英国のEU離脱

先日の英国におけるEU残留か離脱かを求める国民投票において、英国がEUを離脱することが確実な状況になりました。

個人的には、まさか離脱派が勝つことはないだろう、と腹の中ではたかをくくっていたので、かなりびっくりです。

これが何を意味するかというと、単純に、欧州における国家間の戦争の危機が高まる、ということです。

 

 

EU、というか、EEC設立以来の欧州統合の本質は、非軍事的な集団安全保障体制です。
(集団安全保障体制は、集団的自衛権とは全く異なる概念です)

欧州は、わずか数十年前まで、お互いに血で血を洗う戦争を繰り広げてきました。

欧州の国家間の戦争を防ぐために編み出された方法が、「統合し続けること」でした。

欧州統合の本質は、経済同盟ではありません。経済同盟は、あくまでも欧州統合の一要素に過ぎません。

 

現下の、欧州における社会不安の最大の要因は、移民問題です。
移民問題に関する詳しい分析はしませんが、現下の移民問題のほとんどは、シェンゲン協定を破棄ないし一時停止すれば、解決するものです。

欧州の多くの人は、「人の移動の自由」が欧州統合に絶対不可欠なものだと思い込んでいるようですが、そんなことはないのではないでしょうか。

「人の移動の自由」は、欧州統合の一側面の、更にその一要素に過ぎません。

 

ということで、英国のEU離脱は、個人的にはかなり残念です。
欧州における戦争は見たくありませんね。

 

 

 

2016年5月のGWに、国民投票直前の英国を初めて見てきましたが、ナチスドイツと戦った遺跡だらけですね。

ロンドン市内は想像以上に多民族なのも驚きました。

P5026327.jpg

セントポール大聖堂前のブリッツにおける消防士記念碑。

セントポール大聖堂は、救国の偉大なネルソン海軍提督(我が国における東郷平八郎大元帥のような存在)の遺骸が地下の中心部に安置してある。靖国神社みたいな感じ。

空襲に備えて消防団が24時間態勢で聖堂内で待機したそうです。

ブリッツとは、ナチスドイツによるロンドン空襲のこと。米軍による東京大空襲のような組織的な大虐殺ではなく、場当たり的なものだったみたいだけど。

 DSCN3234.jpg

首相官邸の目の前の大通りの中央分離帯にある記念碑。

銃後で戦った女性の記念碑、ということだと思う。

 DSC_0834

ロンドン市内のバッキンガム宮殿近くの公園内にある、爆撃機隊の記念碑。

P5056670.jpg

ロンドンから特急電車で4時間の軍都バロー・イン・ファーネスの駅もブリッツの攻撃を受けたようだ。不幸にも命を落とした駅職員の慰霊碑。

バロー・イン・ファーネスは、ヴィッカース社のドックがあった街。
海軍が拠点を置いていたわけではないみたいだけど、佐世保みたいな感じかな。

P5056685.jpg

バロー・イン・ファーネスのドック跡。

そのものではないけど、ほぼこの近くにあったヴィッカース社の別のドックで、戦艦三笠や戦艦金剛が建造された。

P5056703.jpg

こんかうちゃんの模型。
prpr

初訪問の英国では、チャタムとかポーツマスとか海軍のいろいろな遺跡を巡ってきたので、別の機会に写真アップします。


核廃絶をする方法

先日2016年5月27日、米国のオバマ大統領が初めて広島を訪問し、歴史上画期的なスピーチを行いました。

ハフポスト 2016/5/27 : オバマ大統領の広島スピーチ全文 「核保有国は、恐怖の論理から逃れるべきだ」

広島、長崎への原爆投下は、紛れも無く、国際法に反し、人道に反し、(彼らが信ずるところの)神をも恐れぬ邪悪な所業であって、米国はいずれ真摯に歴史と向き合って反省することになろうかと思いますが、今回の訪問とスピーチは、その一里塚として意義深いものであったと思います。

DSCN9270

広島の原爆ドーム(2014年10月)

 

 

冷戦において、西側は東側に対して、核兵器を中心とする軍拡競争に競り勝ったため、邪悪な共産主義は滅びました。

PC305744

ルーマニア革命(1989年)の中心地、ルーマニア旧共産党本部と慰霊碑(2015年12月)

 

 

今後も再び、人類文明の破壊を目論む邪悪な共産主義のような政治思想・体制が伸張してくる可能性は否定出来ないため、現下の情勢では、覇権国家たる米国が核戦力・核戦略を放棄することは、あり得ません。

 

冷戦終結後、1992年にフランシス・フクヤマが『歴史の終わりと最後の人間』を発表しました。

米国が「核廃絶を目指す」と言った場合、それは、「歴史の終わり The end of history」の実現、すなわち、「人類文明の破壊を目論む邪悪な共産主義のような政治思想・体制が伸張してくる可能性がゼロになった状態」の実現を前提条件とすることを、暗黙のうちに含意します。

邪悪な共産主義が滅びてから四半世紀が経った2016年の今日に至るも「歴史の終わり」は実現していませんし、その可能性も全く見えてきていません。

理想は理想として掲げて実現を目指すのは悪いことではありませんが、リアリスティックに考えれば、個人的には、ちょっとそのような状態になることは到底考えられませんね。

 

とうことで、「歴史の終わり」の実現はなかなか難しいものと思いますが、核廃絶そのものは、テクニカルには可能です。

 

核兵器を超えてこれを無効化する、次代の戦略兵器が実用化されれば、一気に核兵器は存在意義を失って、保有国は放棄するでしょう。

人類の歴史は、兵器の発展の歴史でした。
新たな戦略兵器の実用化に伴って、新たな戦略論が生まれてきました。
そして、新たな戦略兵器・戦略論へのパラダイム・シフトとともに、新たな哲学・宗教的解釈・芸術が派生的に誕生しました。

 

 

1941年から1945年までのわずか4年間の大東亜戦争中に、2度も戦略兵器・戦略論は世代交代しています。

1度目は、1941年12月10日のマレー沖海戦です。帝国海軍航空部隊が、英国東洋艦隊の戦艦プリンス・オブ・ウェールズと戦艦レパルスを撃沈しました。
戦略兵器:巨大戦艦 → 航空機
戦略理論:艦隊決戦主義(大艦巨砲主義) → 航空決戦主義
この瞬間に、巨大な艦砲を持つ戦艦(実は、更には重巡クラスも含む)が全て無効化し、戦略兵器と戦略理論は世代交代しました。

2度目は、言うまでもなく広島・長崎への原爆投下で、
戦略兵器: → 核戦力(核爆弾と大陸間弾道ミサイル・原子力潜水艦などの運搬手段からなる一連のシステム)
戦略理論:→核戦略論(相互確証破壊理論)
という世代交代が行われ、引き続き戦術レベルで有用であったため航空機が廃止されたわけではないものの、東西両陣営は、相互確証破壊を保つ規模の核戦力を維持することに汲々とするようになりました。

DSCN1903

真珠湾ヒストリックサイトのSLBM(2012年2月)
本物かモックかは不明。

 

余談だが、巨大戦艦大和や武蔵のような軍艦や、ゼロ戦のような航空機には、ロマンチシズムが在りました。いまだに多くの文学、映画のテーマになっています。

核戦力(核爆弾と大陸間弾道ミサイル・原子力潜水艦などの運搬手段からなる一連のシステム)には、ロマンチシズムは感じにくいものです。冷戦期にヒットしたハリウッド映画の中でも、核戦力を肯定的にテーマとしたものはほとんど無いと思います。強いて言うなら、強烈な心理的プレッシャーに晒されながら、本国にもその所在地点を知らせずに数ヶ月間も海の中を漂い続け、ひたすら政策決定者からのSLBM発射の合図を、来ないことを祈りつつも待ち受け続ける、戦略原潜にはロマンチシズムを感じる人は多いでしょう。だからこそ、映画『レッドオクトーバーを追え』があれほどまでにヒットしたのだと思います。

 

 

 

ということで、今のところその萌芽は見えませんが、核戦力を超克し、これを無効化する、何らかの戦略兵器が実用化されれば、自ずと核廃絶は達成されるものと思います。

破壊力においては、核戦力は、既に数百万都市レベルを壊滅可能なレベルに達しているので、次代の戦略兵器は、核戦力を上回る破壊力を目指す方向性のものにはならないと思います。
次代の戦略兵器の方向性は全く私には分かりませんが、あり得るとしたら、サイバー戦分野かロボットになるのではないかと個人的には推測します。


10/5 佐藤正久 参議院議員 講演会のご案内

陸上自衛隊、初代イラク復興支援隊長であり、「ヒゲの隊長」として有名な、佐藤正久 参議院議員(自民党)が、蕨にやって来ます。

 

日時 2015年10月5日(土) 17時~
場所 蕨市民会館
演題 安全保障関連法案について
主催 埼玉県市議団協議会1区研究部会
費用 無料

入場無料ですし、市外の方もどうぞ。
特に事前の申し込みは不要ですが、会場準備の都合上、連絡いただけるとありがたいです。
メールでもコメントでもどちらでも結構です。

「埼玉県市議団協議会」というのは、埼玉県内の、自民党系市議会議員の集まりです。

20151005_佐藤正久 参議院議員講演会のご案内


富士総合火力演習

さて、昨年に引き続き、富士総合火力演習の予行のチケットを手に入れたので、去年と同じ仲間と二人で行ってきた。

昨年の観覧記録:
hoya_t blog 2014/8/22 : 富士総合火力演習を見学しました。

昨年は、スタート時刻の10時ギリギリに着いたので、桟敷席となってしまい、あまりよく見られないし、お尻は痛いしで大変だった。
今年は、昨年の教訓を活かして、4時半に蕨をバイクで出発。7時に会場到着というスケジュール。おかげで、階段席に座ることが出来て、会場全体を見回しながら観覧することが出来た。


74式戦車。


90式戦車。
走行しながら砲撃します。


UH-1ヘリコプターとバイク偵察部隊。
ヘリが降下するやいなや、バイク部隊が飛び出していきます。

 

今年も、シナリオは、我が国の島嶼部に侵攻してきた中共を撃退する、というものでした。

 

ところで、自衛隊の練度って、実際のところ、どんなもんなんでしょうね?
同盟国や仮想敵国と比べて。

総火演では、100分の1秒単位の精度を要求されるとかいう、かなり細かいワザを見せてくれるのですが、それが、仮想敵国や同盟国においても当たり前のレベルのワザならば、ことさらに誇ってみても意味が無いし。

人民解放軍の情報はさすがに調べても分からないと思いますが、米国軍の一般公開の時の様子なんかはyoutubeを見ればおそらくいくらでも載っていると思われるので、今度、時間がある時にチェックしてみたいと思いました。


国会前の反安保法制デモ

国会前で反安保法制のデモが激しいという報道を目にして、実際に見てみたいと思っていた。
2週間前の2015年7月24日(金)、たまたま夕方ぽっかりと予定が空いたので、見学してきた。

この日は、日差しも強く、猛烈な暑さ。
日が落ちてからも汗は止まらない。

DSCN0604
国会議事堂前駅で下りて地上に出る。

「安倍政権NO!!」
のポスターを配っている。

DSCN0606
この集団は、中核派。

DSCN0607
中核派。

怖い。

高校生(1991年頃)の時に、御茶ノ水駅前で中核派がデモをやっているのにたまたま出くわしたことがある。
その時の中核派の運動員は、ヘルメットをかぶり、大きなサングラスをして、白いタオルで口鼻を覆って、顔を隠していた。

今の中核派は、顔を隠していないんだな。

DSCN0609
中核派のビラ。

DSCN0620
安保法制を「戦争法」と言い換え、法律を制定したら今すぐにでも戦争が起こり、若者が徴兵に取られるかのように宣伝するのは、不安心理を煽るプロパガンダとしては効果が高い。

DSCN0622
人が多く、押し合いへし合いなので、隣りの人の肌を流れる汗がベタっと張り付いたりして気持ち悪い。

このエリアは、公衆トイレもないし、官庁街なので用がない人は建物には入れてもらえないし、トイレは皆無。
コンビニなどもまったくない。

デモの運営団体が用意した給水所が2箇所ほどあった。トイレは無し。医療ステーションも無し。

DSCN0632
楽器や太鼓の演奏とともに、節をつけてシュプレヒコールを上げる。

「安倍は辞めろ」、「安倍は辞めろ」
「戦争反対」、「戦争反対」

とか、そう言う内容。

1クール10分くらいの内容を、30分おきくらいに繰り返していた。

参加者は、座りながらコールに参加している人もおり、会場内の参加者の一体感を醸成するのに効果を上げていた。

DSCN0643
警官の数は多い。 彼らの仕事を見ていると分かるが、道路をブロックごとに分けて、人が偏って多く入り過ぎないようにコントロールしている。将棋倒しなどのトラブルを未然に防ぐためのもので、参加者を守っている。 運営団体側で、そのような仕切りをすることが出来ればいいのだろうが、おそらく運営団体は複数団体の寄り合い所帯で、そのような仕切り能力が無いのだろうと思う。 参加者は反権力志向の人が多いらしく、あちこちで警官隊に文句を言って詰め寄っている姿が見られた。  

という感じで、暑くて気持ち悪いし、だいたい一通りは見たので、早々に切り上げて、ビールを飲んで帰ってきました。

 

参加者はどういう人たちか

リタイアした世代と思しきシニアが多い。全共闘世代というやつなのだろうか?伝統的な自民党・保守の支持層とも重なる年代である。

若者もいる。真面目そうな顔立ちの子が多い。一人で参加している子もいるし、同性の友達と連れ立って来ている子も多い。男性もいれば女性もいる。女性は一人は少なく、グループが多い。

会社帰り風のリーマン、OLは皆無。
私が早々に撤収してしまったせいもあるかもしれない。もっと遅い時間帯になったら集まってくるのかも。

旗を掲げて団体名をアピールしている団体は、概ね、
・日本共産党の地域支部
・労働組合
がほとんどのようだ。

動員されて仕方なく来た、という感じの人はあまりいない印象。

 

運営団体はどこか

いまいちよく分からない。

いろいろな団体が入り乱れているようだ。運営団体間での統制が取れいているのかどうかも分からない。あちこちで勝手にやっているだけなのかもしれない。

SEALDsという学生団体が主催しているような報道を見たこともあるが、あのデモ全体の全ての運営をしているわけでもないようだ。
どこからどこまでがSEALDsデモなのか、という区分けもよく分からない。
従って、たとえば中核派のエリアの近くにいる人が必ずしも中核派支持というわけでもないと思う。

この日は、国会議員として、
・福島みずほ 参議院議員(社民党)
・小西洋之 参議院議員(民主党)
が演説しているのも聞こえた。
遠くにいたので姿は見えなかったけど。
社民党と民主党が、政党としてどのように関わっているかは不明。

 

彼らの主張

プラカード、チラシ、会場内のミニ集会の演説内容などによると、
・安保法制反対
が最も多いのだが、
・安倍政権打倒、安倍政権を倒そう
というものも多い。

安保法制反対=安倍政権打倒
というロジックが暗黙のうちに組み立てられている。

また、
・反原発(反原発再稼働)
も多い。

 

所見

特になし。
まあこんなもんか、と。

あの、楽器の簡単な演奏とともに節をつけてのシュプレヒコールのやり方は、会場内の参加者の一体感を作るためには手っ取り早くて有効で、何かの時に参考にしたいと思う。


朝鮮学校保護者補助金を、朝鮮総連が吸い上げている?

産経新聞(2015/6/13) : 朝鮮学校学費補助 保護者の負担軽減にならず 内情把握せぬ自治体の責任も

衝撃的な記事。
全国の多くの自治体(都道府県レベルと市町村レベルと両方)で、朝鮮学校に通う子供の保護者に対して補助金が支払われているのだが、神奈川県においては、朝鮮総連の「教育会」なる組織に吸い上げられていた、とのこと。

「教育会」というのはどういう組織か分からないが、この記事によると、朝鮮総連の一部署の名前のようでもある。
朝鮮総連は、我が国における北朝鮮の出先機関であり、大使館としての機能も持っているので、北朝鮮国籍を持つ在日コリアンに対しては、かなり強力な影響力を持っていることは間違いない。

私は、この朝鮮学校に通う子供の保護者に対する学費補助という制度そのものが、何故出来たのかよく分からないし、そもそも反対なのだが、制度の趣旨に反して、朝鮮総連に吸い上げられ、テロ国家のテロ行為(日本人拉致を含む)、核開発の軍資金として現に使われているのだとしたら、腹立たしいことこの上ない。

「教育会」が、私の想像通り、全国組織である朝鮮総連の一部署であるとしたら、神奈川県のみならず、埼玉県でも同様のことが現に行われている可能性が高い。

 

国、埼玉県の拉致問題に対する方針は、強硬姿勢

国、埼玉県の、北朝鮮による日本人拉致問題解決に向けての方針は、国際社会の協力を得て、北朝鮮に徹底的に圧力を掛け続けようというもの。

埼玉県では、学費補助は、2012年度まで毎年約900万円ほど計上されていたが、執行されずに凍結されている。2013年度からは、この学費補助制度が廃止されている。

MSN産経(2013/2/13) : 「もう我慢できない…」埼玉県、朝鮮学校への補助金計上せず

上田清司 埼玉県知事は、2013年度予算として計上しなかった理由を、

日本人拉致事件が一向に解決に向けて進展せず、核実験やミサイル発射など、もう我慢できないという県民感情もある

と説明している。

 

蕨市の、朝鮮学校に通う子供の保護者への学費補助制度

なんと、最初聞いた時は本当に驚愕したのだが、蕨市に学費補助制度が存在した。
今でも毎年予算計上され、支給され続けている。

長尾たかし 衆議院議員の資料によると、毎年1億8千8百万円の日本人の税金が、北朝鮮に渡っている(可能性が高い)とのことだ。蕨市では1,296,000円とのことだが、これは2013年度(決算ベース)の数字だ。

詳しくは、
2012年度 1,728,000円(決算ベース)
2013年度 1,296,000円(決算ベース)
2014年度 1,392,000円(予算ベース)
2015年度 1,008,000円(予算ベース)

となっていて、年度によって異なるのは、幼稚園、小学校、中学校と、学校ごとに補助額が異なり、年度によって対象人数も増減するから。

こんなクソみたいな補助金は、さっさと廃止しないとならない。
このような明確に国益に反する補助金制度を、邪な理由で廃止できないのだとしたら、本当に恥ずかしいことだと思う。

私が今までこの話題を議会で取り上げなかったのは、大人の事情に拠るものなのだが、この度2015年5月の市議会議員選挙で、私は保谷武 2015年5月市議会議員選挙 政策リーフレット上で
「北朝鮮による日本人拉致問題解決を目指す国・県の方針に協力します。」
と掲げていたので、今後は議会で取り上げ、廃止に向けて活動する責任がある。

ということで、もろもろ調べ中です。

 

参考資料:

hoya_t blog 2014/9/29 : 拉致問題を考える埼玉県民の集いに行ってきました。
hoya_t blog 2014/5/30 : 北朝鮮が日本人拉致問題の全面的再調査受け入れ
hoya_t blog 2014/2/18 : 国連調査委による、北朝鮮の拉致問題に関する最終報告
hoya_t blog 2012/7/11 : 北朝鮮による横田めぐみさん拉致被害現場
hoya_t blog 2012/9/20 : 特定失踪者問題調査会の現地調査(池袋-川口)に参加しました。


富士総合火力演習を見学しました。

昨日2014年8月21日(木)、東富士演習場における富士総合火力演習を見学してきた(私費)。
参加は無料だが、抽選倍率24倍とたいそう人気があり、なかなか行く機会がなく、今回初参加だった。

 

最大の仮想敵は中共

一緒に行った友人(ネット業界のゆるやかな仕事仲間で、10年来のバイク仲間)は4,5年前にも行ったことがあるのだが、当時は、デモは「北海道に露国が侵攻してきた」状況を想定したものだったそうだ。

今回のデモは、「離島に中共が侵攻してきた」状況を想定したもので、自衛隊が認識する最大の仮想敵は中共であることが分かる。

 

特に意外なものはなし

戦車やら兵器やらが実弾を発射するところを生で見るのは初めてだったが、映像ではいろいろなものを見たことがあったし、特に意外感はなし。
何より今回ビックリしたのは、帰路の中央道で、路肩をステテコ姿の徘徊老人がよたよた歩いていたことくらいであった。

 

写真レポート


これから演習が始まる。
幸いにして天候コンディションには恵まれた。
土埃が舞うので、散水車が水を撒いている。


203mm自走榴弾砲
けっこう人数多いな。


96式装輪装甲車(左)と155mm榴弾砲(右)
装輪装甲車の後ろには、歩兵が12人(乗員2人とは別に)乗れる。

ところで、かなり素朴な疑問なのだが、尖閣諸島にしろ竹島にしろ、写真で見る限りはゴツゴツした岩山なので、キャタピラ車しか走れないのではないか?
タイヤの車両は走れないのではないか?


99式自走155mm榴弾砲


歩兵が展開して、迫撃砲を撃つ。


96式多目的誘導弾
wikipediaによると、射程は10km以上らしい。
川崎重工製。
まさにミサイルがばびゅーんと飛んで行く。


87式対戦車誘導弾
高機動車の中から、歩兵が肩に担いで撃つ。
レーザー誘導方式で、レーザー照射装置とその操作スタッフは別に必要。


狙撃のデモ。
絵に描いたトラックの運転手を狙撃する。


左側のトラックの運転手にヒットした。


風船の標的。


ばばばばーん。


96式装輪装甲車から歩兵が出てきて展開する。


歩兵による攻撃。


青い風船の標的。


あ、1個撃ち漏らした。
あとで怒られちゃったりするのかな。


87式自走高射機関砲
飛行機を撃ち落とす。


山の向こうから90式戦車がやってきた。

戦車は、74式、90式、10式が登場。
74式はまだ現役なんだね?


90式の砲塔が火を噴く。

戦車の砲撃が一番音が大きい。
数百メートル離れたところにいても、何かが飛んで来たかのような感じがある。


88式地対艦誘導弾。
これは発射デモは無し。


UH-1とバイク偵察部隊。

バイクは、おそらくカワサキKLX250かと思う。


バイクを下ろす。


ヘリにバイクを積み込む空間の関係だと思うが、運転手が右側からバイクに乗り込んでいる。


AH-64Dアパッチ
対戦車攻撃。
パパパパパッと乾いた連続音がする。


AH-64Dの攻撃


UH-60から歩兵が降りてきた。


CH-47からも歩兵が降りてきた。


着陸したCH-47から高機動車が出てきた。


どっかーん。
侵略者をやっつけました。

 

感想など

離島に侵攻してきた人民解放軍を迎え撃つデモのシナリオは、「砲撃しました、弾着、今!はい、敵をやっつけました」と、全ての攻撃が成功することを仮定したかなりご都合主義なものだが、実際にはあらゆるパタンを想定して練習しているんだろう。

尖閣諸島や南沙諸島での中共のやり口を見ていると、正規軍だけではなく、民間漁船を装った便衣兵もやってくる可能性が高い。

侵攻された離島の地上を普段着姿でぶらぶら歩いている中国人が、武装した便衣兵であることが明らかになれば、これは戦時国際法的には非合法なので、当然攻撃対象と出来るが、便衣兵だと明らかになっておらず民間人である可能性が残っている時点では、国際法的には攻撃することは出来ない。
この場合、どうするんだろう?

国内法的には、第一義的には警察と海保による治安出動が対応すべきもので、警察と海保からエスカレートされて初めて自衛隊が出動できるはず。
この手の有事法制問題って、どうなってるんだっけ?
後で調べてみよう。

暑くてかなり日焼けした。
遅めの時間に現地入りしたので、桟敷席に座ることになったけど、早く行って階段座席に座った方がよく見える。次回行く機会があったら、早めに現地入りしようと思う。