教育センターの日本語特別支援教育を見学。

本年度2017年度より、蕨市の新規事業として、日本語特別支援教育支援員が設置されました。

先日、ご担当のご好意により、教室の様子を見学してきました。

 

日本語特別支援教育について

市内に在住外国人が増えており、小中学校においても、外国人の児童・生徒が増えています。

日本語スキルはまちまちであり、まったく読み書き・会話が出来ない子供もいます。
体調が悪くても訴えられなかったりするそうです。

また、保護者を呼んで話をしようとしても、保護者とも日本語でのコミュニケーションが成り立たないケースがあるそうです。

従来は、小中学校の現場において、学校の先生の頑張りによってどうにかやり繰りしてきたようです。

 

そこで、特に日本語スキルの低い児童・生徒を集めて、集中的に日本語教育を施そう、ということで、本年度2017年度から新たに設けられたのが、本制度です。

DSC_0757

(平成29年度 蕨市当初予算案概要資料より)

教育センターの充実として、総額で5,489千円が計上されています。

DSC_0758

(平成29年度 蕨市予算書より)

5,489千円の内、

2,340千円 日本語特別支援教育支援員
2,980千円 統括相談員
169千円 備品購入費

となっています。

 

 

見学におけるファインディングス

以下、箇条書きにて。

 

開講期間:
毎週 月~水の午前中に開講。

受講生:
市内全小中学校の、日本語スキルの低い児童生徒。
地域・学年はまちまちで、それこそ小1から中3まで一緒に受講する。
国籍もまちまち。日本国籍者もいる(母語が日本語ではない)。

受講生の家庭環境・背景:
中長期的な定住者(定住希望者)なのか、2~3年の短期的な滞在者なのかは不明。体系的な調査はやっていない。

受講期間:
入学・卒業時期は、蕨市への転入時期・日本語スキルの上達度合いに応じて、随時。
基本的には、授業についていける最低レベルが身に付いたら、できるだけ早く学校に戻してやる、という考え方。

教育メソッド・内容:
この日の授業内容は、あいさつ、食べ物・料理の単語とそれを用いた会話、すごろく、五十音など。
起立・礼から始まる、昔ながらの日本の学校のスタイルで、規律正しさ、集団意識、ルールを守る感覚、授業中と休み時間を区別して時間を守る感覚なども身に付けさせる。
机やイスを自分達で揃え、挨拶をしっかりやり、先生の言うことをちゃんと聞く、悪いことをしたらごめんなさいと謝る。
日本語以外は使用禁止。
ハンバーガー、スパゲティなど、外来語についても、日本語チックな平板なアクセントでしゃべれるようにする。(パーリーピーポォではなく、ぱーてぃーぴーぷる。)
これらは、一般的・汎用的な教育メソッド・教材があってそれを使っているわけではなく、手探りでやっている、とのこと。

授業の雰囲気:
子供はまじめで、楽しみながらよくやっている印象。
主の先生に加えて、副の先生もいて、とてもサポートは手厚い。

 

 

所見

単なる語学教室ではなく、日本人のモノの考え方、生活習慣、道徳観も自ずと学べるような仕組みになっているのは好もしい。
先生は優秀な方です。

やはり、短期的な滞在者なのか、中長期的な定住者(定住希望者)なのかは、体系的に調査して欲しい。

この件は、本年2017年3月定例会において、私が一般質問した通り。

hoya_t blog 2017/3/20 : 【蕨市議会】2017年3月定例会一般質問(2) 定住外国人実態調査について

短期的な滞在者と、中長期的な定住者(定住希望者)とでは、必要とする日本語スキルレベルも、必要とする小中学校教育の方法論も、異なってくるものと思う。

短期的な滞在者であれば、留学生として遇するべきと考える。
正しき良き日本人としての価値観に従ってもらう必要はないが、これを学び、母国に持ち帰って伝えてもらいたい。

中長期的な定住者(定住希望者)であれば、好むと好まざるとに関わらず、我が国の生活習慣、モノの考え方に従ってもらう必要がある。
日本国籍者であるならば、愛国心の涵養も小中学校教育の役割である。

他の自治体での事例や、米国のような移民の国での事例についても調べてみたいところ。


消防の水難救助訓練

先日、荒川沿いの某所にて、戸田市消防署と合同による、蕨市消防本部の水難訓練があり、見学させていただきました。
なかなか貴重な体験でした。

 

ボートの種類

DSCN4414

この種の、水害時のボート、蕨市消防本部は、3艇持っているそうです。
2挺がゴム製で、1艇がアルミ製。
その他に、荒川左岸水害予防組合のボートで、蕨市内に設置されており、事実上、自由に使えるようなものが2艇あるとのことです。

 

ゴム製とアルミ製と、おそらく、性能はそれぞれ一長一短なのかと。
ゴム製の方が軽くて使い勝手が良さそうですが、泥水の下に隠れたガレキが突き刺さって壊れたら、即使えなくなります。ゴム製と言っても、人が乗る、内側の底の部分にはアルミ板を敷くので、ぐらぐら揺れて乗り心地が不安定なわけではありません。

オールを使っての手漕ぎ式としても、船外エンジンを付けてのエンジン式としても使うことが可能です。
エンジンは、混合式の2stのものと4stのものがありました。

馬力は、2stのものが、4馬力(と言っていたような、たぶん)。
4馬力というと、インジェクション式の最新のスーパーカブ50(4st シングルエンジン)が3.7馬力なので、だいたい同じくらいです。

見るからにしっかりがっしりとした造りで、海に遊びに行ってプカプカ浮かぶようなものとか全く違います。

 

このボート、金額は幾らくらいするのだろうか?

アキレス株式会社 : 水難救助ボート
JOYCRAFT : JEF-425
エンジン無し、6人乗りのもの(エンジンは別売り)が、50~70万円くらいですね。

エンジンは、
ヤマハ発動機株式会社 : F2B
本田技研工業株式会社 : BF2
だいたい12~14万円くらいですね。

合わせて、定価ベースで60~80万といったところです。

 

ボートの訓練

まずは手漕ぎ訓練。

6人が乗り込んで、内2人が、左右ぞれぞれでオールを持って漕ぐ。
理屈の上では、風がなく、水の流れも無いものと仮定すれば、左右まったく同じように漕げばまっすぐ進むはずですが、これがとても難しいようです。
左右に大きく蛇行し、岸から見ていると、「遊んでいるのかな?」、「ふざけているのかな?」と思ってしまうくらい、まったくまっすぐ進めない。

次いで、船外エンジンを設置して、モーターボート訓練。

上記のヤマハとホンダのwebサイトに掲載されいているような形のエンジンを、ボートの後部のアルミ板にクランプで締め付けて固定します。それほど重いものでもないようですが、頭が重くて不安定な形なので、3,4人で持ち上げてセットすることになります。運転はもちろん免許が必要です。

こちらは、私も乗せてもらいました。
6人乗りの小さなゴムボートとは言え、それなりの安定感があり、風も波もないこの日は、静止状態においては、左右にぐらぐら揺れるようなことはありませんでした。

走ると、水面が近いので、若干怖い感じはします。
他のボートの波に当たると、ちょっと揺れます。

 

実際に蕨市内で使う災害時には、大雨・大風の中で使うケースはありうると思いますが、高波が発生するような状況は考えにくいと思います。

船外エンジンは、水面の下に沈み込む部分が、けっこうな高さがあるため、水底に接触しないように使うためには、ある程度の水の深さがあることが前提となります。
ざっくり1mくらいでしょうか。

荒川上流河川事務所 : 明治43年の洪水

明治43年に荒川の堤防が決壊して、蕨市内全域が水没する大災害があり、その時は、地元の古老によると3尺(90cm)の水の深さがあったと聞いたことがあります。

このくらいの2,3百年に1回クラスの水害時にしか、モーターボートとして使うことはでき無さそうです。
しかも、この種の災害時には、泥水の中でどんなガレキが沈んでいるかもわからないので、エンジンを使うことは現実的には難しそうです。

 

救命索発射銃による救難訓練

DSCN4416

ロープを発射する銃式の投擲マシンです。
川の中洲や、湖の中央部などに取り残された人までロープを投げ、ロープを伝って助ける、という仕組みです。

Navarまとめ : 【1999年】神奈川県山北町・玄倉川水難事故(DQNの川流れ)まとめ

台風で増水した中洲に取り残されたファミリーが、必死で救助しようとする消防、警察、地元の方々に向かって、暴言を吐き続ける映像で有名なこの事故で用いられたのが、この道具です。

尚、戸田市のものは圧縮ガス式で、蕨市のものは火薬式とのことでした。

この映像の2:00以降に出てきますが、このマシンで細いロープを投げ渡し、その後で、救助用の太いロープをセットして助ける、という使い方をするようです。

実際のところ、蕨市内であれば、ほとんど出動の機会はなさそうですね。

 

この他、戸田市は市域に荒川を含んでいるため、潜水チームも持っているそうで、その道具も見せてもらいました。

 

 

考察

・小さな2~4人乗りくらいの遊び用ゴムボートは、救助には向いていない。6人乗りの救助用ボートが、高くても必要。

前述のような、2~3百年に1度クラスの荒川決壊が発災した場合には、市内全域が短時間に水没する可能性がある。
この時に、自宅などに取り残された人を、避難所にどうやって運ぶかが重要。

市内全域が同時に発災し、しかもこの場合には、埼玉県南部の市町村は同時に被害に遭うので、市外からの応援が来てくれることも期待しにくい。

そこで、各消防団、町会などに、大量に安いゴムボートを備えさせればいいのではないか?と考えていた。

 

このくらいの、レジャー用のものならば、4万円くらいで売っている。

 

しかし、このクラスのレジャー用ボートは、よほど良い条件が揃わないと、救助に使うのは難しいかもしれない。
救助中にボートが転覆してしまったりしたら、二次災害の原因にもなりかねない。

6人乗りクラスの救助用のボートですら揺れるとちょっと怖く感じたくらいなので、大雨・大風の中、子供・高齢者・障害者などを運ばなくてはならない状況を想定したら、6人乗りクラスの救助用の、床がアルミ板で作られているような安定した作りのものが、たとえ50~70万円くらいしたとしても、必要かも。

 

・蕨市内ならば、ボート用の船外エンジンはあまり使い道がない。

荒川決壊における想定される水深を1mくらいと仮定すると、ボートの船外エンジンを使えるのは、そのくらいの水深のワーストケースに限られるようだ。
この場合も、水は濁った泥水で、流木やがぷかぷか浮かび、水の中にはどんなガレキがあるかもわからないような状況で、エンジンを使うのはためらわれる。

大雨・大風が止んだ後で、1m以上浸水した道路上で、既にガレキがないことが確認済みの状況など、好条件が揃ったケースしか、船外エンジンは使い道はないかもしれない。

消防本部で想定している使い方は、内水災害(ゲリラ豪雨による都市型水害)や外水氾濫の初期において、消防士はボートに乗らず、ロープでボートを引っ張って濡れながら水の中を歩き、要救助者をボートに乗せて避難所まで連れて行く、というもののようだ。

 

 

・救助用ボートの数を増やせばいいというものでもないかも。

6人乗りの救難ボートであれば、消防士は2,3人が乗り込んで(あるいは濡れながらロープで引っ張って)、一回で3.4人を運ぶ、という使い方になろうかと思う。
この場合、ボートに乗る地点(要避難者の自宅など)で、要避難者が乗るのをサポートするスタッフが2,3人、ボートを降りる地点でも同様にサポートスタッフが2,3人必要である。
バックアップを入れると、一つのボートを運営するのに15人程度は必要かと思う。

大量にボートを買い揃えたからと言って、スタッフの数が揃わなかったら意味がない。

また、消防本部としては、消防団員にはボートに乗り込むのではなく、ボートの乗り降りのサポートなどの行程をお願いしたい、という考えを持っているようだが、これは理に適っていると思う。

(※ 消防士は、プロのいわゆる消防士さんのこと。消防団は、ボランティアです。)

 

 

 

今後は、ちょっと他市の事例を調べてみたいですね。


蕨シニアリーグ入団式がございました。

昨日2017年4月22日(土)、蕨シニアリーグ入団式がございました。

蕨シニアリーグは、中学生の野球チームです。
私は、副会長を仰せつかっております。

今年は、7名の新入団生を迎えることができました。

DSC_0642

新入団生諸君、これからの中学生生活3年間、一生懸命に頑張ってやりましょう。
みなさんが好きな野球に打ち込めるのは、ご両親を始めとする家族の支えがあってこそです。家族に感謝の気持ちを持ち続けてください。

 

 

ところで、本日4月23日(日)は、ソウル北方の東豆川にてKOREA 50Kというトレランレースが開催されており、私もエントリしていたのですが、現下の韓半島の一触即発の状況に鑑み、DNSとしました。

この週末は無事何事もなく過ぎ去ろうとしており、レースも何事もなく終了したようですが、東豆川は38度線からも近く、在韓米軍基地も存在する場所なので、とても背負いきれるリスクではなかったので、不参加と意思決定して正解だったと思います。

宿をメール予約したのみで、エアは取っていなかったので、損害額はエントリフィーUSD99のみです。


南町の避難所運営訓練がありました。

本日、2017年2月19日(日)蕨市立南小学校におきまして、避難所運営訓練が行われ、見学しました。

参加者は、南町地域の各町会、南小学校、消防本部、市役所の安心安全推進課など。

実際の災害現場を多々見学したことがありますが、体育館などの避難所の中にまでは、遠慮して足を踏み入れることはなかなかありません。
いろいろと得るものがあった、貴重な体験でした。

以下、順不同、非体系的に、思いついたことなどをメモ。

 

 

校庭に集まった後、避難所である体育館へ。

災害発災時に、一旦、各家庭から校庭に集まってきた、という想定です。
学校の校舎内、体育館へは、勝手に判断して入っていいわけではありません。
校長の許可を得た上で、入ることが出来る、というのが前提となります。
では、校長と連絡が取れないときは?教頭とも連絡が取れないときは?学校教職員の誰とも連絡が取れないときは?

真冬で冷たい雨が降っていて、建物内に入らないと生死に関わるような状況では、勝手にガラスを割って鍵を開けて中に入ってもいいものだろうか?

 

校舎、体育館に入る許可を得ても、全ての部屋・設備を勝手に使っていいわけでありません。

トイレは、排水管が壊れていないかどうか点検してからでないと、使ってはいけません。
職員室などには生徒の個人情報がありますし(基本的には平時においては鍵がかかる金庫やキャビネット類に保管されているはずですが、災害によってそれらが壊れて、個人情報を含む書類が散乱しているかもしれない)、どこの教室・設備の使用を許可するかは、校長の判断、ということになるようです。

20170219_蕨市 避難所運営訓練

学校で保管している災害用ブルーシートを広げて、各町会ごとに座るスペースを確保。

今日は日差しは暖かいものの、気温は低く、体育館の床は冷たい。
そのままずっと座っていたら、痔になりそう。
座布団類を持ってきた方が無難です。
それがなくても、せめて、服を丸めて座布団代わりにするとか。

 

 

災害用の備蓄品保管室を見学。

20170219_蕨市 避難所運営訓練

毛布。

20170219_蕨市 避難所運営訓練

乳幼児用のおむつ。

20170219_蕨市 避難所運営訓練

アルファ米。

 

基本的に、これらは新品だと思います。
発電機のガソリン燃料や、食品類などは消費期限がありますが、適切に管理されています。

基本的にみんな譲り合って秩序が保たれると思いますが、このような資材を置く場所は、立哨を置くなどのセキュリティは必要かもしれませんね。

20170219_蕨市 避難所運営訓練

災害用トイレの組み立て。

パイプでフレームを作って、キャンバス素材のカバーをかけます。
排水路が確保できれば水洗となりますが、なければ、利用する都度、ビニール袋に排泄して処理する必要があります。

20170219_蕨市 避難所運営訓練

炊き出し訓練。

プロパンガスで湯を沸かして、アルファ米を炊き、レトルトカレーを作る。

20170219_蕨市 避難所運営訓練

管理者からの情報伝達は、放送(スピーカマイク)の他、ホワイトボードでの掲示を利用。

これは・・・日本語が読めない外国人には分かりませんね。

自分の町会名を知らない人も、分からない。
蕨市の町会名は、行政上の地名と異なり、古い地名を用いているところが多いので、自分の住む地域の町会名を知らない人は意外と多いと思います。

町会未加入者、たまたまこの地域を外から訪れていて被災した人(通行者、来客など)は、どうすればいいのだろうか?

 

コミュニケーションは意外にも、けっこう重要だ。
言葉の使い方一つが、要らぬフリクションを招いてしまうかもしれない。
避難所内の放送によるアナウンスは、何度も何度も繰り返す必要がある。
全てのコミュニケーションは、基本的には、明るく前向きなものが良い。話し方、言葉遣い、声の質にも気をつけたい。
コミュニケーション経路は、出来るだけ多重化せずに、一元化するべき。

20170219_蕨市 避難所運営訓練

カレーをおいしくいただきました。もぐもぐ。

そう言えば、ごみの処理ってどうやればいいんだろう?
夏だったら、生ゴミとか1日も置いたらヤバいですよね。
取り敢えず仮に、校庭に穴を掘って埋めてもいいのかな?

 

 

今回の南町の訓練では、この地域にお住まいの、近隣市の消防幹部の方がいて、この方がスパスパ仕切っていました。
地元の皆様もこの方には一目置いているらしく、黙々と指示に従って、流れるように訓練が進行していきました。

これが他の地域だったら、意思決定過程、指揮命令系統はぐちゃぐちゃで、ああでもないこうでもないと議論百出し、船頭多くして船山に登ってしまうかもしれません。

例えば、
・手が空いている力仕事が出来る若者が10人しかいない。
・X地点でガレキに埋まったお年寄りを発見。持病のクスリを服用しないとやばい。すぐに助けないと!
・Y地点で同じくガレキに埋まって息も絶え絶えな乳幼児を発見。すぐに助けないと!
・それぞれガレキ除去には10人くらいの人手が必要。
さあ、どうやって優先順位を付け、リソースを分配するか?
X地点が先だ、いやY地点だ、まあまあここは穏便にじゃんけんで決めましょう、いやいやそれより5人-5人ずつに分けたらどうですか?
みたいな。

結局、誰か仕切れるキーパーソンの存在が必要。
特殊なスキルは必要ないが、地域の地理・どういう人がいるのか等の状況をがっちり把握していて、的確な判断力があり、コミュニケーション力が高くて、明るく前向きな性格で、それなりの地域内での人望があって、仕切れる人。
このキーパーソンは、フットワーク軽くあちこち動き回ってはいけない。常に本部に腰を据えて、様々な課題が持ち上がる都度、どう対処するか意思決定して仕切っていかないとならない。

そもそも南町のこの方も、大規模災害時は、おそらくご自分の職場に駆けつけてしまって、この南町の避難所には来れないでしょうし、誰か他のキーパーソンを確保する必要があります。

 

 

課題をいろいろ発見したわけですが、私は、基本的にはまったく悲観していません。
いざとなればまあ何とかなるだろう、と何となく特別な根拠もなく、楽観しています。
明治天皇の御製「敷島の大和心の雄々しさは事有る時ぞ現れにける」にあるような、いざという時の日本民族の底力を信じております。


新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
心穏やかに平成29年の正月を迎える事が出来ました。

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

201701_和楽備神社

1月4日、蕨市民会館にて開かれた蕨市賀詞交歓会の後で、和楽備神社へ。
すごい行列!
行列苦手なので、後ろの方からお参りしました。

DSC_0318

先日訪れた、某イオンモールにて。
今年は酉年ですね。
こけこっこー!

DSC_0315

彩湖にて、新年走り初め。
この時季は、冷たい北風で湖面が漣立っている日が多いのですが、この日は完全無風でした。

明るく楽しい一年にしていきたいと思います。


農地パトロール

本日2016年11月18日、蕨市農業委員会のメンバにて、市内の農地パトロール(利用状況調査)を行いました。

「遊休農地の発生防止、解消」は、農業委員会の主な仕事の一つです。

誰かが所有している畑を、耕作しないで遊ばせておいたとしても、その人の勝手でしょ?
と、思われがちです。
私も、以前はそう思っていました。

しかしながら、農地は税制面で優遇されており、登録されている農地は、しっかりと耕作しないとダメなのです。もちろん、勝手に他の用途に転用するのもダメです。

年を取ったとか、後継者がいないとか、何らかの理由で耕作を続けることが不可能な事態になったら、他の人・企業に貸すなどしかるべく対応が必要になり、これを斡旋するのも農業委員会の仕事です。
現実的には、都市化が進む蕨市内でわざわざ農地を借りてビジネスベースで(趣味としてではなく)農業をやろうという人・法人はいないと思いますけど。

20161118_蕨市 農地パトロール

錦町の農地。

適切に農地利用されているケースです。

20161118_蕨市 農地パトロール

錦町の、以前、子供向け学習用に「田んぼの学校」として水田として利用されていた場所。

「田んぼの学校」は終了し、今は畑となっています。

20161118_蕨市 農地パトロール

葉に白い斑点が見えますが、消毒薬の濃度が濃すぎたことが原因ではないかとのこと。

20161118_蕨市 農地パトロール

ここは農地ではありませんが、家電の不法投棄を見つけました。

20161118_蕨市 農地パトロール

農地はほぼ所有者の家に隣接しているので、在宅ならば一声あいさつしていきます。

20161118_蕨市 農地パトロール

これは、良くないケースですね。

20161118_蕨市 農地パトロール

ボーイスカウトに貸しているようです。

20161118_蕨市 農地パトロール

中央地内の農地。

 

私の父方の先祖も、川口市内の農家でして、父親はガキの頃田植えの手伝えをした、という話を聞いたことがあります。私自身はまったく農業経験はありません。

プロの農家の方の解説を聞きながら畑を見て回るのは、結構面白い体験です。


郷町会の防災訓練がございました。

先の日曜日、2016年11月6日(日)、郷南公園におきまして、郷町会の防災訓練がございました。

20161106_郷町会防災訓練

蕨市消防本部と、地元の消防団第4分団の方々にレクチャーしていただきました。

練習用の消火器を使って、消火訓練。

20161106_郷町会防災訓練

AEDの使い方の練習。

いざという時に、冷静に行動できるようにするために、「以前やったことあるから~」と敬遠せずに、折に触れて繰り返し練習しておきたいところです。

20161106_郷町会防災訓練

煙体験。

 

最後に、炊き出し訓練ということで、アルファ米のご飯によるカレーライスをいただきました。

関係者の皆様、お疲れ様でした。