最新のプログラミング教育ソリューションは、ほぼ全てがロボットを動作させるビジュアルプログラミング教材セット

先週、2019年6月21日、お台場で開かれていた教育ITソリューションEXPOに行ってきました。

教育業界における、ITソリューション(ハードウェア、ソフトウェアとそれらの組み合わせ)の大規模な展示会で、IT業界ではこの種のイベントは毎年いくつもお台場や幕張でやっており、諸々の最新の流れを把握するのに手っ取り早くて効率がいいのです。

 

校務システム(学校・教員間のコミュニケーション)、学務システム(学校側と学生・生徒側との間のコミュニケーション)、大量高速な採点マシン、英語教材の類などが多かったのですが、最も関心があったのは、プログラミング教育の教材・仕組みでありました。

 

 

いわゆる「プログラミング教育」には、

(1)狭義の、プログラミングそのものの技術を身につけるための教育
(2)広義の、プログラミング思考を身につけるための教育

の2種類があり、これは似て非なるものです。

 

私個人的には、最近のプログラミング教育がやたらともてはやされている風潮には否定的です。
定義(1)プログラミング技術教育は、そもそも小中学校でやるようなものではなく不要であり、定義(2)プログラミング思考を身につける教育は、算数・数学をしっかり学べば十分ではないかという疑問を常々抱いています。

しかしながら、

教育政策を考え中(2)誰もが一家言持っている

↑上の2014年のエントリで書いたように、教育の領域においては、素人の主観的な考えは危険であり、排さなくてはならないことも理解しているつもりなので、最新の流れについては関心を持っております。

 

 

ということで、プログラミング教育の教材、仕組み類を一通り見てきました。

これからの小中学校が導入しようとしている「プログラミング教育」は、上記の定義(1)ではなく、定義(2)を指しています。

プログラミング言語を用いて、コンピュータの画面に向かってコーディングするわけではありません。

既存の国語・算数(数学)・理科・社会といった科目の中で、プログラミング思考を身につけさせよう、というものです。

 

DSC_0374

いくつもの企業グループが展示していましたが、どれもこれも概ね同じ仕組みで、

・キットを組み立てて簡易なロボットを作り、
・PCやタブレットの画面上でビジュアルプログラミング言語を用いて、そのロボットを動かす

というものでした。

 

コレ以外の仕組みは無し。

 

これらの企業グループが販売している商品は、

・ロボットの制作キット
・PC、タブレットなどのハードウェア
・ビジュアルプログラミング用のwebアプリケーション、AndroidあるいはiOSアプリ
・テキスト類

これらのセット、ということになります。

 

ビジュアルプログラミング言語とは、上記の写真のタブレットの画面内で表示されているように、あたかもブロックを並べてフローチャートを作るかのように組み立てていき、ロボットへの指示を作る、というものです。

例えば、

・IF 壁にぶつかったら THEN 止まる
・前へ2秒進む
・赤いライトを1秒点灯する
・右に旋回する
・前へ1秒進む
・ブザーを2秒鳴らす

みたいな感じです。

 

 

まあ、何というか、楽しそうではあります。

ところで、あるブースの説明スタッフに、「ロボットは、男子は興味を持つだろうけど、女子はどうなんですか?」と尋ねたところ、「女子もリボンを付けたりして楽しんでやってますよ」とのことでした。

うーん。やはり、何か違う気がする。これじゃない感を感じる。
引き続きこの分野については注視していきます。


小中学校の入学式がございました。

先日、2019年4月8日(月)、市内すべての小中学校の入学式がございました。
私は、西小と二中の入学式に出席させていただきました。

 

西小の新入生は、2クラス、68名です。
二中の新入生は、5クラス、181名です。

勉強、スポーツ、その他遊びなど、一所懸命に頑張ってください。

 

201904 西小入学式

西小の正門にて。

桜の花びらが舞い散っていました。

 

201904 二中入学式

二中の、クラス分け発表ボード。

入学式の最中に大粒の雨が体育館の屋根を叩き出し、雹まで降ってきました。


教科書展示会に行きました。

埼玉県 webサイト : 平成30年度教科書展示会の開催について

教科書展示会という催しがあり、初めて行ってみました。

小中学校全ての学年の、全ての科目の、全ての出版社の検定教科書が展示されているイベントです。

誰でも自由に見に行くことが出来ますが、概ね、現役の小中学校の先生がほとんどのようでした。

 

てきとうに幾つか手にとってパラパラとめくってみるものの、正直、チェックすべきポイントがどこにあるのかよく分からん、というのが感想です。

小学校1年生から中学校3年生まで、9年間分の全ての科目の教科書が、それぞれ出版社5~6社分ずつあるわけですから、全て目を通すのは不可能ですし。

 

・過去の教科書と比べて、どう変わっているのか?
・出版社ごとに、どのような違いがあるのか?

というのが、チェックすべきポイントになるはずですが、横に並べて一章ずつ読み比べていかないと厳密な比較検討は出来ません。
そこまで労力をかける気にもなれないし(そもそも過去の教科書は展示していない)、手にとってパラパラめくって、ふーん、なるほど、それにしても暑いなあ程度のぼんやりした感想を抱いただけで終わってしまいました。

 

 

よく話題になるのは、歴史と道徳です。

 

歴史の教科書では、

・鎌倉幕府がスタートした年は、昔、「イイクニつくろう鎌倉幕府」と語呂合わせで覚えた通り、1192年と記述してある教科書がある一方で、定義によって3パターンくらい説がある、という書き方をしている教科書もありました。

 

道徳は、本年度 平成30年度から小学校が、来年度 平成31年度から中学校において、教科化がスタートしております。

「道徳の教科化って、どういう意味?今までも道徳という科目はあったじゃないか」
と思う人が多いものですが、実は、今までは、道徳は教科ではなかったのです。
教科ではない、ということは、クラブ活動や掃除の時間、給食の時間と同じ扱いであり、教育現場の自主的な教え方に委ねられていた、ということです。

教科になったことで、
・文部科学省が定めた学習指導要領に基づいて、全国的に一律のやり方で教えられるようになります。
・教科書は、検定教科書を用いることになります。
・先生が生徒を評価することになります。

ということで、道徳の教科書をめくってみたのですが、正直、自分が小中学生だった30年前のテキスト(当時、他の科目と同じように教科書と呼んでいましたが、実はあれは教科書ではなかったわけです)と同じような感じ。どこがどう違うのか、よく分かりませんでした。

印象的だったのは、命のビザの外交官、杉原千畝氏を扱った教科書が多かったことです。
いじめについて取り上げたものも多くありました。
ネットで拾った画像を勝手に使うのはよくないよ、と著作権を取り上げたものや、友達の画像を勝手にアップしたらよくないよ、と肖像権を取り上げたものもありました。

パラパラめくった程度の比較ですが、出版社による違いもよく分かりませんでした。

少なくとも、教育勅語に準拠しているものはなさそうでした。

明治神宮 webサイト : 教育勅語 日本人にとってなにが「大切なこと」なのかを示された手本

 

 

ということで、このエントリには結論はありません。
撮影は許可制だったので、写真もありません。


小中学校の入学式がございました。

本日2018年4月9日(月)、蕨市内のすべての小中学校におきまして、入学式がございました。

私は、小学校は西小、中学校は二中の入学式に出席させていただきました。

 

20180409_蕨市立西小学校入学式

西小。

新入生は、73名で3クラスでした。
男女比率が、30:43と、かなり偏っています。理由は不明。

正門にて、少年野球チームが勧誘を行っていました。

 

20180409_蕨市立第二中学校入学式

二中。

こちらは、166名で5クラスです。

 

新入生、保護者の皆様、おめでとうございました。

小学生も中学生も、文武両道で楽しい学校生活をお送りください。

 

「友達100人できるかな」という、有名な歌があり、「友達は多ければ多いほど良い」というような一つの価値観というか人生観がありますが、まあ、必ずしもそのようなこともないと思います。

深い付き合いの友達がごく数人だけでもいればよい、というのも一つの生き方、ライフスタイルかと思います。

 

 

また、中学生くらいになったら、自分が本当に好きで、何もかも忘れて打ち込めるような、一生楽しく付き合っていけるようなスポーツ・武道が見つかるといいですね。

小中学校の体育の授業でやるスポーツは、ドッジボール、バスケ、ソフトボールなど団体でやる球技が中心だった記憶があります。
私は球体恐怖症なので球技全般がとても苦手で、なおかつコミュ障なので団体スポーツもあまり好きではなく、体育の授業の時間が苦痛で仕方がありませんでした。
地元の剣友会で剣道も習っていたのですが、小学校中学年くらいから急速に近視が進んで有効打突が入らなくなり、さっぱりつまらなくなってしまいました(今だったら、剣道の面の下に装着できるメガネが製品化されているものと思いますが)。

ちょっとしたきっかけでマラソンを走り始めたのは、二十代も後半になってからですが、「ただひたすら走るだけなんて、あいつらバカじゃねーの」くらいに思っていたマラソンのおもしろさに目覚めて、人生がより豊かで奥行きが深くなったと感じています。


小中学校の卒業式など

さて、既に4月に入り、新年度が始まってしまっているところではありますが、3月末に蕨市内全ての小中学校の卒業式がございました。

私は、それぞれ、地元の二中と西小の卒業式に参加致しました。

卒業式は、卒業生一人一人の名前を読み上げて卒業証書を授与しますので、かなり長時間かかります。また、その後、卒業生、在校生それぞれのスピーチと合唱があります。

20180313_蕨二中卒業式

二中の卒業式。

20180322_蕨西小卒業式

西小の卒業式。
あいにくの雨空でした。

 

卒業生、保護者の皆様、おめでとうございました。
学校・PTA関係者の皆様、お疲れ様でした。


教育センターの日本語特別支援教育を見学。

本年度2017年度より、蕨市の新規事業として、日本語特別支援教育支援員が設置されました。

先日、ご担当のご好意により、教室の様子を見学してきました。

 

日本語特別支援教育について

市内に在住外国人が増えており、小中学校においても、外国人の児童・生徒が増えています。

日本語スキルはまちまちであり、まったく読み書き・会話が出来ない子供もいます。
体調が悪くても訴えられなかったりするそうです。

また、保護者を呼んで話をしようとしても、保護者とも日本語でのコミュニケーションが成り立たないケースがあるそうです。

従来は、小中学校の現場において、学校の先生の頑張りによってどうにかやり繰りしてきたようです。

 

そこで、特に日本語スキルの低い児童・生徒を集めて、集中的に日本語教育を施そう、ということで、本年度2017年度から新たに設けられたのが、本制度です。

DSC_0757

(平成29年度 蕨市当初予算案概要資料より)

教育センターの充実として、総額で5,489千円が計上されています。

DSC_0758

(平成29年度 蕨市予算書より)

5,489千円の内、

2,340千円 日本語特別支援教育支援員
2,980千円 統括相談員
169千円 備品購入費

となっています。

 

 

見学におけるファインディングス

以下、箇条書きにて。

 

開講期間:
毎週 月~水の午前中に開講。

受講生:
市内全小中学校の、日本語スキルの低い児童生徒。
地域・学年はまちまちで、それこそ小1から中3まで一緒に受講する。
国籍もまちまち。日本国籍者もいる(母語が日本語ではない)。

受講生の家庭環境・背景:
中長期的な定住者(定住希望者)なのか、2~3年の短期的な滞在者なのかは不明。体系的な調査はやっていない。

受講期間:
入学・卒業時期は、蕨市への転入時期・日本語スキルの上達度合いに応じて、随時。
基本的には、授業についていける最低レベルが身に付いたら、できるだけ早く学校に戻してやる、という考え方。

教育メソッド・内容:
この日の授業内容は、あいさつ、食べ物・料理の単語とそれを用いた会話、すごろく、五十音など。
起立・礼から始まる、昔ながらの日本の学校のスタイルで、規律正しさ、集団意識、ルールを守る感覚、授業中と休み時間を区別して時間を守る感覚なども身に付けさせる。
机やイスを自分達で揃え、挨拶をしっかりやり、先生の言うことをちゃんと聞く、悪いことをしたらごめんなさいと謝る。
日本語以外は使用禁止。
ハンバーガー、スパゲティなど、外来語についても、日本語チックな平板なアクセントでしゃべれるようにする。(パーリーピーポォではなく、ぱーてぃーぴーぷる。)
これらは、一般的・汎用的な教育メソッド・教材があってそれを使っているわけではなく、手探りでやっている、とのこと。

授業の雰囲気:
子供はまじめで、楽しみながらよくやっている印象。
主の先生に加えて、副の先生もいて、とてもサポートは手厚い。

 

 

所見

単なる語学教室ではなく、日本人のモノの考え方、生活習慣、道徳観も自ずと学べるような仕組みになっているのは好もしい。
先生は優秀な方です。

やはり、短期的な滞在者なのか、中長期的な定住者(定住希望者)なのかは、体系的に調査して欲しい。

この件は、本年2017年3月定例会において、私が一般質問した通り。

hoya_t blog 2017/3/20 : 【蕨市議会】2017年3月定例会一般質問(2) 定住外国人実態調査について

短期的な滞在者と、中長期的な定住者(定住希望者)とでは、必要とする日本語スキルレベルも、必要とする小中学校教育の方法論も、異なってくるものと思う。

短期的な滞在者であれば、留学生として遇するべきと考える。
正しき良き日本人としての価値観に従ってもらう必要はないが、これを学び、母国に持ち帰って伝えてもらいたい。

中長期的な定住者(定住希望者)であれば、好むと好まざるとに関わらず、我が国の生活習慣、モノの考え方に従ってもらう必要がある。
日本国籍者であるならば、愛国心の涵養も小中学校教育の役割である。

他の自治体での事例や、米国のような移民の国での事例についても調べてみたいところ。


入学式がございました。

本日、2017年4月10日(月)、蕨市内のすべての小中学校において、入学式がございました。

昨日は冷たい雨が一日中、降ったり止んだりしておりましたが、今日はそこそこ暖かく、いい感じの天候コンディションでした。

桜は既に満開は過ぎておりますが、昨日までの雨で散らず、綺麗に咲き残っておりました。

20170410_西小入学式

西小の入学式。

20170410_二中入学式

二中の入学式。

みんな、制服はだぼだぼです(笑)

20170410_二中入学式

ドキがムネムネの、担任の先生とクラスの発表。

 

新入生の皆様、ご家族の皆様、おめでとうございます。

 

 

市議会議員は、全員が、市内小中学校の入学式、卒業式には必ず100%出席しています。

その他の儀礼的なイベントは、てきとうに行ったり行かなかったりということはありますが、入学式と卒業式は絶対出席です。

それは、市町村経営において、学校教育が何よりも大事なものだからです。