な便意を催し、道端の公衆トイレへ駆け込んだ。

すると、

 

内之浦砲台跡

内之浦砲台跡

米軍による志布志湾上陸に備えて陸軍の工兵部隊が造った砲台跡だそうだ。 結局、使われることはなかったみたいだ。 便意を催していなかったら、知らずに通り過ぎているところだった。      

南大隅町の、薩英戦争当時の薩摩藩の台場跡

薩英戦争の台場跡 

これも、ハラヘッタからどこかで何か食べたいなーと思いつつ、きょろきょろしながら走っていたら、偶然見つけた。

石垣は長い距離に渡って残っているようだが、このようにいかにも砲を置くような形で残っているのはココだけらしい。

薩英戦争の台場跡

砲はさすがに左右に稼働して角度を調整出来るような仕組みだったのだろうと思うけど、こんな狭い範囲にしか向けられないのだったら、なかなか撃つチャンスなんてないんじゃないかな?

海軍鹿屋航空基地

海軍鹿屋航空基地

ここは前から行きたかったところ。初めて訪れた。 現役の海上自衛隊の基地であり、一般の人も好きに出入りできる史料館がある。

海軍鹿屋航空基地の二式大艇

こ、これは・・・もしかして、二式大艇ちゃんかも!

海軍鹿屋航空基地の二式大艇

現存するただ一機の二式大艇らしい。

海軍鹿屋航空基地の二式大艇

かっこいいなー。 こうしてみると、飛行艇というものは、この時代にほとんど形が完成してしまっていることが分かる。 大東亜戦争時代の戦闘機と、現代の戦闘機を比べたら、まるで別物のように姿形が異なるが、現代の飛行艇は、二式大艇と(素人目には)ほとんど同じような形をしているように見える。

秋津洲の模型

館内に展示してあった水上機母艦秋津洲の模型。
こうやって二式大艇ちゃんを積んでいたんですな。
これは戦闘力も防御力も無さそうだ。
尚、正しくは秋津州ではなく、秋津洲であります。

広瀬中佐の書

日露戦争における旅順港閉塞作戦の英雄、広瀬武夫中佐の書。

比叡の主錨

比叡の主錨。
ひえー。
しかし、何故ソロモンで沈んだ比叡の主錨がここにあるのかは不明。
レプリカでは無さそうだが、偽物の可能性もある?よく分からない。

桜島フェリー

桜島フェリーで薩摩半島へ。

その2に続く。


ペリリュー行幸啓

ペリリュー行幸啓をとても嬉しく思います。

産経 2015/4/9 : 「英霊たちが喜ぶ姿、はっきり見える」両陛下ご慰霊に立ち会った戦友

祖国を護るためにペリリューで戦った英霊に感謝申し上げます。
再び皇国興廃の大事があれば、私もまたペリリューの先輩方の後に続いて戦う覚悟であります。

2011年10月、硫黄島にて、行幸啓記念碑。


2011年10月、硫黄島の摺鉢山から、米軍が揚陸してきた海岸を望む。

ペリリューは行ったことありませんが、近々行ってみたいと思います。