自民党県議団 拉致問題PTにて脱北者ヒアリング

自民党県議団の中で、拉致問題の解決に向けて取り組むプロジェクトチームが活動しております。

 

 

蕨市にも2名の特定失踪者(北朝鮮による拉致の可能性を排除できない失踪者)がおります。

北朝鮮による日本人拉致問題については、市議会議員時代から解決に向けて取り組んでまいりました。

具体的には、
蕨市一般会計には、朝鮮学校に通う園児児童生徒の保護者に対する、ナゾの補助金制度があります。朝鮮学校は、朝鮮総連の傘下にあります。朝鮮総連は、我が国における北朝鮮の出先機関です。
この補助金制度は、経緯も根拠も不明で、公益性も正当性も無く、「国際社会の協力を得ながら北朝鮮に対して圧力をかけよう」という国の方針に反しており、国益を害するものです。
これを廃止することを求めて市議会で活動してまいりました。残念ながら未だに実現しておりません。

 

 

自民党県議団での活動を通じて、北朝鮮に圧力をかけ、すべての拉致被害者の身柄を取り返すべく努力してまいります。

 

 

先日、令和6年(2024年)7月9日には、拉致問題プロジェクトチームにて、救う会埼玉(北朝鮮に拉致された日本人を救出する埼玉の会)、NGOモデゥモイジャの方々の協力を得て、Zoomにて脱北者の方々から、北朝鮮の人権状況についてのヒアリングを行いました。

 

 

公開処刑が頻繁に行われており、学校の生徒が動員させられて見学したりすることがあるようです。
ある方は、処刑シーンがトラウマになってしまっている、とのことでした。

 

日本人拉致問題については、北朝鮮国内では一切秘密にされており、そもそも、脱北するまでは知らなかったそうです。

 

北朝鮮国内での政府への不満が、反乱やクーデターといった動きになることはありえない、との意見でした。

 

北朝鮮研究家によると、ウクライナ戦争以降、ロシアへの武器輸出とのバーターで北朝鮮は食料を手に入れており、食糧危機・飢餓状態が改善されている、という見方があります。

この点について尋ねると、輸入された食料は一般庶民にまでは行き渡っておらず、国全体の食糧事情が改善するまでには至っていない、との見解でした。
(但し、ヒアリング対象者の脱北時期は、いずれもウクライナ戦争以前なので、情報がアップデートされていない可能性もあります)

 

P7091145

自民党県議団と、救う会埼玉、NGOモドゥモイジャの皆様。

 

PXL_20240709_014209299

Zoomを通じてヒアリングした4名の脱北者の方々は、今は皆、韓国内に住んでいます。

北送事業を通じて北朝鮮に移住して脱北した元 在日の人、大学生など、素性は様々でした。


和楽備神社 夏越しの大祓

令和6年(2024年)6月30日(日)、和楽備神社において、夏越しの大祓がございました。

 

 

一年の真ん中のタイミングで、前半の穢や罪を祓い清め、後半の平穏を祈る神事です。

 

20240630 和楽備神社 夏越の大祓

茅の輪くぐり。

 

 

20240630 和楽備神社 夏越の大祓

あいにくの雨がパラパラと降り出してきましたが、神事は滞りなく終わりました。

 

皆様の今年後半の平穏無事な暮らしをお祈り申し上げます。

 

20240630 和楽備神社 夏越の大祓

関係者の皆様、ありがとうございました。


埼玉県の新規就農支援策

先日、令和6年(2024年)6月28日(金)、蕨市内の農業系団体

  • 蕨市農業委員会
  • わらびりんご生産管理団体
  • 蕨市園芸緑化研究会

の総会がございました。

私はそれぞれの総会後の合同懇親会から参加致しました。

 

 

私は、蕨市園芸緑化研究会の現役メンバであり、かつては蕨市議会からの出向で蕨市農業委員を務めておりました。

(かつては、蕨市農業委員会には市議会議員枠が1あったのですが、制度が変わって、今は無くなりました)

 

 

蕨市のみならず、県内全域において、農業者の高齢化・後継者確保難が、長期的なトレンドとして続いております。

そのため、埼玉県では、様々な新規就農支援策を行っています。

  • 就農支援セミナーの開催
  • 就農相談窓口による相談の受付
  • 見沼田んぼ就農予備校・埼玉県農業大学校・明日の農業担い手育成塾での技術研修
  • 就農準備資金事業による、年間150万円を最長2年間の交付

など、かなり力を入れて取り組んでいます。

 

 

しかしながら、これらの新規就農支援策のどれもが、

「今までのキャリアを捨てて、人生を賭けて、背水の陣を敷いて、専業で農業にチャレンジする!」という方々向けなのです。

これは、かなり敷居が高いですね。

 

 

ところで、世の中は、

  • 副業ブーム
  • 二拠点生活ブーム

です。

 

 

世の中には、副業として、「週に1日か2日くらい農業やってみたい!」という人もたくさんいます。

私も週1くらいで出来るものならば、週1農業やってみたいですねー。

 

 

本年、令和6年(2024年)2月定例議会における、予算特別委員会においては、私は、「副業としての新規就農支援策を考えていただきたい」と、埼玉県農林部に対して要望致しました。

 

 

自ら土地を買って(あるいは借りて)、自営農家としてやるのであれば、週1、週2程度の労働力では難しいと思いますが、例えば、「農業生産法人への週1、週2日程度のパートタイム勤務」のような形であれば、あり得ると思います。

 

 

引き続き、考えて参ります。

 

PXL_20240628_101601054


蕨・独リンデン市民交流協会のオクトーバーフェストinサマー

先日、令和6年(2024年)6月29日(土)、蕨市中央公民館におきまして、蕨・独リンデン市民交流協会による、オクトーバーフェスト in サマーがございました。

202406 蕨・独リンデン市民交流協会 オクトーバーフェストinサマー

蕨市とドイツリンデン市とは、1977年からの長きに渡り、友好都市として、あたたかい友情を育んできました。

先日、リンデン市から蕨市へ訪問団がやってきました。
市内のご家庭が、ホームステイを受け入れ、おもてなしを致しました。

 

 

オクトーバーフェストは、文字通り、本来は10月に行われるイベントですが、この度、訪問団受け入れの慰労を兼ねて、この6月という時期に行われたものです。

 

 

ホームステイを受け入れたご家庭は、いろいろと大変だったと思います。

一言ずつ感想をお聞きする機会があったのですが、

「大変だった」という意見がある一方で、

「とにかく楽しかった」、「大変なことよりも、楽しさの方が大きかった」という声もありました。

 

 

相互の訪問団による訪問は、定期的に行われているのですが、蕨側・リンデン側ともに、顔ぶれが固定してしまっており、同じ方が何回も参加しているようです。

個人的には、学生や若い方々に積極的に参加してもらいたいと思いますね。

 

 

円安、燃料高が続いており、海外旅行費用がコロナ前と比べると体感値で2-3倍に拡大している昨今ですが、私も機会があればリンデン市を訪れてみたいと思います。


緑川 蕨市内に河川監視カメラが新設

緑川において、蕨市内の2階所で河川監視カメラが新設されています。

場所はこちら。

 

 

埼玉県 県土整備部の、さいたま県土整備事務所 管内の河川監視カメラの一覧です。

 

 

ページを開くと、最新の河川監視カメラ画像が閲覧できます。

当日0時00分から2分おきの画像が記録されているようです。それ以前の画像を遡ることは出来ないようです。

かなり解像度が荒い画像ですが、水面の高さは見られます。

夜間でもそれなりに明るく撮影出来るようです。

 

 

他の監視カメラ設置地点では、監視カメラによる画像データに加えて、cm単位の水位計を備え水位データまでも表示しているところもあります。

しかしながら、埼玉県 さいたま県土整備事務所に確認したところ、蕨市内の2地点に関しては、あくまでも簡易なものであり、画像データのみしか記録・掲載しないとのことでした。

 

 

その1 南町 桜並木末端部との合流地点近く

202405 緑川 河川監視カメラ

緑川と桜並木末端部との合流地点から、少し上流位置、右岸側に設置されています。

この写真は、下流側から上流に向けて撮影したもの。

 

この敷地は、緑川拡幅事業用地です。

 

202405 緑川 河川監視カメラ

太陽光発電設備を備えております。

「埼玉県 簡易型河川監視カメラ 太陽電池制御盤」と書いてあります。

 

202405 緑川 河川監視カメラ

上流側から下流に向けて撮影したもの。

緑川拡幅事業用地は、上記の以前の記事に記載した通り、耐水性舗装が施されています。

 

 

 

その2 塚越小 留守家庭児童指導室の横

202405 緑川 河川監視カメラ

緑川右岸の街路樹の中に設置されています。

下流側から上流に向けて撮影したもの。

左側の建物は、塚越小学校敷地内の、留守家庭児童指導室です。

「その1 南町」の河川監視カメラと同じように、ポール + 太陽光発電設備 + カメラですね。

 

202405 緑川 河川監視カメラ

よく見ると、緑川をまたいで、川の表面に向けて、何かの」機器が新たに設置されています。

 

202405 緑川 河川監視カメラ

拡大したところ。
川面に対して垂直に向けられています。

カメラでは無さそう。

水位を測定するセンサでしょうか。

 

202405 緑川 河川監視カメラ

このセンサの制御ボックス。

「機器名:水位計(危機管理型水位計)」と書いてあります。

 

上記webページ上には、あくまでも画像データしか掲載されておらず、水位データは表示されていません。

前述のように、管理者である埼玉県 さいたま県土整備事務所に確認しましたが、「あくまでも提供しているのは画像データのみであり、水位データは提供しない」とのことでした。

従って、何らかの実験的な機器か、平時においては稼働せず有事においてのみ稼働する機器ではないかと予想します。


ゴミゼロ 緑川のゴミ浚い

ゴミゼロ運動 「さわやか環境の日 クリーンわらび市民運動」というイベントが、全市的に年2回、町会単位で行われております。

 

本日、令和6年(2024年)6月2日は、塚越五丁目町会のゴミゼロに参加させていただきました。

 

この町会では、ゴミゼロ運動において、地域内を流れる緑川のゴミ浚いを行っています。

 

20240602 塚越五丁目町会ゴミゼロ 緑川ごみ浚い

胴付長靴(胸までの長さがあるゴム長靴。釣り師が着ているようなイメージの、オーバーオール型長ズボンと長靴が一体化しているようなもの)を着て、二の腕までの長さがあるゴム手袋を装着して、塚越親水公園から緑川に入りました。

 

 

 

塚越親水公園脇の、緑川が塚越大通りの下をくぐり抜ける箇所には、金属製のゴミ除けスクリーンが設置されています。

20240602 塚越五丁目町会ゴミゼロ 緑川ごみ浚い

目の荒い金属製ネットのようなもので、大きなものはここで引っかかり、下流に流れないようになっています。

このゴミ除けスクリーンには、大量の空き缶・ペットボトル、ビニル袋に入れられたゴミなどがひっかかっておりました。

これらを柄の長い熊手でかき集め、箱に入れます。

これらのゴミを集めた箱は、川岸の道路上にいる別の方々の手によって引き上げられていきます。

20240602 塚越五丁目町会ゴミゼロ 緑川ごみ浚い

最終的にこれらのゴミは、すべて浚いました。

 

 

自転車や廃テレビといったサイズの大型のものはありませんでしたが、大量の空き缶・ペットボトル、藻類でみるみるうちに、箱の中は山になっていきました。

空き缶やペットボトルといえども、中に水が入ると水面に浮かばず、水底に沈み込んでしまうのです。何度も熊手で水底を掻いて、ゴミをかき集めました。

 

 

早朝に降ったばかりの雨上がりだったためか、水はどす黒い泥で濁っていましたが、ヘドロの堆積はありません。

作業を行った区間は、川の壁面も底面もほぼコンクリート敷でした。
足裏はコンクリート敷の底にとどきますし、ぬるぬる滑るとか、泥で足が取られる、ということはありませんでした。

20240602 塚越五丁目町会ゴミゼロ 緑川ごみ浚い

雨上がりのためか、それなりの早さで水も流れていました。

緑川には、基本的には雨水排水は流れ込んでいないはずなのですが、多少は入ってきていることによるものかと思います。

川の壁面のコンクリートには、多数の穴が空いており、土の中を染み込んできた程度の排水が流れ込んでいるものかと思います。

 

 

生物もわずかながら生きており、

タニシは多数おりました。
シジミもいたそうです。

全長20cmくらいの亀も見かけました。
これは、以前より住みついているとのことです。

 

 

大金は出てきませんでしたが、年金手帳、パスポート、国際免許証、マイナンバーカード、キャッシュカード、銀行預金通帳、米ドルコイン、スマートフォン、病院の診察券などは拾い上げられました。

町会役員より警察にお渡ししましたが、空き巣被害による盗難品も含まれていたそうです。

現金のお札だけ抜き取って、これらは川に投棄されたようです。

 

いやはや大変な作業でした。

塚越五丁目町会では、毎年2回ゴミ浚い作業を行っているとのことで、頭が下がります。

 

20240602 塚越五丁目町会ゴミゼロ 緑川ごみ浚い

常にゴム手袋をはめておりスマホを取り出せなかったため、作業中の写真は無し。

撮影してくれていた方がいましたので、後で写真データを受け取りましたら追加掲載します。

→ 【2024/6/3】写真と解説文を追加しました。

 

 

 

以下の2枚の写真は、令和6年(2024年)5月24日(作業日の9日前)に撮影したものです。

20240524 蕨市塚越5丁目地内の緑川

この日は、川底に多少の泥が堆積しているのが見えますが、水は透明でした。

 

20240524 蕨市塚越5丁目地内の緑川

カゴに入ったゴミが半分沈んだ状態で投棄されていました。

藻類が繁茂している姿も見て取れます。


蕨市交通安全母の会会長の阿部清枝さん 交通栄誉章緑十字金章受章祝賀会

令和6年(2024年)5月26日(日)、蕨市民会館におきまして、蕨市交通安全母の会会長である、阿部清枝さんの、交通栄誉章緑十字金章受章祝賀会がございました。

 

阿部さんは、昭和49年の(奇しくも、私の生誕年でございます)蕨市交通安全母の会発足以来、50年の長きに渡り、蕨市の交通安全のために、地道なボランティア活動を続けてこられました。

 

とても名誉な、素晴らしい章です。

阿部さんご夫妻には、日頃より公私ともにお世話になっておりまして、我が事のように嬉しく、また誇らしく存じます。

 

 

昭和40年代と比べると、たしかに交通事故は減りました。

近年は、クルマの安全性能も向上致しました。

しかしながら、悲惨な交通事故は、いまだに無くなりません。

 

阿部さんには、まだまだこれからもご活躍を期待したいと思います。

 

20240528 阿部清枝さん交通案

須賀敬史 前県議会議員、受付の皆様と。

 

20240528 阿部清枝さん交通栄誉章緑十字金章受章祝賀会

津軽三味線の北村姉妹の演奏。

 

20240528 阿部清枝さん交通案

お祝いの挨拶を述べさせていただきました。

阿部ご夫妻には日頃よりとてもお世話になっております。

 

20240528 阿部清枝さん交通案

阿部清枝さん、春山さんと記念撮影。