教科書展示会に行きました。

埼玉県 webサイト : 平成30年度教科書展示会の開催について

教科書展示会という催しがあり、初めて行ってみました。

小中学校全ての学年の、全ての科目の、全ての出版社の検定教科書が展示されているイベントです。

誰でも自由に見に行くことが出来ますが、概ね、現役の小中学校の先生がほとんどのようでした。

 

てきとうに幾つか手にとってパラパラとめくってみるものの、正直、チェックすべきポイントがどこにあるのかよく分からん、というのが感想です。

小学校1年生から中学校3年生まで、9年間分の全ての科目の教科書が、それぞれ出版社5~6社分ずつあるわけですから、全て目を通すのは不可能ですし。

 

・過去の教科書と比べて、どう変わっているのか?
・出版社ごとに、どのような違いがあるのか?

というのが、チェックすべきポイントになるはずですが、横に並べて一章ずつ読み比べていかないと厳密な比較検討は出来ません。
そこまで労力をかける気にもなれないし(そもそも過去の教科書は展示していない)、手にとってパラパラめくって、ふーん、なるほど、それにしても暑いなあ程度のぼんやりした感想を抱いただけで終わってしまいました。

 

 

よく話題になるのは、歴史と道徳です。

 

歴史の教科書では、

・鎌倉幕府がスタートした年は、昔、「イイクニつくろう鎌倉幕府」と語呂合わせで覚えた通り、1192年と記述してある教科書がある一方で、定義によって3パターンくらい説がある、という書き方をしている教科書もありました。

 

道徳は、本年度 平成30年度から小学校が、来年度 平成31年度から中学校において、教科化がスタートしております。

「道徳の教科化って、どういう意味?今までも道徳という科目はあったじゃないか」
と思う人が多いものですが、実は、今までは、道徳は教科ではなかったのです。
教科ではない、ということは、クラブ活動や掃除の時間、給食の時間と同じ扱いであり、教育現場の自主的な教え方に委ねられていた、ということです。

教科になったことで、
・文部科学省が定めた学習指導要領に基づいて、全国的に一律のやり方で教えられるようになります。
・教科書は、検定教科書を用いることになります。
・先生が生徒を評価することになります。

ということで、道徳の教科書をめくってみたのですが、正直、自分が小中学生だった30年前のテキスト(当時、他の科目と同じように教科書と呼んでいましたが、実はあれは教科書ではなかったわけです)と同じような感じ。どこがどう違うのか、よく分かりませんでした。

印象的だったのは、命のビザの外交官、杉原千畝氏を扱った教科書が多かったことです。
いじめについて取り上げたものも多くありました。
ネットで拾った画像を勝手に使うのはよくないよ、と著作権を取り上げたものや、友達の画像を勝手にアップしたらよくないよ、と肖像権を取り上げたものもありました。

パラパラめくった程度の比較ですが、出版社による違いもよく分かりませんでした。

少なくとも、教育勅語に準拠しているものはなさそうでした。

明治神宮 webサイト : 教育勅語 日本人にとってなにが「大切なこと」なのかを示された手本

 

 

ということで、このエントリには結論はありません。
撮影は許可制だったので、写真もありません。


体協錦町支部の球技大会(グラウンドゴルフ大会)がございました。

本日、2018年6月10日(日)、西小の校庭と体育館におきまして、蕨市体育協会(体協)錦町支部の球技大会(グラウンドゴルフ大会)がございました。

DSC_0144

颯爽とティーショット。
よっ!ナイスショットっしょ!

 

あいにくの梅雨らしい空模様で、9時半の開会式からしばらくは雨がもっていましたが、1ラウンド目がそろそろ終わりそう、という頃に本降りになってしまいました。
本来は、2ラウンド回る予定なのですが、1ラウンドで中止して、体育館に移動して室内競技へ。

 

DSC_0148

お手玉投げ。

お手玉を穴に投げ入れる競技。
かなり難しく、まず入りません。

 

DSC_0150

グラウンドゴルフのクラブとボールを用いて、穴に入れる競技。

 

ご参加の皆様、関係者の皆様、お疲れ様でした。

 

DSC_0151

ところで、↑上記写真は、西小体育館の昇降口に掲げてあったコピー。

コツコツときたえた体はたからもの

 

これは良いコピーですね。
その通りだと思います。

しかし、小学生にこの真の意味が分かるかな~?
分からないだろうな~w

 

 

同種のコピーで、私が以前、目にして心にグッと感じ入ったコピーは、

トレーニングは裏切らない

というものです。
アートスポーツのDMハガキに書いてありました。

いやー、その通りですねー。トレーニングは裏切りません。
近道は、無い。
ひたすら距離を踏んで、トレーニングを積み重ねるしかない。
本当に良いコピーですね。

 

 

DSC_0142

どうでもいい余談ですが、昨日は、炎天下、ホームコースである秩父の山にトレランのトレーニングに出かけたのですが、熊に出くわしました。

トレーニングは裏切らないけど、熊は出ます。

 

   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● | クマ──!!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

TVのワイドショーを見る層と、TVを信頼せずネットで情報収集する層の分断

今朝の日経に、

日経新聞 2018/6/4 : 動かすTV 守るネット層

こんな面白い記事があった。
このタイトルは、中身を正確に表してはいないのだが、ざっくりまとめると、

・シニア・女性層 = 安倍政権への支持率が低い
・20-30代 男性層 = 安倍政権への支持率が高い

という統計的な事実があり、その原因として、

・シニア・女性層
= TVのワイドショーをよく見るから。
・20-30代 男性層
= TVを信頼せず、情報源としてネットメディアを活用しているから。

という仮設を立て、これを統計的に証明しようと試みたものだ。

この記事では、相関関係は明らかにしたものの、因果関係の論考はちょっと曖昧だが、まあ、巷間よく言われていることでもあり、私自身の身の回りの人たちを観察して得られた実感とも近い。

 

尚、この記事の中での「女性層」の定義は曖昧だ。
ステロタイプな「暇を持て余して昼間からTVばかり見ている専業主婦たち」というイメージで語られているようで、反フェミニズム的な香りがするし、個人的には抵抗がある。
しかしながら、「20-30代 男性層」と「20-30代 女性層」の政権支持率が圧倒的に異なることもまた統計的な事実であるようだ。

 

 

繰り返すが、因果関係はこの記事の中では明らかになっておらず、
・TVメディアは、政権批判に偏向している。
・TVのワイドショーばかり見ていると、考えが偏ってしまう。
というのは言い過ぎだ。
あくまでも一つの仮説に過ぎない。

しかし、私の実感としては、かなりこの仮説に近い。

 

シニア層の中には、伝統的な保守・自民党支持者であり、私のご支援者でもありながら、「安倍政権のモリカケは酷い。安倍首相は即辞めるべきだ」というようなことを語る方もいたりして、唖然とすることもある。

 

 

まあ、それはそれとして、

いずれにしても、

・シニア・女性層 = TVのワイドショーをよく見る層
・20-30代 男性層 = TVを信頼せず、情報源としてネットメディアを活用する層

この2つの層の間で意識の分断があるのは、間違いないと思われる。

シルバー民主主義の今日、TVメディアは巨大な権力を有しているわけだが、ゆるやかな世代交代とともに、その力は失われていくだろう。


田中良生代議士を育てる会がございました。

昨日2018年5月28日(月)、ホテルニューオータニにおいて、自民党 埼玉15区の衆議院議員、内閣府副大臣、田中良生氏を育てる会がございました。
(政治資金規正法に基づく政治資金パーティ)

20180528_田中良生代議士政治資金パーティ

スピーチをする河野太郎外務大臣(左)と田中良生内閣府副大臣(右)

 

 

 

クールビズの目的は、地球環境保全。暑いからではない

余談ですが、
昨日は、日差しも強く、湿度も高くて蒸し暑い一日でした。

既に5月1日から世間ではクールビズ期間に突入しているため、昼間は半袖ワイシャツ、ノーネクタイの姿でワークしていたものの、このパーティは、都内の一流のホテルでの、まあちゃんとしたパーティなので、念のために長袖ワイシャツに着替え、上着とネクタイを持って行ったのですが、正解でした。

見事に参加者のほぼ全員がスーツの上着を着ていました。
かろうじて、ノーネクタイの人がちらほらいるくらい。

 

 

私は本業がネット業界なので、いつものワークスタイルは一年中、Tシャツ、短パンであります。お客様に会うときももちろんTシャツ、短パンです。スーツを着るのは、銀行を訪問するときくらいです。金融機関であっても、VCと会うときは普段着です。
あ、そういえば、カカクコムIPOの折り、一日だけ、機関投資家回り、いわゆるロードショーについて行ったのですが、その時はスーツ着ましたw

 

そんな話はどうでもいいのですが、

 

☓「クールビズは、あくまでも略式。正式は上下フル長袖スーツ+ネクタイ装用。クールビズ期間は、本当は望ましくないがやむを得ず略式でも構わない。本来ならば正式が望ましい」
と、勘違いしている人が多いようですが、この間違った認識は改めていただきたいものですよね。

 

正しくは、
○「クールビズは、正式。暑いからではなく、地球環境を守るための仕組み。地球環境の悪化・破壊を幇助するので、クールビズ期間にフル上下スーツは、着てはいけない」
というのが、あるべきクールビズの考え方であります。

 

さらに余談ですが、その昔、故 羽田首相の時代に「省エネルック」という名の、半袖スーツが一世を風靡しましたね。
個人的には、冬用としてあれに流行って欲しいです。

IMG_4837

2018年5月、先日訪れたアルマトイの地下鉄構内にて、文房具屋さん(?)の交通広告。
懐かしの省エネルックを発見!


ヤングマン!の思ひ出

朝日新聞 2018/5/18 : 歌手の西城秀樹さん死去 63歳、ヤングマンなどヒット

西城秀樹氏がお亡くなりになったとのことです。

西城秀樹氏と言えば、ヤングマン。
あの
「Y~M~C~A!」ちゃちゃちゃちゃちゃちゃちゃ、「Y~M~C~A!」ちゃちゃちゃちゃちゃちゃちゃ~
という、独特の振り付けの不思議な踊りで有名であります。

 

2003年からほぼ毎年、12月第一週に開催される那覇マラソンに出走しているのですが、那覇マラソンは、沿道を果てしなく埋め尽くす私設エイド、黒糖飴やバナナの切り身を差し出してくれる子どもたち、エイサーの踊り子たち、一家総出でお弁当を食べつつ鍋や釜を叩いたりしながら応援してくれる家族連れ、暑くてノドが乾いたなと受け取った紙コップに牛丼が入っていてやむを得ず食べるなど、島を挙げてのお祭り騒ぎの応援が名物であります。

スタートしてほどなく、那覇市内を抜けてそろそろ郊外に差し掛かる、5~10km地点くらいで、延々とヤングマンの曲を流しながら歌い続けている集団があり、全てのランナーは、ここに差し掛かったら、サビのタイミングで例の「Y~M~C~A!」を走りながら踊らないといけないというローカルルールがあります。

私にとっては、那覇マラソンは、一年の締めのイベントです。
正月からの一年間、仕事やら仕事やらあるいは仕事やらを頑張りつつ、何とか時間をやり繰りしてトレーニングを積み重ねて、忙しい中に無理して日程調整して那覇マラソンに出る!というのが、一年の目標のようなものです。
むしろ、毎年12月に那覇マラソンを元気に走ることが、私のささやかな人生の目的の一つと言っても過言ではありません。

那覇マラソンと言えば、ヤングマン。
ヤングマンと言えば、那覇マラソン。

こうなってくると、走りながらヤングマンを踊るのが人生の目的の一つといっても言い過ぎではありますまい。

 

 

おそらく今年もまた私は参加することになると思いますが、西城氏を悼みながら走りたいと思います。

R.I.P.

 

 

DSC_1260

写真のフォルダを探してみたけど、ヤングマンの写真は撮っていませんでした。
こちらは、2017年12月の那覇マラソン、私設のたこ焼きエイドの写真。


市民目線と自分目線

日経新聞で、ジャーナリストの池上彰氏が「大岡山通信」というコラムを連載しています。
東工大でリベラルアーツを教えている同氏が、大学生を対象に、幅広い分野の教養を学ぶことの重要性、既存のモノゴトを疑ってかかり自分の頭で考えることの重要性を繰り返し説く内容で、このコラムを読むと初心に立ち返る気持ちが致します。

日経新聞 2018/5/14 : 新入生諸君、志を持ってほしい

日経新聞 2018/4/30 : 新入生諸君、疑うことから始めよう

 

当たり前といえば当たり前ですが、自分で一次情報を直接調べる、他人の意見を聞きつつも、最終的には自分の頭で考える、ということはとても重要で、これは、東工大の学生がいずれ目指すような理系の研究者・学者の世界のみならず、文系のビジネスマン、政治家にとっても同じであります。

 

 

よく政治家のスローガンで、「市民目線を大事にします!」、「住民目線の政治を!」といったものを見受けます。
私はこの種のスローガンがあまり好きではありません。

これが、例えば「何らかの既得権」、「何らかの強力な既存勢力・権力・プレッシャーグループ」に対峙するものとしての「市民・住民」という意味で用いているのならばいいのです。そうではなく、単に「市民・住民の意見を聞いて、それに全面的に従います」という意味であるならば、これは全くくだらない姿勢であると思います。

市民・住民の意見をよく聞きつつ、さらに自らがそれまでの生涯を通じて身につけた学問知識・経験・技術・知恵を全て動員して自らの頭で考えて正しいと考える道を進むべきです。
自分の考えと市民・住民の考えが異なる場合は、市民・住民を説得していくことが必要となります。

 

どこの大学でも、社会科学系の学部では、1年次に「政治学概論」、「経済学概論」、「社会学概論」といった概論系の講座があると思いますが。私が大学1年生の時に学んで印象に残っているのは、辻中豊先生の「近代と現代の違い」の話です。

近代は、自立したインディビジュアルの時代だった。
現代になって、マスが出現した。
近代と現代の違いは、マスの存在である。

というものです。

 

マスに全面的に従うのは、安易な道です。

しかしながら、マスは間違えることがある。

マスの意見を聞きつつも、自分の頭で考えて正しいと思うことを行なう。マスと自分の考えが異なる場合は、マスを説得していく、というのが、間接民主政の下での、あるべき政治家の姿勢であると考えます。

説得の努力を重ねても叶わない場合はどうすればいいのか?
その場合は、腹を切る覚悟で進むか、その場で辞めるか、どちらかしかないですね。

市民目線は大事にすべきですが、これは盲従するべきものではなく、最も大切にするべきものは自分目線なのです。


議会報告会がございました。

本日、2018年5月13日(日)、東公民館において、蕨市議会の議会報告会がございました。
50人強のご参加がありました。

 

 

市町村議会の広報活動というのはかなり難しく、日本全国どこの市町村も苦労しています。

「議会報告会」というのは、近年、増えているスタイルで、市町村内の各地域の公民館などを巡回して、説明会形式あるいは座談会・タウンミーティング形式で、活動報告のプレゼンテーションをしつつ、質疑応答・意見ヒアリングを行なうものです。

従来より各会派(政党)なり、あるいは各議員個人なりが、様々な名目で同種の報告会を開いていますが、これらは基本的に、自らの支持者を対象に行うものですので、議会全体で、超党派の立場で行なう「議会報告会」とは根本的に性格が異なります。

 

言うまでもなく、国会では、このような議会報告会は行われていません。
マスメディアによって、国会での活動や、各政党・会派の活動については多くの情報が報道されていて、学者やお笑いタレントなどのコメンテーターが、賛否両方の立場からのコメントを加えて分かりやすく解説していますので、敢えて議会報告会を開く必要がないからです。

都道府県議会レベルでも、私の知る限り、おそらくどこの都道府県でも議会報告会を開いているところはないと思います。
質量ともに国会レベルより劣るものの、埼玉県における埼玉新聞や、あるいは全国紙の地方欄などのマスメディアが、議会活動を報道しています。

市町村議会レベルでは、これらの活動を報じるマスメディアは存在しません。

 

結果として、多くの人にとっては、市町村議会よりも国会の方がより接する情報量が多く、より身近に感じられる、というパラドックスが生じるわけです。

市町村議会はいったい何をやっているんだ?
よく分からん!
市町村議員は、何もやっていないんじゃないか!?
市長村議会は、そもそも要らないんじゃないか!?
と、なってしまうわけです。

 

コミュニケーションのチャネルの数と量を増やせばいいのですが、何をやるにしてもお金がかかります。

 

 

本日開催された議会報告会が、そのような圧倒的なコミュニケーション不足を少しでも解消する一助となれば幸甚です。