サウナで街おこし?

4日前の日経の記事。

世の中全般的にサウナブームなのは知ってますけど、サウナで街おこしって、すごく違和感があります。

 

街おこしには、

・内向けの街おこし
— その街の住民を対象として、街への愛着、誇り、満足度の向上、街の中での人の交流・商取引総額の向上を目指すもの

・外向けの街おこし
— その街の外の人を対象として、認知度向上、観光目的での来訪促進、移住促進を目指すもの。

の2種類があるわけですが、

 

この記事で言及しているのは、「外向けの街おこし」です。
その街のサウナ関連産業に対して、行政が支援をして(お金を出す、など)、主に観光客を中心とした来訪者増を目指そうというものですね。

 

・山、海、川などの自然
・神社仏閣、城跡、古墳などの歴史的遺物
・温泉街、古都、商店街などの、街並み
・展望塔、桜並木、温泉施設、急流の川下りなど、自然ではなく人工物・人手によるサービスでありながらも、その場所でしか体験できないユニークなもの
・うどん、ラーメン、新鮮な海鮮など、歴史的、自然環境的な条件を背景として、その地域に集積した食べ物

などを、観光資源と見なしてして、これに行政が支援をして、関連産業の育成や拡大を図るのはいいと思うんですよ。

 

これらは全て、その地域でしか体験できないユニークなものだから。

その地域にユニーク unique = その地域だけの固有の
というところが、ポイントです。

 

 

しかしながら、サウナはその地域ユニークな施設・サービスではないのです。

たまたま何らかの理由で、サウナ施設がその地域に集積することはあるかもしれないが、それを税金を使って支援することには、合理性はない。

 

 

 

 

サウナが流行っているから、サウナ関連ビジネスを税金使って支援しよう、という発想はあまりにも安直。

ブームが去ったらあっという間に死屍累々ですよ。

 

別府

個人的には、温泉大好きです。

2021年12月、別府の某 野湯。

地元の温泉好きがボランティアベースで管理してくれている。

こういう温泉は、逆に、行政には支援してほしくないですね。あまり人に知られてほしくありません。よそ者としては勝手な考えですけどね(笑)


賃上げのトリクルダウンをどうやって実現するか

今年の春闘は、多くの企業で、けっこうな賃上げが実現しそうです。

コストプッシュ型という悪いタイプながらも、インフレが進行しているということと、構造的な人手不足が続いているということが理由と言えるかと思います。

 

統計的なデータは見つかりませんでしたが、新卒初任給もじわじわ上がっているようです。

ここしばらく、マス広告で、コンシューマ向けではないB2B企業による、イメージ広告のようなものが増えてきました。かつてバブル期によく見かけた「やわらか頭してます」みたいな類の広告ですw

これもまた、人材市場における人手不足によるものです。

 

 

しかしながら、当面は、賃上げは、大企業に留まるでしょう。

 

 

これからの課題は、賃上げをいかにして中小零細企業にも広げていくか、
言わば「賃上げのトリクルダウン」です。

これを、政策的にどうやって後押ししていくか。

これは、国政レベルではなく、都道府県、市町村といった地方レベルでも、できることはあるのではないかと思いますね。

それは、おそらく、賃上げを行った民間企業に向けたインセンティブ付与政策という形になります。

まだjust課題認識といったところで、具体的な政策案に落とし込むのはまだ先の話ですが、この課題認識は、持ち続けていきたいと思っています。

 

 

逆に言うと、これらは結果として、賃上げを行わない(賃上げを行う体力がない)企業に対して、市場からの退出を緩やかに促していくことになります。


NPO法人わらび市民ネット 創立10周年記念式典がございました。

本日、2023年1月21日(土)、蕨市立文化ホールくるるにおきまして、

NPO法人わらび市民ネット
創立10周年記念式典

がございました。

10周年おめでとうございます。

 

同NPOは、蕨市内で活動する、ボランティア団体、地域コミュニティ団体、趣味のサークル等の運営支援を行うほか、

「○☓をやりたいな~、一緒にできる仲間がほしいな~」というニーズと、各団体のシーズとをマッチングする機能を提供しています。

また、そのための拠点として、くるる1階に「わらびネットワークステーション」というオフィスを運営しています。
これは、蕨市との協働事業です。

協働事業というのは、一般的な商取引の受発注関係とは異なり、また、共同で出資をするという意味でのJ/Vとも異なり、民間団体の提案により市がお金・オフィス・その他の何かを提供して、対等な関係で共同事業を行うものです。

 

20230121 NPO法人わらび市民ネット 創立10周年記念式典

市議会議長としてお祝いのご挨拶をさせていただきました。

同僚の古川議員が撮影してくれたもので、たまたま拳を握りしめている瞬間の写真ですが、もちろん、選挙演説をしているわけではありません。

 

私見ですが、

既に、町会などの地域コミュニティ団体では役員のなり手がおらず、民生児童委員、保護司などの公的ボランティアにおいても引き受け手がいなくて、困っています。

中小企業においても、十分に商内が回っているにも関わらず、経営者の後継者が見つからなくて廃業に至るケースが増えています。

今後、各種ボランティア、趣味のサークルにおいても、同様に、創業メンバーでもある役員が高齢によってリタイアするとともに、多くの会員がいて、活発に活動しているにもかかわらず、役員のなり手がおらずに、惜しまれつつ解散を迫られるケースが増えていくのではないかと思料します。

現に、私の地元でも、某シニア層向けハイキングサークルがあり、それはそれは毎月あちこちにハイキングに出かけて、宴会でカラオケに興じて活発に活動していたのですが、創業メンバーでもある役員が高齢により足腰が弱ってくるとともに、役員の引き受け手がおらずに解散に至ってしまった、というケースがありました。

これは、とても残念なことです。

人は、おおむね、同世代の人たちといる時に、リラックスして楽しい気持ちになるものですから、なかなか新しい若いメンバーというのは入ってこないものなのです。

このような事態が生じないように、何らかの支援を行っていくことを期待申し上げたいと存じます。

 

 

PXL_20230121_062152777

第2部は、蕨市出身で、市民活動についての政府委員、大学講師などを務める永沢映氏の講演でした。

ネスト赤羽のインキュベーションマネージャーもやっておられるそうで、今はなき荒川区の西日暮里スタートアップオフィスの出身者として、ぐっと親しみを感じました。
ともに、東京都特別区が運営する(運営していた)行政系インキュベーション施設ですね。

 

このパワポの中で、謎なのが、和楽備茶漬け

これ、何なんでしょう?

以前、市外の同僚に「おれ、蕨に住んでんねん」という話をしたら、「あ、お茶漬けの街だね?」と返されて、びっくりしたことがあるのです。

蕨茶漬けなんて、蕨市に住んで20年くらい経ちますが、見たことも聞いたこともありません。なぜ、市外に住む同僚が知っていたのか、謎は深まるばかりであります。


自民党の公認證を受け取るなど

本日、令和5年(2023年)1月16日、浦和の、4階建てながらもエレベーターがないというレトロな建物の自民党県連にて、4月の埼玉県議会議員選挙に向けて、公認候補への公認証授与式がございました。

PXL_20230116_040437133

埼玉県議会議員というと、定数:93なので、自民党の候補は、50人くらいいるようです。

さすがにこの人数なので、一人一言ずつ自己紹介とか、当選に向けての思いを語る的なコーナーはありませんでした。一人1分ずつしゃべるとしても、50分もかかってしまいますから。

多くの方が現職なので、当然ながら、お互いに知っている人ばかりで賑やかな中、新人であり、知り合いもほとんどおらず、人見知りの私は、それなりに新人ぽくハキハキ感を出しながら頭を小刻みに下げて恐縮しつつ「先輩たち、すごいなあ。僕も、こんな風になりたいなあ」的に頑張って振る舞いました。

 

 

この業界は、年功序列ならぬ、当選期数序列の世界なので、首尾よく当選したとしたら、1期目の新人、ということにになります。

 

 

私は、2000年前後のいわゆるドットコムバブル期に勃興した、言わば新興の業界であるネット業界では、超ベテランの最古参、最古老と言ってもいいくらいの世代であり、市議会議員としても3期12年間務めてきて、もはや中堅の世代なのに、これから再び一から新人としてやり直しなのか、と考えると、不思議な気もするのですが、まあ、そういうものです。

 

 

私の座右の銘は、夫子の道は忠恕のみ。です。

忠は、「主君に対する臣下としての忠」ではなく、自らの心に対してまっすぐ、忠実であること、すなわち、真心のこと。

恕は、思いやり、の意味です。

これ、けっこう難しいです。
単なる心がけだけの問題ではないので。
具体的な行動を伴わないといけないので。

全ての人、全ての物事に対して、同時に完璧に忠恕であることって、ほとんど不可能に近いのではないかと思うんですよ。

こちらに対して忠恕であれば、あちらに対しては忠恕ではなく、その逆もまた然り、といったように。

しかしながら、少なくとも、全方向に対して忠恕であるように努力する態度というのが、まずは大切であり必要だと思います。

 

 

3期12年の市議会議員生活では、この業界の中で、忠恕とはかけ離れた、様々な考えの人を見てきました。もうびっくりするくらい、想像もつかないくらい、いろいろな考え方をする人がいて、もう本当にびっくりして今でも信じられないくらいなのですが、具体的なことをここに書くのは止めておきましょう。
もちろん、特定の誰かを批判する意図はありません。

 

 

政治家は、忠恕の心を持って仕事や人と向き合っていかないとあかんと思うんですよね。
でも、そう考えていない人も多いんですよ。
それどころか、忠恕なんて間違っている、と信じている(はっきりそのように明言しないまでも、そう考えているとしか思えないような)人も多いんですよ。
まあ、それも一つの見識であり、生き方なのかもしれませんけど。

もし仮に、市議として、本年6月の市議選に出て4期目の当選をすることができていれば、議会内でも中堅どころか、ベテラン、古老という階層に突入しているはずであり、そうなれば、後進に忠恕の心を説いていく立場になったことと思います。

 

 

私は、このたび、4月の県議選に転じることを決意し、冒頭述べたように自民党からの公認も受けました。

ちょっと気が早い話ではあるのですが、圧勝して県議となった場合も、県議会にどういう人達がいるのかはさっぱり想像がつきませんが、私の道は忠恕のみであります。


蕨市あいさつ交歓会がございました。

新年、明けましておめでとうございます。

昔聞いたラジオ番組で、その番組のDJが、1月も下旬なのに、しかも既に年が明けてから何度目かの番組なのに「明けましておめでとうございます」と挨拶していて、その理由を、「1月は、会うのが何回目であってもおめでとう、って言う。めでたいから。お互いにハッピーになれていいじゃないか」と説明しており、ああなるほど、そりゃいい考えだ!と納得するものがあったので、私も1月中は何度でもおめでとうと言うことにしております。

おめでたいですね。今年もよろしくお願いします。

 

昨日、令和5年(2023年)1月4日は、市議会議長として、市職員仕事初めの式で挨拶をさせていただいたのに引き続き、蕨市民会館にて開かれた蕨市あいさつ交歓会にて挨拶させていただきました。

同僚の前川やすえ議員が動画撮影してくれたので、youtubeにアップしてみました。

うさぎ年の令和5年は、古いコンパクトな殻を打ち破り、うさぎのようにピョンピョンピョーンと大きくビッグに飛び跳ねて、新しい明るい蕨市を作っていきましょう。

 

 

あらかじめ言い訳しておきますが、私は、コンテンツ配信を商っておりましたけど、コンテンツクリエーターではないのですよ。立ち位置としては、あくまでもコンテンツを仕入れて、簡易な加工を施して、配信するという、中間業者における、事業企画・マーケティング職ですので、自分でコンテンツを制作するスキルもセンスも経験もありません。

ということで、諸々つっこみどころ満載の動画ですが、ご容赦を。

 

PowerDirectorという動画編集ソフトのサブスク版を買って編集してみたのですが、動画編集ってかなり大変な作業ですね。

3分間の動画を作るために、1時間とか2時間とかかけて作業するって感じでしょうか。
あるいは、慣れてくれば30分くらいでできるようになるのでしょうか。

 

私自身は、大雑把でいいかげんな性格な割りには、妙にディテールにこだわるところもあるので、細かい作業をやりだしたらキリがなく、編集作業はてきとうに大雑把なところで止めておきます。

 

選挙の準備を進めるに当たっては、
・名前を売れ!
・顔を売れ!
と、常々、回りの応援してくださる方々からハッパをかけられるのですが、

個人的には、名前も顔も売りたくないんですよね・・・有名になるなんてご免だし、それどころか、できるだけ無名でありたいし、何と言うか、こちらが知らない人が自分のことを知っているって、気持ち悪くないですかね?

アバターで仕事ができるならいいのですけど。

しかしながら、仕事をやる環境を作るにあたって、選挙に当選する必要があり、そのためには名前を顔を売らなくてはならない、ということであれば、まあある程度ガマンして動画制作と配信などやってみようかと思います。

 

 

ところで、正月は、ごくわずかな時間の休みが取れたので、妻と奥日光にスノーシューで山歩きしてきました。

20230102123142

うさぎの足跡。

うさぎや鹿の足跡は至るところにありましたが、あまり写真撮っておりませんでした。

 

IMG_4008

日光湯元から、刈込湖、切込湖へ。

 

20230102122958

スノーシューというのは、こういうやつですね。
(写真では雪に埋もれていますけど)

アルミ製パイプと合成樹脂で作った、楕円形のもので、カンジキの西洋版です。登山靴の上から装着します。

接地面積が広くなるので、浮力が生じて、雪に埋まらずに歩くことが出来ます。

 

PXL_20230103_032712923

刈込湖。

昨年2月に訪れた時は、完全に凍結しており、湖面に載ることができましたが、今の時季はまだちょっと不安定な感じでした。湖面にはトレースも付いておらず。


令和5年、明けまして

おめでとうございます。

皇室の弥栄をお祈り申し上げます。

我が国の平和と繁栄、新しい明るい蕨の実現のために微力ながら尽力致す所存です。

今年は、4月に私自身が自民党公認として出馬予定の埼玉県議選があり、6月には須賀敬史県議(現職・自民党)が出馬予定の蕨市長選と、蕨市議選があります。

 

新しい明るい蕨を実現するための一里塚として、確実に勝利しておきたいと思います。

 

旧年中はお世話になりました。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

何をやるにしても健康が最も大切ですので、健康第一でいきましょう。
皆様と、皆様のご家族のご健康をお祈り申し上げます。

 

元旦は、須賀敬史県議(6月の市長選に立候補予定)と、田中良生代議士秘書のMさんとともに、市内各地の初詣客で賑わう神社を巡り、ご挨拶をして回りました。

塚越稲荷では、光栄なことに、元旦の神事に出席させていただきました。

PXL_20230101_023009727

↑この写真は、塚越稲荷のお焚き上げ。

大きなだるまも、この特製ドラム缶で焚かれます。

 

 

そして、妻とともに心静かな元日を、おうちで過ごしました。

2022_1231_18545800

妻の母の出身地である、北海道は道央エリアのお汁粉は、かぼちゃが入るそうです。

基本的に、味付けは、何でもかんでも甘いものが多い。

甘い味付けが苦手な私向けに、甘さを抑えて料理してもらっているのですが、それでも甘い。まあ、当たり前ですが、お汁粉はどんな作り方をしても、甘い。甘いものは、甘い。

 

 

PXL_20230101_054611586

そして、彩湖から荒川サイクリングドーロへと元日走り初め。

 

 

ここで、今年、令和5年(2023年)のラン系の目標を決めておきます。

走ることは、私の趣味ではなく、生きる目的の一つであります。

今年は、前述のように4月、6月と蕨市の未来を変える大きな選挙があり、選挙に勝つことそのものが目的ではないのですが、一つのプロセスとして重要であるため、私は全力でコミットします。

従って、今年前半は、諸々忙しくて、あまり練習量が確保出来なさそうです。

半年間、練習量が大きく減ってしまうとそのネガティブインパクトは大きく、取り返すのに1年くらいは時間がかかるかもしれませんが、気長にやりたいと思います。

令和4年(2022年)のロード・トレイル合わせてのラン累計は、レースを含めて、

距離 獲得標高
2,783km 70,020m

でした。

取り敢えず、今年も同水準を目指しておきたいと思います。

 

そして、9月23-24日に開催予定の、上州武尊山スカイビュートレイルの完走を目指します。

このトレランレースは、コロナ禍や土砂崩れのために、ここ3年間、中止されておりました。
蕨市の友好都市である片品村がコースに含まれており、先日、蕨市総合防災演習に片品村長がご参加してくださった折りに、「上州武尊山スカイビュートレイル、ほぼ毎年出てるんですよー」とつい挨拶してしまったため、今年も出たいと思います。

また、2024年のUTMF参加に向けて、ITRAポイントを貯めることにします。2014年に完走して以来、10年ぶりの参加を目指します。

もう一つ、コロナ禍にて中断していた、海外レースへの参加をそろそろ今年は復活したいですね。


蕨市園芸品評会がございました。

令和4年(2022年)11月25-26日、蕨市中央公民館におきまして、蕨市園芸品評会がございました。

2F5AD82A-0B7A-4A8A-A304-B80226F51B06_2

市内農家による農産物のコンテストです。
なお、市内農家といっても、市外にも農地を持っている方も多くおり、市外で生産された農産物も出展されています。

私は農業生産はしていないのですが、以前、蕨市農業委員会の委員に議会選出委員枠があり(今は制度が変わり、なくなった)、私が農業委員を務めていた経緯があり、蕨市園芸緑化研究会に所属して、邪魔にならない程度の多少のお手伝いを致しております。

 

県の農業系研究機関の農業エンジニアによって審査されます。
ある市内農家の方曰く、毎年、審査のポイントは異なるそうです。具体的には、例えば、ある年は大きい方が評価が高かったものの、別の年ではまったく大きさは評価対象とならなかったり、ということがあるそうです。

審査員のコメントとして、今年は梅雨が異常で、一旦梅雨明けしたものの、再び梅雨に入るなど、不安定だったため、秋野菜の種蒔きには苦労しただろう、とのことでした。

 

202211 蕨市園芸品評会

審査を終えて、審査結果発表。

 

202211 蕨市園芸品評会

会場の様子。

 

202211 蕨市園芸品評会

左から、
知事賞は大根
市長賞は白菜
議長賞はカリフラワー。

 

202211 蕨市園芸品評会

左から、
里芋
玄米(箱の中に入っているので、写真では見えない)
やつがしら
みかん

 

202211 蕨市園芸品評会

コンテストの審査結果発表の後は、出展農産物には値段が付けられ、販売されます。

値札に値段を記入しているところ。

 

202211 蕨市園芸品評会

今年の特徴としては、白菜が大きく、出展数も多いようでした。

 

202211 蕨市園芸品評会

柿もかなり大量に出展されていました。

 

202211 蕨市園芸品評会

こんにゃく芋。

かなり大きい。
これは4年もの。

 

202211 蕨市園芸品評会

しいたけ。

しいたけの出展は、私が知る限り、この11年では初めてではないかな。

原木を益子から仕入れて、黒い遮光シートを被せ、毎日水やりをして育てたそうです。

 

202211 蕨市園芸品評会

初日は、市内飲食店向けに30%引きで販売が行われました。
この30%分の補助金の、趣旨と、お金の出どころ、期待される効果は、私もよく分かりません。
おそらく、市の一般会計の、商工系の予算の中から出ているんでしょう(つまり、農業支援ではなく、商業支援という枠組みの中のお金ではないかと)。後で調べてみます。

一般向けの販売は、2日目に行われました。

 

関係者の皆様、お疲れ様でした。