彩の国さいたま芸術劇場がリニューアル

彩の国さいたま芸術劇場は、令和3年度より84億円をかけて大規模改修工事を行いました。

  • 耐震化
    壊れやすい簡素な吊り天井を撤去して、頑丈な構造の天井に造り直すなど。

 

  • 感染症対策
    換気能力の工場、CO2制御など

 

  • 椅子の座面の更新

が主なポイントですが、これ以外にも細かいものを含めた全面的な改修です。

 

この度、大規模改修工事が完了し、リニューアルオープン直前のタイミングで、自民県議団1期生の会にて視察してきました。

先日の内覧会では、3千人の方々が詰めかけたそうです。

埼玉県民の誇りとなる、素晴らしい劇場です。

PXL_20240216_044230463

西側(駐車場側)の入口。

 

PXL_20240216_044445309

ガレリア。

吹き抜け状の回廊となっています。
日当たりの良く、訪れた日はちょうど晴れていたので、気持ちのいい日差しが差し込んでいました。
火災の際は、排気口にもなります。

 

PXL_20240216_052823965

音楽ホール

 

PXL_20240216_053504600

音楽ホール。

ピアノの音響テスト?プロモーション画像の撮影?をやっていました。

2階席が全面的に作り変えられ、快適になりました。
中央を向き、座面の高さが高くなっており、手すりと視線が干渉しにくくなりました。

 

PXL_20240216_052843446

音楽ホールの天井。

既存の簡素な吊り天井を撤去し、頑丈な構造の天井を新たに造り直しました。

その際に、既存の天井を3Dスキャンして、そっくりそのまま再現したそうです。

 

PXL_20240216_055734408

小ホール

中央を半円状に取り囲む構造となっています。

観客と演者の距離感が近い感じで、実験的な演劇が行われるそうです。

 

PXL_20240216_055551996

小ホール

 

PXL_20240216_053911703

大ホール

椅子のシートが張り替えられました。
ふかふかしていて、気持ちいい座り心地です。

 

13092

最後に記念撮影ぱちり。


奉祝紀元節

紀元節をお祝い申し上げます。

天皇陛下万歳。

 

 

ところで、話は全然変わりますが、つい最近より、調べものの時も、文章を書く時も、ほぼ全面的に生成AIを使っています。

今のところ、各社の無料版のみを使い比べて、何となく自分と相性が良さそうな、

  • Microsoft Copilot
  • Google Gemini

の両方を(どちらかを使い分けているわけではなく、両方同時に)使っています。

この種の生成AIの中では、ChatGPTが圧倒的に有名ですけど、あれはポリシー上、2022年までのデータしか読み込ませていないので、調べものをする際は、まったく使いものにならないんですよ。(今時点では)

 

有料版は使ったことありませんが、無料版と画期的に違うものならば、月額3,000円くらいならば喜んで払いたいです。

 

 

ということで、画像生成機能を無料版の中でもっている、Copilotを用いて、お祝い画像を作ってみました。

 

 

「日本国の建国記念の日をお祝いする画像」で生成してみると、

_8a8ada95-6937-4e55-ab2b-748ce02a6442_29014221-f90a-4483-9107-7cac723d3cae_d2a4dabd-347e-4c60-a0e0-82fc5995e4a1_9337ebb4-e0bb-47a8-895f-9231af21f4cb

びみょうに惜しい!

星条旗が入っているのは何なんでしょうね。
「日本国の~」と指定しているのに。

時季的に桜が出てくるのもおかしい。
お祝い = 桜というイメージなのでしょうか?

 

 

「老若男女、犬や猫までが大勢集まって、明るく楽しそうな表情で、日本国の「建国記念の日」をお祝いしている画像」で作成してみると、

_1547327f-4593-4efe-a2a8-4ca6d7a82fa5_54d46dcf-4721-44df-936a-874ee3cafdd9_a9313df9-f72c-474f-bd04-df80a0556ff3_5d0d8681-8016-472a-88ed-f5b2a4b5351b

うーむ。

4つ目のように、リアリティ追求型のイラストは、やはり不気味ですね。

 

 

もう一度。

_4e277007-4b7c-40c9-bd15-869ed4c81065_cd06eceb-e807-46e2-b5af-66e8df997f95_6e71a570-4538-421a-aaaf-264f9bb2976e_9cfda8d6-a3a6-4c3b-855f-6f121dabac10

旭日旗はギリギリいいとしても、日の丸が4つ入っている旗は何なんでしょうか?

 

 

だんだん気持ち悪くなってきたので、この辺で終わりにしておきましょう(笑)


降雪による県内被害状況まとめ

昨日、令和6年2月5日、午後から降雪がありました。

蕨市でもかなり積雪がありましたが、深夜にはミゾレに変わったようです。

 

降雪による県内被害状況まとめ(本日8時時点の県発表)

県内では最大27.5cm(秩父県土整備事務所)の積雪が観測されました。

 

  • 人的被害
    軽症53名

 

  • 家屋被害
    なし

 

  • 農林業被害
    なし

 

  • 停電
    370軒が未復旧

 

  • 鉄道
    すべて運転再開

 

  • 道路
    高速道路の通行止め
    関越道(本庄児玉IC~練馬IC)
    東北道(佐野藤岡IC~川口JCT)
    常磐道(桜土浦IC~三郷JCT上り)
    圏央道(鶴ヶ島JCT~あきる野JCT)
    外環道(大泉JCT~三郷南IC)
    首都高 埼玉新都心線(新都心西~さいたま見沼IC下り)
    首都高 埼玉大宮線(新都心西~美女木JCT)

    その他県道の通行止め、車線規制は多数あるが、県南ではなし


アフターコロナのマラソン・トレイルラン大会の傾向

久喜市が、市長公約として掲げていたフルマラソン大会の初開催(ハーフマラソンをフルマラソンに転換)を断念することを発表したとのこと。

梅田修一市長は、青年会議所の同期であり、知った仲なので、どのような形であれ、市長公約の実行を断念せざるを得ない状況は、残念に思います。

しかしながら、コスト増要因は広告スポンサー獲得などでクリアできるとしても、現行のハーフマラソンですら参加者数が減っている状況を考えると、強行するよりも開催断念する方が、現実的にはより良い判断だったと思います。

 

 

私は、マラソン、トレイルラン(登山道、林道などを中心とした山岳マラソン)は、2003年に初挑戦して以来、毎月のようにあちこちちょこちょこ参加しております。海外の大会も、北はウラジオストク、平壌から、南はシドニーまで、あれこれ参加してきました。

コロナ禍を経て、マラソン、トレイルランの大会は、かなり変質してきましたので、この際、振り返ってみましょう。

以下は、統計的・学術的な分析ではなく、あくまでも私の印象論です。

※ マラソンとは、厳密には、42.195kmを走る大会のことを指しますが、この稿では、距離を問わず、広義のランニング・ジョギング全般を指すこととします。

 

 

コロナ禍前、我が国ではマラソンブーム

元々、我が国はマラソンに強い国で、マラソンは駅伝と並んで、「観戦するスポーツ」として人気がありました。

 

2007年に初開催された東京マラソン以来、我が国では、「参加するスポーツ」としての人気が高まり、マス層が多く流入してきました。

折からの長期的な経済の停滞により、バブル期に隆盛を極めたスキー・スノボのようなお金がかかるスポーツの人気は低迷し、その代わりに、お金がかからないマラソンが手軽なスポーツとして人気を集めたことが理由だと思います。

東京マラソンは商業的にも成功を収めたため、街興しの材料として新たなマラソン大会を開催する地方が続出しました。

 

マラソンは、ガチで大会を走るならば、毎日のように走ってトレーニングする必要がありますが、東京マラソンのような大規模大会では、「職場のみんなで取り敢えず全員応募して、当選した人をみんなで応援する」みたいな、ガチ勢ではない、ライト層がたくさん流入してきました。

ほとんどトレーニングしていなければ、もちろん、速いタイムは出ないし、まともに走れるのは序盤のみで、中盤以降は延々と足を引きずりながら歩くことになってしまうのですが、それでも関門の制限時間に引っかからない限りは、いつかはフィニッシュできますし、危険はないし、フィニッシュすればそれなりの達成感が得られるものです。

たいしてトレーニングせずに参加した大会で悔しい思いをして、それを契機にどっぷりとハマってしまったような人もたくさんいます。

 

 

トレランは、あくまでもマニアックなごく一部の趣味の世界

山の中を走るのは、最低限の技術も体力も必要です。
危険だし、野生動物・生物もいるし、ケガのリスクも大いにあります。

マラソンのようにランシューズだけがあれば十分ということはなく、それなりのウェアや道具も買い揃える必要があります。

 

マラソンのように緩やかに競技人口は増えていたように感じますが、マス層に広がることはありませんでした。

大会のエントリリストを見ても、10代、20代の参加者はほとんどおらず、若くて30代、平均年齢は30~40代くらいでした。

特に海外の大会では顕著でしたが、参加者やウェアや道具を見ると、それなりの所得のある中流層以上がメインであることが伺えました。

 

競技人口が少ないこともあり、我が国ではプロ選手はほとんどおらず、大会のプランナー、オーガナイザー、あるいは練習会講師などとしてカツカツ食えるくらいのプロが数人いる程度でした。

 

 

コロナ禍で、ほとんどの大会が中止に

人と人との接触が禁止され、忌避されるようになった結果、多くの大会が中止になりました。

走り出してしまえば、参加者同士が接触することはほとんどありませんが、大会運営者は、膨大な準備作業のために集まらざるを得ません。エイドステーションでは、選手に対して飲み物や食べ物を受け渡すので、その際に接触リスクがありました。

 

 

マラソンもトレランも、エントリした大会を目標にトレーニングするものですので、大会がなくなってしまうと、トレーニングする張り合いがなくなってしまいます。

数年間に及ぶコロナ禍の間に、いつの間にか走ることをやめてしまった人はたくさんいたようです。

 

 

アフターコロナのマラソン大会

ライト層が一気に抜け落ちてしまいました。

どこの大会も、参加者数の獲得に苦戦しています。

コロナ以前であれば、参加者募集開始と同時に定員いっぱいで受付終了してしまったような人気大会でも、アフターコロナにおいては、なかなか参加者が集まらず、受付期間を延長するような事態が続出しました。

これが、今の状況です。

 

 

アフターコロナのトレラン大会

一気に参加者層が若返りました。

元々年齢層が高め(私と同世代が中央値だった)でしたが、私の同世代はごっそり抜け、どの大会に出ても、私より若い選手ばかり、という印象です。

前述のように、ライト層が多いマラソンと異なり、トレランはガチ勢ばかりなのですが、ガチ勢といえども、トレーニングを怠っていると、大会に出ることは難しくなりますので、意図せず引退した人が多かったようです。

 

 

トレラン大会は、近年はハイスピード化が進む

また、コロナ禍とは無関係な近年の傾向として、どこの大会でも、ITRAポイントレースに登録することが主流になってきています。

ITRA(国際トレラン連盟)登録のポイントレースで制限時間内に完走すると、完走者はITRAポイントを得られます。

世界的に人気の大会(例えば、我が国であれば、海外からも多くの参加者がやってくる、富士山一周100マイルの、UTMF:ウルトラトレイル de Mt.富士など)は、大会運営に当たっての事故・ケガのリスクを減らすために、「過去◯年間以内に獲得したITRAポイントが▲以上」といった条件を参加申込者に課すことがほとんどです。

ITRAポイントレースになるためには、制限時間がゆるゆるではなく、厳し目に設定しないと登録できません。

そのため、コロナ禍においてまともに山でのトレーニングできていなかった私の同世代は、加齢による衰えもあり、大会に出ても完走できなくなってしまい、一気に引退してしまったものと思います。

 

私なんかは、正直、UTMFも既に2回完走しているし、ITRAポイントなんかどうでもよく、他の選手と比べての順位も気にしないし、気持ちよく走って完走できればそれでいいのですが、そのようなゆるい大会が少なくなってしまいました。途中の関門で時間切れになり収容車に回収されてフィニッシュ会場に運ばれていくのは、悲しい。

 

 

今後

ということで、このエントリにオチはないのですが、私もコロナ禍明けに多くの大会が再開されて、喜び勇んで参加したものの、加齢の影響もあって走力が大幅に衰えており、関門時間切れとなってしまった大会が多く、かなり落ち込んでおりました。

DSCN0122

しかしながら、まだまだしばらくは頑張ろうと思っています。


今年は、多くの新年会が復活

「あれ?コロナって何年目だっけ?」

と、そろそろ数えられなくなりつつあるくらい、すっかりこのアフターコロナの生活が定着してきました。

答えは、5年目です。

丸4年が経ったということになります。

 

2020年正月~春 パンデミックが発生
2023年5月 感染症法上の扱いを、2類→5類 と変更
2024年1月 ←今ここ!

 

今年の正月は、すっかり新年会が元通りに復活してきました。

 

蕨市内の町会の新年会

町会の新年会については、元通りに復活したところと、 今年も引き続き開催を見送ったところと、まちまちであります。

2021年正月から4年間に渡り開催見送りが続いたので、このまま恒常的に廃止になってしまいそうな町会もあるようです。

 

ご案内をいただいた町会には、ご挨拶に伺っております。

だいたい土日に行われ、時間帯も重なることが多く、そのような際は最初から最後まではいられないのですが、ごくわずかな時間でも伺うようにしております。

S__84713513_0

中央七丁目自治会の新年会にて。

下蕨公民館です。

 

S__84713511_0

塚越7丁目町会の新年会にて。

場所は、某居酒屋です。

 

 

各業界団体の新年会

蕨市内の業界団体、あるいは県内の業界団体の新年会にお招きいただいた場合も、公務と日時が重ならない限りは、すべて出席させていただくようにしております。

だいたい平日に開かれることが多いですね。

060111蕨戸田歯科医師会新年会(4)

蕨戸田歯科医師会の新年会にてご挨拶申し上げました。

 

PXL_20240111_070521401

埼玉土地家屋調査士会の新年会にて。

 

PXL_20240111_081332658

埼玉県社会保険労務士会の新年会にて。


防災グッズに、歯磨き用品を入れよう

たまたま見ていたテレビジョンのニュース番組にて、令和6年能登半島地震の避難所の様子が映っていました。

 

被災者に向かって、歯科医師が、

「ちゃんと歯磨きしてますか?」

と語りかけて回っているシーンでした。

 

 

着の身着のままで避難してきた多くの被災者の中には、歯磨きセットを持っておらず、自宅は倒壊・火事で炎上してしまって危険なので取りに帰れない、という方もいるでしょう。

 

 

水が不足する中で、歯磨きしない被災者も多いのだと推測します。

たしかに、水不足なのであれば、飲み水の確保が最優先です。

幾つかの避難所では新型コロナウイルス感染症、インフルエンザなどの感染症が発生しているようですので、水は、手洗いやうがいに使うことを優先するべきであって、歯磨きなんて後回しだ!2,3日歯磨きしなくても死にはしない!と考える人も多くいることともいます。

 

 

しかしながら、虫歯や歯周病は、ただちに生命の危機に直結するものではないものの、中長期的には健康を蝕み、QOLを低下させるものですので、決して非常時だからといって省略していいものではありません。
そして、避難生活がどれほど長く続くことになるかも、まだ分かりません。

うまく磨けば、それほど大量の水を使うわけでもありませんし。

 

 

そう言えば、蕨市議会での12年間の活動の中で、議会で防災備蓄について取り上げられたことは何度もありますが、備蓄品として、歯磨きセットが言及されたことは、私の記憶の範囲では、一度もないのですよ。今、蕨市議会の議事録をざっと検索してみたのですが、たしかに一度も言及されていませんでした。

飲み水、食べ物、毛布、発電機、おむつ、女性用生理用品、医薬品などは、もちろん何度も言及されてきましたし、当然ながら、しっかり備蓄されています。

 

 

ということで、心配になってあれこれ調べたところ、

蕨市webサイトのこちらのページに、防災備蓄品のリストが掲載されています。

このリストによると、市内の各防災備蓄倉庫の合計で、歯ブラシセット 16,200セットが備蓄されているとのこと。

ひとまずは安心ですね。

 

しかしながら、この種の身の回りのものは、「まずは自分で用意する」自助が大原則です。

公助 — すなわち、自治体が用意する備蓄品は、家が倒壊・水没・炎上してしまった、取りに帰ることも出来ない、という人のために提供されるものです。

まずは、ご自宅の防災グッズセットの中に、歯磨きセットが入っているか確認してみましょう!


埼玉県立高校のエアコン代は、今は保護者負担

これ、知っていましたか?
私は、知りませんでした。

埼玉県内の県立高校のエアコン代は、イニシャル/ランニングともに学校負担ではなく、保護者負担とのことです。

金額は学校によってまちまちなのでしょうが、ある県立高校の事例では、月額1,000円程度とのことでした。

先の県議会定例会(令和5年12月定例会)の一般質問で取り上げられたテーマの一つでした。

 

 

県外に目を向けてみると、全国的には公費負担への切り替えが進んでおり、今日においては公費負担をしていないのは、埼玉県の他、鹿児島県、岡山県、北海道の4道県のみとのことです。

 

 

近年の温暖化、夏の猛暑化によって、エアコン(冷房)はもはや贅沢品ではなく、生命を守るための必需品となりました。

県議会においては、以前から(私が当選する前から)エアコン費用負担の公費への切り替えが求められていたとのことです。

 

この令和5年12月定例会では、教育長より、

「学校設置者の県が負担することが望ましい」と答弁をし、公費負担への切り替えに向けて、各学校のエアコン設置状況や契約内容について調査を始めているとのことです。

時期については明言しませんでしたが、いずれ公費負担に切り替えられるものと思います。

 

 

尚、蕨市内の市立小中学校は、すべてエアコン設置済みですが、もちろん保護者が負担することはありません。