自民党総裁選が始まってます。私は高市早苗氏を支持。

令和3年(2021年)9月17日より、私が所属している自由民主党の総裁選が始まっております。

投開票日は9月29日です。

議院内閣制の下での与党第一党の総裁ですので、自動的に総理大臣になります。
(現時点では11月と予想されている総選挙後は、どうなるかは分かりませんが)

 

 

我が自民党は、その名の通り、そして、綱領を紐解くまでもなく、「自由」に最も高い価値を置く政党でありますので、党員の皆様は、自分自身で情報を集めて、よく考えて、誰に投票するかを判断すればいいのではないかと思います。

 

私は、国家観、安全保障政策論、経済政策論についての考え方が最も近い、高市早苗氏を支持し、投票するつもりです。

正直、政治手腕とかマネジメント力とか人物とかはよく知らないし、高市氏が掲げている金融所得課税強化には強く反対しますけど。

 

 

今の時点での、私の見立てでは、過半数を取る候補はおらず、1位:河野太郎氏、2位:岸田文雄氏の決選投票になるのではないかと予想します。

一党員である私には、決選投票における投票権はありませんが、決選投票では岸田氏を心の中で応援したいですね。ここは消去法です。

 

 

私が、河野太郎氏をなぜ支援できないか?というと、反原発、女系天皇容認という、従来から掲げていた自らの考えを、総裁選立候補にあたり、当選に向けての障害になると考えて封印し、原発再稼働容認、女系天皇反対と自らの本心とは反することを唱えているからです。

誠にやりたい政策を実現するためには、権力を握らなくてはならず、そのためには、多少の妥協をすることも必要です。

来年の予算をどうするかといった程度の小さなテーマならば、ある程度妥協してもいいでしょう。

しかし、
エネルギー政策論は、天然資源を持たない我が国にとっては、国家百年の計です。
皇室の在り方論は、国家百年どころか、一度女系天皇の出現を許してしまえば、神武以来の皇統が断絶し、新たな王朝が開闢することとなり、元に戻すことは出来ません。国の存立に関わる、最も重要なテーマです。

権力を握るために、このような重要なテーマで自らの本心をねじ曲げる方は、総理総裁としてはふさわしいとは思えません。

 

野田聖子氏は、夫君が反社(元ヤクザ)なので、一国会議員程度ならばそれでもいいかもしれませんけど、まあ、総裁候補としてはそもそもアウトですね。


ウィズコロナ時代に向けて、今は「コロナ禍の有事体制」という認識からのエグジットを目指そう。

「コロナ禍」が始まってから、1年半が経過

なんやかやで、もう1年半も経つんですよ、この有事体制に突入してから。

 

私は、マラソンやトレイルランが好きで、(beforeコロナ時代は)ほぼ毎月のように各地のレースに参加していたのですが、

振り返ってみると、

 

昨年、令和2年(2020年)1月中旬
ヤンゴンマラソン(フル)に参加、完走。
この頃には、普通に海外旅行できましたし、まだ誰もマスクはしていませんでした。
「チャイナで未知の新たな感染症か?」といったニュースがちらほら出始めていたはずですが、我が国にも春節休みの中国人がたくさん訪れていました。
そう言えば、クーデター前のミャンマーは普通に賑やかで穏やかでしたねー、当時は。

202001 Yangon marathon

1月だけどけっこう暑かったです(当たり前)。

202001 Yangon marathon

レース途中でアウン・サン・スー・チー邸前で記念撮影(笑)

 

 

令和2年(2020年)2月下旬
ウラジオストク アイスラン(ハーフ)に参加、完走。
街中では、まだマスクをしていない人もたくさんいました。
まだぎりぎり海外旅行は出来ました。
露国は、ちょうど中国人の入国が禁止された直後で、レースには中国人は参加していませんでしたが、日本人、韓国人などはたくさん参加していました。
博物館を訪れたときは、スタッフに「マスクしてくれ」と言われましたが、「あ、忘れた」と答えると、「まあいいよ」とそのまま通してくれました。

202001 Vladivostok ice run

凍った海の上を走るレース。しかも、雨だった(笑)

202001 Vladivostok ice run

ロシアのちっちゃい子はすごくかわいい!

202001 Vladivostok ice run

リアルロシア軍の炊き出しを食べる機会なんて貴重ですね(笑)コンビーフと麦類の混ぜもの。クソまずかったですww

 

海外旅行出来たのは、令和2年(2020年)2月が最後でした。
今はもう、私のパスポートは期限切れてしまいましたが、次に海外旅行出来るよういなるのは何年後になるか十何年後になるか分からないので、更新せずにそのまま放置しています。

 

令和2年(2020年)3月中旬
南房総みちくさウルトラマラソン(ウルトラ)、中止。

これ以降の大会は、ほぼ軒並み中止です。
尚、この時期のレースは、ほとんどエントリフィーは返ってきませんでした(泣)

今年に入ってからの大会は、中止になる可能性が大きいという前提で募集開始するので、中止になったら半分ほど返ってくることが多いです。

 

令和2年(2020年)秋頃から最近までは、

概ね、

参加者数数千人以上規模の大きな大会(例えば、東京マラソンのような)は、全国各地(beforeコロナ時代であれば、海外からも)から大勢のランナーが、観光を兼ねて泊まり込みでやって来ることが前提となっているために、ほぼ全て中止です。

参加者数、せいぜい2~400人くらいの小規模な大会、かつ、ショート距離の大会(運営側が、設営から撤収までが日帰りで完了できるくらいの長さ)であれば、決行されることもあり、私も幾つか参加しました。

この場合も、スタートは、5人ずつ、15秒間隔のウェーブスタートなど、密を避けるための工夫をこらしてあります。

スタートまではマスク必須で、走行中は外してもokというルールとなっていることがほとんどです。

エイドステーションでは、アルコール消毒をした上でマスクを装着します。
飲み物、食べ物は、ほぼ全て個包装してあります。
運営側の手間は、beforeコロナ時代と比べると、遥かに大きいでしょうね。

ミドル距離以上などになると、スタッフを2交代制にしたり、スタッフが泊まり込み前提となってしまうために、密を避けた運営がより困難になるために、早々に中止を決定することが多いようです。

 

ということで、前置きが長くなりましたが、

いわゆるコロナ禍が始まったのは、昨年、令和2年(2020年)3月頃であります。

ほぼ1年半が経過しました。

 

 

 

afterコロナとかニューノーマルとか、日々の暮らしとは無関係だと思われていた

コロナ禍が始まった、令和2年(2020年)3月以前を、beforeコロナと呼んだりします。

コロナ禍によって、人々の価値観、社会の仕組みが、変化を迫られ、今後、新型コロナウイルスが収束したとしても、beforeコロナと同じように元に戻ることはありません。

そこで、新しい価値観、社会の仕組みの世の中を、afterコロナとかニューノーマルと抽象的に呼ぶようになりました。

 

これらは、マクロの話であって、

マクロの話と、ミクロの話–私達の日々の暮らしの話は、まったくの別モノであり、「私達の日々の暮らしは、beforeコロナと同じように戻る」と、どこかで考えていた人が多いのではないでしょうか?

 

2021年春ころまでの認識

 

ワクチン接種が進んで、集団免疫を獲得すれば、

・感染リスクはゼロに近くなる。
・外出時のマスク装着は不要になる。
・2週間の入国後の隔離なしで、海外旅行が出来るようになる。
・宴会も会食も出来るようになる。
・学校では、修学旅行や運動会が出来るようになる。
・友達とBBQや鍋をして、自箸でつつき合って酒を飲み、ツバを飛ばしながら笑い合えるようになる。
・仲間とカラオケに言って大声で熱唱出来るようになる。

と。

 

我が国におけるワクチン接種が始まった、今年の春頃には、そのように楽観的に考えていた人がほとんどだったのではないかと思います。

 

私も、そう思っていました。

ワクチン接種すれば感染リスクは限りなくゼロに近くなり、集団免疫を獲得すれば、日々の暮らしはbeforeコロナと同じように戻るだろう、と。

 

 

 

日々の暮らしも変わり、元に戻らないかも?

ところが、ここ最近になり、極めて強い感染力をもったデルタ株の感染が拡大するにつれて、ワクチン接種が済んでいても感染する人が増えてきました。

 

「私達の日々の暮らしは、beforeコロナと同じように戻る」という楽観論はすっかり影を潜めてしまいました。

ウイルスは、今後も変異を繰り返し、ワクチン接種が進んだとしても感染リスクは下がらないのではないか、という疑いが出てきました。

 

 

もしかしたら、

「私達の日々の暮らしは、元に戻らないのではないか?
いろいろなものをガマンしなくてはならない生活が、今後も続くのではないか?」

というように、認識が変わってきたのではないかと思います。

 

afterコロナニューノーマルという言葉の意味が、変質したと言ってもいいでしょう。

 

2021年9月、今の認識

・ワクチン接種しても、感染リスクはなくならない。
・今後も、外出時にマスクは手放せない。
・海外旅行は、ビジネス出張以外は事実上不可能。
・宴会も会食も不可能。
・学校では、修学旅行や運動会は不可能。
・BBQや鍋は廃止。
・カラオケは不可能。
・ワクチン接種は、インフルエンザワクチンと同じように、これからは、その時期に流行しているウイルス株に対応したワクチンを毎年受けなくてはならない。

といった世の中がしばらく続くのではないか?と。

 

 

 

いつ、日々の暮らしが元に戻るのか?

これはさっぱり分かりませんね。

3年とか、5年とか・・・10年とか続くのではないか?と、いろいろな意見を言う人がいますが、専門家にも予見不可能なのではないでしょうか。

 

中世のペスト禍の歴史を振り返ってみると、パンデミックの期間については諸説あるようですが、wikipediaを参照(笑)すると、

第2次パンデミックは、A.D.1331年-1855年までの524年間、
第3次パンデミックは、A.D.1855年-1960年までの105年間、

続いた、とのことです。

医療レベルも、初等教育の普及度合いも、水道などの社会インフラの整備率も、もちろん今とはまったく異なりますけど。

 

まだ、先が見通しにくいのですが、

いつまでかは期間は分からないが、今のコロナ禍の有事体制における、ガマンを強いられた窮屈な日々の暮らしが、今後何年間か、何十年間か続く可能性がある、ということを与件として考えた方が良さそうです。

 

 

 

「コロナ禍の有事体制」という認識からのエグジットを

今の「コロナ禍の有事体制」は、あくまでもいつかは平時に戻るということが前提となって考えられてきましたが、この状態が、今後の平時=ノーマルになる、と考えなくてはならないのです。

 

(ビジネス目的ではない、遊びの)海外旅行は出来ないし、学校では修学旅行も遠足も運動会も出来ないし、友達や仲間とBBQや鍋もカラオケも出来ない、そんな暮らしが、今後何年か、何十年か続くかもしれない。

でも、それって仕方ないです。

今となっては、もう元には戻りません。

それを前提として、海外旅行以外の楽しみを見つけたり、学校では修学旅行や遠足や運動会に変わる、同じくらい楽しくて教育効果が高いイベントを考えたり、BBQや鍋やカラオケに変わるような何かを作り出していくしか無いんじゃないですかね?

 

(あくまでも、今後の起こりうる未来シナリオの一つとして)

私もまた、大規模なマラソン、トレランレースは今後は開かれないし、海外レースに参加するなんて夢の話なので、新しい楽しみを探すしか無いと思ってます。

次に海外に出られるときは、おじーちゃんになっているかもしれないし、あるいは、それどころか、もう二度と海外に出られることはないかもしれません。

友達とだらだら酒を飲みながらBBQや鍋をやるのは、生きている間は無理かもしれません。

 

 

 

 

 

まあ、個人的には、前向きに考えてます。

これって、新しいイノベーションを目の当たりにする、数世紀に一度くらいの絶好の機会です。不謹慎ですけど、そのように前向きに考えないとやってられないですよね。


東京オリンピック終了

昨日、令和3年(2021年)8月8日、東京オリンピックが閉会しました。

 

足元では国内における新型コロナウイルスの感染拡大、医療資源の逼迫が続いておりますが、オリンピック開催との因果関係については何とも言えません。

いわゆる感染防止のためのバブル方式などは、ちらほら伝え聞くところによると、運用レベルでは全然うまくいっていなかったようですが、少なくとも、選手、運営、ボランティアの間でのクラスタ発生は起きていないようです。

「復興五輪」にも「人類が新型コロナウイルスに打ち勝った証」にもなりませんでしたが、まあ、概ね、単体で見るとオリンピックそのものは成功裏に終わったと、当面のところは評価していいのではないかと思います。

 

自転車オムニアムで梶原悠未選手が銀 アクシデント続出の中(FNNプライムオンライン) – Yahoo!ニュース

東京オリンピック最終日に、快挙達成。 自転車競技で、梶原悠未選手(24)が日本女子初となる銀メダルを獲得した。 【画像】日本女子史上初のメダル獲得! 喜びを母とともに 競技の全てが詰まった過酷なワンデイマッチ。 観客およそ900人、最前列に陣取るのは母・有里さん。 最初の種目で、観客席がどよめいた。 落車をまぬがれた梶原選手は、2位でゴール。 そして3種目め、周回ごとに最後の選手が脱落するエリミネーションで、梶原選手が抜け出した。 抜群のスタミナと確かな戦略眼で、サバイバルレースを勝ち進んだ。 総合2位を守った梶原選手。 最後の種目は80周、20kmのポイントレース。 レース終盤、梶原選手に思わぬ落とし穴が待っていた。 残り9周で、まさかの落車。 心配そうに母・有里さんが見つめた。 梶原選手はすぐにペダルを踏みレースに復帰。 瞬発力と持久力、そして精神力を尽くす過酷な闘いを制した梶原選手。 日本女子史上初めてのメダリストが最初に駆け寄ったのは、母の元だった。 梶原悠未選手「(母に)金メダルを取れなくてごめん。でも本当に、今までありがとうと伝えました」 FNN

個人的には、自転車オムニアムで梶原悠未選手が銀メダルを獲得したのが嬉しいです。

面識ありませんし、自転車オムニアムなる競技種目がどんなものなのかもよく知りませんが、筑波大チャリ部の後輩であり、とても誇らしく思います。

 

 

また、オリンピックと全然関係ありませんが、

TJARが台風接近のため、開催3日目ながら中止が決定されたとのことで、選手や関係者の心中を察するととても残念に思います。


自民党蕨支部の今年度総会は「書面総会」に

自民党蕨支部から、書面総会の案内が届きました。

PXL_20210709_064211041

コロナ禍の渦中であった昨年度も、会場で開催したのですが、今年は「書面総会」になりました。

 

コロナ禍のため、昨年度、今年度と、多くの地域コミュニティ組織や各種団体が、年に一度の総会を、会場に集って行うことをせずに、「書面総会」としています。

 

 

 

書面総会の正しいやり方について

自民党蕨支部の場合であれば、

上記写真のような総会資料 + 議決権行使書のハガキ

が配布されています。

mosaic_20210709164956

ハガキの賛否どちらかにマルをつけて返送することで、議決権を行使する、という仕組みです。このハガキには、「議決権行使期限」が記されており、この日までに返送しない場合は無効となります。

これが、「書面総会」の正しいやり方だと思います。

 

 

ところが、このコロナ禍における、多くの団体・組織の「書面総会」のやり方としては、

総会資料 +「今年は書面総会です」という通知文

のみしか送られてこず、議決権行使ハガキが同封されていない場合があります。

このやり方だと、議案に対して賛否を示すことが出来ないわけで、団体・組織の総会として、法的に、あるいは慣習的に、有効とみなすことができるのだろうか?

後日、総会決議不存在あるいは無効として裁判を起こされて、勝てるのだろうか?

 

 

というのが、私の素朴な疑問なのですが、今のところ、この種の「書面総会」に事務方として関わったことはないので、疑問を解決せぬまま今日に至っておりますw

 

 

令政クラブニュース号外版

PXL_20210709_064218921

一連の書類の中に、こんなのが同封されています。

私が所属している、蕨市議会の自民党系会派「令政クラブ」の号外です。書面総会資料に同封するだけのために、ささっと手作りで著したものです。

Microsoft Publisherで、私が作りました。

このソフト、初めて使ってみたのですが、意外と面白いですね。


蕨市を聖火リレーが通る

本日、令和3年(2021年)7月6日、蕨市内を東京オリンピック聖火リレーが通りました。

torch

私はもちろんインターネットのライブストリーミングを見て応援しました。

 

2日前の茨城県内にて、聖火ランナーに水鉄砲で液体を発射して妨害行為を行うという事件があったばかりでしたが、この日の蕨市・戸田市内でのリレーは、無事に終了したようです。

 

関係者の皆様、お疲れ様でした。

 

それにしても東京オリンピック、ほんとにやるんですね?

未だに実感がないのですが、ほんとにやるんでしょうか?

新型コロナウイルス感染拡大防止のために、多くの地域行事、学校行事が軒並み中止続きの中で、オリンピックを開催する理屈が今ひとつよく分からないです。優先順位の付け方がおかしいのではないかと。少なくとも議論を経た上で意思決定が為されたのであれば、従うこともやぶさかではありませんが、そのような経過をたどったわけでもないし。


片品村の武尊Skyrun

本日、令和3年(2021年)6月27日、蕨市が相互防災協定を締結している、友好都市である群馬県片品村で開催された、武尊スカイランに参加し、片品村の方々と友好を深めて参りました。

片品村と蕨市とは、それぞれの地で自然災害が発生した時に、お互いに助け合うという関係です。

https://hotaka-skyrun.com/

私が出走したのは、extremeの部で、23km、1,500mD+というスーパースプリントでした。

 

この種のイベントは、観光振興を一つの目的としているので、昨夜は片品温泉の宿に前泊予約を入れており、とても楽しみにしていたのですが、急遽、地元で夕方に用事が入ってしまい、泣く泣く宿予約をキャンセルしました。前日夜遅くに現地入りし、道の駅尾瀬かたしなに車中泊しました。

この道の駅、すごく快適です。できたばかりなので綺麗だし。トイレはもちろんウォシュレットだし、湧き水が飲めるし。

 

DSCN0025DSCN0029DSCN0032DSCN0033DSCN0034DSCN0037