東京オリンピック:無観客・無選手で完全オンライン開催案

1年間延期された東京オリンピックについては、「今年、ほんとにできるのか?」と、巷で話題にならない日はありません。

ほんとに開催されるんですかね?

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODG218840R20C21A1000000

今朝の日経によると、決行するか、再延期するか、中止するか、その判断すべきポイント・オブ・ノーリターンは、3月の聖火リレー開始のタイミングなのだそうです。

 

中止の場合は、その費用負担どうするかとか、いろいろなレイヤーの課題があるのですが、現実的に、3月の時点で、夏の開催について自信をもってGoサインを出すことができるのかどうか?

 

 

まあ、私は分かりませんけど、ここで、無責任な立場で、新しいやり方を提案してみたいと思います。

 

ずばり、

無観客・無選手、完全オンラインのオリンピック

です。

 

 

 

菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説 – 毎日新聞

第204通常国会が18日召集された。菅義偉首相は同日午後の衆参両院本会議で施政方針演説に臨んだ。新型コロナウイルス対策に重点を置き、「一日も早く収束させる。この闘いの最前線に立ち、難局を乗り越えていく決意だ」と表明した。新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案について「罰則や支援に関して規定し、飲食店の時間短縮の実効性を高める。早期に国会に提出する」と述べた。 …

 

菅首相は、1月18日の市政方針演説で、「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証に」と述べられました。

 

もし仮に、夏の時点で、タイミング的に、まだ人類がコロナに打ち勝っていないのだとしたら、これは、無理ですね。

 

そうであるならば、「東京オリンピックは、コロナと戦うための人類の連帯の証に」してはどうでしょうか。

 

それが史上初、そして(おそらく)史上最後のオンラインオリンピックです。

開会式、閉会式はオンライン開催。

球技、格闘技などの対戦モノは、もちろん無理なので、これは無し。

陸上、マラソン、水泳、トライアスロンなどの競技のみを、それぞれの国の選手が、それぞれの国で、同時に実施し、それらをオンラインで繋いで同時ネット中継して、世界中で応援してみてはどうでしょうか。

条件は同一ではないし、その記録は、あくまでも非公式なものであって、競技史上には残りません。

しかしながら、コロナと戦う人類の力強い灯火になるでしょう。


ワクチン接種のこれからの課題

新型コロナウイルス対策の(おそらく)抜本策である、ワクチン接種については、我が国においても着々と準備が進められています。

 

昨年、令和2年(2020年)12月 蕨市定例議会においては、私も蕨市の準備状況、今後のスケジュール等について問い質したところでしたが、その頃はまだほとんど決まっておりませんでした。

 

新型コロナウイルスワクチンの住民接種は、国の全額費用負担にて、市町村が実施主体となって進められることが既に決まっております。

その後、蕨市においても、行政当局内部に、ワクチンの住民接種のための特設部署が置かれるなど、着々と準備が進められています。

 

<新型コロナ>ワクチン接種、一般県民は5月以降に 埼玉県が見方、2月下旬から先行して医療従事者へ(埼玉新聞) – Yahoo!ニュース

大野元裕知事は説明会の冒頭で「ワクチン接種体制を国、市町村と連携しながら迅速に進めていきたい」と述べた。 …

埼玉新聞の直近の報道によると、 埼玉県内においては、ワクチン接種のスケジュールは、

2月下旬から:医療従事者

5月以降:一般の埼玉県民

と、なりそうです。

 

 

着々と準備が進んでいる中で、医学的な面を除く、オペレーション面での今後の課題は、

・ワクチン接種を受けたがらない人に、いかに受けさせるか

ということです。

 

 

これはけっこう難しいかも。

予防接種には、必ず確率論的に副反応が発生します。

ましてや、新型コロナウイルス感染症ワクチンは、大急ぎで進められたため、おそらく、通常のワクチン開発のプロセスよりも手順を簡略化しているだろうと見なされています。
(医学的にそれが不十分だ、ということではなく、世間ではそのように見なされている、という意味で)

 

今後、「あなたのワクチン接種の順番が回ってきました。何月何日に、どこそこに来てください」というような通知文書が、市から送られてきて、それに従ってワクチン接種を順次受けていく、ということなるのだろうと思いますが、様子を見るために、接種を受けない人が多発するのではないかと思料します。

 

もちろん、こうなってしまっては、集団免疫はなかなか獲得出来ませんし、行政リソースを最大限効率的に稼働してワクチン住民接種を進めていくことも出来なくなってしまいます。

 

 

ワクチン接種を拒否する人に対してペナルティを課すことは出来ない。

そうであるならば、何らかのインセンティブを付与するか?

 

蕨市のワクチン接種推進事業の進捗を見守りながら、今後、必要があれば考えて提案して行きたいと思っています。


緊急事態宣言第2弾は、なぜ飲食業狙い撃ちなのか?

新型コロナウイルス第3波感染拡大に伴い、昨日、令和3年(2021年)1月7日より、1ヶ月間の一都三県に対する緊急事態宣言第2弾が発令されました。

第2弾の内容は、第1弾と異なり、飲食業への営業時短要請が中心となっています。
学校の休校や、県境とまたいでの移動は、要請されていません。
民間企業に対してはテレワークの要請がなされていますが、目標数値・時間帯などは設けられていません。

 

これは、飲食業への狙い撃ちのようにも見えます。
もちろん、飲食業の方々からは、「自分たちばかりが、なぜ営業時短しなくてはならないのか?」という不満の意見が出てきています。

 

なぜ、「飲食業だけ」なんでしょうね?

そこには、明確な根拠はあるのでしょうか?

 

 

この点について、かつてJCでともに活動した仲間の、衆議院議員の繁本護君が、分かりやすい解説をしています。

昨日の衆議院議員運営委員会では、松本洋平先生が自民党を代表して質問に立たれ、政府が飲食店を拡大防止対策の重点としたエビデンスについて問いました。

この点は重要な指摘です。なぜなら政府が飲食に対する時短要請と罰則をセットにする特措法の改正を…

繁本 護さんの投稿 2021年1月7日木曜日

 

引用すると、

12月~1月初の全国のクラスター発生のうち、
発生件数及び感染者数を施設別に分類すると、

>全体 クラスター807件、感染者数13,252人

>このうち、
>1.医療福祉関連 361件、8,191人
>2.飲食関連   156件、1,664人
>3.教育関連   123件、1,754人
>4.職場関連    95件、1,103人
>5.その他     72件、  540人

そして、

>飲食関連と教育関連は程度の規模となっていますが、両者には明らかな違いが一つあります。
>飲食関連は感染経路を明らかにすることが困難ですが、教育関連は感染経路を明らかにすることが容易であるとの違い。

 

 

クラスター発生の事例が多く、かつ、感染経路分析が困難であることが、「飲食業狙い撃ち」の理由だということです。

エビデンスが無いわけでは無い、ということです。

 

 

 

今後の課題は、一ヶ月後に、果たして感染拡大を抑えられているか?ということです。

抑えられていれば、良し。

抑えられていなければ、さらなる対策強化を打つ必要があります。


蕨市立病院の駐車場に、発熱トリアージ仮設待合室を設置

蕨市立病院の正面玄関脇の駐車場に、トレーラーハウスが設置されました。

簡易なキャンピング用という感じではなく、エアコンも付いているし、常置して住めそうな本格的な仮設ハウスといった感じで、車輪がついています。

IMG_20200821_153816

これは、発熱患者向けの、発熱トリアージ用の待合室です。

従来は、本館正面玄関を入って入口近くにある小部屋を使っていたものですが、独立したトレーラーハウスを設置したものです。


ジョギングしている人が増えた

コロナ禍による巣こもり生活が始まって以来、ジョギングしている人が、めっきり増えました。

緊急事態宣言下では、不要不急の外出は一切ダメだし、スポーツクラブ類も軒並み営業停止していましたが、最低限の健康維持のために、散歩やジョギングは奨励される雰囲気があったことによるものです。

 

 

夜、暗い色の服で走るのは危険

私は、昔からジョギングが好きで、昼間も走るし、夜も走ります。

 

最近になって夜に走り始めたばかりの人は、全身、暗い黒系統の服を着て走っている人が少なからずおり、危ないですね。

私くらいのベテランの夜ジョガーの間では、被視認性を上げるために、必ず白っぽい目立つ色の服を一つは身につけることは、基本中の基本であります。

更にプロの夜ジョガーになると、フラッシュライト類を腕に付けていたりする人もいます。

 

 

 

BUFFは便利だけど、汗もができる

マスクを装着して走っている人もいますが、

息苦しさ軽く 快適な「ジョギングエチケット」で感染予防 9倍増の注文も – 毎日新聞

新型コロナウイルスの感染拡大により外出自粛が長引く中、運動不足の解消やストレス発散のために、ジョギングを楽しむ人が増えている。しかし、運動中は息が荒くなり、飛沫(ひまつ)感染のリスクが高まるとの声も。ランナーの感染防止対策とは?【円谷美晶】 …

4月中ころに、iPS細胞の山中教授が、「BUFFを装着して走ろう」と呼びかけて以来、急激に、これを口と鼻を覆うように装着して走るジョガーやチャリダーが増えました。

BUFFというのは、伸縮性のある薄い布が筒状になったもので、日焼け対策にも寒さ対策にもなるし、頭に巻いて帽子としてもいいし、首に巻いてもいいし、いざというときは止血、折れた骨の固定にも使える、というグッズです。

最近は、レースの参加賞としてもらうことも多いので、マラソン、トレイルランが好きな人なら、だいたい何枚か持っています。

ゼロックスやホチキスと同じように、元は特定のメーカの商品名なのですが、適当な一般名詞がないので、だいたいこの名前で呼ばれています。今では、幾つかのメーカが似たようなものを売り出しています。

 

先月まではマスクが品薄で貴重品だったこともあり、私も昼夜を問わず走るときはだいたいこれを装着しているのですが、

IMG_20200517_150534

汗を吸って重くなった繊維が、走りながら皮膚を擦るので、汗もだか吹き出物だかが口の周りにたくさんできてたまらず。

最近は、周りに人がいないときは、口・鼻から下にずらして走っておりますが、今度は首の前側が汗もだらけで痒みが止まりません。

いちいち頭から外すのは、けっこうめんどうです。
これは困った。何としたものか。


蕨市からも新型コロナ感染者が出ましたが、皆様、落ち着いて行動を。

先週終盤から昨日にかけて、蕨市立病院の医療従事者(2名、ともに市外居住者)と、蕨市民(1名)からも初の感染者が出ましたが、とにかく落ち着いて行動してください。

この事象によって、皆様の感染リスクが急激に上がるわけではありません。

感染リスクは、今までもありました。
これからもあります。
そして、皆様ご自身が、既に感染していて(かつ、発熱や咳などの臨床症状がない状態で)、誰かを感染させる可能性もあります。

今まで同様、とにかく出来るだけ「お家にいる」ようにしてください。

 

 

 

デマ・憶測に惑わされず、一次情報を探して読みに行く努力を

私は市議会議員なので、マスメディア等での発表よりも若干早く情報が入ってきますが、今後は、私から速報を流すことは一切致しません。

情報は、極力、一次情報を参照してください。

マスメディア・ソーシャルメディアの情報を閲覧する場合は、デマや憶測に惑わされないように、信頼できる情報発信者なのかどうか慎重に見極めてください。

 

冒頭で書いた3例に関して言うと、

埼玉県webサイト:
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0701/shingatacoronavirus.html

蕨市webサイト:
https://www.city.warabi.saitama.jp/

蕨市立病院webサイト:
https://www.city.warabi.saitama.jp/hospital/index.html

 

これらの一次情報を直接見に行くように。

役所の文章なので、探しにくく、読みにくいのですが、手間を惜しまないでください。

 

 

屋外だから感染リスクが低く安心だ、と思わないように

この週末は天気が良く、私も彩湖、荒川サイクリングドーロとジョギングをして回りました。

IMG_20200411_153957

野外の広い公園、河川敷と言えど、人の動線というのは限定されており、どうしても遊歩道、広場・駐車場の出入り口、トイレの周囲などは人が集中することになります。

特に土曜日(11日)は天気が良く、彩湖にはわしゃわしゃ人がいました。
シートに座ってお弁当を広げてピクニックをしているグループも、そこかしこに見かけました。

屋外だからといって、いわゆる三密を確保しないと、もちろん感染リスクは上がりますので、ご注意を。

 

 

専門家に任せよう、感染者の個人情報を詮索しないようにしよう

新型コロナウイルスに関して、医学的な面で素人に出来ることは、ほとんど何もありません。

出来るのは、

・家にいること。
・手洗い・うがいをしっかりやること。
・マスクをすること。

くらいです。

 

冒頭で説明した蕨市からの感染3例が告知された後、

・どこに住んでるの?
・誰??
・どういうルートで通勤してたのっ???

というようなヒステリックな反応が見受けられました。

感染経路調査は、感染症対策の基本中の基本です。
専門家がしっかり対応していますので、任せましょう。

 

 

また、個人情報を詮索するのもやめましょう。

この新型コロナウイルスには、医療従事者がこれだけ大量に感染しているのです。
誰でも感染するリスクはあります。

感染したからと言って、感染者が悪いわけではありません。
(もちろん、カラオケに行って浮かれ騒いで濃厚接触していた、とかは論外なのですが、それはまた別の話として)

感染者、感染が発生した組織・機関を非難すると、感染者は、感染経路を隠すようになるので、感染経路調査に差し支えるようになり、結果として感染拡大を促進してしまいます。

 

Yahoo!ニュース 2020/4/11: 感染者たたき、感染者の謝罪は自分たちの首を絞める 岩田教授に聞く「誰でも感染する」怖さ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200411-00010000-ytokushu-life&p=1

岩田健太郎医師の話は傾聴に値するものです。
直接読んでみてください。

 

 

医療従事者へのリスペクトを

ありがとうございます!
心から感謝。


緊急事態宣言が出ました。

皆様、家にいましょう。

とにかく、家に。

 

 

本日、令和2年(2020年)4月7日(火)、国の緊急事態宣言が出ました。
一昨日の時点で、事実上の予告が為されておりました。

これから長く厳しい、引きこもり生活が始まります。

今の時点では、1ヶ月間とされていますが、実際には、いつまで続くか分かりません。

 

 

とにかく、健全なメンタルの保持に気をつけてください。

お酒の飲み過ぎにも気をつけて。

 

 

経済活動が更に縮小しますので、会社が潰れたり、クビを切られたり、といったことが出てくると思います。

政府は様々な補助を行いますが、おそらく、足りないでしょう。

 

そもそも、あたかもコロナ禍が存在しなかったの如く、コロナ禍によって経済規模が縮小する分の、全てを政府が補助すべきでもないと思います。

政府の補助の原資は、これからの私達、場合によっては未来の子どもたちが広く薄く負担することになります。

 

政府が現時点で示している政策パッケージの中の現金給付は、所得制限を設けるようです。
高所得であり、職にあぶれる心配がない人達の中にも、金融・不動産資産を大きく毀損して、人生設計の見直しを迫れる人がたくさん出てくるでしょう。こういう人たちに、一方的に負担のみを求めることが、正しいことなのかどうか?

 

また、社会の仕組みが劇的に変わりますので、消滅する業界が出てきます。
(これは、今の時点では予測しがたい)

そのような状況にあっては、消滅する業界における既存の事業者には、政策的に業態転換・廃業を促すべきであって、単なる延命には意味がなく、無駄であるばかりか、有害ですらあります。

 

 

さらに、

・人と人との濃厚接触が避けられない一部の産業・業界

例えば、
・バー、キャバクラなどの接客主体の飲食業
・風俗
・スポーツクラブ、ジム類
・温泉、健康ランド類
・エンタメ産業における、会場での興行(ネット配信を除く)
・旅行業の一部

・いわゆるインバウンド関連

は、感染症の再興を防ぐために長期間に渡って(集団免疫が獲得されるまで?ワクチンが開発されるまで?数年間?)市場が事実上閉鎖あるいは極小化される可能性もあります。

(スペイン風邪やペストを生き延びてきたこれらの産業が、消滅することは無いと思いますけど)

仮に2年間、これらの産業の全てを事実上閉鎖あるいは極小化しなくてはならないとしたら、その間のこれらの産業における全ての事業者の減少する売上(その中から費用として従業員の給料も支払われる)を、全国民が広く薄く負担すべきか?ということです。

 

 

 

https://www.youtube.com/channel/UCYngjP_3hOC-yu2A077rKbQ

山本一郎隊長が、昨日の動画の中ですごくいいことを言っていて、個人的にも励まされました。

意訳すると、

これから、仕事をなくしたり、収入が下がったり、資産を大きく毀損する人がたくさん出てくるだろう。

でも、早まらないでください。

経済、お金というものは、世の中にある価値のうちの一つに過ぎないのであって、他にも大切なものはたくさんあります。

このコロナ禍によってビジネスを潰したり、職を失ったり、家屋敷を手放したり、何かがあったとしても、あなたの価値が下がるわけではありません。