蕨市総合防災演習がございました。

先日、令和4年(2022年)11月20日、蕨市立 二中におきまして、蕨市総合防災演習がございました。

市が(行政が)行うイベントです。
関係・協力団体として、消防団、市内各地域の自主防災団体(主に町会など)、埼玉県警、陸上自衛隊第1師団第32普通科連隊、電気・ガス・水道・鉄道などの各種インフラ系企業・業界団体が参加します。また、ゲストとして友好都市である片品村、大田原市が参加してくださいました。

以前は、毎年夏に開催されていたのですが、今年は11月に行われました。

この日は、この時季にしては珍しいくらい、底冷えのする一日でありました。事前の天気予報から雨が降ることが心配でしたが、演習が終わってから降り出してきました。

 

 

20221120 蕨市総合防災演習

消火器による初期消火訓練。

 

20221120 蕨市総合防災演習

火災が発生した建物の屋上に取り残された人がいるという想定で、はしご車で救出する訓練。

写真右側の、緑、黄、赤のテント型案内表示と地面に張ったシートは、トリアージ用。
救出された人を、ケガの程度によって3種類に分類し、それぞれごとに手当てを行う、というワークフローです。

 

20221120 蕨市総合防災演習

はしご車の、はしごの先端が、校舎の屋上にたどり着きました。

 

上の写真を拡大してみます↓

 

20221120 蕨市総合防災演習

はしごの先端が「く」の字型に折れ曲がり、フェンスを回避して建物屋上の床面に到達しています。

これはよく出来た仕組みですねー。
初めて見ました。新お目見え?なのかな?

 

上の写真右上に飛んでいるのは、偵察用ドローンです。
これも初登場のはず。

おそらくドローンの機体は特別なものではなく、民生品ではないかな?
消防本部が保有しているものだと思います。

消防本部へのドローン配備ついては、議会において要望の意見がありましたが、まだ明確な形で導入が意思決定され、予算が付いてはいなかったと思います。(少なくとも私は知らなかった)

しかし、ドローンの機体そのものはそれほど高額なものでもないので、何かの予算科目を流用してテスト的に買ってみたのかもしれませんね。まあ、最初はそんなもんでいいと思います。

私も、機会があれば、ドローンの操縦やってみたいですねー。

撮影した映像は、演習会場内でテレビジョン画面で放映していたようですが、そちらは見逃しました。

 

20221120 蕨市総合防災演習

消火訓練。

 

消防団の消防車による放水が、うまく水が流れずにチョロチョロとしか出て来ないものがありました。

後に消防団の、ある分団長からお聞きしましたが、消防団の各分団に配備されている消防車は、老朽化著しく、この時、「下から水が漏れてしまった」とのことでした。

 

20221120 蕨市総合防災演習

ちょっとした木材と毛布を用いて、即席の担架を作る訓練。
レクチャーするのは、蕨市消防本部の消防士です。

毛布を広げて、2本の角材を上に置いて、くるくるっと毛布の端を丸めるだけ。
こんなもんで大人の体重を支えられるものなのか?と不思議な気がしますが、人が載ると重みで毛布が引き締まるため、簡単にスッポ抜けるものではないようです。

 

20221120 蕨市総合防災演習

地震によって家具が倒れ、人が挟まってしまった、という状況を想定。
クルマのジャッキを利用して、家具を持ち上げ、挟まった人を助け出す訓練。

しかし、ジャッキって、最近のクルマには、搭載していないのではないかな?
少なくとも、今乗っているクルマの中では見たことないけどな?
探せばどこかに積んであるのだろうか?

 

20221120 蕨市総合防災演習

スタンドパイプによる消火訓練。

スタンドパイプとは、消火栓に取り付けて取水し、接続したホースから放水して消火するための器具です。
プロの消防士、ボランティアの消防団が使うものではなく、素人の一般市民が使うことを想定した器具です。
蕨市内においては、各自主防災団体(町会)に配備されています。

消防士、消防団が使うものではなく、素人が扱うものなので、水圧もそれほど高くありません。少なくとも、ホースを持った人が水圧に耐えきれずにふっ飛ばされる、などということはありません。

 

写真手前の方々が首に巻いている、緑とピンクのバンダナは、それぞれ、聴覚障害者であること、手話ができる人であることを示しています。

 

20221120 蕨市総合防災演習

インフラ系企業、業界団体のブース。

クリアファイルなど、いろいろな景品がもらえるよ!

 

20221120 蕨市総合防災演習

陸上自衛隊第32普通科連隊による、水害に備えた土嚢構築訓練。

言うまでもなく、自衛隊は土嚢作りのプロフェッショナルです。
敵が陸上戦力を用いて我が国に侵略してきた際に、土嚢を用いて陣地を作り、戦います。
昨今は、ハイブリッド戦争(サイバー空間における戦争)、敵基地攻撃能力といった新しい概念が取り入れられるなど、我が国の戦略論は変化しつつあります。しかしながら、仮想敵国である中共やロシアが我が国に侵略してくる場合は、必ず地上戦力による離島・本土への上陸・占領を伴いますので、陸上自衛隊における土嚢構築の重要性が薄れることは今後もありません。

砂を袋に詰めて、ただ積んでいけばいい、というものではなく、いろいろなコツがあります。

 

20221120 蕨市総合防災演習

偵察用オートバイ。

これはちびっ子たちに大人気でした。

カワサキ KLX250。

オリーブドラブにペイントされ、電装系をいじってある(メインライトをオフにできるようになっている等)以外はドノーマル。驚くべきことに、タイヤすらもが新車で買った時に普通に履いてあるノーマルタイヤ。(オフ車のタイヤは、ノーマルタイヤはかなりオンロード寄りなので、ちょいと林道を走る人ならば、オフ寄りのタイヤに履き替えるものです。)

 

自衛隊ブースは、ちびっ子のみならず、大人にも大人気でした。

写真は撮影しませんでしたが、高機動車も出動してきており、屋根に載って写真を撮らせてもらえる機会というのはなかなかないので、みんな楽しんだようですね。

 

 

ところで、今回開催された会場は蕨二中であり、私はその地元の町会に属しているのですが、この町会の役員有志(シニア層ではなく、4-50代の現役層)で反省会を行いました。

いろいろおもしろい意見、提案も出ましたので、町会の公式意見ということではなく、非公式のメモという形でまとめて、行政の防災担部署である安全安心推進課には渡して見てもらいました。このペーパーは、議会内でも回覧させていただいております。

内容はここには書きませんが、

感想としては、

「市役所の職員が、意外と防災について詳しくなく素人集団であることがよく分かった。いざ有事の際には役所はあまりあてにならないし、結局は、自分たちのことは自分たちで何とかするしかない。自助・共助が大切。」という感想を抱いた方が多く、この認識が共有できた点は有意義でした。


台湾有事への自治体レベルでの備え

露国によるウクライナ侵攻に伴い、大量のウクライナ難民が発生しており、我が国にも難民が避難してきています。

実は、本年 令和4年(2022年)10月半ばには、蕨市にもウクライナ難民1名が避難してきており、蕨市は市営住宅を無償提供しております。

蕨市に限らず、我が国の多くの自治体が、主に公営住宅を無償提供する形でウクライナ難民を受け入れております。

言うまでもありませんが、公営住宅の提供は、原価ゼロではありますが、その1世帯分の蕨市民の入居が不可能になったわけです。行政サービスの機会損失が生じた、という言い方もできます。

 

 

ところで、

台湾有事の可能性が日に日に高まっており、この際も、大量の難民が発生する可能性があります。

ウクライナの人口は4,400万、台湾は2,300万とウクライナよりは少ないのですが、地理的な近さ、歴史的な関係性・友好関係、共通する価値観を持つこと、国際社会への責任から、ウクライナ紛争におけるウクライナ難民の人数とは比べものにならないくらい多くの難民を、我が国は受け入れることになる可能性が高いものと思料します。

蕨市も、多くの台湾難民を受け入れることになるでしょう。

これは、心積もりをした上で、ある程度の内々のプランを立てておいた方がいいと思いますね。

 

DSC_0443

2017年、高雄マラソンに出た折りの、開会式にて。
友好県のチーバくんがカメラ目線。

当時の高雄市長は花媽でした。


リスキリング支援 5年で1兆円

昨日、令和4年(2022年)10月3日の臨時国会冒頭にて岸田首相が所信表明を行い、その中の目玉が、

・リスキリング支援 5年で1兆円

なのだそうです。

 

 

 

リスキリングとは、聞き慣れない言葉ですが、

要するに、「スキル」(=技能)という名詞の動詞形に、re-(再び)を付けた単語で、「学び直し」という意味ですね。

学生ではなく、社会人(失業者を含む)向けに、学習支援を、国のお金で行う、というものです。

 

 

 

ある人より、

「どうして、国のお金で、個人の学習を支援しなくてはならないのか?」

という質問を受けました。

要するに、「それは、単なるバラ撒きではないのか?」という懸念の声ですね。

おっしゃる通り、個人のキャリアアップのための学習であるならば、その人自身の費用負担で行うべきです。

 

 

政府による、労働者・失業者の学び直しサービスは、昔からあります。

ハローワークでは、様々なジャンルの職業訓練を実施しています。

これらは、失業対策という目的で行われているサービスです。

失業が増えると、(順不同ですが)税収は減り、治安は悪化し、自殺者数は増え、世の中の幸福の総和が減ります。

失業をなくす・減らす、というのは、政府の最も重要な役割のうちの一つです。

 

 

昨今のリスキリングは、従来型のハローワークによる職業訓練から更に一歩進んだ概念です。

 

 

近年のAIの技術進化があまりにも急激過ぎて、ここ数年で、多くの職業がAIに置き換わり、多数のホワイトカラー労働者が失業する(社内失業を含む)と予想されています。

 

 

財閥系のような余裕のある大企業であれば、社内でのリスキリング+配置転換を行う余裕がありますが、そのような余裕がない企業からは、大量のホワイトカラー労働者がリリースされる可能性があります。

あまりにも急激かつ大規模であり、大きな社会不安を生み出しかねないことが予想されるために、政府がお金を出して、リスキリング支援を行うのです。

 

 

 

やはり、このような大きな技術革新、技術革新による労働市場の変化は、国単位で起こるものですので、今般のホワイトカラー労働者向けリスキリング政策は、国レベルのものであるべきであり、地方レベルで行うべきものではないと思います。
(国の政策を、地方が下請けするパターンはあり得ます)

 

地方レベルで独自のリスキリング政策を行うとしたら、例えば、

・特定の産業(農業、林業、漁業などの一次産業や、地場の製造業、観光業、鉱業など)が盛んな地域において、急激に産業動態が変化して当該産業が廃れ、大量の失業が発生するために、その産業の労働者向けにリスキリングを行う。

・特定の企業城下町(大きな工場がある街など)において、当該企業が撤退することとなり、大量の失業が発生するために、当該企業に勤務していた労働者向けにリスキリングを行う。

といったパターンであれば、あり得ると思います。

 

 

実は、本年、蕨市の近隣に位置する某市において、リスキリング補助金制度が出来ています。
(この某市の政策については、その自治体なりの個別の事情があることでしょうから、私としては特に意見は述べません。)

おそらく、今後、「蕨市でも真似して同様の制度を作ろう!」という提案がこれから、市議会内でも出てくるのではないかと予想します。これは、ちょっと慎重に考えないとならないと思いますね。


コロナ第7波拡大と錦町ラジオ体操中止など

新型コロナの第7波が猛烈な勢いで拡大しております。

本日、令和4年(2022年)7月21日は、東京都の1日当たり新規陽性者数が初めて3万人を突破し、大幅に記録を更新しました。

 

 

スポ協錦町支部の夏のラジオ体操は、今年も中止

縁あって昨年度~今年度の蕨市スポーツ協会錦町支部の支部長を拝命しております。毎年、夏休みには、主に小学生を対象とするラジオ体操を行っております。

昨今の第7波感染拡大の状況と、西小で学級閉鎖が行われたという状況を鑑み、また、各方面の意見を聴取した上で、今年もラジオ体操は中止と致しました。

 

 

コロナ感染への恐れ、感覚は、人によってかなり違う

当たり前といえば、当たり前ですが、「コロナなんて、インフルエンザと同じ」と軽く見ている人もいれば、「どのようなコストを払ってでも絶対に感染したくない」と考えている人まで、人によって感覚が大きく違いますね。

上記のように、各方面からラジオ体操開催是非についての意見をお聞きして回っている中で感じたのは、

・電車通勤の現役世代は、軽く見ている人が多い。

ということです。

「軽くて見ている」というと語弊があるかもしれませんが、「感染してしまう可能性を、リスクとして受け入れる覚悟をしている」という感じでしょうか。

例えて言うならば、「クルマに乗れば交通事故に遭う可能性はゼロではなく、どんなに注意していてももらい事故に出会う可能性もある、それどころか、一歩、家の外を出れば、空から植木鉢が降ってくるかもしれない、それでも、生活をしていくためにはそれらのリスクを受け入れた上で、外出するし、クルマにも乗る」というのと同じような感覚で、「感染してしまうリスクを受け入れる」という感じでしょうか。

 

 

イベント開催の是非を決めるに当たっては、私個人的には、これらの感覚を他人に押し付けることはしたくないな、と思います。

感染リスクを受け入れている人が、人が集まるイベントに参加するのはいいでしょう。

しかしながら、感染を恐れる人が、いやいやながらイベントに参加しなくてはならないような状況は、決して作るべきではない、と思います。

 

 

例えば、参加料有料の音楽ライブ・コンサートなり、マラソン大会なりは、全ての参加者は、自らの意思で参加しているはずです。これは、いいでしょう。

しかしながら、地域コミュニティのイベントは、「参加したい人だけが、参加しましょう。参加したくない人は、参加しなくて構いません」というわけにはいきません。

地域コミュニティが主催する以上は、コミュニティ構成員にとっては、事実上、半ば強制参加となる場合が多々あります。

 

このような事態は避けたいものだと考えます。


R.I.P. 社会の分断を防ごう。

本日、令和4年7月8日(金)安倍晋三元首相が、奈良県内にて参院選遊説中に銃撃を受け死亡しました。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

犯人は現場で逮捕されており、犯行の背景についてはこれから明らかになっていくことと思います。

単独犯か、何らかの組織による犯行か、など。

既に、マスメディアの反アベ報道のせいだ、左翼勢力による「アベ政治を許さない」の類の反アベ攻撃のせいだ、といった意見も目にしますが、そのようなことは断じてありません。

仮に、犯人あるいは犯行組織が、そのようなマスメディア報道あるいは考えに影響を受けていたとしても、マスメディアや世論が犯行を為したわけではありません。

(外国政府による工作である可能性も現時点では排除できませんが、こうなってくると話は全く変わってきます。しかし、私見ですがたぶん違うでしょうね。)

 

 

この事件をきっかけに、社会が分断してしまうことを私は恐れます。

 

 

民主主義社会において大切な態度は、考えが違う相手への敬意です。

考えが違う相手を攻撃することではありません。

 

 

 

ところで、今は参院選の真っ最中で、投開票日の2日前ですが、自民党県連からは、「選挙活動の自粛」が要請されております。

こういう時だからこそ、自民党も、自民党と対立する政党・考えの方々も、選挙活動を通常通りに行うべきかと、個人的には思います。

野党の方々は、仮に、安倍晋三元首相の業績を認めず、否定・反対の意見をお持ちなのであれば、敬意をもって堂々と主張為さるべきだと思います。


猛暑が続く。

今年の夏は、ほんとに暑いですね。
最高気温35度以上という、あり得ない日が毎日のように続いております。

本日は、珍しく朝から曇天で、天気予報によると蕨市の最高気温は29度とのことです。
このくらいだと、涼しくすら感じてしまいます。
まあ、実際には暑いのですけど。

 

 

我慢せずに、エアコンはつけよう

ピーク時電力不足ですが、エアコンは我慢せずに付けましょう。

 

お年寄りの方は、加齢によって体質が変わり、

・汗をかきにくくなる。
人によっては全く汗をかかなくなったりする。

・喉の乾きを感じにくくなる。
体内の水分量が減り、本来であれば喉がカラカラに感じていなければおかしいのに、この感覚を感じなくなったりする。

・暑さを感じにくくなる。
肌で感じる温度センサがおかしくなり、暑いはずなのに暑さを感じにくくなったりする。

となることがあります。

 

「汗かいてないし、暑く感じない。喉も乾いてない」という状態だったとしても、身体のセンサが異常なだけで、実際には体内では脱水症状を起こしていたり、熱中症の症状が進んだりすることがあります。

 

これを防ぐためには、

自分自身の身体の暑さセンサ・喉の乾きセンサを信用しないようにしましょう。

 

家の中にいる時は、温度計をこまめにみて、室温をチェックしてください。

温度設定できるタイプのエアコンならば、24時間、寝ている時も含めて常時つけっぱなしが一番です。

 

喉の乾きを感じているか否かに関わらず、水分は、一定時間ごとに補給しましょう。

 

 

 

更についでにいうと、

脱水症状、熱中症の初期症状の時に、身体にどのような異常が現れてくるかは、どうやら、人によって違いがあるようです。

自分の場合は、どのような症状になるのか、予め体験しておいて、そのような症状が現れたら即、対策を施すようにすると、良いかと思います。

 

DSCN0568

私の場合は、脱水症状の初期には、頭が締め付けられるような痛みを感じるようになります。この時点では、まだ大丈夫。
水を飲み、塩を舐め続ければ、一応は、平気です。

両腕に寒気を感じてくると、これはやばい。熱中症の初期症状なので、すぐに日陰に入って休憩するようにしています。
お腹に感じる寒さは、汗冷えの可能性が高いので、大丈夫。
両腕の寒気がやばい。

このような感覚を体験しておくと、役に立つこともあると思います。

 

 

更におまけですが、

汗冷え対策として、私が個人的に超おすすめのベースレイヤは、

finetrackのドライレイヤー。

これは超絶におすすめです。

尚、一見するとほとんど同じように見える同種の製品として、

某M社のアミアミってやつがありますが、これ、全然違います。個人的にはおすすめできません。

私の妻は、finetrackを手に入れてから、某M社のアミアミはまだほとんど新品なのに、捨てていました。そのくらい全然違います。

 

 

 

参院選:本日(7/7)18時、自民党 関口昌一候補、蕨駅西口にて街頭演説会の予定です。


買ってよかったモノ モンベル 折りたたみ日傘

毎日、暑い日が続いています。
この週末は土日ともに気温35度越えました。
群馬県では40度越えとのことで、6月としては観測史上初だそうです。

日差しも強く、たまらないですね。

私は体質的に紫外線に弱くて、偏頭痛の原因にもなるので、ほんとに日中の外出が辛くてたまらないです。

 

天気予報によると、明日からも、一週間連続で35度越えだそうです。

 

紫外線対策でおすすめなのが、これ。

モンベルの、サンブロックアンブレラ。
要するに、折りたたみの日傘です。

紫外線遮蔽効果がかなり高く、更に加えて、この傘の下はほんとに気温が数度違うのではないかというくらい、涼しく感じます。

女性用のファッション日傘とは異なり、いかにも機能性重視なデザインなので、男性でも使いやすいかと思います。

ほぼ一年中使ってます。

私が買って、妻も買って、妻の母親と父親にもそれぞれプレゼントしました。