米朝首脳会談と共同声明を受けて

昨日、シンガポールにおいて、米国トランプ大統領と北朝鮮金正恩委員長の会談が和やかに行われ、共同声明が発表されました。

私は、手に汗握りながらライブ速報を見ておりました。

取り合えず一歩前進とは言えますが、中身スカスカ感は否めず、声明や記者会見で明らかにされなかった部分でどのような話し合いが持たれたのか、今後の実務レベルの話し合いがどのように進んでいくかが、キーとなります。

 

私の考えを、以下にまとめました。来週の月曜日 2018年6月18日(月)に、ただ今開催中の蕨市議会において、私の登壇による一般質問の出番があるのですが、そこで一連の発言の最後に、オフィシャルな発言として申し述べる予定です。
(あくまでもドラフトなので修正する可能性あります)

 


さて、最後に、この度の一般質問の発言通告期限後である6月12日に、米朝首脳会談が行われ、コリアン半島の完全非核化を柱とする、共同声明が発表されました。一歩前進とは言えますが、会談においては北朝鮮による日本人拉致問題は取り上げられたものの、北朝鮮による何らかのコミットメントは得られず、また、共同声明の中で、完全かつ検証可能で不可逆的な非核化に向けての具体的な手法とタイムテーブルは示されていません。

3名の特定失踪者を抱える蕨市民としては、拉致被害者の身柄の奪還を心から願うものです。
また、北朝鮮核問題は、遠い場所で起こっているどうでもいい話ではなく、私達蕨市民自らの生命と財産の安全に関わる問題であります。

共同声明発表後の、日米首脳による電話協議において、制裁の継続を再確認しております。
私達蕨市民としても、拉致問題の解決、私達自身の生命と財産の安全のために、北朝鮮への制裁を継続して圧力をかけ続けるという国の方針に引き続き協力するべきところかと考えます。

北朝鮮へ圧力をかけるために、署名活動をしたりブルーリボンを掲げたりすることも大切ですが、もっと効果のある方法があります。
本市の一般会計予算、教育費の中の、外国人園児・児童生徒保護者補助金の廃止であります。
既に私が2度、一般質問で取り上げたこの補助金は、本年度予算ベースで28万8千円が計上されており、我が国における北朝鮮の出先機関である、朝鮮総連の傘下にある、朝鮮学校に通う園児児童生徒の保護者のみを対象とした、経緯も根拠も不明で、公益性も正当性も無く、我が国の国益を著しく害するものです。

この補助金の廃止を、改めて全ての蕨市民、議場におられる議員諸子に呼びかけます。

平成30年度埼玉県蕨市一般会計予算 外国人園児・児童生徒保護者補助金

(本年度 平成30年度 蕨市 一般会計予算書より)


2018/6/14 13:10 一部修正しました。

2018/6/14 13:10 以下、追記。
蕨市一般会計の外国人園児・児童生徒保護者補助金の廃止については、本来であれば、会派内で意見を取りまとめ、次いで他会派を説得する、というように、議会内での多数派を目指すのが近道です。しかしながら、本件については、特殊な要因があり(詳しく書きませんが)、遠回りですが、反対を求める市民世論の喚起を先にやろうというボトムアップ・アプローチが、私の戦術です。


拉致被害者家族会 飯塚繁雄氏の講演会がございました。

ちょっと前の話になりますが(以下のこのエントリ、書きかけのまま放置してしまっていました)、2018年2月10日(土)、蕨市民会館において、NPO法人わらび学びあいカレッジ主催による、拉致被害者家族会 代表の飯塚繁雄氏の講演会がございました。

埼玉新聞 2018/2/11 : http://www.saitama-np.co.jp/news/2018/02/11/10.html

飯塚氏は、蕨市内の(株)愛工舎製作所の顧問を務めており、蕨市とはご縁があります。
飯塚氏の妹さんは、北朝鮮に拉致され、1987年 大韓航空機爆破事件の首謀者である北朝鮮の工作員、金賢姫の教育係をやらされていた、田口八重子氏です。

 

飯塚氏の話は、2012年9月の特定失踪者問題調査会の、拉致被害現場等現地調査の際に、お聞きしたことがあります。

hoya_t blog 2012/9/20 : 特定失踪者問題調査会の現地調査(池袋-川口)に参加しました。

 

北朝鮮による拉致被害とその後の経緯については、今さら振り返って説明するまでもないでしょう。

 

飯塚氏は、講演の中でも「北朝鮮による人権問題だ」と述べておられましたが、私はもはや、人権問題などと矮小化せず、国家安全保障のフレームワークで捉えるべき問題だと考えています。

我が国の国内において、我が国の国民が、外国政府の手によって誘拐・拉致され、強制的に使役され、あまつさえその事実を認めておきながら、「既に死んだ」などと強弁して未だにその身柄を返していません。
これは、当事者とその家族の人権を侵害しているだけではなく、我が国全体にとっての脅威です。

 

国家安全保障の問題であるならば、我が国政府・国会においては、国家の保有するあらゆるパワーを用いて、回復に尽くして欲しいと願います。
こちらがパワーを行使する以上は、相手側もパワーを行使して対抗してくるでしょうから、犠牲を覚悟する必要もあります。
パワーの行使が現行法制下で可能かどうかの検討も必要で、不可能であれば法改正の手続きも必要となります。
それでも尚、問題の解決に向けて努力するという覚悟を政府・国会には求めたいと個人的には考えます。

 

私も、一地方議員の立場で可能なことを行っていきたいと思います。

たびたび市議会で取り上げてきた通り、蕨市には朝鮮学校に通う子供の保護者向けの不可解な補助金制度が存在し、これの廃止を求めていきます

 

 

 

ところで、本年、2018年1月に、海までが凍る厳寒の露国ウラジオストクを訪れたのですが、彼の地では、北朝鮮国営レストランが、未だに平常通りに営業を続けていました。

26814525_10214677320467991_683438553701654768_n

市内中心部から、路線バスで3駅ほどのところにある、北朝鮮国営レストラン。

26992041_10214677318467941_5764762591749670651_n

店員は、北朝鮮から転勤してきているらしい、女性スタッフ。
昭和のアイドル風の顔立ちの美女ばかりでした。

女性の写真を撮ってもいいか尋ねたら、断られました。

客は、ロシア人や旅行?出稼ぎ?の中国人グループなどが中心。

26994283_10214677319427965_8589562161230056477_n

石焼きビビンバとビール2杯で、1,000ルーブル(1,950円くらい)。

26992378_10214677321508017_1278733964965399648_n

メニューには、犬肉スープも載っていました。品切れのようです。

 

 

我が国の対北朝鮮政策は、国際社会と協力し、徹底的に圧力をかけて制裁して拉致問題の解決と核・ミサイル開発の放棄を目指す、というものですが、密貿易が行われていたり、様々な抜け道があるようです。

このような国営レストランによる上がりは、微々たるものかもしれませんが、一つ一つ潰して行く必要があります。
露国による、北朝鮮国営レストランの営業を放置することが、国連安保理による既存の制裁決議への違反に該当するのかどうかは分かりませんが、制裁の趣旨を考えれば、露国政府に圧力をかけて営業停止に追い込むべきものだと思います。

前述の、蕨市一般会計における、朝鮮学校に通う子供の保護者向けの不可解な補助金制度についても、近年は通学する子供が減っているために年々減少してはおりますが、新年度 平成30年度予算案では、288,000円が計上されています。

平成30年度埼玉県蕨市一般会計予算 外国人園児・児童生徒保護者補助金

微々たる金額だ、ということも出来ますが、全国の多くの市町村に同種の補助金が存在するのです。


釜山のいわゆる従軍慰安婦像問題の背景、マジョリティの考えは?

昨年末に、釜山の日本国総領事館前に、いわゆる従軍慰安婦像が民間団体の手によって不法に(おそらく韓国の国内法的にも違法だし、ウィーン条約にも反し、2015年12月日韓合意にも反している)設置され、問題になっています。

我が国は、外交プロトコルに基づき、不満の意を伝えるために、駐韓大使と在釜山総領事を一時帰国させました。

その、例の像とその周辺の雰囲気がどんな感じなのか、たまたま久しぶりに休みが取れたので、現地に見に行ってきました。

何気に、釜山行くの6年ぶりでした。

20170110_在釜山日本領事館前

在釜山 日本国総領事館の前の歩道。
総領事館の目と鼻の先で、領事館警備の警官が24時間体制でパトロールしている場所です。

写真の後ろの緑色半透明の建物は、地下鉄のエレベータ。

昼間は、15人くらいの人だかりが出来ていました。

20170110_在釜山日本領事館前

地元(おそらく?)のTV局の取材が入っていました。

また、通りすがりの人は、碑文を覗き込んで読んだり、写真を撮ったりしていました。

ソウルの像のように、周りで座り込んでいるような人は見当たらず。

20170110_在釜山日本領事館前

歩道上の樹木に結びつけて横長サイズの垂れ幕が設置されていました。

こういうのは、道路交通法(に相当する韓国の国内法)違反じゃないのかな?

 

尚、夜遅い時間と、早朝にも見に行ってみましたが、領事館警備の警官の他は、誰もおらず。

 

20160322_在ソウル日本大使館前

参考まで、昨年2016年3月に、ソウルマラソン参戦のために訪れたソウルの日本大使館前の像。当時は、像の隣で座り込む運動家がいました。背後の工事フェンスには、多数の寄せ書きや付箋のメモが貼ってありました。

 

 

ということで、市内は平穏な感じですね。

この件に関しては、ネット上には「今すぐ国交断絶しよう!」とか「国際法違反の幼稚な国とは付き合ってられない!」といった様々な感情的な発言が飛び交っております。

また、我が国のマスメディア上においては、韓国におけるマジョリティの意見や、エリート層の意見を詳しく適切に分析した記事がありません。この点には不満に思います。

 

 

まず重要なのは、我が国の国益をいかに実現していくか、という視座です。

・朝日新聞の捏造記事に端を発した、架空のいわゆる従軍慰安婦問題を収束させ、韓国内及び国際社会における誤解を解消し、毀損した我が国の名誉を回復すること。

・中共と露国の影響力が韓半島で強まるのを防ぐために、韓国との経済的・軍事的友好関係を維持するとともに、米軍の韓半島におけるプレゼンスの維持を助けること。

・北朝鮮の暴発(韓国への南侵、我が国への核攻撃、テロ攻撃など様々なパターンがあり得る)を防ぐこと。そのために、日・米・韓が国際社会の支持を得つつ、結束すること。

・韓国が侵略中の、我が国固有の領土である竹島を取り返すこと。

・既に分かちがたく経済的に結びついている日韓関係を益々盛り上げていくこと。

と言ったところかと思います。

 

 

一時的な激情に駆られて「ふざけるな!もう国交断絶だ!国交断絶だ!」などと叫ぶのは、愚の骨頂です。

 

2015年12月日韓合意に反し、ウィーン条約にも反している今回の事象は、韓国の法治主義、民主制の不完全性によるものなのですが、だからといって、それを声高に「幼稚な国だ!未熟な国だ!」と批判しても、この問題の解決には至らず、我が国の国益には合致しません。

 

法治主義、民主制は、本来は普遍的な概念で、国家・民族によって異なるものではないはずなのですが、現実には、ネーションステートによって、様々な形が存在します。

我が国の法治主義・民主制も、本来の普遍的な概念としての法治主義・民主制と比べると、不完全な部分が多々存在します。
それは幼稚だからでも未熟だからでもなく、長い歴史・伝統・国柄とすり合わせながら、叡智と努力を重ね続けてきた営為の結果なのです。

欧米が完全で非欧米が不完全なわけでもありません。
先の米国大統領選挙の結果や、西欧各国における極右勢力の伸長を例に持ち出して説明するまでもないでしょう。
国際法の遵守よりも、国内の身内の論理を優先させるのは、米国も同じです。

 

韓国には韓国の法治主義・民主制の形が存在し、それを理解した上で、「どこをどのように押せばどのように反応するか」を考え、我が国の国益を実現していく冷徹な姿勢が求められています。

 

私は、韓国の国内政治には全く詳しくないのですが、とにかく今必要な情報は、

・韓国のマジョリティがどう考えているのか。
・韓国のエリート層がどう考えているのか。

ということです。

マスメディアからは、「安倍首相のお面をかぶった運動家が、いわゆる従軍慰安婦像に向かって土下座するパフォーマンス」の映像を流すなど、絵になりやすいシーンを取り上げがちなのですが、これらの声は、ごく一部に過ぎないはずです。

釜山市内をちょっと歩くとラーメン屋とかカレー屋とかトンカツ屋とか居酒屋とかの日本料理屋だらけで、ひょいっと覗いてみると若者で溢れているわけですが、彼らは本当はどう考えているんですかね?

 

また、政治家や外交官の、↓以下のような、表面的な発言だけを取り上げても意味がありません。

ハンギョレ新聞 日本語版 2017/1/11 : 次期大統領選挙の有力候補10人とも「慰安婦合意の無効化・再交渉」

早期大統領選挙を控えた主要候補たちは、概ね12・28合意は無効化するか、少なくとも再交渉すべきだという立場を示している。

政治・外交には、当たり前ですが、表と裏があります。
そのような発言に至った背景、内在的論理を分析する必要があります。

 

もちろん私も韓国政府、釜山地方政府、現地の運動家の態度には頭にきているのですが、今は焼き肉をつつきながら冷静になりたいと思います。

DSC_0355

昼から一人焼き肉!
デジカルビとサムギョプサル。
(゚Д゚)ウマー


アンニョンフェスタ2015

2015年10月31日(日)、大宮にある埼玉朝鮮初中級学校において、オモニ会主催ハッキョバザー「アンニョンフェスタ2015」が行われましたので、見学して参りました。

この学校には、蕨市からも11人(平成26年度決算ベース)の園児、生徒が通学しています。
初めて訪問しましたが、大宮駅から2.6kmありますので、歩くには結構遠いですね。

オモニ会というのはお母さんの会、すなわちPTAのような団体だと思います。

DSC_1300.jpg   

校庭にイスとテーブルが並べられ、家族で、あるいはパパ友、ママ友同士でにぎやか。

生徒・児童メインの文化祭、学園祭ではないので、お酒も売っており、楽しい雰囲気でした。

 

DSC_1297.jpg

仮設ステージではテコンドーの演舞や民族楽器の演奏など。

DSC_1298.jpg 

日頃の練習の成果に、みんな見入っています。

DSC_1299.jpg 

学校の校舎。昇降口。

 DSC_1296.jpg
オモニたちがバザーや様々な食物の出店をやっており、牛肉スープと焼き肉をいただきました。

すごく親密で、和やかで、楽しげな雰囲気でした。

看板やメニュー表の類は、ほとんどが日本語で、会場アナウンスや、会場に来ている皆様の会話も、ほとんどが韓国語混じりの日本語メインだったようです。


朝鮮学校保護者補助金を、朝鮮総連が吸い上げている?

産経新聞(2015/6/13) : 朝鮮学校学費補助 保護者の負担軽減にならず 内情把握せぬ自治体の責任も

衝撃的な記事。
全国の多くの自治体(都道府県レベルと市町村レベルと両方)で、朝鮮学校に通う子供の保護者に対して補助金が支払われているのだが、神奈川県においては、朝鮮総連の「教育会」なる組織に吸い上げられていた、とのこと。

「教育会」というのはどういう組織か分からないが、この記事によると、朝鮮総連の一部署の名前のようでもある。
朝鮮総連は、我が国における北朝鮮の出先機関であり、大使館としての機能も持っているので、北朝鮮国籍を持つ在日コリアンに対しては、かなり強力な影響力を持っていることは間違いない。

私は、この朝鮮学校に通う子供の保護者に対する学費補助という制度そのものが、何故出来たのかよく分からないし、そもそも反対なのだが、制度の趣旨に反して、朝鮮総連に吸い上げられ、テロ国家のテロ行為(日本人拉致を含む)、核開発の軍資金として現に使われているのだとしたら、腹立たしいことこの上ない。

「教育会」が、私の想像通り、全国組織である朝鮮総連の一部署であるとしたら、神奈川県のみならず、埼玉県でも同様のことが現に行われている可能性が高い。

 

国、埼玉県の拉致問題に対する方針は、強硬姿勢

国、埼玉県の、北朝鮮による日本人拉致問題解決に向けての方針は、国際社会の協力を得て、北朝鮮に徹底的に圧力を掛け続けようというもの。

埼玉県では、学費補助は、2012年度まで毎年約900万円ほど計上されていたが、執行されずに凍結されている。2013年度からは、この学費補助制度が廃止されている。

MSN産経(2013/2/13) : 「もう我慢できない…」埼玉県、朝鮮学校への補助金計上せず

上田清司 埼玉県知事は、2013年度予算として計上しなかった理由を、

日本人拉致事件が一向に解決に向けて進展せず、核実験やミサイル発射など、もう我慢できないという県民感情もある

と説明している。

 

蕨市の、朝鮮学校に通う子供の保護者への学費補助制度

なんと、最初聞いた時は本当に驚愕したのだが、蕨市に学費補助制度が存在した。
今でも毎年予算計上され、支給され続けている。

長尾たかし 衆議院議員の資料によると、毎年1億8千8百万円の日本人の税金が、北朝鮮に渡っている(可能性が高い)とのことだ。蕨市では1,296,000円とのことだが、これは2013年度(決算ベース)の数字だ。

詳しくは、
2012年度 1,728,000円(決算ベース)
2013年度 1,296,000円(決算ベース)
2014年度 1,392,000円(予算ベース)
2015年度 1,008,000円(予算ベース)

となっていて、年度によって異なるのは、幼稚園、小学校、中学校と、学校ごとに補助額が異なり、年度によって対象人数も増減するから。

こんなクソみたいな補助金は、さっさと廃止しないとならない。
このような明確に国益に反する補助金制度を、邪な理由で廃止できないのだとしたら、本当に恥ずかしいことだと思う。

私が今までこの話題を議会で取り上げなかったのは、大人の事情に拠るものなのだが、この度2015年5月の市議会議員選挙で、私は保谷武 2015年5月市議会議員選挙 政策リーフレット上で
「北朝鮮による日本人拉致問題解決を目指す国・県の方針に協力します。」
と掲げていたので、今後は議会で取り上げ、廃止に向けて活動する責任がある。

ということで、もろもろ調べ中です。

 

参考資料:

hoya_t blog 2014/9/29 : 拉致問題を考える埼玉県民の集いに行ってきました。
hoya_t blog 2014/5/30 : 北朝鮮が日本人拉致問題の全面的再調査受け入れ
hoya_t blog 2014/2/18 : 国連調査委による、北朝鮮の拉致問題に関する最終報告
hoya_t blog 2012/7/11 : 北朝鮮による横田めぐみさん拉致被害現場
hoya_t blog 2012/9/20 : 特定失踪者問題調査会の現地調査(池袋-川口)に参加しました。


拉致問題を考える埼玉県民の集いに行ってきました。

2014年9月27日(土)、浦和の埼玉会館において、拉致問題を考える埼玉県民の集いが開催され、これに参加してきました。

MSN産経:2014/9/28 「拉致問題を考える埼玉県民の集い」全員救出へ思い新た

 

ならず者国家である北朝鮮は、国家的な犯罪行為として、日本人を本人の意志に反して我が国の国内から身柄を連れ去り、テロ工作員の教育係などとして使役しています。
この事実を公に認めておきながら、虚偽の説明を繰り返して、詳しい調査と身柄の返還をしようとしていません。

この夏から秋をターゲットに、再調査をしていますが、結果の公表を先送りしています。
この度のイベントは、2,3ヶ月前に企画されているはずですので、本来であれば、北朝鮮による再調査結果の発表を受けて、拉致被害者家族の皆様による、喜びの会見になるはずでした。

残念でありますし、尚一層、国際社会と協調して、日本人が一丸となって北朝鮮に圧力を掛け続ける必要性を痛切に感じました。

蕨市にも特定失踪者が2名おりますので、一地方政府として、国や県の方針と同じく、北朝鮮への圧力を強める政策を打ち出していくべきと思料します。


田口八重子さんのお兄さんの、飯塚繁雄さん。

田口八重子さんは、大韓航空機爆破事件の首謀者、金賢姫の教育係をやらされていました。
シングルマザーとして池袋のキャバで働いている時に拉致されました。
蕨駅前の喫茶店で働いていたことがあるという情報もあります。


横田めぐみさんのご両親。

横田めぐみさんは、新潟市内の中学校のバドミントン部の練習の帰りに、自宅近くで拉致されました。


横田めぐみさんがよく歌っていたという、唱歌「ふるさと」を合唱しました。

 

参考記事)

hoya_t blog 2012/7/11 : 北朝鮮による横田めぐみさん拉致被害現場

hoya_t blog 2012/9/20 : 特定失踪者問題調査会の現地調査(池袋-川口)に参加しました。


朝日新聞が従軍慰安婦記事が虚偽だと認める。

2014年8月5-6日にかけて、朝日新聞が、紙上において、いわゆる従軍慰安婦問題について特集を組み、これを報じた自らの記事が虚偽であることを認めた。

朝日新聞:慰安婦問題を考える

■読者のみなさまへ
吉田氏が済州島で慰安婦を強制連行したとする証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します。当時、虚偽の証言を見抜けませんでした。済州島を再取材しましたが、証言を裏付ける話は得られませんでした。研究者への取材でも証言の核心部分についての矛盾がいくつも明らかになりました。

 

 

軍と行動をともにする職業的売春婦はいたが、軍の強制によるものではなく、自らの意志あるいは、親に売られて/女衒に騙されてその職に就いた人達であり、これは、いわゆる従軍慰安婦なるものではない。

hoya_t blog : 2012/9/12 「いわゆる従軍慰安婦問題なるものは存在しない!」と皆で声を上げよう。

 

吉田清治氏が「軍が従軍慰安婦の強制連行を行った」と証言し、これを元に朝日新聞記者:植村隆氏が、朝日新聞紙上に従軍慰安婦のレポート記事を書いた。
朝日新聞の検証によると、そもそもの発端である吉田清治氏の証言に裏付けがなく、虚偽であることが今さらながら分かったのだという。
・吉田清治氏がどのような意図でこのような証言をしたのか?
また、
・朝日新聞記者:植村隆氏が、本当に偽証を信じ込んで記事を書いてしまったのか?
・何らかの意図をもって問題を捏造する記事を書いたのか?
・記事を捏造したのであれば記者個人の意思によるものなのか?朝日新聞の組織的な意志によるものだったのか?
朝日新聞の検証はそこまでは踏み込んで調べていない。

 

この朝日新聞の「誤報」あるいは「捏造」は、私達の父祖の名誉は傷つけられ、日韓関係は悪化し、我が国の国益を大いに損ねた。

朝日の赤い連中は、どうやってこの責任を取るつもりなのだろうか?
ハラを切って欲しい。
文字通り自害しろという意味ではない。
新聞記者なんだから、せめて筆を折って廃業して欲しい。

 

次なる課題:河野談話の修正

1993年、自民党宮沢喜一内閣の官房長官:河野洋平氏(リタイア済み)が、河野談話を発表した。
内容については若干曖昧な表現もあるが、国際的には、事実上、日本国政府がいわゆる従軍慰安婦問題を認めたものと認識されている。

日本国政府としての検証も行わず、(おそらく)独断でこのような国益を害する発言を為した経緯と理由については、今ひとつ明らかになっていない。

自民党/安倍政権としては、是非とも、河野談話の経緯と目的をはっきり検証して、これを撤回し、私達の父祖の名誉と国益を回復して欲しい。

河野洋平氏がどのような意図で河野談話を発表したのかは分からないが、売国奴との誹りを免れないだろう。既にリタイアしているとはいえ、政治家なんだから、自ら責任を取って欲しい。


2012年5月、ソウル市内の日本大使館前の「従軍慰安婦」像